写真入りのプレスリリースについて、その写真をWEBからダウンロードして、雑誌等に転載すること(そのプレスリリース内容の紹介で)は、著作権の侵害になるのでしょうか?
ホームページの「copyright」の注意書きには、「複製物には当社の著作権表示が付されることを条件」などの注意してあり、利用には社に対して許可申請をすることが基本です。
しかしWEB上の他のページならともかく「プレスリリース」については、その記事を広めて紹介して欲しいと自ら記者クラブなどに紹介しているものだから、許可無く自由に使用して良いはずだという人もいます。たしかに、配布先の記者クラブのメンバーの新聞(共同通信などの加盟社も含めて)記事については、いちいち許可を取っていませんし、提供元も書いていない場合がほとんどです。
どちらの方が、正しいのでしょうか?
ちなみに私の考えは、
・プレスリリースした時の配布先の使用→配布している=記事にして欲しいと指定された相手であるため、その記事に限り(特に指定がない場合)使用可
・配布先に含まない新聞社、雑誌社の使用→copyrightの指示に従う
です。基本的に、会社側が使用許可願の提出を求めている場合、使用者がそれを拒むことはできないと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

御質問のとおりでよろしいかと思います。

(会社が著作権を有していると仮定します)

保護された著作物を利用する場合には、著作権者の許諾を得るのが大原則です。

記者クラブ会員社の場合には、慣行として、プレスリリースの配布をもって「黙示の許諾」があったとみなすことができるでしょう。(プレスリリースに転載禁止などが明記されていれば、そちらに従うことになります)

それ以外の場合には、原則通り、著作権者の許諾を得る必要があります。
特に、この場合には、著作権者も許諾が必要な旨を明記しているということなので、「黙示の許諾」があるという論理は通用しません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>著作権者の許諾を得るのが大原則
という原則をすっとばしたことを言われて、私の知人もたいそう困ったようです。相手先の会社は、記者クラブに加盟していないところで、「黙示の許諾」も、もちろんないはずです。
どうも、相手先は同じ理屈で過去にも画像の無断使用をしていたらしく、今回許可申請を出したら、過去の物について追求されるとおそれている節があるのではないかと言っていました。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/19 08:19

>写真などについてはいかがでしょうか?



 微妙でしょうね(^_^;
 たとえプレスリリースのための添付写真であっても、もともとどこかの著作物だったのを転載してきている可能性もあります。
 そういうケースでは、転載者のみならず、被転載者にも迷惑をかけてしまいますので、確認できないならやめた方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。

>もともとどこかの著作物だったのを転載してきている可能性
そうですね。おっしゃるとおりです。それがふつうの感覚だと思うのですが・・・。
実はこの件は、知人の会社のプレスリリースの資料について「プレス発表したものだから、自由に使っていいはず、許可申請書は出しません!」と言って(つまり無断で)画像を使用しようとしている人がいる、と相談を受けて質問しました。
知人は相手から「(プレス発表した物に関しての)常識がない」「(許可申請がいるという会社の体質が)杓子定規すぎる」とさんざん文句を言われ、嫌な思いをしたようです。
deagleさんからのご意見を見せたら、「やっぱりそうだよね!!」と安心したようでした。ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/19 08:11

 プレスリリースは著作物ではありませんので、著作権法違反にはなりません(周囲のデザイン類は除く)。



 著作物とは、「自己表現のために作られたもの」と定義されています。
 つまり、「芸術、もしくは芸術と呼べなくもないもの」ということです。(ただし、新聞記事など、場合によって著作権が認められるケースがあるものもあり、純粋に芸術品かどうかだけで区別することはできませんが)

 なお添付された写真は、「プレスリリースの一部かどうか分からない」ので、コピーは避けた方が無難ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
写真はプレスリリースの参考資料として添付されていたもののようです。文章については、それを自分でまとめて記事を作るため、著作権侵害にはあたらないと思いますが、写真などについてはいかがでしょうか?
たとえば、古代の遺物などで「○○博物館所有の文様入り壺」や、「タンパク質の構造を"美しく見えるように"画像のカラーや視点などを調整した絵」などの場合ですが・・・。
会社側の許可申請提出依頼についてはいかがなものでしょうか?
さらに質問で申し訳ありません。

お礼日時:2004/06/18 14:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプレスリリースの送り先

初歩的な質問ですいません。

会社でプレスリリースを出したいということになったのですが、どこに出せば良いのかわかりません...。

プレスリリース代行の業者もあるようですが、値段が高いです。

新聞やTV、ラジオなどにプレスリリースを送りたいのですが、送付先がわかりません。

電話して聞けと怒られそうですが、

プレスリリースの送り先について、どなたか知っている方がいらっしゃれば教えていただけないでしょうか?
書籍や参考URLでもかまいません。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>新聞やTV、ラジオなどにプレスリリースを送りたいのですが、送付先がわかりません。

放送局の場合は、内部での情報の共有がどこまで進んでいるか判らないので番組ごとに送るのが良いでしょう。どんな番組があり、取り上げてもらいやすいか位は調べてから「○○株式会社 ○○(番組名)企画担当御中」という宛先で良いと思います。あと、ニュースの部門は別になっている事が多いので「報道部(局)企画担当」宛にも。

同じような物が山ほど送られてくるようなので、確実に取材に来てくれるとは限りませんが。

Qプレスリリースやニュースリリースは転載していい?

サイトに掲載されている企業のプレスリリースやニュースは内容を変えなければ転載しても問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

著作権法でいうところの引用であれば構いません。

Qプレスリリースと取材の違い

仕事で、会社のマスコミ関連広報活動実績を一覧でまとめています。そこで、プレスリリース(プレス発表)と取材の線引きがわからず、困っています。

今まで、下記のように分類してしていました。
プレス発表→マスコミにお知らせしたい内容をプレスリリース文章にまとめ、記者クラブなど「特定多数のマスコミ」にFAXなどで流して、記事化を狙う。場合によっては、他社合同の記者会見や現場取材の場を設定する。会社側が能動的である。

取材→マスコミ側から取材の申し込みがある。イベント開催の場合などは、会社側から付き合いのあるマスコミ関係者に取材依頼をすることもあるが、基本的にはマスコミ側が能動的に動くことで成り立つ。

分類に困っているマスコミ関連広報活動は、下記のようなものです。
・会社側から、付き合いのある特定少数のマスコミ関係者(1~5社程度)に「○○というネタがあるが取材に来ませんか(複数社に投げるときは○月○日に説明会をするので来てもらえませんか)」と持ちかけ、マスコミ1社のみ、もしくは複数社合同で取材してもらう。
 リリース文のようなものは作成し、取材した新聞社に記事を掲載された後に、リリース文内容を会社のホームページの新着情報に掲載。

リリース文を作るため、プレスリリースに分類を考えていたのですが、相手がごく少数であること、1社による取材の場合は、そこが記事にしてから、リリース文をホームページに載せることなど、プレスリリースと言い切って良いものか悩んでいます(プレスリリースの場合は、各社に発表した時点でホームページに掲載しています)。
同僚に相談しても意見が割れてしまっています。
皆様のご意見をお聞かせ下さい。

仕事で、会社のマスコミ関連広報活動実績を一覧でまとめています。そこで、プレスリリース(プレス発表)と取材の線引きがわからず、困っています。

今まで、下記のように分類してしていました。
プレス発表→マスコミにお知らせしたい内容をプレスリリース文章にまとめ、記者クラブなど「特定多数のマスコミ」にFAXなどで流して、記事化を狙う。場合によっては、他社合同の記者会見や現場取材の場を設定する。会社側が能動的である。

取材→マスコミ側から取材の申し込みがある。イベント開催の場合などは、...続きを読む

Aベストアンサー

会社として公けに認めているものを「プレスリリース」。
そうでないものを「取材」したほうが都合がいいのでは。
プレスリリースで発表した事項には会社は責任を負わねばなりませんが、取材ならマスコミ側に責任があるわけです。
特定少数のマスコミに対して説明するのならば、その時点では公けではないので「取材」に分類しておいたほうが良いのではないでしょうか。

Q家を建てる許可を得てもその土地の相続許可が出たことにはなりませんか?

祖母に続き祖父が亡くなり、母兄弟は財産をめぐる争いでドロドロになっています。
以下の場合母が土地Aを相続できる可能性はどのくらいあるのかわかる方、お力を貸してください。

10年ほど前、母は祖父母の許可の下、祖父の土地Aに家を建てました。
その後土地Aの税金は母が支払っていましたが、名義は祖父のままでした。
遺産相続の話の際、
「父はあげるつもりで家を建ててよいと言った訳ではないと思う。
家を建てたからといって他の土地の相続人が決まっていないのに土地Aの相続だけを確定するのはおかしい。同意はできない」
という意見が一部の母兄弟から出ました。
祖父は他にもいくつか土地があり、その他の土地についても誰が相続するかでもめています。
このまま話がまとまらず、どの土地も誰のものにも決まらない状態が続いた場合、土地Aが母の名義に変わる可能性や方法はないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

効力のある遺言があれば別ですが、なければ兄弟の権利は等しく等分です。

そのことを先ずきちんと認識しなければなりません。つまり相手より
得をしようとしてもできないということです。

どうしても土地Aを取りたいのであれば、他の財産で相手に譲るとか
持分をお金を払って換価する等の方法があります。もちろんお互いが
合意するという条件ですが。

最後、どうにもならなければ、相続人の誰かが裁判所に審判を申したて
るでしょう。
そうなると、結果は全部競売にかけてお金に変えられてしまいます。
みんなでそのお金を分けることになります。
土地は他人のものになってしまいますから、家はほとんど無価値になり
ます。

そういうことを考えると、多少譲っても早く決着したほうがいいと
思いませんか?

Qプレスリリースって?

最近起業をしました。
仕事はまだ軌道に乗りきってはいないのですが、
プレスリリースというのが宣伝効果大という話を聞きました。
このプレスリリースというのは、自分でやることもできるのでしょうか?まだ予算がそれほど無いので、なるべく安く抑えたいのですが。。。

Aベストアンサー

普通は自社で作ります。
慣れればとても簡単です。
下記サイトは全部企業のプレスリリースです。
同業の真似をすればいいのです。
http://www.nikkei.co.jp/newpro/news/

Q通路の使用許可について(通行許可)

はじめまして。
我が家には6年ほど前まで使用していた店舗があります。
街中でもよく見かけるかとおもう?のですが、
隣の店舗と棟続きで10軒ほど棟続きです。
その一番端に店舗を所有していますが、現在は店をしめて、
居住もしていない物置として使用しています。
一番端で、横に1メートルぐらいの通路があります。
ただしその通路は完全個人所有で固定資産税も減免なく、
個人で支払っています。完全なる個人の所有通路です。
店舗を営んでいたときはもしも通路を通る人物を見た場合には
誰が通っても、必ず個人の所有であることを説明し、
注意していました。そういう注意もあって、
ほとんど通る人はいませんでした。
ところがこの3,4年どうもほかの店舗の人間が裏の玄関から出入りする方が便利なため、通っているようなのです。誰かが通っているのはわかっていたのですが、事実上黙認していた形です。
そうこうしているうちに、昨年ぐらいからゴミの不法投棄が見られるようになり(主に引越し後の粗大ゴミ)どこか棟続きの住人が引越しのときに捨てているようなのです。先月自分で処分場に搬送し、処理費用に2000円取られました。180Kgありました。
そういうことがあって、通路を通れないようにバリケードを築きました。すると隣の家とその隣の店舗がクレームを言ってきたのです。
クレームと言っても、土地が完全に個人所有ということは理解しているようで、平身低頭なのですが、口調は丁寧ですが、内容は「自由に通らせろ!ゴミがあったらわしらが掃除しますから。」さらには「プロパンガスを設置しているからここを通らないと困る。ガスの交換もできないだろ?」と来ました。こちらに言わせれば、「何を勝手に人の所有地を自分の土地のように使うことを前提に設置しているのだ?一言の事前連絡もなく」というところです。なんどもなんども連絡がくるので、困ります。人の権利を侵害することを目的に何度も人の嫌がることをしているので強要罪が適用できないかな?とおもったりもします。面と向かって話をすることがほとんどないのもあるのですが。法律的に黙らせる方法はないでしょうか?どこに相談したらよいのでしょうか?「迷惑だからこの件で電話するな」「私の自己所有だからこちらが通らせないと言ったらそれまでです。今後も我が物顔で通られていつのまにやら共用通路になりかねませんから!」といってあります。本当にしつこいです。もちろん店舗の正面からはどの店もそれぞれの玄関から自由に出入りできます。裏の玄関を使いたいのはシャッターを上げ下ろしするのが面倒なだけのようです。
ちなみに反対側の端の方は二軒目の人が防犯目的ということで、一軒目と二軒目の間に扉をつけて出入りできないようにしてあります。このことからも通らせる必要がまったくないことは明白だとおもいます。一応ご近所さんなのでかわいそうな気もしますが、ゴミを見ても素知らぬ顔や、何の声かけもなくプロパンガス設置などの行動をみていると、このままだと将来問題がでるとおもうので強行手段にでています。

はじめまして。
我が家には6年ほど前まで使用していた店舗があります。
街中でもよく見かけるかとおもう?のですが、
隣の店舗と棟続きで10軒ほど棟続きです。
その一番端に店舗を所有していますが、現在は店をしめて、
居住もしていない物置として使用しています。
一番端で、横に1メートルぐらいの通路があります。
ただしその通路は完全個人所有で固定資産税も減免なく、
個人で支払っています。完全なる個人の所有通路です。
店舗を営んでいたときはもしも通路を通る人物を見た場合には
誰が通...続きを読む

Aベストアンサー

完全に馬鹿にされてます。
バリケードを直ぐに作りそれをまたよけて入る場合
警察に通報します。 1回目
相手を呼んで警察を間に話をするだけで威嚇できます。
この時に 2度と入らないとメモ紙でも良いので書いてもらってください。 そのバリケード前で相手に指を差して写真をとっておきます。 
次に また入る場合 2回目 警察に通報し厳重に注意してもらえます。 すべて民事訴訟なので警察には 拳かになりそうなので助けてくださいといえば来ます。 

単純に相手が借りると言うまでは一方的に主張は通ります。

Qプレスリリースか、ニュースリリースか。

プレスリリースか、ニュースリリースか。
通常、どちらを使っていますか?

Aベストアンサー

プレスリリース。
使った事はないけど、よく目にするのはこっち。

QA社がB社へ社員を派遣するのに、A社とB社の社長さんが同じ人って、ありですか?

バイトを首になったので新しく正社員さんになろうと思って、会社を探したら自分に合いそうなところが見つかりました。
そしたらそこから別の会社に出向(?)するための募集だそうです

ところが、その出向させられる先の会社の社長さんも、募集している会社の社長さんと同じ人なんだそうです。それって、怪しいんでしょうか?。

派遣会社って何か法律とかに縛られていませんでしたっけ?よく、派遣会社登録~号とか求人票に書いてありますよね。この会社はかいてないんです。
出向(?)なら派遣会社ではないんでしょうか?
同じ社長の会社へ派遣するって何か深い意味があるんでしょうか?

もしかして、雇われた会社だけ倒産とかしてまた首になると困ります。
とても不安なんですが条件はいいんです。
どなたか、わかられる人がおいでになれば、どうか御教授ください。

Aベストアンサー

出向には、元の会社に籍を残して出向期間が終わったら戻ってくる在籍出向と、籍を移して元の会社に戻らない移籍出向とありますが、通常はすでに雇用している社員を役職定年などを機に、他の会社で就業させるときなどにいうように思います。

在籍出向させるために新たに雇い入れ、ずっと出向先の会社にいるのであれば、労働者派遣と同じ就業形態ですから、労働者派遣法違反になる可能性が高いです。違法と思われないように便宜的に「出向」とよんでいるだけで、派遣の許可を取らずにもぐりでやってる違法行為かもしれません。特に社長が同一であれば、かなり怪しいです。労働者派遣事業の許可や監督は、都道府県労働局がしていますから、労働局に相談されることをおすすめします。

なお、「専ら(もっぱら)派遣」というのは、特定の企業だけを対象に労働者派遣を行うことを言い、専ら派遣を行うために労働者派遣の許可を受けることは認められていません。大企業のグループ内の派遣会社も、グループ内企業にしか派遣しないとすることはできず、新たな派遣先確保を行うよう指導を受けているはずです。

Qプレスリリースの効果はどれほどでしょうか?

有料のプレスリリース配信サービスというものがありますが、効果はどれほどのものなのでしょうか?

何年前の話かわかりませんが、
「半額以下.com」というショッピングサイトがサービスを開始した際に、プレスリリース配信サービスを利用すると、1日で100万PVものアクセスが集まったそうです。

現在でもこれほどの効果があるのでしょうか?

何か情報をお持ちでしたらアドバイス頂けましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

半額以下.comは、こちらのドリームニュースを使ったようですね。
http://www.dreamnews.jp/?action_press=1&pid=0000014718

私はプレスリリース配信はPR TIMES派(http://prtimes.jp)です。
大手新聞社サイトとmsnに必ず掲載されるのが決めてです。

調査リリースを配信したときは、色んなサイトに掲載されて、
ヤフートピックスにも掲載された時もあります。
この時は、後日、全国紙にも載りました。

参考URL:http://prtimes.jp/

Q古物商許可について 許可必要? 許可不要?

以下の3点の行為は古物商許可は必要でしょうか?

1点目
海外から新品のものを輸入して、Amazonでコンディションを中古として販売する。
(輸入時の傷、汚れがあるため、コンディションを中古として販売)

2点目
新品未開封品(保証書に購入店名、日付の記載無し)を第三者の個人から購入するときは、古物商許可は必要でしょうか?

3点目
新品未開封品(保証書に購入店名、日付の記載有り)を第三者の個人から購入するときは、古物商許可は必要でしょうか?


ご存知の方、3点のご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1点目については古物では無いから不用です

 2.3にあっては購入だけで販売をしないので不用です。



古物営業法

(定義)
第2条 
この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいう。【令】第1条、 第2条2 この法律において「古物営業」とは、次に掲げる営業をいう。

1.古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業であつて、古物を売却すること又は自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受けることのみを行うもの以外のもの

2.古物市場(古物商間の古物の売買又は交換のための市場をいう。以下同じ。)を経営する営業

3.古物の売買をしようとする者のあつせんを競りの方法(政令で定める電子情報処理組織を使用する競りの方法その他の政令で定めるものに限る。)により行う営業(前号に掲げるものを除く。以下「古物競りあつせん業」という。)【令】第3条
《改正》平14法1153 この法律において「古物商」とは、次条第1項の規定による許可を受けて前項第1号に掲げる営業を営む者をいう。

4 この法律において「古物市場主」とは、次条第2項の規定による許可を受けて第2項第2号に掲げる営業を営む者をいう。

5 この法律において「古物競りあつせん業者」とは、古物競りあつせん業を営む者をいう。

1点目については古物では無いから不用です

 2.3にあっては購入だけで販売をしないので不用です。



古物営業法

(定義)
第2条 
この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるものを除く。以下同じ。)若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものを...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング