瓦屋根です。1F,2Fの棟の漆喰が剥がれてきている箇所があります。

木造の2階建ての住宅です。
屋根勾配は、1Fは4寸勾配ほどで、2Fは5寸勾配のように思います。
棟の長さは1F,2F合わせて36~39メートルほどです。
(1F 、13メートル。2F, 25メートルほど)
屋根の形は寄棟屋根です。
棟の瓦は半円形の丸い形をしていて1段積みです。
棟の構造は銅線、粘土、脇に漆喰、その上に棟の瓦が乗っている構造です。

瓦店の業者さん2社に見積もりを依頼しましたが、足場を除き
1メートル当たりの単価は、18,000~19,000円ほどでした。
諸経費、消費税、足場込ですと総額90~100万円でした。

棟の積み直しでは少し高いと感じていまるので、
1階は自分でできそうなのでDIYで積み直す予定です。

聞きたいのは、棟の積み直しの費用はこれくらい位が相場でしょうか?
詳しい方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

漆喰の塗り替えなら高すぎですが、積み直しなら妥当かと思います。

どちらの施工にするかで工事内容がまるで違います。寄棟で一階を塗り替えで済ませる事が可能なら二階を積み直しする必要も無いのでは?瓦のずれや割れ、建物の歪みがなくて〔外壁の剥がれやひび、建具のきしみなどでわかります〕現在、雨漏りが無いなら漆喰の塗り替え、手直しで済ませる事が安くて無難かと思います。普通の日本家屋なら勾配によって価格は変わりません。腕のある屋根屋の漆喰塗り手直し位ならアップスライダー〔梯子〕などで十分仕事できるので足場を架けなくても良いのでは?積み直しならば足場が有った方が仕事が早く住みます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答くださりありがとう御座います。
雨漏りはしていない状態です。建物の歪みもないと思います。
ただ、2階の棟の下の瓦が一枚割れているものがありました。
積み直しが必要なのか、漆喰を塗り替えだけで済ませられるのは自分にはよく分かりませんでした。
漆喰の塗替えだけでも良いにかもしれませんね。
業者さんにしてみると積み替えてある程度の金額の工事にしたいのかも知れません。
もう少し良く考えて漆喰だけの見積もりも取ってみたほうが良いのかもと思いました。
参考になりました。

お礼日時:2015/04/24 21:43

職人さん日当3万円位で初日4人でおろし翌日から2人で2~2日完成でしょう。


24万円+諸費用=30万
材料代金はおそらく40m=10万~15万
足場20~30万

75万~ 

保証期間ちゃんと5年でも設けると妥当な金額ですね

足場も高いし職人手間も高い 
大震災前なら屋根丸ごとでも100万円あれば十分だたが
仕事があるので安くやりませんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答くださりありがとう御座います。

インターネットで調べてみても相当なばらつきがありますね。
単価5、000円~19、000円/メートル。
相場の範囲内なのかもしれません。

ところで、インターネットで全ての材料が購入できたので、休日の間、1階の棟をDIYで
積み直しして見ました。
修理は初めての素人ですが、梯子だけで行き来しならが1日5メートル程できました。
後は、2階だけになります。
たぶん職人さんなら専門の荷揚げの機器も持っていると思うので1日10mは可能だと思いました。
たぶん、実際は原価計算をしてみるとこんな感じ?だと思いました。


総額 100万円
===========
利 益 50万 (50%)
----------------------------
総費用 50万 (50%)
----------------------------
 内訳
  ・人件費 24万
   3日。初日4人、以降2人で2日分、延べ人12人 @日当2万
  ・足場代 17.5万円 (レンタル)
  ・残土処分 2万円
  ・材料費 約7万
        木材(棟)4mx10本        0.7万円
        棟金具  1箱(100本入り)     1.5万円
        土、漆喰 35袋 @1300       4.5万
        (又は、他の工法)
        ステンレスビス 100本        0.3円

それで、実際に自分で棟の積み替えをしてみて、漆喰の振り直しでも大丈夫だと
思いました。
おしゃるように今は建築費の値上がりや、職人さんが忙しい時期なのかもしれないとも
思います。
積み直しは行わないで漆喰の塗替えで対処しようと思います。

お礼日時:2015/04/27 21:09

阪神淡路大震災ですがその時の状況をお知らせします。


20年前になりますが参考になれば幸いです。
新築半年で被災、総二階で寄せ棟です。

そのほか、下記と全く同じ構造です。
>棟の瓦は半円形の丸い形をしていて1段積みです。
>棟の構造は銅線、粘土、脇に漆喰、その上に棟の瓦が乗っている構造です。

斜めに走る半円形の丸い形の瓦、約5mがズレる。
漆喰もとれているので、積み直ししかありませんでした。
いろいろと訪問されてきましたが、完全に足元をみた
高額な金額の見積もりでした。

探せば、こんな非常時にもボッたくらない、純粋な瓦屋さんは
あるもので15万円でした。
この程度の工事だと足場は使わないとかいってました。

参考になりますでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答くださりありがとう御座います。
よい業者さんに出会いったようですね。
もう少しいろいろ考えて見たほうが良き気持ちになってきました。
大変、参考になりました。

お礼日時:2015/04/24 21:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q屋根の種類で「からべっこ」という名前はありますか?

屋根の種類で「からべっこ」という名前はありますか?

Aベストアンサー

からべっことは、おそらく「カラーベスト」の間違いでしょう。からべっこという屋根はありません。

Q瓦屋根の漆喰が取れて雨漏りします

瓦屋根が雨漏りします
廊下が直角に曲がる所の屋根で
谷の一番上の所にあたる棟の横側の漆喰と中の土?が取れてしまって(たぶん)そこから雨漏りします
ホームセンターで漆喰を買ってきて塗りたくるだけで直るでしょうか?
土?の代わりになるようなものを詰めてから漆喰を塗るべきでしょうか?

Aベストアンサー

隅棟の漆喰の剥がれによる雨漏りの補修工事のようですが、雨漏り箇所が断定されているならば漆喰を塗れば止まるでしょう。
漆喰が剥がれると、中に入っている土なども流れ出してしまいます。そのため棟の型崩れが起きやすくなり、型崩れが起きるとまた雨漏り発生ということにもなりかねません。
漆喰で補修するだけでなく、棟の中の点検も兼ねて業者に頼むのがいいように思えます。
補修ということであれば、当然屋根の上での作業になりますから安全面、他の瓦の損傷(瓦は歩き方、乗る場所により割れてしまう)すれば本末転倒、1階か2階屋根かは分かりませんが軒先近くの作業はかなり怖いものですよ。

Qカーポートの屋根(ポリカ)の種類は?

カーポートの屋根(ポリカ)の種類は?

去年の9月に新居を購入しました。
狭い庭ですが、縦列で2台の駐車スペースがあり、コンクリが打ってあるのですが、
そこに2台縦列のカーポートを設置しようと考えております。

そこで屋根(ポリカ)の種類で悩んでいるのですが、
1.熱線吸収のブルースモークにするとかなり暗くなるでしょうか?
2.クリアマット/すりガラス調では夏場、車の車内温度の上昇はあまり防げませんか?
3.カーポート設置予定場所の下には若干の芝生があるのですが、カーポートで日光を妨げると芝生は枯れてしまったりするのでしょうか?

設置場所の前にリビングがあるので、出来るだけ暗くはならないようにしたいと思っているのですが、、
熱線吸収ではない普通のブルー色も検討には入れているのですが、

皆様の選択された屋根材の種類、ご使用された感想を頂けると有難いです。

何卒ご教授の程宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

つい最近、カーポートを設置した者です。はじめは骨組の方を研究し、やはりT?ex、○kkap、Tos・・mなどのメーカーがいいとの結論に至りました。
しかし、貴殿の言うとおり、実際展示場で見ると、骨組よりむしろ屋根材の方が重要と認識しました。
大手メーカーの屋根材を全部見て、実際炎天下でどれが一番いいかを判断するまでに2か月を要しました。結論は、普通のポリカでは色の差である程度違いがありますが、やはりかなり熱くなります(熱線を通します)。
T?ex、Tos・・mは同系列で熱線吸収ポリカ、○kkapは熱線遮断ポリカですが、どれもスモークで空が全く見えず、暗くもなるのですが、それでもそれなりに熱線を感じます。
最後に辿り着いたのは、△日軽の熱線遮断ポリカで、晴れの日は雲も見上げることができる程度の半透明で、圧迫感が和らぎます。
また、なにより熱線遮断という点では、主観ですが一番熱を遮断しているように感じました。
つまり、半透明ですが、熱線遮断は一番のすぐれものというのが、私の結論です。
リビングが暗くなるのがいやというなら、ふつうのポリカ、車内が暑くならず、それでいて空も半透明でも見ることができるというのであれば、○日軽の熱線遮断ポリカを選択されたらどうでしょうか。
主観120%ですので、展示場で比べて見てください。ただし、○kkapはなかなかお目にかかることはできません。

つい最近、カーポートを設置した者です。はじめは骨組の方を研究し、やはりT?ex、○kkap、Tos・・mなどのメーカーがいいとの結論に至りました。
しかし、貴殿の言うとおり、実際展示場で見ると、骨組よりむしろ屋根材の方が重要と認識しました。
大手メーカーの屋根材を全部見て、実際炎天下でどれが一番いいかを判断するまでに2か月を要しました。結論は、普通のポリカでは色の差である程度違いがありますが、やはりかなり熱くなります(熱線を通します)。
T?ex、Tos・・mは同系列で熱線...続きを読む

Q棟瓦の修理

 棟瓦の一部が壊れたので、修理しようと思いますが、積み上げている土は、土だけでしょうか消石灰などを混ぜているのでしょうか、混ぜていれば材料と混合割合はどうなっているのでしょうか。

Aベストアンサー

どなたかが核化なと思ったのですが。
>土だけでは、強度がないのではないかと思っています。
土は.瓦の緩みというか.がたつきというかを抑えるもので.台風の場合の強度にはあまり関係ありません。
かわらの植えに針金があって.針金で飛ばないように抑えてあるはずなのですが。ですから.土と台風との被害にはあまり関係ありません。隙間があると部分的に弱くなり.飛びやすく鳴りますが.これは施工上の問題です。針金で抑えてあれば緩むぐらいで済むと思います。

台風の場合.風が戸から入って屋根が浮き上がろうとします。このときに.気密が悪く軽い部分として.むねがわらかやられやすいのです。私の家の場合には.天井裏に空気抜きの穴がありますので.瓦が飛ぶことはよほどの風が必要になっています。

Q壁量計算で屋根の種類によって床面積に乗ずる値

木造4号建物の必要壁量の算出に乗ずる値ですが
カラーベスト屋根の場合は軽い屋根の値(1階29、2階15)でよいですが
実務においてもカラーベストであれば軽い屋根用の値を普通に使っているものですか?
現在の構造用合板主流の工法では普通に壁があれば
重い屋根用(1階33、2階21)でもクリアできているかと思うので
実務上はカラーベスト屋根でも重い屋根用で計算しているものなのでしょうか?
建売クラスのコスト優先の建物の場合はどうでしょう?

Aベストアンサー

はい!軽い屋根で計算です。
コロニヤル洋瓦屋根も軽い屋根で計算して大丈夫です。
厚手のスレートと対して荷重は変わりませんから。

重い屋根は、日本瓦葺き以上の屋根だよ。

建売住宅も軽い屋根仕様ですから、軽い屋根の計算です。

以上

Q古い木造住宅の屋根瓦の土はどんなものですか?

現在築45年の一戸建て平屋一部二階(借家)に住んでいます。
かなり古い物件ですので、大家さんからは補修・改造は自由にしていいと
許可を貰っています。

この家は補修を繰り返してあるようで、南向きの屋根は素焼きの様な
光沢のない古い瓦(針金止めなし)、2階と北向きの屋根は光沢のある
瓦で針金止め、といった具合です。屋根にはベランダから簡単に上がれます。

昨年、1階の押入天井で雨漏りがあり、ベランダから屋根に上って調べた
ところ、南向きの方の屋根瓦がずれていました。
瓦を取り除いてみると、長年の雨で下の土が流れ出てスカスカになり、
近くの鉄道の振動などで瓦がずれてしまっているようでした。
取り敢えずインスタント漆喰を買ってきて土の代わりにしてみましたが、
屋根を調べてみるとズレのある部分より下の瓦の多くが同様にガタガタに
なってしまっています。

今のところはズレを直して対応していますが、土が抜けてしまっている
面積が意外と広く、漆喰ではかなりコストが掛かりそうです。
そこで、ホームセンターで「山土(赤)」と書かれた土が非常に割安で
売っていたため、一袋購入してみたのですが土というよりは砂に近く、
乾くとサラサラになり屋根板の隙間から簡単に落ちてしまいそうです。

普通、瓦を葺くときの土はどんなものを使うのでしょう?

専用のものは入手が難しそうなので、前述の砂のような土に何かつなぎに
なるものを混ぜればよいのでは?と考えています。

とにかくローコストで、ホームセンターで入手可能なものを考えています。
DIYは大好きなのと、補修面積が新聞3枚分程度ですので自分での修理を
考えています。

現在築45年の一戸建て平屋一部二階(借家)に住んでいます。
かなり古い物件ですので、大家さんからは補修・改造は自由にしていいと
許可を貰っています。

この家は補修を繰り返してあるようで、南向きの屋根は素焼きの様な
光沢のない古い瓦(針金止めなし)、2階と北向きの屋根は光沢のある
瓦で針金止め、といった具合です。屋根にはベランダから簡単に上がれます。

昨年、1階の押入天井で雨漏りがあり、ベランダから屋根に上って調べた
ところ、南向きの方の屋根瓦がずれていました。
瓦を取り除い...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。

<普通、瓦を葺くときの土はどんなものを使うのでしょう?>
 私の地域の話ですが=
 以前(40年以上前)は、赤土(関東ローム層)に粘土(赤土の更に下の層にあるもの)を混ぜたものを使って瓦は葺いて(本葺き)いました。
 その後、瓦桟を使うような瓦の葺き方になり、現在に至っています。

 現在までの途中には試行錯誤で、瓦桟がある場合でも上記の土を使い、瓦のぐらつきを抑えていました。その後、「なんばん」と言う高性能の瓦用の土(?)が使われるようになりますが、現在は、瓦そのものの精度が上がっている事と、1枚、1枚、ビス、或いは釘で止めるので、平瓦には粘土や土、なんばんは使われなくなりました。

 蛇足ですが、棟瓦には、20年前ぐらいまで上記の土が使われていて、その後なんばんだけになり、平瓦がなんばんに変更された後も、棟に限って上記の土が或る一定期間使われていた訳です。
 現在は、なんばんだけで棟は施工されます。

 ご質問者さんの瓦屋根の土が上記で説明した状態のどの施工方法であるか分かりかねますが、説明から推測すれば、土を大量に使い、上から押し付けて、瓦のぐらつきをなくしながら葺いて行った施工方法と推測されます。
 その場合、瓦を「そ~~っと」持ち上げると、瓦の形通りに土が全面にあるので分かります。

 但し、瓦桟を使わない施工方法の場合、或る任意の瓦の本来の位置は、常に下の瓦が基準になって葺いてあるので、時間、年数が経過した屋根の場合、はぼ、確実に本来の位置とずれています。
 そこらへんが非常に厄介ですが、全体として問題がなければ、良しとしましょう。

<ローコストで、ホームセンターで入手可能なものを考えています>
 上記で説明した「土」の材料は多分ホームセンターに置いてあるかもしれません。
 何軒も捜し歩く覚悟で、「関東ローム層の赤土」と「関東ローム層の更に下の層の粘土」を探してください。
 多分、赤土はどこのホームセンターでも見つかると思います。名前は多分「赤玉」と言う名称で玉ころになっているものが販売されていると思います。
 問題は、粘土ですが、根気よく探せばあると思います。土の中から掘り出した粘土であればとりあえず宜しいかと思います。

 一番簡単な方法は、近所の瓦屋さんから「なんばん」を譲ってもらって、使うのが簡単で、完璧です。

 以前答えたアドレスを(参考までに)載せておきます。
 http://aol.okwave.jp/qa4312899.html

 更に蛇足ですが、最初に説明した瓦に使う土に藁を混ぜて、或る一定期間(半年~1年)寝かせるのは、藁が腐った状態の土は非常に粘りが出るためで、基本的に壁に塗る土として利用しました。塗る直前にも更に藁を混ぜて壁土の「繋ぎ」としました。

 ご検討を祈ります。

 こんにちは。

<普通、瓦を葺くときの土はどんなものを使うのでしょう?>
 私の地域の話ですが=
 以前(40年以上前)は、赤土(関東ローム層)に粘土(赤土の更に下の層にあるもの)を混ぜたものを使って瓦は葺いて(本葺き)いました。
 その後、瓦桟を使うような瓦の葺き方になり、現在に至っています。

 現在までの途中には試行錯誤で、瓦桟がある場合でも上記の土を使い、瓦のぐらつきを抑えていました。その後、「なんばん」と言う高性能の瓦用の土(?)が使われるようになりますが、現...続きを読む

Q登記する建物の屋根の種類?

建物の登記を自分でしようと思っています

確認済証の屋根材量がケイカル板と書いてあるのですが

登記の時は なに葺きになるのでしょうか?


本を見ても良くわかりません

よろしく お願いします。

Aベストアンサー

「スレート葺」で良いと思います。

普通、ケイカル板は軒裏に貼る材料ですが…

Q築15年程の木造2階建て、屋根の瓦下部シックイ補修について?

 築15年程です。現代和風住宅2階建てで、一文字イブシ瓦を使用しています。入母屋屋根ですが、昔ながらの重い瓦積みは施してありません。少し、軽い感じで造られています。勾配も緩やかで補修がやりやすい屋根です。(新築時に瓦屋さんが丁寧に施工できてなかったのでしょうか?)
 素人ですが、屋根でアンテナ工事、破風・戸袋などの防腐剤、ペンキなど自分で補修できます。

 ※ ここ数年、屋根の瓦の下のシックイが「はげてきたり」取れたりしている所が目立ちます。台風シーズンの前に自分で補修したいのですが、素人でも出来る、良い材料、道具(コテ)、修繕方法など教えてく下さい。(ほっておくと、土壁まではがれて来ます)

Aベストアンサー

 こんにちは、NO2です。
 
 <補修したいので、ネットで購入したい・・>
 「瓦 なんばん」で検索してみましたが、ネット販売のページが見つかりません。下記の様なページが出てくるだけです。
 http://fukanen.com/seihin.htm
 http://www.seshimo.co.jp/link/link.htm

 この様な建材は、漆喰と違いホームセンターでも取り扱いがなさそうなので、やはり近くの瓦屋さんを何とか探して、そこから購入するのが良いと思います。
 
 或いは、紹介したページに出てくる「なんばん」を製造している事業所に直接電話などで聞いてみるのも一つの方法だと思います。
 購入する場合は、シリコン入りで、不凍液入りのものが良いと思います。
http://local.yahoo.co.jp/detail/spot/bd96922593f6113d578ecfce8f205f9c/
http://fukanen.com/company.htm
 上記の会社は全国展開だと思うので、ここから購入するか、お住まいの近くの瓦屋さんを聞く事も可能と思われます。
 只、事業所から購入する場合は、一袋が20キロ以上あるので、商品の値段より送料の方が高くなってしまう可能性も・・・。

 地方であっても、近隣に瓦屋さんが無いということはありえないと思うので、近くの建築関係の建材、道具店をお尋ね下さい。
 瓦屋さんの職人が道具などを購入すると思うので、そこで瓦屋さんを聞いてみる方法もあります。

 私は建築関係の仕事を37年やってきた者ですが、「なんばん」は取引の瓦屋さんから譲ってもらっているものですから、深くは考えていませんでした。
 ネットの件はお役に立てなくて、申し訳ありません。

 こんにちは、NO2です。
 
 <補修したいので、ネットで購入したい・・>
 「瓦 なんばん」で検索してみましたが、ネット販売のページが見つかりません。下記の様なページが出てくるだけです。
 http://fukanen.com/seihin.htm
 http://www.seshimo.co.jp/link/link.htm

 この様な建材は、漆喰と違いホームセンターでも取り扱いがなさそうなので、やはり近くの瓦屋さんを何とか探して、そこから購入するのが良いと思います。
 
 或いは、紹介したページに出てくる「なんばん」を製造してい...続きを読む

Q設計士の方へ 屋根の下地の件

屋根の下地の件で教えてください。
屋根瓦は石州瓦、ルーフィングはゴムアスファルトルーフィングを使用します。
工法は在来工法で屋根の形は切妻の一般住宅の新築です。
下地板の件ですが、通常の屋根垂木を使用する予定で、(1)12mmの耐水合板(コンパネ)(2)12mmの針葉樹合板(構造用合板)(3)杉野地板12mm厚
この3種類からの選定で迷っています。
コスト面・メンテナンス面等総合的に幅広いご意見を伺いたいのですが、よろしくお願いします。
なお、屋根垂木を使わない工法もおすすめのものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

単価的には下の方が仰っているとおりです。
一般的には、(2)の製品が頻度が多いです。

構造的には、合板類の方が杉板より水平剛性が優れています。
(建物を上から見て変形しない力、構造的には重要な要素です。)
それ以上優れているのが垂木をなくして直接梁 又は、母屋に
留める方法です。(構造用合板28mmなどを使用する場合)

ただ一般的には、垂木仕様で良いと思います。
水平剛性の取れる垂木-母屋を留める金物もありますので
よかったら使用してみてください。
(タナカのラフターロックという金物)

合板の欠点ですが、下の方が仰っている様に湿気には弱いです。
瓦仕様の屋根ですから水帰り作用の防げる勾配の4.5寸以上をお勧めします。
それ以下の場合は、流れ桟+引っ掛け桟仕様をお勧めします。
(予算があればどんな勾配であれ野地板と瓦の間に通気層をとる工法なのでお勧めします。瓦の留め方は、その地域にあった留め方はもちろんですよ。)

Q瓦屋根の修理方法

屋根の瓦の隙間部分の白い石膏のようなものはどんな材質で出来ているのでしょうか?
築30年以上の屋根です。
一番高い所の丸い瓦と波型の瓦の間の白い物がポロポロ落ちてきています。
業者に修理してもらうのが一番だと思いますが、私の趣味
がDIYなので是非自分で修理に挑戦してみたいと思います。

(1) 白い物の材質は何でしょうか?
(2) ホームセンターでそれは購入できますか?
(3) 具体的な修理方法やアドバイスを教えてください。

Aベストアンサー

1.しっくい 又は シロせめんと
2.しっくいは見かけませんが「白ポルトランドセメント」は見かけます。
3.何もしないで放置。
手で触ってみて瓦が動くかどうかを見てください。多分動きません。30年ですとまだもつでしょうから.何もしないで十分です。

屋根瓦がス゛レ落ちてくる場合が怖いですが.
他は
1枚だけはがして別のかわらを置く。
かわらを9まいとかさらに1回りはがして.下に(名称忘却.瓦の下にすく防水紙)をすく
瓦が入手できないのであれば.トタンで瓦型の板を作ってはめ込む
で対応できます。

なお.雪が積もる地区でのきよじゅうけいけんがないので積雪地区における対応は知りません。
下手に軽い耐震瓦に交換すると.「大風で屋根が飛んでいった」なんてことになりかねません。風に関する過去の気象情報に注意してください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報