題の通り。最近まで国内のアミノフライトを飲んでいたのですが、

海外のものを個人輸入したほうが安いとのことなので試しに購入してみようと思っています。


そこでいろいろ調べてみて海外のメーカーではMRM社やマッスルエリート、

オプティマムなどが人気だということがわかりましたが、

価格・品質などの面でこれらのメーカーのうちの製品で問題ないでしょうか?


それとも他におすすめのメーカーはありますか?

どなたか回答お願いしますm(_ _)m

質問者からの補足コメント

  • マッスルエリートはメーカーじゃなくて輸入代理店でした。

    お恥ずかしい。。

      補足日時:2015/04/28 21:28

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

どれも似たようなものです。

試してみたら・・・
しょせん何の効果もないので。
小中学校の理科や家庭科で学んだように、タンパク質はアミノ酸まで分解されて消化吸収されます。タンパク質はアミノ酸が結びついたものですが、他の生物のタンパク質をそのまま吸収すると拒否反応で死んでしまうので、アミノ酸まで分解して吸収します。
 タンパク質を作るアミノ酸は高々20種類程度です。そのうち必須アミノ酸と呼ばれる9種類は食事から取らなければなりません。
★とても誤解の多い部分
 動物が進化してくる過程で、普通に食べていて【日々の食事から必ず取ることができる栄養素】は体内で合成する能力を失った。生物は無駄な事はしない。食餌からふんだんに得られる。
 普段の食餌に含まれていないものは体内で合成できる。--食べ物から取らなくてもよい!!
  (例)葉や果物に含まれているビタミンCは野菜や果物を食べないなどの偏食を
   しない限り欠乏しない。犬や猫の肉食動物はそれらを食べないために体内で
   合成できるので、ビタミンCは食べなくても良い。

 言い換えると、アミノ酸は偏っていない限り普段の食餌から確実に摂取できる。
 ⇒アミノ酸 - Wikipedia( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9F … )
 ⇒必須アミノ酸 - Wikipedia( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%85%E9%A0%88 … )

 ここから重要です。
 すべてのアミノ酸は過剰摂取は危険です。上記必須アミノ酸から、「推奨摂取量」に進み、それぞれのアミノ酸をクリックして進み、そのページの下に健康安全情報へのリンクがあります。
 肉や野菜から摂取する場合は問題になる事はありませんが、サプリメントを使用すると過剰摂取になる事があります。

 アミノ酸は肉や野菜などを偏食しないで摂取するほうが安全で確実に取り入れられるのですよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q美容に効果のある「アミノ酸」商品はありませんか?

美容に効果のある「アミノ酸」商品を探しています。
しかし、アミノ酸は20種類程度に分類され、運動or美容の目的によって、摂取するアミノ酸の種類も違うと耳にしました。
美容やダイエットを目的として摂取するのですが、効果の高い「アミノ酸」商品をご存知の方、商品名など詳しい事をお教え頂けませんか?

尚、純度100%若しくはそれに近い物はありますか?

Aベストアンサー

アミノ酸だけに限定ですか? アミノ酸だけで他の微量物質が不足しているのが現代の食生活では当たり前ですから、それだけでは目的は達成されないのはご存知での上だと推察します。

で、
全部入っているのが必要ですし、摂取の時間や摂取期間、摂取休息期間なども必要なのもご存知ですね。

アミノ酸全濃度が充分に、又バランスよく体内に無いと各種微量物質の働きも、又其処から次の各種酵素の働きも充分に成らないので、全機能が充分に働きません。

>尚、純度100%若しくはそれに近い物はありますか?
⇒有ります。 医療用または一部の海外の製品です。
日本では一部の販売が禁止されています。それは知識の無い人が使うとバランスを崩し危険なのと、先天的な代謝異常などの人も危険だからです。

>美容やダイエットを目的として摂取
⇒醫學・生理学的知識を自分で持っているか、そういう人の直接指導以外は純粋ならそれだけ危険を伴います。
内臓にダメージが起きた場合は、取り返しが付かない場合が出ますがそれでもやってみますか。

目的へのとりあえずのお勧めは、日本国内で一般に市販されているアミノ酸です。
日本人は自己責任を取らない民族ですから、政府や企業がそれなりに考えて、比較的安全なものを作っていますから、安心して使えます。!(^^)!
コンビニへ行って、其の説明を読んで希望のものを購入しましょう。

例えば、プロリンとかリジンです。勿論働きを良くするためには、各種ビタミン類(特にV-CとV-B6)や各種ミネラル類が重要です。
プロリンやリジンは肌のコラーゲン再生に必要です。
又、システィンは肌などの主要構成要素です。

アミノ酸だけに限定ですか? アミノ酸だけで他の微量物質が不足しているのが現代の食生活では当たり前ですから、それだけでは目的は達成されないのはご存知での上だと推察します。

で、
全部入っているのが必要ですし、摂取の時間や摂取期間、摂取休息期間なども必要なのもご存知ですね。

アミノ酸全濃度が充分に、又バランスよく体内に無いと各種微量物質の働きも、又其処から次の各種酵素の働きも充分に成らないので、全機能が充分に働きません。

>尚、純度100%若しくはそれに近い物はありますか?
...続きを読む

Q健康食品をアミノ酸など汗をかくものと一緒に飲んで

健康食品をアミノ酸など汗をかくものと一緒に飲んで効果が半減しないでしょうか?
毎回習慣でアミノ酸や脂肪燃えると言う商品などをシェイカーに入れてスポーツジムに持っていくのですがその前にそのケースで健康食品を6種類くらい飲んでいます。
汗となって健康食品のカルシウムやビタミンなどが出ないでしょうか?
もうひとつ質問で健康食品を複数飲んでいますがあまり多く飲むと効果がやはり半減するのでしょうか?
ビタミンなど量が多すぎて吸収されないという場合はないように適量にあわせて飲んでします。
詳しい方教えてください
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

健康食品は健康のための食品ですよね。解かりきったことですが。食品となれば三度の食事も食品、暴飲暴食すれば身体に害をもたらすでしょうね。当たり前すぎて答えにもならないけれど。

三食、まあそこそこに栄養バランスを考えて食しているとすれば、サプリ飲むのはプロから言わせればお金をどぶに捨ててるようなものです。身体が吸収するビタミン、ミネラルの量はほぼ決まっています。

コップから水が溢れるように不要なものは排泄されます。排泄に関わるのは腎臓と肝臓、いくらサプリと言っても必要以上にとりすぎると肝腎に負担がかかりますね。こんなこと普通に考えれば解かる事ですよね。ダイエットしてサプリで栄養素をと考えるのは言語道断ですからね。

代謝のためのスポーツジム通いは奨励しますが、ダイエットなどのためなら止めたほうがいいと思います。アミノ酸にしても各種ビタミンにしてもちゃんと食事をしていれば何ら問題はありません。
それよりも、ジムで汗を流すと何が不足するのか、何を補給しないといけないかをまず心に留め置くべきです。

Qアミノ酸の効果

10年以上筋トレをしています(筋トレだけじゃないですが)
筋トレや運動をした直後にアミノ酸(BCAAだったりEAAだったり)を摂ってます
特に強度の強い運動のときは、運動を始める前にもアミノ酸を摂るようにしてきました
理由は、アミノ酸を摂ると翌朝起きたときの疲労感が少しマシになるかな?って感じるからです
気分的なものかな(プラシーボ)とも思うのですが、摂れなかったときの翌朝はやっぱり辛いです
頭がボーっとして、体が重く、酷いときには、起き上がり座った状態で瞼を開いているのが辛いくらいです

ところが、(加齢の関係もあるのか)このアミノ酸の効果が薄れてきたように感じています


そこで質問なんですが。
そもそも トレーニングの直後(或いは前 、前後)にアミノ酸を摂ることに、翌朝の疲労感を軽減させるような効果は有るのでしょうか?

何か翌朝の疲労感を軽減する方法ないですかねぇ…

Aベストアンサー

 fontaine さん、こんにちわ。スポーツトレーナーです。

 疲労とそれからの回復力を高めるには、その強度に耐えうる様に徐々にトレーニングを重ねる事と私は考えます。
 その体力を越えていれば疲れる訳ですし、続けば疲れが溜まるでしょう。

 疲れた後に物質に頼るというのではなく、その強度に耐えうるトレーニングが出来るような栄養摂取をする、と私は考えます。
 それを継続して体力を上げて行くとなるものでしょう。

 体力を上げていくのは時間がかかりますが、それに耐えうる栄養を取るのはすぐ出来ます。足りないとトレーニング(練習)も弱いままです。


>頭がボーっとして、体が重く、酷いときには、起き上がり座った状態で瞼を開いているのが辛いくらいです

>でも、言われてみれば栄養ドリンクを飲んでいたといは、翌朝体が楽だったし、連続してトレーニングをしていても風邪をひくようなことは無かったです。(好調時に調子乗ってトレーニングしてると、直ぐ風邪ひいてしまうもので)

 これらはグリコーゲン不足によく見られるものでしょう。栄養ドリンクは糖質が多いです。それが無い状態で触媒となる物質を摂っても働きようが無いです。

 普通の食事や運動前後の補給を出来る限り整えて、どうしても足りない分をアミノ酸などで補給する様に考えるべきとおもいます。


 通常の食事をバランスよくし、
 トレーニング前の160Kcal程度の炭水化物と、20g程度のプロテインの事前摂取。
 トレーニング直後の糖質40gとプロテイン20g程度の摂取。

 これらで充分改善されると思います。 
 

 fontaine さん、こんにちわ。スポーツトレーナーです。

 疲労とそれからの回復力を高めるには、その強度に耐えうる様に徐々にトレーニングを重ねる事と私は考えます。
 その体力を越えていれば疲れる訳ですし、続けば疲れが溜まるでしょう。

 疲れた後に物質に頼るというのではなく、その強度に耐えうるトレーニングが出来るような栄養摂取をする、と私は考えます。
 それを継続して体力を上げて行くとなるものでしょう。

 体力を上げていくのは時間がかかりますが、それに耐えうる栄養を取るの...続きを読む

Qジュースのアミノ酸と調味料のアミノ酸の違い

科学調味料として入ってるアミノ酸は
あまり体に良くないものだと聞きましたが、
最近ジュースとかによく入ってる
『アミノ酸健康飲料』みたいなのは、
体には問題ないんですよね?

というか、この二つの違いとは何でしょうか・・・

Aベストアンサー

この2つの違いはありません。
いずれも,化学的に作られたアミノ酸が入っています。
グルタミン酸は発酵法とか言いましたかしら・・

ですので,どちらかが体によくて片方が体に悪いという事はありません。

今の世の中加工食品には,ほとんどアミノ酸が使われています。パッケージの裏側をみるとわかりますが,
「調味料(アミノ酸等)」って,具合です。
また,保存料としてグリシンというアミノ酸も使われています。
他の方もおっしゃるようにほどほどがいいと思います。
(アミノ酸は体に害を及ぼす物質ではありません)

最近のアミノ酸入り飲料についてですが,
アミノ酸も1gで4kcalあります。(たんぱく質の構成成分ですから。)摂取して,運動しないと,ただカロリーを摂取しているだけになってしまいます。
普段食事をしている食品にもアミノ酸は沢山入っていますので,特に気にして摂取するべき栄養素ではありません。

ダイエットについてですが,
アミノ酸=ダイエットに効く。というわけではなさそうなのでご注意を。

参考URL:http://www.ajinomoto.co.jp/amino/??head053=aminoIndex

この2つの違いはありません。
いずれも,化学的に作られたアミノ酸が入っています。
グルタミン酸は発酵法とか言いましたかしら・・

ですので,どちらかが体によくて片方が体に悪いという事はありません。

今の世の中加工食品には,ほとんどアミノ酸が使われています。パッケージの裏側をみるとわかりますが,
「調味料(アミノ酸等)」って,具合です。
また,保存料としてグリシンというアミノ酸も使われています。
他の方もおっしゃるようにほどほどがいいと思います。
(アミノ酸は体に害を及ぼす...続きを読む

Qアミノ酸と大豆ペプチドの効果はどう?

今までいろいろな種類のアミノ酸を飲んだことがあります。以前TVで大豆ペプチドのほうが吸収が早く効果があるようなことを聞いたのですが、実際アミノ酸と大豆ペプチドを飲み比べてその違い、効果を実感した方はいらっしゃいますか?是非体験談をお聞きしたいです。実際ダイエット目的というよりは、疲れやすい体質を改善したいと思っています。

Aベストアンサー

>疲れやすい体質を改善したいと思っています
⇒消化器官でアミノ酸よりペプチドの方が吸収が早いと分かったのは数年前ですが、目的が書かれている事なら大差ありません。 

既に知識としては知っている様ですが、
体内に急激に入るか入らないかだけですから、
常時必要とされる部署に存在させるために、ゆっくり入る普通のプロティンの方が良いでしょう。

其の目的ならアミノ酸やペプチドはスポットで効かせたい時に使うほうが安上がりに成ります。

又、アミノ酸を病院で使っているから効果があると誤解している人もいますが、これはプロがしっかり調べて<何>が<どこ>に<何時>不足しているかを確認して適宜適量を投与しているのですから、本来はかなりの知識と検査体制下でないと<量的>にも使っても無駄なものです。
数十グラムから百グラム程度使いますが、使い方を間違えると内臓にかなりの負担を加えてしまいます。

どうしても使いたいなら、上記の使い方と、
食事での脂肪を抜いたタンパク質を多めに採る事です。

ただし、タンパク質不足だけで疲れやすい体質が出来ているわけではありません。
生活状態により、年齢により、男女差や個人の体質により・内臓の状態等等で不足する物質もかなり違っています。

>疲れやすい体質を改善したいと思っています
⇒消化器官でアミノ酸よりペプチドの方が吸収が早いと分かったのは数年前ですが、目的が書かれている事なら大差ありません。 

既に知識としては知っている様ですが、
体内に急激に入るか入らないかだけですから、
常時必要とされる部署に存在させるために、ゆっくり入る普通のプロティンの方が良いでしょう。

其の目的ならアミノ酸やペプチドはスポットで効かせたい時に使うほうが安上がりに成ります。

又、アミノ酸を病院で使っているから効果があると誤...続きを読む

Qイノシン酸とアミノ酸。

肉や魚の旨味成分であるイノシン酸と、
人間にとって重要な栄養素であるアミノ酸の
違いを調べています。
例えば構造の一部になっているとか、
例えば変化したものだとか、
例えば同じグループだとか。
何もなければ何もないということが知りたい。
ご存知の方、是非お知らせくださいませ。

Aベストアンサー

アミノ酸というのは分子内にアミノ基とカルボキシル基の両方を持った
化合物の総称です。
化学的には、カルボキシル基(化学式では-COOH)をもった化合物は
酸なので、アミノ基を持った酸ということで、アミノ酸といいます。
1つの炭素上にアミノ基もカルボキシル基も存在するものを
α(アルファー)アミノ酸、といいます。
RCH(NH2)COOH (Rはいろいろな官能基)(NH2がアミノ基)
です。
アミノ基とカルボキシル基は縮合反応といって、水(H2O)がとれて
お互いが結合していく反応を起こすことが出来ます。
この反応によって、αアミノ酸がたくさんつながって高分子になることが
出来ます。これがタンパク質です。
Rの種類が変わることによって、
グルタミン酸(HOOCCH2CH2CH(NH2)COOH)
アスパラギン酸(HOOCCH2CH(NH2)COOH)
などになります。
昆布だしのうまみ成分であるグルタミン酸は、上に書いたようなアミノ酸
ですが、肉のうまみ成分であるイノシン酸はイノシンリン酸の総称であって
上に書いたアミノ酸とは構造が異なります。

アミノ酸というのは分子内にアミノ基とカルボキシル基の両方を持った
化合物の総称です。
化学的には、カルボキシル基(化学式では-COOH)をもった化合物は
酸なので、アミノ基を持った酸ということで、アミノ酸といいます。
1つの炭素上にアミノ基もカルボキシル基も存在するものを
α(アルファー)アミノ酸、といいます。
RCH(NH2)COOH (Rはいろいろな官能基)(NH2がアミノ基)
です。
アミノ基とカルボキシル基は縮合反応といって、水(H2O)がとれて
お互いが結合していく...続きを読む

Qピルとアミノ酸サプリの併用は避妊効果を弱めるか

ピルと他の薬を併用すると、成分によっては避妊効果が減ると知っているのですが、現在低容量ピルのアンジュ28と、キリン ウエルフーズのアミノパーフェクト トータルサポートというサプリを一緒に飲んでいます。
自分で調べてみて、オトギリ草やペニシリン系の薬などは効果を弱めることは分かりましたが、アミノ酸についてはよく分かりません。
アミノ酸はいろんな成分(大豆ペプチドなんかも)入っていますがどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

心配な場合そのアミノ酸の販売元に確認するのが
一番いいのですが。

私もアミノ酸だのBCAAだの書いてあるもの
飲んでますよ。
ピルの避妊効果を疑ったことは一度もないですけど。

原材料をみてみましたがだめなものは入っていなかった
ですよ。ご安心を。

Qアミノ酸・アルギニン・グルタミン酸

こんにちは。
●脳の機能を高める ●知能を高める ●アンモニアを体外に出す 
●アルコール依存症、精神分裂症、ぼけの治療に効果がある筋肉を強化する ●病気に対する抵抗力を高める ●傷の治りを早くする
などに効果のある粉末やタブレットを探しているのですが、どういったものが良いでしょうか?
みなさんのオススメもしくは利用されているものを教えてください。 

Aベストアンサー

こんにちは。

ダイレクトな回答でなくて申し訳ないのですが
効能別健康食品の一覧表というサイトがあります。
参考になるでしょうか。

http://www.kenko.gr.jp/suppliment/supplim0.htm
http://www.sunthel.com/itirann.htm

参考URL:http://www.kenko.gr.jp/suppliment/supplim0.htm,http://www.sunthel.com/itirann.htm

Qアルカリイオン水でクエン酸やアミノ酸をのんでも効果は変わらない?

いつもお世話になっております。
健康の為、アルカリイオン水を常用しておりますが、
キレート効果が体に良いということで、クエン酸も飲み始めました。
また、運動時にはアミノ酸をのんでいます。

そこで、混ぜて飲んでも効果は変わらないのでしょうか?
素人としては、
クエン酸(酸性)とアルカリイオン水(アルカリ性)を混ぜると中和して、その効果まで中和=ゼロに
なってしまうのではないかと心配しております。
アミノ酸は、どうなんでしょう?

素朴すぎる質問かもしれませんが、どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>そこで、混ぜて飲んでも効果は変わらないのでしょうか?

 変わりませんよ。
実は、酸っぱいのが苦手な人の為にあるのかどうか知りませんが、
クエン酸ナトリウムといって、クエン酸を中和しているものも実はあります。
勿論、クエン酸もクエン酸ナトリウムも効果は同じです。
 それから、アルカリイオン水のpHもそれ程下がりません。

>アミノ酸は、どうなんでしょう?
 
 基本的に問題ありません。もし、クエン酸を飲んで問題が生じるのでしたら、
アミノ酸の経口摂取には、何の効果も無いことになってしまいます。
 アルカリイオン水のことも含めて、摂取したら”胃酸(塩酸)”に晒されますからね。

Qアミノ酸について

アミノ酸を一番効率よくとりたいのですがどんな物を摂ったらよいでしょうか?
できれば、サプリメント以外の物でお願いします。
あと栄養について詳しくのっているHPあればお願いします。

Aベストアンサー

再び

*基礎代謝
呼吸をする、心臓を動かす、体温を保つなどさまざまな生命活動のために常に使っているエネルギー。つまり「生きていくために最低限必要な最小のエネルギー」

アミノ酸を摂取すると上記「基礎代謝」がUPするのです。作用機序はわかりません。このため、基礎代謝が上がれば余分な脂肪を分解しますので最近ダイエットで注目されています。ウェイトを増やすとありますが、余分な脂肪は取りましょう。

運動時の主なエネルギー源は糖質、脂肪。運動量が多くなるに従ってアミノ酸がエネルギー源として使われます。体のたんぱく質が消耗される前後に、十分にアミノ酸を補給することがスポーツ後の疲労回復に欠かせません。それ故高橋さんが「VAAM」を愛用されているのでしょう。

お試しあれ!「VAAM」←回し者ではありません

アラモアナ=Ala Moana Shopping Center≒ハワイ馬鹿です


人気Q&Aランキング

おすすめ情報