とくに意味はないのですが、ちょっと気になったので質問させてもらいました。
一応調べてはみましたが、私では見けられませんでした。
知ってる人または見つけた人がいるのなら教えてもらえると嬉しいです。(^-^;

質問者からの補足コメント

  • はてなって「?」のことです。

      補足日時:2015/05/10 19:31

A 回答 (4件)

>「はてな」って漢字は存在しますか



「果てな」という字が存在します。

出典
問「宇宙の果てはどうなっているの」
答「?(果てな)」
    • good
    • 2

goo辞書によると、"俗に、はてなマークともいう。

"ってなってるねえ!マンガとかで、「疑問符」を「はてな」と読ませる場合はあるかもしんないね!
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/54065/m0u/
    • good
    • 2

ないんじゃないかなあ!「はてな」は、感動詞の「はて」に「な」がくっついた語で、「はて」は、迷ったり疑ったりして考える時に出す声っす

ね!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど!
疑問符ってはてなとは呼べないのでしょうか?
あ、お礼なのにここで質問していいのか…?

お礼日時:2015/05/10 20:11

「?」は疑問符と言います。

    • good
    • 3
この回答へのお礼

そうなんですね!!
回答していただきありがとうございました!!(^^)

お礼日時:2015/05/10 19:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分からない漢字の読み方検索方法

2,3問前の質問で読み方を教えて
くださいと言う質問に答えた方が
コピペして、、、、と書かれてい
たのですが、もう少し詳しく教えて
下さいませんか?
文字を青くして右クリックしました
が、その後が分かりません。

Aベストアンサー

> その後が分かりません。
原文では多分、こういうことだと思います。
Windows PC でのことでしょう。( XP では確認しました)

書いてあるように、コピーしたらペーストする(貼り付ける)のですが
貼り付けられる場所でないとダメですね。
メモ帳など、文字を入力可能なものを開くのが確実ですが、
開いてるウェブページに質問や検索文字などのの入力欄があれば
そこでも使用可能です。
そこに貼り付け、[変換]キーを押すと、再変換の為に
「読み」を含む「他の読み一覧」が表示されます。


あと、漢和辞典のサイトの例です。

ウィクショナリー
http://ja.wiktionary.org/wiki/%e6%bc%a2%e5%ad%97%e8%be%9e%e5%85%b8
インフォシーク漢字辞典
http://dictionary.www.infoseek.co.jp/?sc=1&se=on&lp=0&gr=kj&sv=KJ&qt=%b4%c1%bb%fa%bc%ad%c5%b5&qty=&qtb=&qtk=0


ついでに、ここでいろんな辞書を探せます。
http://search2.kotoba.jp/iresult3.cgi

検索窓に、例えば「漢字辞典」のように入力して検索すると
漢字辞典のサイトが出ます。

> その後が分かりません。
原文では多分、こういうことだと思います。
Windows PC でのことでしょう。( XP では確認しました)

書いてあるように、コピーしたらペーストする(貼り付ける)のですが
貼り付けられる場所でないとダメですね。
メモ帳など、文字を入力可能なものを開くのが確実ですが、
開いてるウェブページに質問や検索文字などのの入力欄があれば
そこでも使用可能です。
そこに貼り付け、[変換]キーを押すと、再変換の為に
「読み」を含む「他の読み一覧」が表示されます。


あと、漢...続きを読む

Q漢字の止の語源は足で進むという意味があると言っていたが、進むという漢字も進む意味がある。 漢字の止ま

漢字の止の語源は足で進むという意味があると言っていたが、進むという漢字も進む意味がある。

漢字の止まるも進むで、進むも進んで、昔の人は止まるという意味の漢字は無かったんでしょうか?

武士の武の語源を戈に止まると書いて、戦いを無くすのが武士だと言ったら、違う。

戈を止は戈を進めるという意味だと指摘が入ったので質問です。

指摘が間違ってませんか?

Aベストアンサー

いえ。指摘は間違っていません。
そもそも「止」は「一本線上のあしあと(趾)」「立ち止まった状態」を意味するのですが、転じて、「あしあとを残す」すなわち「進む」という意味合いをも持つようになったからです。

たとえば、「祉」。「礻」は「神にいけにえを捧げるための台」を意味するので、本来は「いけにえを捧げるために立ち止まった状態・行為」のことです。
しかし、その行為そのものが「幸せが進むように」という願いから行なわれるものだったので、転じて「幸せを追い求める・幸せに向かって進む」という意味合いとなり、「福祉」という言葉も生まれました。

一方、「進」。
こちらは「辶(辵)」が「十字路上で立ち止まっている状態」をあらわします。もともとの甲骨文字の中に、「止」が含まれています。
「隹」は鳥の象形です。
つまり、「進」も「立ち止まっている状態」を意味したものの、転じて、「十字路から先に向かう」すなわち「進む」という意味合いを持つようになりました。

ということは、「昔は「立ち止まった状態(止)」のままでい続けることを善しとはせず、次の段階(進む)を常に意識していた」ということが言えてくるのではないかと思います。

「武」は「戈(矛)」を「止」める、という意味であることから、一見「戦いを止める(なくす)」といった解釈ができそうですが、実は、上で記したように「止」が「進」という意味合いを持つので、「矛をふりかざして、勇壮に歩く(勇壮に進む)」という意になります。
結局、指摘されたことそのもの、というわけですね。間違ってはいなかったわけです。

いえ。指摘は間違っていません。
そもそも「止」は「一本線上のあしあと(趾)」「立ち止まった状態」を意味するのですが、転じて、「あしあとを残す」すなわち「進む」という意味合いをも持つようになったからです。

たとえば、「祉」。「礻」は「神にいけにえを捧げるための台」を意味するので、本来は「いけにえを捧げるために立ち止まった状態・行為」のことです。
しかし、その行為そのものが「幸せが進むように」という願いから行なわれるものだったので、転じて「幸せを追い求める・幸せに向かって進む」...続きを読む

Qこの漢字の読み方を教えて下さい

この漢字の読み方を教えて下さい

この漢字の読み方を教えて下さい。
お恥ずかしい話ですが、こういうくずした草書体のような文字が読めません。
周りの方に聞くのもなんとなく気恥ずかしく、
でも気になるという…(^_^;)

達筆すぎる方の字もなかなか読めなくて、
適当にごまかして読んだりしています。

こういう草書体の読み方を調べるサイトってあるのでしょうか?
検索しても、フォント用の草書体とかしか見つけることが出来ませんでした。

もしご存じの方がいらっしゃいましたら、
読み方ともども教えていただけましたら助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「養浩堂」ではないでしょうか?
右端の字は下部が「食」の典型的くずし方です。
「善」との見分け方は一番下の部分が「ら」のようになっているか「口」になっているかの違いです。
この場合「口」のように見える上に点がありますので、「養」と見ます。
次の字は「さんずい」の次の画の出だしと下に「口」があるので「浩」のようです。


御自分で調べられるのでしたら、参考のURL画面のページの一番下の「データベース選択画面」をクリックし、次のページで右下のほうにある「電子くずし字字典DB」をクリックすれば漢字入力でそれに該当するくずし字をいろいろ表示してくれます。
このページは便利ですよ。

参考URL:http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/shipscontroller

Q「ちょっとまった」=「ちょっとまって」?

「ちょっとまった」=「ちょっとまって」ですか。ただ音の崩しですか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ちょっとまった」の「た」は、完了・過去の助動詞「た」です。

通常見られる「月が出た」(完了)「昨日、東京へ行った」(過去)などの「た」です。

ただし、ここでは「軽い命令」の意味を示します。

「さあ、どいたどいた」などと同じです。

これに対し、「ちょっとまって」の「て」は接続助詞です。

「図書館へ行って、本を借りる」などの「て」です(順次動作・原因理由・付帯状況などの意味に

分かれますが)。

接続助詞である以上、後に文が続くはずですが、「ちょっと待って」の後には、何も続いていませ

ん。

これは「ちょっとまってくれ」あるいは「ちょっとまってください」の省略形と考えられます。

相手に「まつ」ことを要望しているのです。

このように、「ちょっとまった」と「ちょっとまって」は、文法的に異なります。

意味面からも、「ちょっとまった」は「軽い命令」の意味を含むため、「ちょっとまって」よ

りも尊大な(相手を見下している)ニュアンスがあるという点で、両者は異なります。

Q魚へんに暖かいの日が無い漢字の読み方

魚へんに暖かいの日が無い漢字の読み方

しりあいに よのき さんという方が居ますがパソコンで検索しても漢字に変換できません

魚へんに暖かいの日が無い漢字の読み方をしりたいです

よの と呼ぶらしいです。よの貴と呼ぶそうです

Aベストアンサー

IMEパッドの話が出ているので参考に。

手書き認識だとこの時点で候補に表示されます。
結構形が分かっていても読みが分からない漢字の時には使えます。

Q【日本語の漢字の意味を知ると怖い話】 意味を知ると怖くて使いたくなくなる漢字を教えてください。 例:

【日本語の漢字の意味を知ると怖い話】

意味を知ると怖くて使いたくなくなる漢字を教えてください。


例:

僕は下僕という意味なので、

僕は、

と言うと

下僕は、

と言ってるのに等しい。

僕の語源を知ると僕と言うのを使わなくなった。

例2:

既婚者女性が「こちらうちの旦那です」

と紹介してる人がいるが、旦那の語源はお金を与える者という意味なので、

「こちらうちのお金を与える者です」

と他人に紹介しているに等しい。

今ではもう恥ずかしくて旦那と言う言葉が使えない。


他の例を挙げてください。

Aベストアンサー

あなたのしたいことに釘を刺すようで恐縮ですが、「怖くて」使いたくなくなるというのは感心できません。

僕が使えなくなくなったら子供は自分を何て言うのでしょうか?
旦那は言いかえられるからいいものの、それを表記した本が読めなくなるのでしょうか?

あなたは何かの恐怖心を人々に植え付けようとしているのでしょうか?

その言葉の元の意味だけでなく、それが使われるようになった背景もともに存在しています。
言葉遊びも程が過ぎると危険です。ご自粛ください。

Q韓国語の漢字の読み方は呉音、漢音、唐音?

日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが、韓国語の漢字の読み方はどれに相当するのでしょうか。韓国語では漢字の読み方は原則一種類しかないと聞いています。

Aベストアンサー

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www.zdic.net/zd/zi/ZdicE8ZdicA1Zdic8C.htm
台湾4県・陸豊・梅県・海陸豊に hen と。(後ろの数字は?ですが)

改めて韓国における漢字語とは、いつ頃?どこから?をnetの中で眺めてみるとこのような記載がありました。
朝鮮語学小辞典 - 漢字語
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%BC%A2%E5%AD%97%E8%AA%9E
中を読んで頂ければお判りの通り、中国に限らず日本からの「外来語」も含めて韓国での「漢字語」というのが実に様々に存在します。
それらを踏まえて、では基本的に52.1%の漢字語を読む「音」はどこから?と更に読んで行くと、次のような記述がありました。
朝鮮語学小辞典 - 朝鮮漢字音
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%BC%A2%E5%AD%97%E9%9F%B3
そして結論として最後に書かれたのを引用すれば

『4.4. 朝鮮漢字音の母胎音
朝鮮漢字音が中国のいつの時代の音を母胎としているのかについては,これまで複数の研究者が仮説を唱えてきた。伊藤智ゆき(2007)によれば,上古音説(姜信沆など),切韻音説(朴炳采),唐代長安説(河野六郎),宋代開封音説(有坂秀世)などを検討し,具体的に特定するのは難しいとしつつも,唐代長安音が朝鮮漢字音の元になっている可能性が高いと述べている。』

ということは、最初に載せたURLの中からの引用ですが
『漢音:日本漢字音の一。唐代、長安(今の西安)地方で用いた標準的な発音を写したもの。』
であるなら、結局韓国語における漢字の読み方というのは、唐代長安音=『漢音』が根幹をなすモノのようです

参考URL:http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/choes/cgi-bin/enc/korenc.cgi?IndexPage

結論から申し上げれば、
『漢音=唐代長安音』が根幹をなすモノのようです。


以下はお暇な時に、参考までに読んで下さればと存じます。

>日本語の漢字の音の読み方は呉音、漢音、唐音などがあるようですが
↓こちらでそれぞれに「どう読むか」があるのですが、
http://www.geocities.jp/johannes_schiffberg/kanji.html
最初に書かれている「行」に関して言えば、韓国語では「ヘン」です。ということは、どれにも属さないことになります。
但し、中国の方言としては出て来るようでして↓
http://www....続きを読む

Q気という意味は何ですか? 気がない と 気が進まないとの違いは何ですか または 気が済む 気が強い

気という意味は何ですか?
気がない と 気が進まないとの違いは何ですか
または 気が済む 気が強い 気が弱い 気が短い 気が長い、なかなか分けることができない

Aベストアンサー

日本語は難しいよね。
彼女に対して気がない。好意
仕事に気がない。やる気
同じ「気がない」でも、前後の文章で意味が違うよね。
言い方や、シチュエーションでも変わるよね。
私も、わけらんないよ。

Qなぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

なぜ漢字は読み方が2通りあるのですか?

中国では、1つの漢字に一通りしか読み方がないと思います。
その中国から漢字が伝わってきたと思うのですが、、
どこで、どうやって、日本では2通りの読み方になってしまったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古代の日本には文字がなく、中国から漢字を輸入したのです。ところが、漢字の発音は中国流ですが、漢字の表す意味と同じ概念を表す日本語が既にあったのですね。例えば「心(しん)」には「こころ」がありました。

日本人の凄いところは、一つの漢字に中国音(音)と日本音(訓)を当てはめて、二つの読み方をできるようにしたことです。漢字を輸入したのは、朝鮮もベトナムも同じですが、訓読みを使用するのは日本だけで、朝鮮(韓国)もベトナムも一つの漢字の読みは中国音(自国流に訛ってますが)の一種類です。

さらに、他の方が書いておられるように、日本では呉音、漢音、唐音の3種類がありますが、朝鮮もベトナムも1種類です。訓にしてもある漢字に相当する日本語が複数あるときは、全部使います。

また、「考」という漢字に「考える」というように振り仮名をつけて、動詞や形容詞を「漢字+かな」で表現するというのも日本独特です。

Q下記の文章の内容と意味がよく分かりませんので、どなたか教えてくださいま

下記の文章の内容と意味がよく分かりませんので、どなたか教えてくださいませんか。
「七、国語ニくノ発音アリテんノ発音ナク通例んト記シテくト発音スルモノゝ如シ、此ノ場合ハイカニ定メオクベキカ」→「国語在来ノ慣例ニ従ヒ総ベテン字ヲ用ウルコトニ決ス」(「国語教授研究会」『台湾総督府国語学校校友会雑誌』第一号、p72-p78)
「くノ発音アリテんノ発音ナク通例んト記シテくト発音スル」とはどういうことですか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 これは全くの憶測ですから、間違っているかも知れません。

1。まずこの文の意味ですが

 「日本語には「く」の発音はあるが「ん」の発音は無い、普通「ん」と書いて「く」と発音するようだ。この場合はどのように決めたらいいか」。「日本語在来の習慣に従って「ン」の字を使うことに決めた。」

 ということですね。

2。次にこの文が『台湾総督府国語学校交友会雑誌』の最初の号に出ているということを考えなければならないと思います。交友会の主な目的は、卒業後の交流、すなわち大切なものは「名簿」でしょう。メンバーは台湾の人々です。

3。中国語にあって日本語に無い区別は、語尾の ng と n の違いです。

4。もうひとつ。日本語の公文書では、濁点を書かない慣習がありました。今の「ぐ」を「く」とかいたり、「何何すべし」というのを「何何スヘシ」と書くのはその例です。

5。「日本語には「ng」の発音はあるが「n」の発音は無い、普通「ん」と書いて「ng」と発音するようだ。この場合はどのように決めたらいいか」。「日本語在来の習慣に従って「ン」の字を使うことに決めた。」

「ん」はいつも ng と発音されていた,と言っているようですね。

\

 これは全くの憶測ですから、間違っているかも知れません。

1。まずこの文の意味ですが

 「日本語には「く」の発音はあるが「ん」の発音は無い、普通「ん」と書いて「く」と発音するようだ。この場合はどのように決めたらいいか」。「日本語在来の習慣に従って「ン」の字を使うことに決めた。」

 ということですね。

2。次にこの文が『台湾総督府国語学校交友会雑誌』の最初の号に出ているということを考えなければならないと思います。交友会の主な目的は、卒業後の交流、すなわち大切なものは「名簿」...続きを読む


人気Q&Aランキング