プロが教えるわが家の防犯対策術!

【日本語・刀の丸の由来】漁船には○○丸というのが多いですが、刀にも○○丸という品が多いです。

この丸とはどういう意味があるのでしょうか?

漁船の丸の由来と刀の丸の由来を教えてください。

参考
石切丸
平安時代 河内国 三篠有成 作
所蔵 石切劒★(草冠に前)

鬼切丸
平安時代 太刀銘國綱 作
所蔵 北野天満宮

数珠丸
平安時代 恒次 作
所蔵 本興寺

その他
小烏丸
膝丸
鶯丸
鶴丸
子狐丸
笹丸
千代金丸
治金丸

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「丸」は「麻呂」または「麿」が変化したものです。


女子に対して付ける「子」と同様に、男子に対して付けるのが
「麿」でした。
麿には自分を補佐してくれる人という意味がありますし、
「愛するべきもの」という意味もあります。

漁師が命を預けているのは船であり、ですから船の名前には
「丸」が多いのです。
同様に、武士にとって命を預けるものは刀です。
また、刀は日頃の手入れが重要であり、手入れをすると戦場で
活躍してくれます。そういう意味でも「丸」がぴったりです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2015/06/28 13:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔の武士の男の子の、○丸という名前

森蘭丸とか牛若丸とか、昔の武士の男の子には「何とか丸」のような名前が多いと思います。
世阿弥が藤若とか鬼夜叉…とか、源義経が遮那王とか牛若丸とか、
その時によって呼び名が変わったと読んだことがあるのですが、
こういう幼名のあった男の子は、武士に多いのでしょうか?
身分の低いお百姓や職人、商人の子には、こうした幼名は付きませんでしたか?

また、この「何とか丸」という名前ですが、今、牛若丸と蘭丸くらいしか思い出せません。
他にどんな「○丸」がありましたか?
有名な人の名前でなくても結構ですので、こうした幼名のバリエーションを教えてください。

Aベストアンサー

昔の子供や船に、何々丸とつけたのは鬼(災い事)にもっていかれないためにです。昔は今ほど栄養状態もよくなく医学も進んでいませんから子供が立派に元服まで成長するのは大変だったのですね。

ではなぜ、「~丸」とつけるのか?
丸とは、おまるのこと、つまりトイレのことです。
鬼は、臭い匂いを嫌い近づいて来ないので、魔除けとしての意味があった、という説があります。


人気Q&Aランキング