今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

ハイビジョンテレビのテレビにブルーレイレコーダーをつないだ場合、黄色の映像端子の画質とD端子の画質は大分違いがあるのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

D端子にもいくつかの規格があるのですが、D3に対応しているならハイビジョン(1920x1080)の解像度となります。


これに対し黄色のコンポジットではアナログ放送時代の720x480相当の解像度しかありません。
いまのデジタル放送は1920x1080または1440x1080ですので、比べたら違いは歴然でしょう。
https://ja.wikipedia.org/wiki/D%E7%AB%AF%E5%AD%90
    • good
    • 0

#3です。


参考に掲示したURLにもあるように、最近はD端子の出力には制限がかかっていることがあります。
#2さんも書かれているように、HDMIで接続可能であるならHDMIにすべきです。
    • good
    • 0

今時、そんな接続する人はいない。

HDMIでつなぎましょう。
そうじゃないと、ブルーレイの解像度が生かせないです。
    • good
    • 0

大きく異なる。


黄色の端子はRCAコンポジット信号でこれは映像の「同期」「輝度」「色」の情報(信号)を一つにまとめた『アナログ』信号です。帯域幅は狭く多くの情報を伝えられません。
D端子の信号はそれぞれ分離したデジタル信号です。帯域幅は広くそれぞれの情報を正確に伝えられます。
アナログ信号では色が滲むという結果になりますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング