【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

「超英語法」という本をチラッと見た時に、語尾に付く『L』は聞こえず、“cool"は“コー”“beautiful"は“ビューリフォ”と聞こえるとあり、実際、そのように聞こえる事は分かるのですが、自分が発音する場合、やみくもに聞こえるがまま“コー”“ビューリフォ”と言うべきなのか、『L』の音を意識して舌を動かし発音すべきなのか、舌の動きを意識しつつ、“ビューリフォ”みたいにそれとなく言うのか・・・?そのあたりがよくわかりません???
詳しく御存じのかた教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

聞こえ方と発音の仕方は必ずしも一致しません。


語尾が[l]の場合は、舌の先と声帯の震えで出す音で、日本語の音声では表現できません。発音するときは是非次のような要領で試して下さい:

舌の先を上の前歯の付け根付近の歯茎に軽く当てて下さい。唇から力を一切抜いて、口は半開き状態で「ウー」と声を出してみましょう。それが[l]の音です。その音をそれぞれ、[ku:]や[bju:tif∂]の後にくっつけて発音して下さい。語中の[ti]も弱まって発音しますから、"り"に近くなってしまいます。

そうすると結果的に“コー”や“ビューリフォ”に近い音に聞こえるはずです。ポイントは、「結果的に」ということです。最初から“コー”や“ビューリフォ”と発音するともとの英語の音からかなり離れてしまいます。
    • good
    • 0

Gです。

 こんにちは。

間違いがありましたので訂正させてください.

しかし、cooとcooは全く違う物として発音され、違う物と耳に届きます.



しかし、cooとcoolは全く違う物として発音され、違う物と耳に届きます.

でcooとcoolと書くべきものでした. ごめんなさい。

私も#5さんと#7さんに同意いたします. 言葉の発音って結局全て生まれてからの物まねなんですからね. もっとも自然な事だと思います. ただ、聴こえないようでも、Lが発音されているんだという事はちゃんと知っておくべきでありするべきものだと思います. 

今は聴こえないかもしれませんがいつか急に聞こえてくるようになります. 注意して聞こうとすることで、万次郎式の発音ではなくなるはずですね.

他の皆さん同様、応援していますよ!
    • good
    • 0

ちゃんと発音した方がいいと思います。

ちゃんと発音しない英語は、わからないことが多いです。あと、No.5に超賛成です。英語はある種物まねだと思います。子供の頃私はアメリカに来ましたが、最初はとにかく意味がわかんなくても友達の真似でした。通じなかったら変えていくっていうのでいいと思います。日本語のアクセントもいいと思います。アーノルドもアクセントすごいじゃん!
    • good
    • 0

アメリカに35年半住んでいる者です。



私なりに書かせてくださいね。

Lはちゃんと発音されています. 少なくとも、舌の先はちゃんと上歯について音を出しています. だからこそよく見ると人によっては、舌の裏側が見えるときがあるのです.

つまり、coolやbeautifulはcooとかbeautifuとは発音されていないし、これらの単語を発音したら違う物と見なされます. cooはハトが鳴く声ですね. ちゃんと使われている単語です.

しかし、cooとcooは全く違う物として発音され、違う物と耳に届きます.

しかし例外もあります. 例えば、holm/Holm/Holms/holmesと言う単語ですね. これはlを発音する人もいますししない人もいます. (聴こえる聴こえない、のレベルではなく)

また、allrightをあたかもawrightとLの発音をしない人もネイティブの中にはいます.

L自体がはっきりした子音でない為になれないと聞こえないし、単語によっては(怠けてか)発音しない人もいるわけですね.

私自身このサイトで「なのです」というべきところを「なんです」といってしまうのと似ているのかもしれません.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。
    • good
    • 0

そもそもの間違いが、カタカナに変換してしまうことです。

 ”聞いたとおりに発音してみる”モノマネです。 ネイティブぽく発音したいなら、モノマネでやってみて下さい。 でも、個人的には日本人訛りの英語てのも悪くないと思いますがね。 だって日本人なんだから。 
    • good
    • 0

>cool"は“コー”“beautiful"は“ビューリフォ”と聞こえるとあり、



これが恥ずかしくなく言えると、あなたの英会話はより、英語らしくなります。
おっしゃる通り「聞こえるがまま」に発音するほうがいいと思います。

両方とも、最後に「ル」を入れてしまうと、日本人の舌ではどうしても「r」サウンドに変わってしまいますから、あまり外国人の英語になれていない英語圏の人間には(地方の人など。)「??」な顔をされるかもしれません。

「L」や「r」等、区別がつかない人ほど、
Coolを「クゥォ」と言うべきです。より本物の発音に近くなります。

本物により近い英会話を習得したいのなら「聞こえたように。」これが一番です。
おまけに「話せるように聞こえる」英語になるのも特典です(笑)。

某塾(?)のコマーシャルの「ア・ガール!」の発音は
典型的な「L」を「ル」と言ってしまった例で、痛々しい発音だな・・。と思います。
    • good
    • 1

カタカナの読み仮名はあくまでも「日本語」なので、英単語の発音を調べるなら、英和辞書に載っている発音記号だけを見て覚えるようにしたほうがいいです。



丁寧な辞書ではたまにカタカナの読み仮名をふっているのもありますが、上達者(TOEIC900点台レベル)には不評です。

お尋ねの二つの単語ですが、あえてカタカナで読み方の例を挙げるなら
cool「クー」「クゥル」「コー」
beautiful「ビューティフル」「ビューティフ」「ビューリフ」
などなど、アメリカ合衆国、英国、その他の訛りやアクセントによって異なります。でもすべて「cool」で「beautiful」です。
(一般的に米語では単語中の「t」は発音を意識しませんが、英語では「t」がよく発音されたりしています。)

まずはニュースキャスターのような職業で標準語を使用する人の発音を真似るのがいいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

フランス語じゃないんですから、語尾の子音も発音しています。


 
そのように最後の子音を発音しなかったり、tを弱く(littleが「リル」)発音したり、tをrっぽく(waterが「ワラ」)発音したり・・・と、いろいろあるようですが、この手の発音すると、「ヒスパニック系」だと思われたりします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単語の最後にくるL(エル)の発音

何度かこちらにもLの発音についての質問がありましたが、
まだ不明な点があるので質問させて下さい。

単語の最後にくるLの発音、school, full, all, beautifulなどは、冒頭にくるLの発音とは異なり、前者はdark L, 後者はlight Lとして、dark L では、舌は水平で前歯に触れない、という人と、

最後のLの発音もきちんと発音する必要があり、できるようになるまで、極端でもLの後にシュワの「ア」サウンドを加えて、練習するという人がいます。

今までは意識せずに、前者の方法で発音していましたが、日本人特有の語尾をドロップしている状態か、と気になる
ようになり、きちんと発音するように気をつけ始めたところです。

質問は、おそらくどちらが正しいというものでもないのだと思いますが、どういう使い分けになっているのか(地方、クラス)教えていただければと思います。演劇学校で教えるのは前者が多いような気がします。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このdark Lはこちらでもたまに言われることです。 これは、Lと言う発音はいつも上あごや上歯茎に接して音をなす、と言う人たちのために現実としてつけなくて発音しているよと示すために作られた表現なんです。

格闘技のプライドにSilvaと言う苗字の人がいますが、日本ではシウバと言う表現をしています。 なぜなら、英語でもこのLを昔なりのLで発音しない人が多くなってきているのです。 つまり、see-L-vaではなくsee-l-vaと発音して、このLのそんざいをしらないひと、このDark Lの存在を知らない人にとっては、Lは聞こえない、と言うことなんですね。

しかし、聞こえないから発音していない、と言うことではありません。 ちゃんと発音しているのです。 つまり、see-u-vaと発音しているのではなく、あくまでも、dark Lが発音されている、と言うことなのです。

しかし、昔なりのLの発音の仕方をしているのではない、のですね。 ですから、言い換えると、GがGの発音のときもあるし、Jの発音のときもある、と言うことと同じにとっている、と言うことなのです。

Mが両唇がいったんくっつかないと発音できない、と言うのとは違い、Lには二つの発音の仕方がある、また、語尾だけではないよ、と言う意味で、Dark Lと言う表現をします。

また、舌が上あごや上歯茎に接して発音されないため、母音化されるわけですね。 

語尾とは限らないと書きましたが、もっとよく使われるMilkと言う単語にもそれが起こっています。 

>日本人特有の語尾をドロップしている状態
ではない、と言うことなんですね。 ドロップすれば発音されていない、と言うことになります。 もうひとつのLの発音していると考えて、特に語尾に来る場合、発音すべきものなのです。 慣れてくればLにはこのような特別な音があるということが分かり、なぜ、Alright, Always, なども同じような現象がおきているのか分かるわけですね。

私がスピーチを始めた頃はこのDark Lを認めない人が多く、発音的に「単語がちゃんと認識されない」から気をつけろといわれていました。

しかし、今はもっと自然な一般的な表現でスピーチをすべきものとされがちで、Ball, Call, School, fullなど文章の中でLがなくでも分かるものとなっているものであれば普通にDark Lとして発音すべきとされています。

しかし、BowとBowlなどLの存在を分かるようにしなくてはならない文章があれば、たとえば、I like to bow/bowl.と言うような場合、ではちゃんと発音しないとマイクの加減で分からなくなるときがあるので気をつける必要があるわけです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このdark Lはこちらでもたまに言われることです。 これは、Lと言う発音はいつも上あごや上歯茎に接して音をなす、と言う人たちのために現実としてつけなくて発音しているよと示すために作られた表現なんです。

格闘技のプライドにSilvaと言う苗字の人がいますが、日本ではシウバと言う表現をしています。 なぜなら、英語でもこのLを昔なりのLで発音しない人が多くなってきているのです。 つまり、see-L-vaではなくsee-l-vaと発音して、...続きを読む

Q語尾のlの発音について

school, cool, ruleなどの語尾にあるL (dark L)の発音についていくつか質問です。


1)舌先はずっと歯茎の裏につけて発音するのですか?

2)ネイティブに聞いたら、歯茎の裏につけてもつけなくても口蓋に付かなければLに聞こえるみたいなことを言われたのですが、そうなのでしょうか?

3)舌で歯茎の裏をぐいっと押して離れないようにしながらそれっぽい音を出す発音方法はあっていますか?Lは舌を歯茎から離さないようにと聞いたことがあるので、力を入れてしっかりくっつくようにしているのですが・・・

よろしくお願いします
 

Aベストアンサー

まずはyoutubeを見た方がいいかもです
http://www.youtube.com/watch?v=pejo6YC_BnM
(Lの発音の仕方)

>1)舌先はずっと歯茎の裏につけて発音するのですか?

まず、dark L (わかりやすく大文字とします)自体が"異音"扱いなので、どう発音"しなければいけない"というのはないです
dark Lの一番の要のところは、例えば、cool「クール」の「ー」の部分の響きです
この部分では、舌はどこにもついていません
そして、「ウー」の「ー」とも違います(この場合は、単なる母音の延長なので舌はほとんど動いていない)

「クール」の「ー」は、上の「ウー」の「ー」の最中に舌の根本をノドチンコの方に近づけます(/k/の発音をする一歩手前という感じ)
発音記号は辞書では、/ku:l/となっていると思いますが、dark Lの音は/ku:↑l/という風に↑の部分に上記で説明したdark L「ー」の音が入ってきます

dark Lというのはこの/↑l/の部分の音をさしていると考えていいです

>2)ネイティブに聞いたら、歯茎の裏につけてもつけなくても口蓋に付かなければLに聞こえるみたいなことを言われたのですが、そうなのでしょうか?

ま、ネイティヴが言ってるからそうなんですが
それは/↑l/の/l/を省略した形です
つまり/↑/だけって感じ

上記のビデオでレイチェルさんは、IPA(International Phonetic Alphabet)にdark Lを表記するものはないと言っていますが、dark Lの表記は[ɫ]です(小文字のLり真ん中に波線を入れる)
レイチェルさんはこういうところについては、はっきり言って無知です

>3)舌で歯茎の裏をぐいっと押して離れないようにしながらそれっぽい音を出す発音方法はあっていますか?Lは舌を歯茎から離さないようにと聞いたことがあるので、力を入れてしっかりくっつくようにしているのですが・・・

Lの発音方法の"基本は"これで間違いはないです(ただ、そんな力を入れる必要はないですが・・・) 
Lの発音で一番大事なのは、舌の"脇(側面)"を息が通ることです(こういう発音をlateralといいます 英語ではLだけです)
だから、Lの発音をしている最中は舌は歯茎から離れません(ただ、ほんのちょっとさわる程度でいいです)

さて、一応の回答は終わりましたが、(2)のネイティヴの人が言っている話しに戻ります
私の説明では/ku:↑l/の/↑/だけで終わらせていると説明しました
つまり、最後の/l/を発音するための舌の動きがないんです つまり歯茎にくっつけない
そうすると/ku:↑/という音になるわけですが、この/↑/の音がかなり/ʊ/に近いんです(/ʊ/の例:book/bʊk/)
ネイティヴの多くはdark Lすら飛び越して、bill[bɪʊ]と発音する人はいっぱいいます

実は私も語尾のLはdark Lですが、舌はつけないことが多いです(でも/ʊ/にまではいってません)
ただ、people in the cityのようにpeople inとLの音の後に母音が来る場合は歯茎に舌をつけて、Lと/I/をくっつけて発音しています

このサイトでは「練習してみましょう」とか言ってますが、練習するような発音ではないんですよ
http://eigoriki.net/2007/12/-l-l.html
この発音は何回も何回も練習して、実際使っていると"自然"と習得される発音ですから、意識的に覚えようとしないほうがいいです かえって不自然な発音になります

基本はlight L(もしくはclear L)!
つまりは、学校で教わったであろうLの発音方法です(つまり質問の方の(3)です)
ただし、ネイティヴからすれば、基本的な発音をしていると認識はしても、ネイティヴの音ではないという認識はあると思います(つまり外国の人のLの発音という認識)

でもまずは伝わることが大事ですから、ネイティヴの発音に最初から近づけるのはやめた方がいいです
もともとすごい時間がかかることですし、発音にはもっと大事にしなければいけない要素があるのでこまかいところは考えない方がいいです
急ぐと、結果してへんな発音を習得することになりますよ 避けた方がいいです

ただ、(3)にあるように何としてでも「歯茎に舌をつける」ことを守らなきゃいけないかというと、私の説明においてもほのめかしましたが、L/l/という発音をしていることが相手に伝わりさえすればいいので、"こう舌を使って、こう発音しなければいけない"という認識を捨てることができれば、発音というのは意外と簡単にネイティヴ的な音を出せますよ
ま、あまりこだわらないことです

まずはyoutubeを見た方がいいかもです
http://www.youtube.com/watch?v=pejo6YC_BnM
(Lの発音の仕方)

>1)舌先はずっと歯茎の裏につけて発音するのですか?

まず、dark L (わかりやすく大文字とします)自体が"異音"扱いなので、どう発音"しなければいけない"というのはないです
dark Lの一番の要のところは、例えば、cool「クール」の「ー」の部分の響きです
この部分では、舌はどこにもついていません
そして、「ウー」の「ー」とも違います(この場合は、単なる母音の延長なので舌はほとんど動いていない)

「ク...続きを読む

Qbeautifulの発音

いっぱい聞いても、
よくわからないんですが
ムリヤリ、カタカナにあてはめるなら
どんなはつおんですか?

日本語的には
ビューティフル

きいたかんじは
ビウティフォー か ビウティフル

フォーかフルで迷ってます
どう思いますか?

Aベストアンサー

Gです。 こんにちは!!

onelook.comに言ってbeautifulといれ各種の辞書の発音を比べてみてください。 Lの発音をちゃんとしているのが分かると思います。

ただ、日本語には子音だけで終わる発音が無いに等しいのでLだけの発音をカタカナで表示することは日本語の「ラ行」、特に「ル」と書いてしまう、子音のLの発音からまるっきり遠ざかってしまいます。

これは、Lの子音だけのほとんどの単語がカタカナの「ル」では表示できないはずです。 Silverなどですね。 慣習的に、また、外来語としてシルバーと言う単語が一般的になってしまっているのとまったく同じ事がこのBeautifulに起きていると言うことなのです。

つまり、それだけ、発音をはじめから(中学から)しっかり教えない(教えられない先生)学校英語や「和製英語」と言われる外来語の影響は英語習得に大きな問題を与えていると言うことにもなり、「中学生用」の英和辞書にカタカナの発音を表記していること自体私にとっては「犯罪」と見てもおかしくない事だと思うわけです。

確かにビューティフォーと言うような「フォー的」発音に聞こえるかもしれませんが、「フォー」では決して無いということはしっかり頭に入れておいてください。 「フォL」と言うようにLを多くの日本人為は聞こえなくてもL(母音の無い)を発音すべきものなのです。

もっと細かいことを言えば、ビューと言う発音もおかしいし、ティと言う発音もおかしいのです。 「無理にカタカナに当てはめると」と言う条件をはっきり示しているので、私は気が楽ですが<g>、フォと発音する日本人がいるのを知って何かこれが最近のトレンドみたいになっているのが非常に残念と感じるのです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

Gです。 こんにちは!!

onelook.comに言ってbeautifulといれ各種の辞書の発音を比べてみてください。 Lの発音をちゃんとしているのが分かると思います。

ただ、日本語には子音だけで終わる発音が無いに等しいのでLだけの発音をカタカナで表示することは日本語の「ラ行」、特に「ル」と書いてしまう、子音のLの発音からまるっきり遠ざかってしまいます。

これは、Lの子音だけのほとんどの単語がカタカナの「ル」では表示できないはずです。 Silverなどですね。 慣習的に、また、外来語としてシルバー...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Q骨盤のゆがみを治すにはどこへ行くべき?

23歳女です。
骨盤の歪みが半端ないです。
数ヶ月前、別件でかかりつけの内科に行ったときに先生から、骨盤のゆがみが酷いよ!こんなに歪んでる人見たことないよ!と言われました。
恐らくこれも骨盤のゆがみのせいかと思いますが、上半身はかなり痩せているにも関わらずお尻や太ももが全く痩せません。
またむくみをとってもとってもまたむくみ、リンパマッサージやツボ押しをしたり、毎日筋トレ、スクワットや腹筋、土日にはスポーツを必ずして、水を毎日1リットル飲んではいますが、上半身が恐ろしく痩せていくばかりで下半身は微しか痩せませんのでバランスがとれていません。
また冷え性もひどく生理痛も半端ないのと慢性の便秘です。
この場合、整体に行くべきでしょうか?整骨院、接骨院、ヨガ、整形外科、いろいろありますが、どこへ行けば治りますか?
もちろん日頃の癖は直していくつもりです。
いち早く、確実に治る場所を教えて下さい。
自身の努力は惜しみません。

Aベストアンサー

骨格・骨盤の歪みはレントゲンがなくては絶対に分かりません。骨盤とは外からその半分も触れることが出来ません。整体師やマスコミが色々なことを言っていますが、レントゲンが撮れない彼らには絶対に無理です。あることないこといい、お客さんがお金を落とす動機付けを作っているだけです。


>数ヶ月前、別件でかかりつけの内科に行ったときに先生から、骨盤のゆがみが酷いよ!こんなに歪んでる人見たことないよ!と言われました。

まずこの言葉忘れてください。例えレントゲンを撮っていても、骨盤や骨の分野は整形外科です。内科医に正確な判断は出来ません。それどころか付け焼刃の専門外の知識で、時々ありえないことを言う医師も実際に多くいます。とりあえず整形外科医の判断を仰ぎましょう。


骨盤が歪むとは例えば、四角い積み木の上部に割り箸を一本、底面に割り箸を二本挿したものを想像してください。四角い積み木が骨盤、一本の割り箸が背骨、二本の割り箸が脚です。背骨や脚に見立てた割り箸が曲がれば、四角い骨盤は傾きます。正面から見て正方形に見えていたものが、(四つの角が直角な)ひし形に見えたとします。さて、果たしてこれは骨盤が歪んだことになると思いますか?

正方形がひし形になるのは、形が変わったからでなく骨盤が歪んだとは言いません。その上下の骨格の異常で骨盤が歪んで見えているだけです。例えば正方形が平行四辺形に見えたり、三角に見えれば、骨盤が歪んだと言えます。

これは実際でも同じことが言えます。側弯症など背骨に原因がある場合、股関節、膝などに異状がある場合です。整体師やカイロプラクターは、脚の長さの左右差や、骨の表面的な高さ、のみで骨盤歪んでいると判断することが多いです。しかし上記の例のようにこれでは正確な判断とは到底言えません。

私の知り合いにも元整体師が数人いますが「骨盤矯正はセールストーク」と言い切っていました(汗;
彼らは言葉巧みに、根拠のない治療を受けるように言い寄ってきます。中には首への治療のように危険なものも含まれています。これは厚生労働省でも警告しています。医療まがい(根拠が無い)のセールストークには十分お気をつけ下さい。


>整骨院、接骨院、ヨガ、整形外科、いろいろありますが、どこへ行けば治りますか?

●整体・カイロプラクティック
公的な資格は一切ありません。無資格治療院です。
ですから健康保険はじめ自賠責など一切使えません。
病名によっては厚生労働省も警告しており、治療には
細心の注意が必要です。リラクゼーションと位置づけ
るのがベストでしょう。

●接骨院・整骨院
柔道整復師という国家資格者ですが、この資格は
 打撲・捻挫・挫傷 以上のいわゆるケガの治療
をするライセンスです。腰痛や肩コリ、膝痛の治
療は出来ないのでご注意ください。また保険が使
えるのも “急性のケガ”のみです。多くの整骨
院は、このシステムを悪用して不正を働いていま
す。その金額は毎年、なんと4000億円です。この
お金は全て、我々が納めた保険料です。

●あんまマッサージ指圧
あんまマッサージ指圧と謳えるのは国家資格のみです。
巷に溢れている整体、カイロプラクティックをはじめ、
ソフト整体、タイ古式、英国式、ボディケア、クイック
リラクゼーション、エステなど大体無資格者です。

●鍼灸院
国家資格です。鍼とは揉んだり、押したり、捻ったりは
しないので実は体に一番やさしい治療方法になります。
不調の原因特定は出来ませんが、分からないときは一番
安心の出来る治療方法になります。

●整形外科
内科、循環器科、皮膚科などと並び病院の診療科
目のひとつです。もちろん医師です。レントゲン
は病院でしかとれませんから、膝痛などの原因は
絶対に整形外科でしか分かりません。ちなみに脱
臼や捻挫でも、骨折を伴っている場合があります
ので、病院でレントゲンを撮りましょう。

もうお気づきとは思いますが、これらを同じ土俵で比べること自体間違っています。今回のケースによらず何か症状があれば、必ず整形外科に行かれてください。病院の治療を基本とし、他に何か治療をお考えなら、鍼が一番無難かつベストな方法だと思います。ヨガは体操教室です。治療を目的としているところでありませんので、体に何か不調のある方は悪化する可能性があります。実際の臨床の現場でも 「ヨガで・・・」 方が非常に多いです。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

骨格・骨盤の歪みはレントゲンがなくては絶対に分かりません。骨盤とは外からその半分も触れることが出来ません。整体師やマスコミが色々なことを言っていますが、レントゲンが撮れない彼らには絶対に無理です。あることないこといい、お客さんがお金を落とす動機付けを作っているだけです。


>数ヶ月前、別件でかかりつけの内科に行ったときに先生から、骨盤のゆがみが酷いよ!こんなに歪んでる人見たことないよ!と言われました。

まずこの言葉忘れてください。例えレントゲンを撮っていても、骨盤や骨の分野...続きを読む


人気Q&Aランキング