柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

父が亡くなり母1人が住むことになった家。子は2人とも別居で,父→母→子より,父→子の方が諸費用が少なく済むので,母が元気でいるうちは登記簿上の名義人は亡き父のままにすることになりました。実際そうしている人も多いと,葬儀会社の担当からも聞きました。
 父が契約していた火災保険の共済に問い合わせ,次の更新時(1年契約)には母が契約者となるようにしたいと伝えたところ,契約は家の名義人である必要があるので,名義を母にかえてから契約してほしいと言うようなことを言われました。
 困って再度葬儀会社の担当に聞くと,登記簿上の名義はそのままにしておいても,母を名義人として火災保険に入れるはず。そうでなければ,故人名義の不動産を持っている人は全員火災保険に入れなくなる。と言われました。
 要は,登記簿上の名義を亡き父のまま,火災保険に入りたいのですが,可能でしょうか。火災保険に詳しい方がいたら教えてください。第1希望は,父が契約していた共済のものを続けることなので,どのように担当者に話をしたらいいのか教えてください。また,あきらめて別の会社の火災保険に入る場合,どのように説明すればよいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

なぜ保険屋の話よりも葬儀屋の話を信じるのですか?



保険の更新手続きなら、極端な話、故人の名前で
更新すれば手続きはできてしまう場合もあるでしょう。
契約者が亡くなったなどのチェックをせず、郵送や
ネットのやりとりで済んでしまう場合もありますから。

しかしまだその方がいいですね。
実際に保険金が下りるような事態となった場合、
その時点で契約者が故人だと分かれば、保険金は
相続人に支払えば済むことです。

しかし、母が保険契約者で名義は父だが、いずれは
子に相続する住居が災害にあってしまったら、
家を建て直し、費用を出すのはいったい誰なんでしょう?

「いやいや、母の所有物なので母が出します。」
は通りません。

それが公の手続きの社会的意義です。

更新手続きなら相続手続き中で、
お父さん名で契約更新なら、
まだ可能性はありそうです。

新規では入念にチェックが入ると思うので、
名義人と契約者が違う契約は、
おそらくとおしてくれないでしょう。

成績を上げたい代理店の社員が無理やり
通すかもしれませんが、万が一の時、
保険金は出ないかもしれません。

そうした契約がなされ、かつ災害に遭う
確率は非常に低いので話題にもならない
んだと思います。

名義、契約者ともお母さんにするのが
やはり妥当だと思います。

いかがでしょう?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おっしゃる通りです。名義,契約者ともに母というのが一番適切です。が,いざ自分自身の身に降りかかると,肉親との人間関係,なかなかスパッとは割り切れないところをお察しいただけるとありがたいです。質問を挙げておいて失礼であったと思いますが,この件は解決しました。第1希望の共済に3度目の電話をしたところ,何故かOKと言われたのです。1回目の電話の時は,「規約を調べてみたところそうあるので・・・」とまで言われてNOと言われたのですが,電話口の人が変わると対応も違うものだと改めて感じました。「災害に遭う確率が非常に低いので,そのような契約が・・・・」は耳の痛いところですが,今回の電話口の方の声に甘んじて,契約の継続をしようと思います。
 私的な悩み相談に親身に付き合ってくださりありがとうございました。この質問を閉じるにあたりMoryouyou 様をベストアンサーにします。ありがとうございました。

お礼日時:2015/08/21 19:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q父死亡 家の名義変更は必要か。

先日父が死亡しました。  
年金だけの生活で、預貯金はわずかで、
30坪に満たない家を所有しているのみです。
郡部ですので、土地・家の評価格は低いでしょう。
母は健在で独りで住んでおり、当方・弟は一家を構え、別の場所で暮らしています。将来、母が亡くなったら、やむなく売却する予定でおります。

土地・家の名義は父ですが、これを誰の名義に替えたらいいのか、また どんな手続き・税金が発生するのか、簡単にお教えいただけますでしょうか。

Aベストアンサー

お母様が相続する場合、名義変更(相続登記)をしてしまうと、登録免許税を余分に払うことになるため、名義変更はしない方が良いと思います。名義変更(相続登記)は義務ではありません。

お母様が相続して名義変更をすると、まずそこで登録免許税がかかります。さらにお母様がお亡くなりになった場合、売却する際には必ず名義変更が必要ですので、もう一度登録免許税がかかり、結局2回登録免許税を払うことになります。
お母様が相続して名義変更をしない場合、お母様がお亡くなりになった後に1回だけ名義変更をすれば済みますので、登録免許税を1回分節約することができます。
なぜなら、1回でお父様名義から貴方・弟様名義に直接名義変更することができるからです。

お母様の心情を考えますと、夫婦で築いてきた財産ですので、とりあえずはお母様が相続するのが良いのではないでしょうか。

遺産分割協議書は必ず作っておく必要があります。
お母様が相続して名義変更をしない場合、お母様がお亡くなりになって貴方・弟様名義に名義変更をする際、お父様のご相続の時の遺産分割協議書も必要になります。

登録免許税は、固定資産税評価額×0.4%で計算できます。

お母様が相続する場合、名義変更(相続登記)をしてしまうと、登録免許税を余分に払うことになるため、名義変更はしない方が良いと思います。名義変更(相続登記)は義務ではありません。

お母様が相続して名義変更をすると、まずそこで登録免許税がかかります。さらにお母様がお亡くなりになった場合、売却する際には必ず名義変更が必要ですので、もう一度登録免許税がかかり、結局2回登録免許税を払うことになります。
お母様が相続して名義変更をしない場合、お母様がお亡くなりになった後に1回だけ名義変...続きを読む

Q火災保険の契約者の死亡

亡くなった義母が、火災保険に、家財と家屋、別々に入っていました。今現在は義母が住んでいた家は空き家ですが、何年か先に義姉夫婦が住む予定です。
掛け捨てタイプの一年更新の保険なのですが、家財の方はすぐに解約出来る様なのですが、家屋は相続の関係があって、今解約するとややこしいので、保険期間が8月で切れるので、それまでそのまま(義母の名前)にしておいて、契約が切れてから新たに義姉か主人の名前で入ったほうが手続きがややこしくなくていいらしいのですが、万一、それまでに火災などがあった場合、保険金は支払われるのでしょうか?また、家屋の名義を書き換えずに保険に入ることはできるのでしょうか?
固定資産税は義姉の名前で支払うことになっています。

Aベストアンサー

こんばんは

名義変更をせず、罹災された場合ですが、登記簿謄本を取り寄せ建物の所有者欄を確認します。
契約者はだれであろうとも、所有者に支払うようになりますが、その時点で契約者が死亡されていれば、契約者の変更が完了した時点で保険金支払いの手続きがされます。

所有者がなくなられた方のままでしたら、代表相続人を決めるため、相続人全員の印鑑と印鑑証明書の提出を求められると思います。

一年物の火災保険でしたら、積み立て物に比べて保険契約者、被保険者の変更は簡単にできます。
新契約者欄と念書欄に印鑑を押せば、名義変更できますから早めにされていたほうがいいと思います。

家屋の名義を書き換えずに保険に入ることは可能ですが、上記で述べたように支払い時には実際の所有者に支払われます。

それから、空き家ですぐに住める状態でないとか家財も何もない状態でしたら、住宅物件でなく一般物件になり保険料率も違いますから、保険金が支払われないか、もしくは減額して払われる場合がありますから、代理店さんに相談されたほうがよろしいですよ。

Q火災保険の名義変更の手続き

お世話になります。
父が亡くなり父名義の自宅土地で、
火災保険の名義は変えていなくても更新時は出来るけど
何かあったら保険は降りないと言われまして、じゃあどうすれば良いの?と聞いたら
登記?の問題と言われました
これって何処に相談、手続きしたら良いのですか?
母が自動的に土地相続になっていると思うのですが
将来自分の(子)の物になるのでお得な手続きはどうしたら良いのでしょうか?
手数料とか掛かるのでしたらどの位払うのでしょうか?

何とか回答お願いいたします。

Aベストアンサー

 No.2の回答は、一部疑問です。
>保険の目的所有者欄は 亡くなった父を明記で契約可能
とのアドバイスですが、すでに死んでいる人を所有者にするのは、正しいとはいえません。商法の規定では、他人の所有物に保険を掛ける場合は、他人のものであることを明示しないと保険契約が無効になります。
 死亡されたお父上の所有として手続きをすると問題が起こる可能性があります。保険の目的の所有者は、告知事項になっている可能性が大です。保険会社により取り扱いが異なりましょうから、きちんと確認したほうが良いですよ。
 契約更新に当たり、登記を必要とするかは疑問ですが、保険金の受け取りに当たって、相続が明確になっていないとスムーズにはお支払いできないでしょう。保険の問題とは別に、相続手続きとその登記は、きちんとしておいたほうが良いですね。相談・手続きには、費用が掛かりますが、司法書士事務所がよろしいですね。

Q火災保険の名義変更

質問のカテゴリーを間違えていたので再度投稿させていただきます。

両親の離婚が正式に決まり調停でローン付きの家を母はもらいました。
貯金をはたいてローンを完済し、登記の変更も終わり家は正式に母のものになったのですが火災保険の名義(?という言い方でよいのでしょうか)が父親のままでした。そのため名義を変更したく母は保険会社に連絡をしたのですが、名義の変更にしても保険の解約にしても父の直筆サインが必要と言われ途方にくれています。10年にもわたる離婚劇、父親がサインをよこすことは考えられません。実際調停でお世話になった弁護士さん経由で父にサインを依頼しているのですが音沙汰なしです。
保険会社の人に「もし今火事になったら保険金はあの人(父のことです)にいくのか」と聞くと「そうです」と言われたそうで、、、。にわかには信じ難いのですが、、。
本当に直筆サインは必要なのでしょうか?うちのようなケースは多々あると思うのですが、どのように解決したらよいのでしょうか?その保険会社には名義変更に関して質問をするために2回電話をしたそうなのですが1回目の電話では直筆サインが必要などとは言われなかったそうです。質問ですが
1:一般的に我が家のようなケースでの名義変更にはどのような書類&手続きが必要なのか
2:今の名義人の直筆サインが絶対に必要というのは普通なのか
3:もし直筆サインが必要ならサインをしてもらうためにはどのようにしたらよいのか(また裁判所にお世話になるのは避けたいのですが)
をお教えいただけますでしょうか?

質問のカテゴリーを間違えていたので再度投稿させていただきます。

両親の離婚が正式に決まり調停でローン付きの家を母はもらいました。
貯金をはたいてローンを完済し、登記の変更も終わり家は正式に母のものになったのですが火災保険の名義(?という言い方でよいのでしょうか)が父親のままでした。そのため名義を変更したく母は保険会社に連絡をしたのですが、名義の変更にしても保険の解約にしても父の直筆サインが必要と言われ途方にくれています。10年にもわたる離婚劇、父親がサインをよこすことは考えられ...続きを読む

Aベストアンサー

ちょいと補足です。

実際に罹災した場合は「滅失登記」をしなければならず、滅失登記には「罹災証明書」と「建物滅失の登記申請書」が必要となりますので、父親が他人の所有物が罹災したと保険金請求しても、必要書類が揃わないので、保険会社は支払いません。
火災保険の保険金請求時に、登記簿謄本の確認もしますので、他人の所有物への火災保険はまったく無駄なわけです。

つまり、名義変更などする必要はなく、新たに保険契約して、父親名義の保険は物件の所有者変更したから、無効になりますよと保険会社を通じて父親に言ってもらえば済む話なのです。
その後意味のない保険料を払い続けるのか、解約するのかは父親次第ってことです。.

Q親と同居の家の火災保険

火災&地震保険について教えてください。

2年前に父が急死し、病気がちな母の面倒を見るために実家へ戻りました。
その直後、火災保険の更新があり、父と交流のあった保険代理店の人のいうがままに契約しました。
当時、相続が確定していなかったため、家の一部を私が相続するかもしれないと言う事で、私の夫の名前で2年契約をしました。
しかしその後、家は母の相続、土地の半分ずつを母と私が相続することになりました。

母の持ち家を私の夫名義で火災保険に契約するのはおかしくはないでしょうか?
何かあった時に保険料は払われるのでしょうか?
代理店の人は「大丈夫でしょう」というのですが・・・

家は母の名義、家財は夫名義の方が良いと思うのですがどうでしょうか?
今夏に契約更新予定です。

Aベストアンサー

#1です。

建物・家財ともに同一建物やその収容家財を複数に分割して契約することはできません。

家(建物)については、登記上の所有者を証券に明記することで、問題はクリアできます。複数(共同名義)であればそのように明記することも可能です。

家財については名義(所有者)を細かく問われることはありません。そこに住んでいる人の所有物であれば問題はありません。もしも細かくと割れるのであれば、家族の人数分に分けることになってしまいます。家財というとタンス等の箱物や電化製品が想定されやすいですが、実際にはそういったものから下着や靴下、箸一膳…ありとあらゆるものがこの範疇です。

火災保険を契約するときに、契約者はいわゆる「世帯主」とし、建物所有者のみ明記する…これで問題はありません。ちなみに美術品や貴金属類で一組が20万円以上のものがあれば、それらは明記物件という扱いになり、証券に明記する必要があります。そのあたりは代理店とよく相談してください。

Q年金受給者が亡くなった場合の確定申告

老齢年金受給額 年間240万 配偶者あり 子供二人

相続税のかかるような資産はありませんが一旦配偶者が全て相続し、
配偶者が亡くなった場合に子供同士で改めて相続する予定。

年金のみで源泉徴収されている所得税は毎年確定申告を行い還付。

この場合で10月に亡くなった場合、準確定申告は必要になりますか?

全てを相続した配偶者と死亡者の2段書きで通常の確定申告でよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

本人の代わりに作成提出するのが「準確定申告」です。
年金収入のみで、それが400万円以下の場合には確定申告を要しません(所得税法第121条第3項)。
義務はないが、権利として確定申告書を出して源泉徴収された所得税の還付を受けることができます。

申告書氏名は「被相続人○○、相続人代表▼▼」となります。
相続人が3名ですので、死亡した者の確定申告書の付表を添付します。
これは相続人が何人いて、それらのうち▼▼が代表して還付金を受け取りますというものです。
各相続人の押印が必要です。
「準確定申告の付表」と云います。

Q亡くなった人の銀行口座からお金を引き出すと罪に問われますか?

精神病で失業し生活保護を受けております。
食費を削り、もしものときのためと少しずつお金を貯めていたのですが、自分の口座に貯めれるのは30万までと言われ、これ以上は貯金することができないので母の口座を使っております。
ですが母ももう若くありませんし、事故などで母がなくなったら銀行の口座はすぐに凍結されるのでしょうか?
警察が関与するので銀行に連絡がいき、1日で凍結されたなどの文面を見たことがあります。

凍結される前に少しずつ貯めた死んだのお金を引き出すと相続などの問題で罪にとわれるのでしょうか?
100万円などの高額のお金を抜き出した場合などのことも教えていただけると幸いです。

お詳しい方、故人の口座からお引き出しになられた経験者の方、ご回答のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一つずつ、回答すると・・・・

いつ銀行が口座を凍結するか?
「銀行が名義人の死亡を知ったとき」です。これはどのような方法で銀行が知るかは関係ありません。
有名人であったり大きな事故や事件で死亡した場合であれば新聞などの報道で銀行が知ることもあるし、遺族からの連絡もありえるし、第三者からの知らせもありえます。
どんな事情であっても銀行が名義人の死亡を知ったのならば、銀行は口座を凍結する義務があります。
したがって、ずっと銀行も知らずに凍結されないこともあるし、たまたま銀行が知ってしまいすぐに凍結されることもあります。

死亡した人の口座からお金を引き出したり自分の口座に移動すると罪に問われるか?
他の法定相続人や故人の債権者(お金を貸している人)に黙って引き出すと、何らかの罪に問われる可能性はありえます。逆に言えば、他に法定相続人もなく故人が借金もしていないならば、罪には問われません。
また、他の法定相続人や債権者がいたとしても引き出したり移動した金額が小さければ罪には問われません。

引き出したお金に税金は発生するか?
死亡後に引き出した場合には、相続財産の一部です。
死亡する直前であっても、法律上は贈与または貸付に当たるので相続財産の一部と同様となります。

相続税はかかるのか?
相続税の計算はけっこう面倒です。
相続財産とは「故人の全ての財産ー故人の全ての負債」となりますが、財産には現預金・有価証券や動産(物)や不動産(土地や建物)が含まれます。有価証券や動産や不動産に関しては相続税の評価額の計算が必要です。

相続税の控除額とは?
現行法では、3000万円+法定相続人の人数×600万円です。
もしも法定相続人が質問者さんだけであれば、3600万円が控除額です。
相続財産の評価額の合計が控除額以下であれば相続税は発生しません。

一つずつ、回答すると・・・・

いつ銀行が口座を凍結するか?
「銀行が名義人の死亡を知ったとき」です。これはどのような方法で銀行が知るかは関係ありません。
有名人であったり大きな事故や事件で死亡した場合であれば新聞などの報道で銀行が知ることもあるし、遺族からの連絡もありえるし、第三者からの知らせもありえます。
どんな事情であっても銀行が名義人の死亡を知ったのならば、銀行は口座を凍結する義務があります。
したがって、ずっと銀行も知らずに凍結されないこともあるし、たまたま銀行が知っ...続きを読む

Q実家を出た兄が実家に火災保険をかけているらしいです。現在、父が他界し、

実家を出た兄が実家に火災保険をかけているらしいです。現在、父が他界し、実家自宅は住んでいる私の名義になっています。保険の名義人は不明ですが、今では自宅に寄り付きもせず、絶縁状態の兄が何を目的に火災保険に加入しているのか分かりません。考えられることはいったいどんなことでしょう?

Aベストアンサー

おそらく自宅は相続対象で兄にも権利がある状態でしょうから、
火災に遭ったら兄の財産も減るわけで、その防止として火災保険に加入したのでは?

それか、勝手に売却させないためとか。
火災保険入ってても売却は出来ますけど、俺の物でもあるっていうアピールにはなりますよね。

あと、兄が死んだ場合には火災保険も相続の対象になるので、
兄の家族が相続する場合にその火災保険から辿るとわかりやすい証明になります。

Q共同名義の家に掛ける火災保険

親と共同名義で家を建てる話になりました。

自営業なので銀行でのローンとなりますが、銀行の指定で火災保険に質権を設定することになるという事までは解るのです。
でも、共同名義の場合は支払いの割合の多いほうの名義で質権を組むことになるのでしょうか。それとも二人分連名になるのでしょうか?

もし質権設定の登録が一人分ならもう一人の名前で別の火災保険に加入できるかなと期待しているのですが、、。(つまり火災に見舞われてもローンがチャラになるだけでなく、その別口の保険で家を建て直すお金まで支払われるかなあと。)

損保関係にドシロウトなもので解りません。
火災保険は損保業界全体で情報を回して一軒の家には二重の保険は払わないとかの暗黙のルールとか有るのでしょうか?
ご存知の方、経験者の方教えてください。

Aベストアンサー

 ローンを組むでしたら、担保として、名義の如何にかかわりなく、土地建物について抵当権設定し、建物について保険金請求権に質権を付けることになっています。火災保険についてですが契約者はローン利用者、被保険者が二人連名です。このとき、契約金額を建物価格でつけない(ローン金額で付けたりすると)と、火災になっても同じ家が立ちません。火災保険金はローンに充当され、余りがあると返ってきます。普通、建て替えるのであれば相談に乗ってもらえます。
損保業界全体で情報を回して一軒の家には二重の保険は払わないとか>
 消防署の罹災証明は1通しか発行されませんし、保険会社はお互いに通知して総保険金額がわかるようになっています。その額が時価(新価特約の場合は新価)を越えると時価(新価)が限度となります。

Q火事になっても保険がおりない!!

昨年知り合いの家が火事になりました。
その家は父親名義になっており火災保険にも入っておりました。近年は息子さんだけが住んでいたので、火災保険を息子さん契約で加入し直すことにしました。
その際、保険の代理店に家が父親名義になっていることを告げると、保険上は何も問題ないということで加入し保険料を払い続けておりました。
ところが昨年暮れ不幸にも火事になったのに、保険会社は家の名義人と保険の契約者が違うので契約は無効だと言ってきました。
しかも、火災がおきた時は家は無人であり、そして事故調査結果として、原因は不審火、契約者に重大な過失があるとし、暗に保険金詐欺をしたかのような発言をしています。保険会社側は弁護士を立ててきて契約無効を訴えてきています。
もちろんそのような事実はなく、保険の契約自体、代理店が問題ないと言ったので加入したわけで、このようなケースではどう対処したら良いのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

保険屋さんも商売です 入る時は適当なことを言い
払うだんには難癖をつける これはそういうものだと
お考え下さい。

まず名義の問題ですが 違うのがおかしいというなら
当時の契約時にそう言った代理店の落ち度です
保険屋が払わないと言うなら その受け取れるはずだった金額を
代理店又は担当者に対して損害賠償を請求してやりましょう。

家が無人で不審火というなら 家族が火災の起こった時間の
不在証明(アリバイ)を主張しましょう
家族又は関係者が放火したという証明(逮捕)でも
されないかぎり 保険屋側の言い分は通りません
契約者の重大な過失って何? 例えば天ぷら油に
引火して全焼になったら保険はおりないのか?
そんなことは ありません
とまぁ ここで言ってても仕方ないんで
向こうが法律を持ち出すなら 受けて立つだけです
お金はかかりますが 弁護士さんに相談しましょう。

後はテレビなんかに 怒りの相談室(関西テレビ)等
マスコミの力も利用すれば効果的かもしれませんね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報