これからの季節に親子でハイキング! >>

あと約3年で定年退職の公務員です。
60歳時に2200万くらいの退職金が見込まれます。(ただ、現在は事情があって貯蓄も借金もゼロです)63歳から年額163万円の共済年金が、65歳から230万の年金満額が受け取れるはずです。
定年後は退職金を崩しながら、月14,5万のアルバイトが可能です。(教員ですので、非常勤講師として使ってもらう予定です)

父子家庭でしたが、娘は来年20歳で就職してるので自活させます。よって、一人暮らしとなります。
また、私の親(母だけ)の心配は要らない状況です。

しかし、こんなことでは、60~80歳までの生活は悲惨なことになる、そのリスクは高いと指摘されました。

運用が必要なのでしょうか?

どなたか相談にのって頂ける方がいらっしゃったらありがたいです。

よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

№5で回答したものです。



冷たい言い方になってしまいますが、「投信」を選ぶのに、「どこそこ銀行の」とか、「毎月●%」とか、もう、そう言っている時点で信用できません。

投資信託自体は、私は悪いことではないと思います。
毎月分配も、投資に詳しい方や時間が取れる方には、手数料ばかりと不評ですが、時間を取れない人間が定期よりもマシな利益を考え、長期で考えるのであれば、あながち短所ばかりではないと思っています。
しかし、それは選ぼうとしている投信の内容が何か、資金がどの程度あるか、普通配当はどの程度なのか、持っているだけでかかる手数料はないのか、そういったことを含めて検討した上での話です。

資産が潤沢な人や、とりあえず今の収支のバランスだと死ぬまで大丈夫という人が、50万や100万程度で、万一なくなっても大丈夫な「勉強」でするなら、「まず銀行」も悪くないでしょう。
定期の利率が気持ち程度でもあがるということもありますし、証券会社より窓口自体が素人に近くなります。
無駄な格好をつけないで良くなります。

でも、質問者様の場合は違いますよね。
退職金を全額、あるいは半分近くを突っ込んで、1000万でも10%なら毎年100万儲かるじゃないか、とか思ってらっしゃいませんか?
実際、よく、そんなマネー雑誌も見かけます。
投資信託や株で得た利益には、所得税も住民税もかかります。NISAであれば非課税ですが、年間で100万円までです。
そして、毎月払いの投信の中には、特別配当と言って、本体から配当していくので、どんどん元金が目減りしている配当もあります。
そういったことがなくても、投資信託も株と同様に値段が上下しますから、購入時の●%が必ず受けられると決まったものではありません。

「最低限の生活はアルバイトと年金で賄っている」人間が、「投資信託からの利益分で贅沢をする」気持ちなら、いいでしょう。
でも、同じ程度の贅沢度でも、それを「贅沢」と思えない、どう切り詰めたらよいか分らない、そんな人が、その利益を確保できない月があったら、どうなるでしょうね?
どんどん本体も食いつぶしていってしまいませんか。

最低限の収入で生活できるレベルを見極める、逆に言えば、絶対に自分に必要な額の収入を確保する、これが一番最初で、一番大事だと思います。
ライフプランを作るというのも、これができなければ絵に描いた餅になります。
たとえば「毎月15万で生活するぞー!」ってライフプランを描いても、「いやー、先月も、今月もイレギュラーが多くて・・・」とか言ってたら、意味がないですよね。
教員の方でしたら、お金を勉強に置き換えたら、生徒さんに仰ってませんでしたか?
まずは、3年でご自身の足元を見直すことだと思います。

ちなみに私は年収700万程度で、両親を養っている状態ですが、年間二百万近くの貯蓄は、自分もそれなりに贅沢をしながら毎年やっています。
先の回答者さまが仰っている「3年で500万」の貯蓄は、決して困難なレベルではありません。
おそらく子育てが終わった家庭では、ごく一般的なレベルでしょう。
質問者様の場合、「食事が外食で」というのはあるかもしれませんが、専業主婦家庭であれば食事は2人分ですし、衣類や日常の雑貨なども二人分必要なわけですから、差引トントンです。

それが「困難」と感じるということは、今の質問者様の生活レベルは大きな支出をされていないだけで、細々としたところで「非常に贅沢」なレベルなのだと思います。
よく風呂桶にたとえられるのですが、経常支出がダダ漏れの風呂桶の栓が抜けっぱなしの状態なわけです。
風呂桶から取って使う湯、つまり臨時経費として派手な事をしていても、風呂桶の栓がきっちり締まっていると、そんなに赤字にはなりません。
意識してしている「贅沢」ですからね。金がなければ止めれば済みます。
意識していない「贅沢」は、一度止めてみないと、止められるかどうかも分かりませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答に心から御礼申し上げます。

とても痛いところを、丁寧に指摘していただいた。そんな心もちでいます。
「投信」のご説明よくわかりました。
「最低限の収入で生活できるレベルを見極める」まず私にはこれがちゃんとできてない。そして「贅沢」について。

風呂桶のたとえ、初めて教わりましたが、私の生活の経済面をものの見事にあらわしているように感じられました。
経済というより、なにか哲学のようにも思えます。

根本的に洗いなおす、考え直す、やってみようと思います。

お礼日時:2015/09/28 21:17

>食費は、すべて外食のため月6万はかかっています。


^^;;
しっかり収入があるのに貯蓄がないのはそれだけ贅沢に使っているからですね。
今と同じ生活を基準に考えたら確かに「60~80歳までの生活は悲惨」かもしれませんが、一般的に言えば十分に生活できるし、年金額も多いほうです。
その収入で悲惨な状況などと言ったら怒られますよ。
運用してもいいですが、運用には失うリスクもつきものですから、生活費のための運用はおやめになったほうが賢明です。
少しずつ出費を見直すことをお勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2015/09/28 21:35

№4です。



>知人から、○ずほ銀行や新○銀行での「投信」は、年利14%で毎月現金分配を受け取れる、と勧められてました。やめたほうがよいでしょうね。
それは貴方次第です。
私は株も持っていますし、投資信託、外貨預金もやったことあります。
投資はギャンブルではありませんし、うまくやれば(いけば)こんなおいしいものはないです。
でも、投資に”絶対”はありません。
元本割れも覚悟していないといけません。
ハイリスクハイリターン、ローリスクローリターンです。
”余裕資金”でやるべきものです。

なので、退職金すべてをつぎこむのはやめたほうがいいです。
もし、私が貴方と同じ状況だったら、退職金の一部(100万円くらい)をやるかも、ですね。
あとは、貴方の自己責任で判断してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。

ご説明よくわかりました。
100万くらいをやってみようという気は、ここで質問する前は持っていました。
でも、自分の金銭に対する考え方、実際の使い方に大きな問題があることに皆さまから気づかせていただきました。

金銭管理、その管理の仕方、自分なりに取り組んでいこうと思います。

お礼日時:2015/09/28 21:34

預貯金がないことが、


>60~80歳までの生活は悲惨なことになる、
根本だと思います。

普通に暮らすなら、退職金と年金で十分暮らせますし、
教員の仕事もできるのなら、余裕だと思います。

それで生活ができないと言われたのはなぜでしょうか?
かなり無駄なお金を使っているということだと思います。

まあそれも生き甲斐だということであれば、
人生観、価値観と言うことだと思いますが、
年齢とともに、社会との関わり方や価値観も
少しずつ変わるものではあると思います。
そこでどのぐらい先の生活を見通せるか
だと思います。

銀行での投信などの運用はお薦めしません。
生活の収支や経済動向などにこだわりが持てない
のなら、あなたには向かないと思います。

年金は10年以上の受給で元がとれます。
少し長生きされて、家族の行く末を
見届けられた方がよいと思いますよ。A^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

いわゆる運用はもう考えません。
きちんと自分の生活ぶりを整理し直視し、例えば3年で五百万貯めることを目標にして、自分の「贅沢」の質的、金額的な
稲生氏を図りたいと考えています。

お礼日時:2015/09/28 21:24

質問者様が、どの程度、金を使うのかによるのではありませんか?



これまでの「事情」は分りませんが、公務員の方のお給料で、男手ひとつでお嬢さんを育ててこられたとはいえ貯蓄ゼロなわけですよね。
しかも、お嬢さんは20歳で就職していらっしゃるという事は、大学へも行っておられないわけです。

普通ならば、大人1人なんだから、月14,5万あれば、毎月はギリギリ足りるんじゃないだろうか。
それなら年金とアルバイトで生計を立てて、退職金は、ご自身が大病をしたり、自活できなくなった時のために、と考えると思います。

ご質問を拝見していて「リスクが高い」と感じるのは、正直に申し上げて、正しい助言なのかどうか判断ができないこういった場に、「相談」を持ちかける事です。
そして、あえて書いてらっしゃらないだけかもしれませんが、ご自身が生活にどの程度の金が必要なのかを把握していらっしゃらないように見受けられる事です。
本来ならば、ご家族の内情などより、月30万ほど使っているとか、持ち家だけれどもリフォームが必要とか、そういった「今いくら使っている」「この先、臨時にいくら必要になりそう」ということが大事です。

私でしたら、生活を見直して、何事もなければアルバイトと年金で生活できるようにします。
そのうえで、退職金は、3分の1程度を比較的安全と思われる国債や、元本割れを起こした事がない信託などに、いくつかに分散して「投資」ですね。
ただ、これは、金額を増やすためというよりも、物価上昇などによる目減り分を抑える程度の目的です。
ですので、原則として安全重視で選びます。
これまで運用をなさったこともない方が、退職金という最後の砦の金を、「運用」しようとなさるのは無茶でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

食費は、すべて外食のため月6万はかかっています。
交際費(早い話友人と酒を飲む)も、最年長のため支払いも多く家計を圧迫してます。
書籍費もばかになりません。金を使うような、交際している女はいませんが。ギャンブルは一切やりません。

食費、交際費(遊興費)にメスを入れなければならないとおもってます。

知人から、○ずほ銀行や新○銀行での「投信」は、年利14%で毎月現金分配を受け取れる、と勧められてました。
やめたほうがよいでしょうね。

お礼日時:2015/09/27 19:32

ファイナンシャルプランニング技能士です。



>こんなことでは、60~80歳までの生活は悲惨なことになる、そのリスクは高いと指摘されました。
いいえ。
そんなことありません。
確かに本当にゆとりある生活(毎年、海外旅行に行くとか)となると厳しいかもしれませんが、お書きの内容からすれば悲惨ではない普通の老後生活は十分できますよ。
なお、あと3年あるなら、今からでも貯金すれば、より老後資金は余裕ができます。
それにしても、公務員は年金たくさんもらえていいですね。

参考
http://allabout.co.jp/gm/gc/386773/

>運用が必要なのでしょうか?
運用というか、リスクを伴う”投資”のことですね。
必要ありません。
”運用”ということであれば、退職金は小分け(100万円単位で)の銀行の定期預金にしておき、満期時に必要に応じて解約すればいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

知人から、○ずほ銀行や新○銀行での「投信」は、年利14%で毎月現金分配を受け取れる、と勧められてました。
やめたほうがよいでしょうね。

お礼日時:2015/09/27 19:33

>そのリスクは高いと指摘されました。


どなたにされたか知りませんが、鵜呑みにされないほうが宜しいかも。

>運用が必要なのでしょうか?
リスクも覚悟しなければならないようなものには
手を出さないほうが無難です。

アルバイトも今から決められていますし
運用などしなくても持ち家で贅沢さえしなければ、
十分やっていけると私的には思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

大切なデータを書き落としていました。言えは、持ち家ではなく賃貸アパートです。
したがって、6~9万円の家賃(転居予定)は大きいです。

お礼日時:2015/09/27 19:21

まず、定年後のライフプランを作成しましょう。



毎年の生活費や住居費、医療費、保険料等がどれだけかかるのか、また車を持っているなら維持費の他に買い換えや車検の費用を。
娘さんの結婚や出産でも出費が必要となるでしょう。
収入の方も、年金の他にアルバイトを何時まで続ける予定かなどを考慮して毎年の収支を見て行きましょう。
必ずしも予定通りには、行きませんがある程度の目安となり、定年後の不足費用も見えてくるはずです。

私の勤めていた会社では、会社と組合とで二度に渡ってこれをやらされました。(50才を過ぎた時と、55才を過ぎた時に)
これをやった事により、少なくとも65才位まで働かないとゆとりのある生活が出来ない事が判明しました。

一度シミュレーションしてみる事をお勧めします。

なお、資金の運用は必要だと思いますが(上に書いたライフプランの作成も資金の運用の一つです)、投資は必要ではありません。
投資はリスクが有るので、資金が増える事もありますが減る場合も有ります。余剰資金があるなら投資してもいいですが、そうでないならやめましょう。

定年退職時用に投資信託と抱き合わせで高金利の定期預金のプランを金融機関は出していますが、これは投資信託が金融機関にメリットがあるからです。
高金利に釣られてこういう商品に手を出すのはやめましょう。
なお、定期預金単独の優遇プランなら問題はありません。ただし、ほとんどの金融機関は1〜2%の優遇で3ケ月定期なので増える利子はそれほど多くありません。(ほとんどが退職後1年まで有効なので、複数金融機関に3ケ月毎に預け替えるのは可能です)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

おっしゃるように、自分のライフプランを作成しようと思います。

知人から、みずほや新生銀行での「投信」は、年利14%で毎月現金分配を受け取れる、と勧められてました。
やめたほうがよいでしょうね。

お礼日時:2015/09/27 18:46

あなた一人なら年金で大丈夫です。



残る3年間で500万円預金を残しましょう。

懸念されるリスクは、
あなたが病気になり高額の治療費を要すること、

娘さんが来年20歳で就職して、ほんとうに自立できるか、

そして、母親が心配ない状態が続くかです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「残る3年間で500万円預金を残しましょう。」
これは、月々14万弱の積立ですよね。それはかなり難しいです。頑張ってもその半分かと思われます。

母親は経済面だけで言えば、なんの心配も要りません。むしろ父の残した土地・家屋等の遺産分割が残ってます(父の相続はほとんど母が独占しましたから)
次は姉と二人の折半になります。

娘ばかりは、大丈夫と胸張っては言えません。未知数です。

私の病気は、○民共済の掛け捨て医療保険に月々二千円入っていて、入院は1日1万にしてあります。
でも、これもまた未知数です。そんなに長く生きるつもりもなく70代前半まででもう十分って感じですけど。

お礼日時:2015/09/27 19:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q男性、定年前のモチベーションの低下に教えて下さい。

 55歳のサラリーマンです。60歳定年までは4年半あり、役職が無くなるのは58歳であと2年半あります。最近、特に仕事のモチベーションが全然上がらず困っています。2、3年前までは、積極的に仕事に打ち込め充実しており家庭生活も同じく充実していましたが、最近は以前の仕事と内容も変わらず大して難しい仕事をしている訳でもないのに仕事・会社がとてもつまらなく感じ何事も億劫でやる気が無くなって来ました。個人的には、歳のせいかな?とか思っていますが同年代の男性でも女性でもご自身の心持を教えていただきたいと思います。ちなみに会社ではある程度の地位まで昇進は致しました。そこから上はどう考えても無理な状況です。体調的には以前より疲れ易くなり、変な話ですが性欲も落ちてきました。金銭的には問題のない生活をしており、退職金もそれ相当の金額がいただけます。とにかく以前のような充実感のある生活を取り戻したいので宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

同じ年のサラリーマンです。
私の場合ですが、40代後半で事業が撤収となり、その職場の役職にいたので
撤収のための仕事を数年間やりました。プラス思考のチャレンジの連続だった仕事から
マイナスの仕事を続けているう内に知力、体力、精力すべてが落ちましたね。
その後、転勤の話もありましたが、お断りして役職を失いました。
あまりにも会社の裏側を見てしまったため昇格の意欲も失いました。
この時に更年期も四十肩、五十肩もやりました。
全く違った職場で役職なしになって現場で仕事していますが、数年は引きづりましたね。
でも今は、逆に元気を取り戻してきています。
理由は、職場の上司関係を捨てて若い人との繋がりが出来たからです。
若い社員の相談にのったり、自宅に呼んで仕事を教えたり、バーベキューしたりしています。
元の仕事の関係もあって、旧取引先のOBの方とも親しくさせていただいています。
おかげで、管理職からは嫌がられています。
質問者の方もあと2年で何が出来るか、役職も上がることはなく定年が見えてきた事で
精神的なモチベーションを失っているのではないでしょうか、
それが引き金で更年期になり性欲も落ちてきていると云う事があり得ると思います。
心も体も一緒なのですね。
どうしても男性の場合は、仕事や職場の変化で健康まで影響するようです。
あと二年で達成する様な目標を決めて頑張る
今から後輩の育成に取り掛かり58歳以降は、アドバイスなど行う現場社員になる。
今から定年後の目標を決めて準備に力を入れる。
私もそうですが、すでに先が見えているので、自分が正しいと思うことに力を注ぐ事にしました。
但し、それでも失った体力と精力は戻らないと思います。

同じ年のサラリーマンです。
私の場合ですが、40代後半で事業が撤収となり、その職場の役職にいたので
撤収のための仕事を数年間やりました。プラス思考のチャレンジの連続だった仕事から
マイナスの仕事を続けているう内に知力、体力、精力すべてが落ちましたね。
その後、転勤の話もありましたが、お断りして役職を失いました。
あまりにも会社の裏側を見てしまったため昇格の意欲も失いました。
この時に更年期も四十肩、五十肩もやりました。
全く違った職場で役職なしになって現場で仕事していますが、数年...続きを読む

Q60歳で定年退職になった主人の就職先

よろしくお願いします。
4月で60歳定年になり主人が会社を退職しました。
業績がよくない会社でしたので、退職金は出ませんでした。


主人は失業保険をもらいながら仕事を探すと言っていますが、パソコンに不慣れで
私が探したり、あればエントリーシートを打ち込んでいます。
でも、なかなかよい仕事がありません。

60歳以上の仕事のサイトというのはありますでしょうか?


うちはローンが月々9万あり、しかも75歳までです。
健康保険が3万近く、税金も3万近く、生命保険も3万近くです。
貯金は約500万しかありません。

貯金を切り崩すにはあまりにも少ない金額でどうしていいのか困っています。

今の家は2度買い換えて最初2回はマンション、そして一戸建てに買い換えました。
その、一戸建てが52歳の時です。

私は52歳から新たにローンを組むのは反対をしたのですが、マンションは価値が
なくなるし、ローンが終わっても管理費、修繕積立金、駐車場代がかかると言い
、それを信じて買い換えることにしました。

そして、今は会社がこんなことになるとは思わなかったと言っています。
危機管理が甘かったのではと思います。

私は、月10万働いています。多い時で20万くらいです。
でも、あと2年ぐらいで私も定年になります。


主人の仕事は会社の法務関係で顧問弁護士さんと動いたり、コンプライアンス(社員教育)をしていました。

司法書士の資格は持ってはいませんが業務は出来ていました。

そんな主人を見て信じて一戸建てに買い替えたのに、こんなことになるなんてという思いです。


ハローワークでも探していますが、60歳以上はなかなかありません。

どこかパソコンで見つけられるサイトをご存じの方、何卒よろしくお願いいたします。

よろしくお願いします。
4月で60歳定年になり主人が会社を退職しました。
業績がよくない会社でしたので、退職金は出ませんでした。


主人は失業保険をもらいながら仕事を探すと言っていますが、パソコンに不慣れで
私が探したり、あればエントリーシートを打ち込んでいます。
でも、なかなかよい仕事がありません。

60歳以上の仕事のサイトというのはありますでしょうか?


うちはローンが月々9万あり、しかも75歳までです。
健康保険が3万近く、税金も3万近く、生命保険も3万近くです。
貯金は約...続きを読む

Aベストアンサー

 諦めることはない
1)とにかくハローワークで相談。最近では職業訓練も受けられる(中には司法書士もある)。自治体と国にそれぞれあるので、パソコンで検索のこと。基本として職業訓練は3段階に考えられているので、2から3段階目に入れるとちょっと一息つけるかも。
 キーワード「ポリテク、訓練基金、職業訓練、労働局」詳細はハローワークと、自治体の労働局。
2)シルバー人材センターにとりあえず登録しておく。当てにできないが、ときどき小さな仕事が来る。あれこれ選べない。
3)起業する。別に法人化しなくても、家の前に「…できます」のようなカンバンを出しておく。あるいは、資格がないので堂々とできないが、知り合いのもめ事を法律の知識を使ってアドバイス。もちろん再勉強はしておく必要がある。資格が取れたら、ネットでサイトを作るのも手。
4)飛び込みのように、いろいろな法律関連の事務所へ履歴書を送りつける。法律関連そのものはこれからも需要は伸びていくので、事務でもできる人は重宝される。だから法律関連の事務所の傘の下で手伝うようなカタチ。ただ最近は金のない所も多いから…
5)ネットの古本販売や、古物のオークションを試す。資格とか権利とかではないので、危険が少ない。自分が売る方なら、あまり気を使わなくてもいい。お客さんに誠実に対応していれば大丈夫。コツが飲み込めてきたら拡大策へ移る。さらに趣味などの目利きを活用できれば可能性は低くない。大した金にはならないが、とにかく見てみること。

 とにかく世間の先入観にとらわれないこと、自分自身のあらゆるモノに値段がついていると思えば、現金に替わるもの(身体なら肉体労働、知識なら、アドバイザー・コンサルタント、趣味ならネットに店を出す。)はどこにでもある。仕事をもらうのではなく、自ら創ってみるつもりで。

 諦めることはない
1)とにかくハローワークで相談。最近では職業訓練も受けられる(中には司法書士もある)。自治体と国にそれぞれあるので、パソコンで検索のこと。基本として職業訓練は3段階に考えられているので、2から3段階目に入れるとちょっと一息つけるかも。
 キーワード「ポリテク、訓練基金、職業訓練、労働局」詳細はハローワークと、自治体の労働局。
2)シルバー人材センターにとりあえず登録しておく。当てにできないが、ときどき小さな仕事が来る。あれこれ選べない。
3)起業する。別に法人化...続きを読む

Q人生60年・60歳を過ぎての生き方

昔、織田信長は人生50年と言っていましたが、今の時代、人生60年という方が多いです。

やしきたかじんさんも60歳で死にたいと言っていた(でも実際その歳になると、好きな女性ができもう少し生きたいと願っていたらしいが)。マツコデラックスさんも60歳を節目にした発言をしている。

60歳ってどういう年齢なのでしょうか?60歳までにやっておいた方が良いことを調べても、60歳以上の人の生きがいを見てもピンときません。自殺する人も60歳以上で急増します。

定年延長されても希望する職でなければ生きがいが無くなり、起業するにしても体力落ち根気があるかどうか、ボランティアと言っても自分の会社生活で培った技術を活かせるところは自分の会社でないと求めてくれそうにないし、旅行三昧したところで虚しさが募るだけに感じます。

自分の会社では管理職は55歳で役職者定年で、その後は自力で見つけるか関連会社で過ごすことになります。現在40代後半でまだ60歳までには時間がありますが、みなさんのご意見お聞かせください。

Aベストアンサー

昨日の「おしトピ」で話題になっていましたが、
生活保護を受けて29万円/月 支給額でも足らないという家庭が有るそうです。
母親と 中学生 小学生の3人家族 当然、税の優遇を受けて引かれるものは1円もない。

私ら年金を満額貰っていても夫婦で25万円
お金を使わない趣味を探して何とやっていますが・・・

若い人が汗水流して働いてお給料の半分近く差し引かれる現状。
私の現役の頃でも10万円以上 ・・・引かれていた記憶が・・・ある。
そして消費税で 手に入ったお金から又1割のお金が消えて行く。

「安楽死」を選べることが出来るのなら、
若い世代に「負の遺産をこれ以上背負わせ無い政策」を日本のある県で実践すれば、そこに移住してそれを選ぶことが出来るのではないか?「死」への自由もあってよいと思います。

考えてみれば 「胃癌」も摘出した、「高血圧症」で有る 「前立腺肥大症」も手術した、親の遺伝でもあるかも判らないがパーキンソン病の症状すら見え始めた。

その昔で有れば此の世に居ないはずの人間である私が、未だ薬で生かされている現状。
それに甘えて生きて行くことに対して、子や孫に申し訳ない気さえ起ります。

「男の子で無くなった今」、「長い道のりを歩いて来たたものだ」 と、つくづく思う70歳男子です。

昨日の「おしトピ」で話題になっていましたが、
生活保護を受けて29万円/月 支給額でも足らないという家庭が有るそうです。
母親と 中学生 小学生の3人家族 当然、税の優遇を受けて引かれるものは1円もない。

私ら年金を満額貰っていても夫婦で25万円
お金を使わない趣味を探して何とやっていますが・・・

若い人が汗水流して働いてお給料の半分近く差し引かれる現状。
私の現役の頃でも10万円以上 ・・・引かれていた記憶が・・・ある。
そして消費税で 手に入ったお金から又1割のお金が消えて...続きを読む

Q60歳定年後も働き65歳まで厚生年金をかけたら?

厚生年金を中学卒業とともに就職し45年かけまして60歳定年となりますが 再雇用
で65歳まで働きひきつづき厚生年金をかけたら65才時に いかほど増額しますか?

  事例でいいので教えてください。

Aベストアンサー

NO2のかたが書いておられます、長期特例について補足します。

44年以上厚生年金加入、かつ退職(被保険者ではなくなる・・パート嘱託なども含む)されてる方は、長期特例に該当し、通常例えば昭和26年生まれならば60からは厚生年金の報酬比例部分のみですが65歳からしかもらえない定額部分の支給がうけられます。
簡単にいえば、65歳からの金額が早めに受けられます。

1、ですので、年金事務所に行き、退職した場合の金額を確認しましょう。
一定の条件にあう配偶者がおられる場合加給年金もつくことがあります。

2、かたや、継続雇用の場合、長期特例の扱いは受けられず、在職老齢年金となり、報酬とのかねあいで年金額が減らされる場合もあります。

結論として1,2の点を確認されることが重要となります。
また、同時に増える年金額も確認されたらいいでしょう、
年金額は報酬によりますので人の事例はあてはまりません。

Q定年までに2~3千万の貯金が必要?・・・って貯金できなかった人は?

定年後か間近の方にお伺いします。

年金だけでは老後の生活を支えられないから、定年までに●千万(3千万だったかな?)以上の貯金が必要だとかいう記事を、何度も目にしました。
もちろん退職金も含めていいんだと思いますが。。。

ところで、平均的なサラリーマン世帯では、退職金をもらって住宅ローンを完済した時点で、3千万ぐらい残っているもんなんでしょうか?
日本の人口1人当たりの金融資産が1千万超だとすると、年配世代はそのくらい持っていないと計算が合いませんが。。。
私たち夫婦はこれからローンを組んで、子供を生んで育てて・・・
なもんで、そんなに貯められるのか不安でいっぱいです。

現実にどうなっているのか、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
終身雇用が崩壊した現在では全く予測が出来ませんが、それは無いとして。

子供が成人するまでは学校絡みで何かとお金が必要ですので、あまりまとまった貯金も出来ません。
なんとか貯えた貯金も、「結婚」というイベントでかなり奪われます。

さて、25歳~30歳で子供が出来たとして、
その子が成人し、結婚するまで約25年。
その時あなた達夫婦は50代。
定年まであと10年ほどです。
3千万貯めるには年間300万の貯金が必要。

(終身雇用、年功序列だとして)
順当に行けば部長以上ですね。
そうすると良い会社なら年収1000万超えます。
夫婦二人の生活費は30万もあれば十分。
諸々の臨時の出費を含めても、月30万貯金できますね。年間300万、10年で3000万。
ほら出来た。

団塊の世代って良いなあ、というのが結論。
今の20~30代が3000万貯めるには、出世するか一発当てるしかありません。

Q現在58歳。65でもらえる金額は?

みなさま。こんにちは。
以前、父の今後の人生設計を見たときに気になったことがあるので教えてください。

厚生年金(?)でもらえる金額が月約70万になっていました。
そんなことありえるのでしょうか?
税金をたくさん納めれば金額も大きくなるものでしょうか?

父は大手企業の役員をしていました。

もし、ありえないようであれば、教えてあげたいので教えてください。

Aベストアンサー

65歳からの老齢厚生年金額 = 報酬比例部分の年金額
http://kurassist.jp/nenkinabc/nenkinabc-c2.html
シュミレーション
http://www.dcnavi.jp/shinkin/F0600/F0406/html/F0406_01.asp
勤務年数・加入年数・支給開始年齢・配偶者の有無・労働期間中の年収、加入してる年金の種類。

年金制度の概要
http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/07-3/kousei-data/pdfNFhtml/hp07010311.html

Qいつまで働けばいいのか?

仕事の辞め時について迷っており、皆様のご意見を伺いたいと思いますので
宜しくお願い致します。
カテゴリ違いでしたらお許しください。

35歳から28年ずっと働きづめで、心身ともに疲れ切っています。
すぐにでもやめたいのですが、契約期間が来年3月31日まであり
だましだまし働いています。
辞めることを迷うのは仕事を辞めると私の貯蓄は僅かしかなく
彼の年金と合わせてぎりぎり生活出来る程度しかない為です。

私は現在62歳、彼は69歳で同居(事実婚)15年位になります。
彼は65歳で退職し年金のみが収入でそこから生活費を出しております。
彼は3年前に病気をして家事は出来ますが仕事は出来ない状態です。
彼もボーナスや退職金はなかったので貯蓄も僅かだと思います。

私は60歳定年後、同じ会社に継続雇用で1年契約(4月1日~3月31日)で
フルタイムで働いており、手取20万円程です。
彼と同様退職金などありません。生活費は大体20万円ほどかかります。

私は来年3月で63歳ですがその後1年勤めれば64歳まで年金を掛けて
64歳で仕事を辞めると年金は月に9万5千円前後支給され65歳からは
月々10万円程度支給されます。
なので、63歳で辞めた場合年金は63歳~64歳は8万8千円、65歳から
9万4千円位支給されますので63歳で辞めた場合の年金額と64歳で
辞めた場合の年金額の差額は月々6千円程度になります。。
なぜ64歳まで勤めようと思っていたのかといいますと
65歳まで働く気力がない事と65歳まで在職すると失業保険が
もらえなくなり一時金が出ますが失業保険より大分少ないからです。

その為64歳まで働こうと心に決めていたのですが、今年になってから
急激に気力体力共になくなってきて来年3月の63歳で辞めようかと
迷っています。

退職後少し休みたいので数か月休んでから再就職でフルタイムではなく
週3日位で一日6時間程度の仕事をして現在の収入程度に補うには
12万円位必要ですが、時間的に今よりは楽なのではないか
と思う反面、どうせ仕事をするならば今の慣れた仕事でもう1年頑張った方がいいのかと
迷っています。

ただ今までは継続雇用だったので62歳でもフルタイム働けていましたが
いったん辞めて63歳以上でパートやアルバイトでも
仕事が見つけられるかとても心配です。

生活費(家賃、光熱費、食費、雑費など)全て私と彼で折半です。

彼は年金から10万円出すと言っていますから私の年金と合わせて
18万円程度ですので食費を二人で4~5万円にして切り詰めれ
ば何とか生活できます。

63歳で退職し、しばらく休養し英気を養ってからパートで仕事見つける方が
良いのか、何とか頑張って今の仕事を続けるのが良いのか、
64歳以降はフルタイムで働くつもりはないです。
皆様からアドバイス頂けたら幸いです。

仕事の辞め時について迷っており、皆様のご意見を伺いたいと思いますので
宜しくお願い致します。
カテゴリ違いでしたらお許しください。

35歳から28年ずっと働きづめで、心身ともに疲れ切っています。
すぐにでもやめたいのですが、契約期間が来年3月31日まであり
だましだまし働いています。
辞めることを迷うのは仕事を辞めると私の貯蓄は僅かしかなく
彼の年金と合わせてぎりぎり生活出来る程度しかない為です。

私は現在62歳、彼は69歳で同居(事実婚)15年位になります。
彼は65歳で退職し年金のみが収入...続きを読む

Aベストアンサー

Q、いつまで働けばいいのか?
A、心の赴くままに!

 私らは、共に町の小企業に勤めてきました。私は100人そこそこの町工場。妻は、従業員二人という会計事務所。子供4人を育て上げた後は、すっぱり共に60歳で無職になってボランティアをしながら余生とやらを過ごしています。只今、65歳です。

 貰っている年金額は、多分、質問者らと一緒だと思いますね。でも、その生活スタイルは大きく違っています。私らは、無職でボランティア一筋。質問者は、体に鞭打ってのフルタイム勤務。その違いが生じている根源は何でしょうか?

>彼は年金から10万円出すと言っています。

 私が思うに、財布が別々ということがスッパリと仕事を辞められない原因でしょう。そんな気がします。別に、それぞれのスタイルってのがあるので、一概に夫婦別会計を否定はしません。でも、そろそろ見直す時期が来ているんじゃーないでしょうか?寄る年波が、見直しを求めているんじゃーないでしょうか?

>何とか頑張って今の仕事を続けるのが良いのか?

 「しばらく休養し英気を養ってからパートで仕事見つける」-私の妻に聞かしてやりたい一言。妻に言わせれば、「あんたが働いたら!」となるので口が裂けても言いませんが・・・。はっきり言って、63歳までフルタイムで働くなんて立派ですよ。

>心身ともに疲れ切っています。

 思い切って休まれたらどうですか?いいじゃないですか、一年や二年、彼に「年金全部頂戴!」って甘えても。そうじゃーないと、自分が倒れますよ。今や、質問者あっての二人かと思いますが・・・。

Q、いつまで働けばいいのか?
A、心の赴くままに!

 私らは、共に町の小企業に勤めてきました。私は100人そこそこの町工場。妻は、従業員二人という会計事務所。子供4人を育て上げた後は、すっぱり共に60歳で無職になってボランティアをしながら余生とやらを過ごしています。只今、65歳です。

 貰っている年金額は、多分、質問者らと一緒だと思いますね。でも、その生活スタイルは大きく違っています。私らは、無職でボランティア一筋。質問者は、体に鞭打ってのフルタイム勤務。その違いが生じている根源は...続きを読む

Q定年前の退職…

今年で58歳になる男子、地方公務員(高校の教員)です。

24で採用されたから、勤続33,4年になります。60定年まで頑張ろうと思ってきましたが、今年4月の異動(転勤)で、なんだかもう仕事嫌になっちゃいました。

年金だの退職金だの借金だの考えると、今年度で辞めるのは明らかに損(経済的に)なんですが、
もう、くたくたです。58歳勧奨退職でいいかなって。

シングルファザーで、子ども(娘)はもうすぐ二十歳になります。高校出た後働いてます。
どうも、かなりブラックな会社みたいで早朝から遅くまでこき使われてるようですが、私とは没交渉で相談にのってるのは私の姉です。
ともあれ、もう大人だし、今年中に二人別々に引っ越しするし。
私は独身です。

もう、いやんなった。だから、辞める。
そういう辞め方はありでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

例え完全に学問のみを教えてきた人生であったとしましても、
あなたの教えから人生に必要な事柄を汲みとって成長して生徒は大勢いるはずです。
彼らに、「嫌になったから辞める」と言えますか?

シッカリ為さってください。
異動など、民間企業では日常茶飯事です。
学生たちに教えを垂れる人間が甘ったれてどうするのですか!

キッチリ教師人生に落とし前をつけて、飛ぶ鳥跡を濁さずの精神で頑張ってください。

ではでは。

Q親が子供の結婚祝に包む金額の世間相場は?

親が子供の結婚祝に包む金額の世間相場は?
来月、弟が結婚式を大阪で挙げるのですが、親が子供に結婚祝を包む場合、世間相場ではいくらくらい包むものなのでしょうか?親は100万包むといっており、そんなに包むものなのかと疑問に思い質問させていただきます。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

式代は弟さんが出すんでしょうか?
親の援助は受けていないのでしょうか?

まぁ、受けてなくても親は祝い金なんて包まなくてもいいんですが・・・。
しかし、今は祝い金を包む親も多いと聞きます。
だいたい100万のようですね。

私は親に1円も出してもらいませんでしたが、周りの友人は最低でも100万は親からもらってますね^_^;

男女共にです!

Q55歳夫が会社を辞めた場合の生活設計

事情があって夫が長年勤めた会社を辞めたいといいます。

夫55歳(勤続27年、年収1000万強=社会保険料及び税引き後の手取り800万程度?)
私46歳(パート 年収90万)
子供(1)20歳(この春卒業で就職確定)
子供(2)17歳(この春高3)

家2軒(今住んでいる家と前に住んでいて現在は借家にしている家)のローン残高が併せて2600万円、
早期退職金が4000万程度、
貯金はローン繰上げ返済に使ったばかりのため200万程度、
1年後に学資保険が270万おりる予定、
家賃収入78万(税引き後70万程度)、
年金は夫の厚生年金とわたしの国民年金です。
また、夫は退職後再就職希望ですが、めどは立っていません。

仕事を続けた場合、健康でいられた場合は、60歳時点で、
繰上げ返済して現在住んでいる家のローンは完済、
借家にしているほうのローンの残高900万、
貯金1200万、
退職金2000万程度、
家賃収入78万(税引き後70万程度)
年金となる予定でしたが、
その場合との比較もお願いします!

Aベストアンサー

比較点としては、早期退職で受ける割増退職金4000万円―2000万円=2000万円の前受けメリットと、5年間で受取るはずの給与(1000万円×5年)が無くなること、別途働いて得る収入の見込み・可能性とを考量することになりそうです。(加えて税引後の手取りベースで)

5年間トータルで
(1)退職金割増  +2000万円 
税金      ▲400万円(計算根拠なし)
(2)喪失収入   ▲4000万円(800万円×5年)
差引きで▲2400万円の収入マイナスに対して、
(3)新規の勤務で手取り500万円×5年=2500万円が確保できる見込みがあれば、差引き収支はプラスになる計算。

これに加える検討事項としては、
(1)勤務形態変更による自由度・解放感(勤務拘束時間・プレッシャーの軽減)
(2)再就職先開拓のための精神的負担(未収入期間が長い・新職場に馴染めない)
(3)現金先受けメリット(ローン繰上げ返済による軽減金利部分・心理的余裕)
(4)同上デメリット部分(退職金を株式運用して失敗等)
(5)年金受給65歳までの生活設計
(6)企業年金部分の割増メリットの放棄(少なくとも5年分未加算)
(7)割増退職を認める勤務先側の事情(今後リストラで給与減少?)
(8)子供(2)の手離れのタイミング見通しと必要金額

これらを総合して、更に「事情があって」の部分をどう斟酌するか、ということになりそうですが、このあたりは外部者には評価不能です。

比較点としては、早期退職で受ける割増退職金4000万円―2000万円=2000万円の前受けメリットと、5年間で受取るはずの給与(1000万円×5年)が無くなること、別途働いて得る収入の見込み・可能性とを考量することになりそうです。(加えて税引後の手取りベースで)

5年間トータルで
(1)退職金割増  +2000万円 
税金      ▲400万円(計算根拠なし)
(2)喪失収入   ▲4000万円(800万円×5年)
差引きで▲2400万円の収入マイナスに対して、
(3)新規の勤務で手...続きを読む


人気Q&Aランキング