血液検査をやると中性脂肪が高いのですが、下げるにはどうゆう食生活をしたらいいか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

初めまして。

参考にならないかも分かりませんが、あまり検診を信用しない方が「懸命?」ではと存じます。高い?っていくつでしょうか。?149以上ですか?失礼ですが医者・見識者・厚労省・殆どの方が勘違い?されていますのでは?数字を「下げるー対処する」ことが「目的」ではなく、手段です。本来の「目的」は、今日が幸せで「明日もそう願いたい」ですね。例えば”食事が美味しい・運動が?したい・XXが楽しい、気持ち良い!ってことで「真逆は拙いでしょうね」で本題ですが「年齢は推定が出来ませんが、想像ですと「65歳前後」でしょうか。?年齢に比例して代謝も減少します。これを「向上」された方が、幸せだと思います。「運動・趣味など」を積極的のに実施すれば。これならできると思いますが。
4月で慢73歳です。平成24年度174本度83~74で「体重・体脂肪率・筋肉量・」外見は「肌のうるおい・張・艶・」などリンクします。体重を例にしますと。「僕」のですが。61kgー53kgです「体脂肪は25ー9.3」。個人個人全て異なりますのであくまで参考です。詳しくはここで;http://blog.goo.ne.jp/aiproject_001
    • good
    • 0

食事をして小腸から吸収された脂質は血液中に入り、エネルギーとして利用されるのですが、それが使い切れずに余ると中性脂肪になるんです。

体についた皮下脂肪が中性脂肪です。中性脂肪は生命維持活動のほかに脂肪分となって内臓を守ったり体温を保つ働きもありますから、ある程度は必要ですが、過剰はよくありません。

中性脂肪を下げるのにはDHAとEPAが有効で、これはアジやサバなど背中が青い魚によく含まれます。食生活を改善して魚を多く食べる和食系の食事に切り替えることです(野菜を多く摂るのもお勧めです)。アルコールは中性脂肪を増やします。

ご飯、パン、麺類などの炭水化物は、腸内で消化されてブドウ糖(筋肉や脳のエネルギー源)になるのですが、余るとグリコーゲンとなって肝臓などに蓄えられて中性脂肪に変化しますので、控えめに。脂(油)っこい食べ物は、その脂質は脂肪酸とグリセロールに分解されて吸収され、グリセロールが中性脂肪となりますので、これも控えめに。

そして運動ですね。1日に1万歩は歩き、中性脂肪はなるべくエネルギーに変えましょう。
    • good
    • 0

サプリメントのDHA、EPAを1週間続ければだいたい下がりますよ。


DHAのサプリメントには、EPAも入っているものがほとんどです。
その逆も同じです。
    • good
    • 0

早寝早起き、規則正しい食事と適度な運動。



笑顔と感謝の気持ちを忘れず、
健やかな日々を過ごすことです。

重要なのは、

1.糖質を減らす
2.中性脂肪を下げる食材を食べる
3.お酒を控える      ことです。

そして、
就寝前と起床した後に
水を飲みましょう。

http://中性脂肪を下げる方法.net/category1.html
    • good
    • 0

適度な運動


ストレスをためない
油分を控える
みたいですね
    • good
    • 0

テレビの健康番組で10人ほどのドクターの



食生活を取材していました。

みなさん、魚料理がメインでしたね。

あとは、ほぼ全員のDr.がヨーグルトを食べておられました。

中性脂肪には、亜麻仁油を摂られてましたよ。

亜麻仁油 検索して見てください。

それから、我が家でも亜麻仁油を摂るようにしました。

ヨーグルトは、もう、数年の間、毎朝、食べてます。

肉食を多食してると 癌になりやすい、、とも聞いたことがあります。

魚が一番ですね。
    • good
    • 0

40歳で熊本に転勤で中性脂肪は150→80くらいに激減。

理由は肉食から魚食に転換したため。近所に朝獲れ新鮮で魚種豊富安いと三拍子揃ったスーパーがあった。また転勤したら元の木阿弥。青魚ですね。今の時期はさんま。
今は肉、チーズ、魚を食べています。高脂血症の薬服用で100以下。コレステロールも正常。10年間毎日飲んでいます。2か月前頸動脈のプラーク検査では問題なし。薬という選択肢を捨てないほうがいいでしょう。
    • good
    • 2

野菜多めの食事と適度な運動。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q総コレステロールとリポタンパク、中性脂肪について

素朴な質問ですが、リポタンパクの中に中性脂肪が入っていて、体の中を流れているんですよね。例えば総コレステロールが250で中性脂肪が300という人もいるわけですが、総コレステロールって何のことでしょうか。
 リポタンパクのことでしたら、「カイロミクロン」「VLDL」「LDL]「HDL]をたしたものが総コレステロールだと思っていましたが、これらは中性脂肪を含んでいるはずですので、中性脂肪値より多くなるはずですが、中性脂肪値が500、1000の人もいることを考えたら、よく分からなくなりました。中性脂肪値を差し引いたものでしょうか。

Aベストアンサー

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLが参考になりますでしょうか?
「総コレステロールと中性脂肪の検査値」
◎http://www.ddc.co.jp/biken/code/ken01/1021/1021.html
(総コレステロール)
◎http://www.ddc.co.jp/biken/code/ken01/1022/1022.html
(遊離コレステロール)
(総コレステロールー遊離コレステロール)のコレステロールは中性脂肪と結合しているということです。
◎http://www.ddc.co.jp/biken/code/ken01/1024/1024.html
(中性脂肪)
●http://www.ddc.co.jp/biken/kensa/ken01/ken01_01/03/03.html
(脂質検査)

●http://www.ktv.co.jp/ARUARU/search/aruchusei/sibou1.htm
(中性脂肪)

◎http://www.jokoh.com/dandi/sub1.htm
(脂質はリポ蛋白質として、粒子状で循環している)

中性脂肪が全てコレステロールと(エステル)結合していると考えているので混乱しているのでは・・・・?

ご参考まで。

補足お願いします。

参考URL:http://www2.health.ne.jp/library/0800/w0802014.html

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLが参考になりますでしょうか?
「総コレステロールと中性脂肪の検査値」
◎http://www.ddc.co.jp/biken/code/ken01/1021/1021.html
(総コレステロール)
◎http://www.ddc.co.jp/biken/code/ken01/1022/1022.html
(遊離コレステロール)
(総コレステロールー遊離コレステロール)のコレステロールは中性脂肪と結合しているということです。
◎http://www.ddc.co.jp/biken/code/ken01/1024/1024.html
(中性脂肪)
●http://www.ddc.co.jp/biken/kensa/ken0...続きを読む

Q中性脂肪とコレステロールを下げる食事

30代後半の夫の健康管理で悩んでます。
健康診断で中性脂肪とコレステロールがオーバーしすぎらしく
食事を見直すよう医師に言われたようです。

私自身も健康には気をつけているので肉類は皮や脂は取り除いたり
油など調味料は高くてもトクホにしたり、バランスも考えてたのに
食事を見直すといわれてもこれ以上どうすればよいか悩んでます。
(直接、医師に相談は無理です。諸事情で)

夫・・・きゃしゃな体格・睡眠障害で薬を服用中・全く運動なし・酒タバコなし・
食事の量は一般女性程度(男性としては少ない)・寝る前にチョコレートやお菓子を少しだが毎日食べる

私としては、夫は運動不足と睡眠障害(ストレス)、就寝前のおやつ、
もしくは遺伝や体質??としか考えられません。

この問題に詳しい方、体験された方、オススメのサイトや料理本をご存知の方
何か教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

大事なことに気づいていらっしゃいますので参考にして下さい。

痩せ気味の人でもコレステロールなど脂質は増えてしまうことがあります。これは肥満の人と違って、食習慣に原因するものではありません。
食事に気をつけても値は下がらないどころか、何かと食べるものを制限してしまうともともとそれほど食べていらっしゃいませんので、栄養不足になって体は疲弊していきます。

体内のコレステロールなど脂質が増えるのはストレスに対抗するためのもので、生体の防衛反応です。体は必要があるからこそのことで、意味のないことはしません。

ストレスを受けると、好中球など顆粒球の増多がおこります。そのためにそれらが放つ活性酸素も過剰になって体の組織を酸化していきます。
それを防ぐために体は抗酸化力の強い高エネルギーな脂質を皮下の脂肪組織や肝臓から取り出して対抗します。ストレスに負けまいとして脂質を溜めて準備していますので、ストレスが多いほどその量も増えることになります。つまりストレスのある現在はその値は必然のものなのです。そうしないとストレスを乗り切ることはできません。

睡眠障害というと原因は心身のストレスそのものです。またそのために服用している薬物も体に慢性的にストレスとなっていきます。おそらくこの二つがコレステロールと中性脂肪を増やしてると思います。

ご主人には食事制限はしないほうが良いでしょう。体がまいってしまいますよ。

薬も含めてストレスを減らすことが出来れば、体はコレステロールを溜めておく必要はなくなりますので自然に値は下がってきます。体は勝手に間違いをおかしません。

ご主人には、ストレス(働き過ぎ、人間関係などの悩み、薬など)が原因だということを認識して、生活を振り返ってみてもらって下さい。これが一番大事なことです。

また、ご主人は血流が悪く体温も下がって免疫力も低下しているはずです。日頃からなにかと体を温める努力が必要です。就寝前の入浴時間を大切にしたり、ストレスを緩和する程度の軽く体を動かすラジオ体操のような運動もおすすめです。

ハードは運動はいけません。返ってストレスとなって値は上昇しますので。

大事なことに気づいていらっしゃいますので参考にして下さい。

痩せ気味の人でもコレステロールなど脂質は増えてしまうことがあります。これは肥満の人と違って、食習慣に原因するものではありません。
食事に気をつけても値は下がらないどころか、何かと食べるものを制限してしまうともともとそれほど食べていらっしゃいませんので、栄養不足になって体は疲弊していきます。

体内のコレステロールなど脂質が増えるのはストレスに対抗するためのもので、生体の防衛反応です。体は必要があるからこそのこと...続きを読む

Q中性脂肪が高く、コレステロール値が低い

中性脂肪が高く、コレステロール値が低い

中性脂肪が高ければ、コレステロールも高い事が多いと思っていたのですが、違うのでしょうか?

40歳男性(夫)なのですが、
総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、全ての数値が低く、
(HDLコレステロールは最低基準値40に足りていません)
中性脂肪が異様に高い(300前後)です。

どのような事に気をつけたらいいのでしょうか?

本人の体系はやせ型ですが、軽度脂肪肝と診断されています。

Aベストアンサー

健康診断などでその数値が出て来たのでしょうか?
再検査や、受診指導はされていませんか?
また、脂肪肝の診断を受けた後、
担当のお医者さんから何か指示されていませんか?

コレステロールは脂肪を使って肝臓で合成される物質です。
なので、肝機能が悪い場合に
コレステロールが合成されない場合もあるようです。
また、脂肪肝は中性脂肪が肝臓の限界以上に
肝臓に溜め込まれてしまっている状態です。
お酒などが原因の事もあり、
もしも旦那さんがお酒を飲まれるなら禁酒するのも一手だと思いますよ。

Q中性脂肪を下げるメニューを教えてください

はじめまして、主婦になって1年ほどのものです。

先日、主人が年に一度の健康診断を受けました。
昨年の健康診断では何も異常がなかったのですが
今回は中性脂肪の数値が平均値を上回っていました。
体型は標準体重よりも-10kgと痩せ形なので驚きました。

前回は異常がなかったのに今回は上回っていたということは
明らかに私の食事メニューが原因だと思うのですが、
料理自体は苦手ではないのですが栄養管理がよく分かりません。
ふだん、食事を作る際はなるだけ油は使わないようにしていて
使う場合もコレステロールを下げるタイプのものを使っています。

中性脂肪を下げるにはどんなメニューを中心にすれば良いのでしょうか。
「和食中心?」とも思いましたがそうすると塩分が多くなりそうな
イメージがあって悩んでいます。
糖尿病の患者さん向けの料理の書籍を参考にすれば良いのでしょうか。
分かる方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

天然の素材を使った油がいいみたいですよ
(なんか下げるのはいろいろあるみたいで)


塩の代わりですが
メリハリを付けるために香辛料を使うとか
七味とかからしとか

あとは一冊栄養計算の本を持つのもいいですが
http://www.eiyoukeisan.com/
こういったサイトとか

後原因ですが
運動不足とストレスもあるそうです
ちなみに激しい運動でもなることがあるとか(面倒ですね)
あまり気にし過ぎないように野菜の多い、食物繊維をとる
薄味の食事を心がけてください

Qコレステロールを下げずに中性脂肪を下げる方法について

35歳男です
血液検査をしたところ、
総コレステロール 154(229)
HDLコレステロール  48( 63)
中性脂肪      93(249)
でした。最初の数字は1週間前の数字で、()内は半年前で食後
6時間位の値です。
半年前の血液検査で、コレステロール、中性脂肪が高かったため、
ダイエット(腹八分目、断酒、1日10000歩以上の歩行)したところ、
体重が67kg→55kg(身長167cm)となり、血液検査は上記のように
なりました。
体重もコレステロールも中性脂肪ともに下がりましたが、体重、
コレステロールは下限値に近いのに、中性脂肪はまだ高めです。
そこで、コレステロールを下げずに中性脂肪を下げる方法が
ありましたら教えてください。
出来れば、体重と総コレステロールはもう少し増やしたいと
思っており(低すぎてもリスクがあるようですので)、特に
HDLコレステロールは増やしたいと思っております。
体重等を増やして中性脂肪を減らしたいというのは都合の
良い話かもしれませんが、良い方法がありましたら教えて
ください
よろしくお願いします。

35歳男です
血液検査をしたところ、
総コレステロール 154(229)
HDLコレステロール  48( 63)
中性脂肪      93(249)
でした。最初の数字は1週間前の数字で、()内は半年前で食後
6時間位の値です。
半年前の血液検査で、コレステロール、中性脂肪が高かったため、
ダイエット(腹八分目、断酒、1日10000歩以上の歩行)したところ、
体重が67kg→55kg(身長167cm)となり、血液検査は上記のように
なりました。
体重もコレステロールも中性脂肪ともに下がりましたが、体重、...続きを読む

Aベストアンサー

一般には中性脂肪は甘いものの摂取であがります。質問者さんは甘いものはあまり食べていませんか?
食べているなら、控えれば下がると思います。
体重を増やすのは筋肉量を増やすことです。たんぱく質を充分摂取し、ウォーキング以外にも、筋トレを加えて運動してはどうでしょうか?30代の男性なら、すぐに筋肉がついてくるとはずです。運動を続けていればHDLももう少し上がってくる可能性があるます。
それから、参考までに、採血は食後12時間以降でないと、食餌内容の影響を受けます。
中性脂肪は現在のままで充分だと思いますよ。下限値まで下げる必要はないように思いますが。
ここまでしっかりダイエットできる方はなかなかいません。すばらしいと思いました。

Q薬によって下げた中性脂肪は・・・?

現在、検査にて中性脂肪が基準上限の5倍あり、年齢その他の要因から、薬を半分だけ処方されているものです。
処方薬は、ベザトールsr200mです。

薬を飲んでいて疑問に思ったことがあります。
ご存知の方がいらっしゃいましたら回答をお願い致します。

薬の作用として、
・肝臓での中性脂肪作成を抑制
とあります。
疑問なのは、
じゃあ、作られなかった中性脂肪の基(糖質、炭水化物、動物性脂肪など)は、この後どうなるのか?
尿などで排出されたりするのか?
です。

結果的に体内の物質が減らない限りいつかは中性脂肪なっているだけの気がしてなりません。
そうすると、体質改善が出来ない限り、薬を飲み続けると言う事になりますよね・・・。

Aベストアンサー

体が行ってることに間違いはありません。全て必要があってのことで無駄はないのです。中性脂肪の増減も体が必要に応じて決めます。
中性脂肪は必要なとき脂肪酸となってエネルギーとして使われるのですが、エネルギーがより必要になるストレスの多い生き方ほど多くの中性脂肪を取り出して血中に流して利用します。体はそうやってストレスを乗り切ろうとします。
体重がストレスとなってる場合も体内の脂質は増えていきますので、肥満、体重が原因の場合は食事制限、運動が功を奏することがあります。しかし、過食過飲や肥満の原因は元はといえばストレス解消のためなので心を安定させることが原因治療となります。
中性脂肪が多くなったのはそれを必要としてきた生き方が原因なのですから、減らしたいと思われるならば生き方そのものを見直す必要があります。

薬で合成を抑制したところで単なる対症療法です。原因のストレスがそのままですと飲み続けることになります。

Qコレステロール値は正常で、中性脂肪だけ1000。

コレステロール値は正常で、中性脂肪だけ1000。
何が原因でこんなになるのでしょうか。
コレステロール値、さらには体全体に、悪影響を与えずに、中性脂肪を減らすことは出来るでしょうか。

Aベストアンサー

1000を越える高VLDL血症(高中性脂肪血症)では、急性膵炎や心筋梗塞を引き起こす可能性も示唆されており、早めの対処が必要かと思います。
専門医の下で、リポ蛋白リパーゼ欠損 及び 膵炎のチェック、をお勧めします。
あと、薬物(ピル、アルコール、βブロッカー、サイアザイド【降圧剤】)などでもVLDLは増加しますので、医師からのドラックチェックも受けてください。
その他には、甲状腺機能低下、動脈硬化、肥満などの影響を受けます。

食事の注意点は、糖質摂取は少な目のようなので、脂質 特に魚油は多めに摂って下さい。イワシやサンマを毎日5~6匹程度の大量摂取です。
10年ほど前、中性脂肪が1100mg/dlに近い方に、魚油、ナイアシン(ビタミンB3)を摂って頂き、3ヶ月で180まで下げられた経験があります。サンマやイワシをたくさん食べられないでしょうから、栄養素としてのEPA、DHA、ナイアシンアミドを補給するのも宜しいのではないでしょうか。

また、総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、共に健康的な数値まで上がっていないようなので、タンパク質の不足も感じられます。

分子整合医学と云う新しい医学を学んだ医師たちは、サプリメント療法にて高VLDL血症を治療しています。
どうぞ、お体大切に。案じております。

1000を越える高VLDL血症(高中性脂肪血症)では、急性膵炎や心筋梗塞を引き起こす可能性も示唆されており、早めの対処が必要かと思います。
専門医の下で、リポ蛋白リパーゼ欠損 及び 膵炎のチェック、をお勧めします。
あと、薬物(ピル、アルコール、βブロッカー、サイアザイド【降圧剤】)などでもVLDLは増加しますので、医師からのドラックチェックも受けてください。
その他には、甲状腺機能低下、動脈硬化、肥満などの影響を受けます。

食事の注意点は、糖質摂取は少な目のようなので、脂質 特に魚油は多...続きを読む

Q中性脂肪の「中性」とは

中性脂肪を調べると、英語ではtriglycerideといいグリセロールに3個の脂肪酸がエステル結合したものと記載されています。
それを日本語ではなぜ中性脂肪というのでしょうか。中性脂肪の「中性」とは何を意味するのですか。

Aベストアンサー

happyoko2さんが調べられているとおり、中性脂肪はグリセロールに3個の脂肪酸がエステル結合したものです。この脂肪酸にはオレイン酸、リノール酸などがあり、脂肪の性質は、それを構成している脂肪酸に由来しているとも言えます。
この脂肪酸、その名の通り「酸」なのですが、これがグリセロールとエステル結合して脂肪(=中性脂肪)になると、全体として中性になります。よって、この「中性」というのは、脂肪酸の「酸」に対しての言葉と思われます。

Q中性脂肪とLDLコレステロールの数値について

血液検査で初めてLDLコレステロールの数値が基準を超えて(141)しまいました。去年は106でした。
中性脂肪は低めの33です。
血圧は103/68。
BMIは19くらいです。
医師からは中性脂肪が低いのは構わないとしか言われませんでした。
食生活の乱れや運動不足なら中性脂肪や血圧も数値があがるのでは?と思ってしまいます。
中性脂肪が低くLDLコレステロールが高いと今後どのような症状が予想されるのでしょうか?

Aベストアンサー

コレステロールは本来人間にとって不可欠な物質で、血中コレステロールは体内で分泌される割合が、食べ物から取り入れる割合の2倍以上になると言われています。LDLは「悪玉コレステロール」と言われるのは本当に「悪いもの」ではなく、その働きから便宜的にそう呼ばれているだけです。

LDLは体に必要なコレステロールを体中に行き渡らせる働きがある一方、善玉コレステロールと呼ばれるHDLは体中に行き渡って、余ったコレステロールを回収する働きがあります。したがって、LDLの数値が少々高くても、HDLが十分に高ければ、問題ないと言われています。LDL÷HDLをLH比と呼び、LH比が1.5以下なら血管内はきれいであると言われています。LH比の詳細は下記を参照してください。

http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/110.html

ということで、LDLが141であっても、HDLがうんと高いのであれば、必ずしも問題はないと言われています。「医師からは中性脂肪が低いのは構わないとしか言われませんでした。」というのは、HDLが75以上あったのではないでしょうか?

>中性脂肪が低くLDLコレステロールが高いと今後どのような症状が予想されるのでしょうか?

中性脂肪33というのは低めですが、医師の言うようにまだ基準値の範囲内です。空腹時に測定したと思いますので、多分、1日を通しての最低値だと思われます。検査後食事をすれば、すぐにも上昇します。

http://medical-checkup.info/article/42354258.html

ということで、LDLが高いというときは、HDLの値にも注目してください。

上記LH比のサイトに書かれていますが、LH比が高い状態が続くと、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病になる恐れがあります。したがって、HDLの方がそんなに高くなければ要注意となります。

コレステロールは本来人間にとって不可欠な物質で、血中コレステロールは体内で分泌される割合が、食べ物から取り入れる割合の2倍以上になると言われています。LDLは「悪玉コレステロール」と言われるのは本当に「悪いもの」ではなく、その働きから便宜的にそう呼ばれているだけです。

LDLは体に必要なコレステロールを体中に行き渡らせる働きがある一方、善玉コレステロールと呼ばれるHDLは体中に行き渡って、余ったコレステロールを回収する働きがあります。したがって、LDLの数値が少々高くても、HDLが十分に...続きを読む

Q現在26歳になりますが、血液検査で中性脂肪が208値と基準値をオーバー

現在26歳になりますが、血液検査で中性脂肪が208値と基準値をオーバーし、肝機能も特にγ-GTの値が335と高い値を示していました。主治医の話では中性脂肪が原因だと言われ、食事管理や運動不足ではと肝臓の薬を処方されましたが、運動も毎日20分は歩いていますし、何か他に特に効く運動法などがあれば、是非教えていただきたいです。

Aベストアンサー

梅肉エキスは肝臓の解毒作用があり効果あるそうですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報