親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

IELTSやトフルのwriting対策、並びに、英語での小論文作成のために有益な辞書を探しています。

オフラインで使えるものとしては、研究社大辞典の英和・和英と活用大辞典を使用しているのですが、
単語帳の機能が付加されていたり、日々進化しているだろう、クラウド型の辞書も活用することを検討しています。

使いやすいサービスを提供しているのは、アルクの英辞郎か、あるいはweblioかと思うのですが、詳しい方に、その特徴とか使い勝手、できれば、違いなどを教えていただければ幸いです。特に、仕様面での違い(基本となっている辞書や、検索エンジン等)があるように思うのですが、詳しいことをご存じの方、お願いいたします。

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    使い勝手の良い方を、有料契約しようと考えています。

      補足日時:2015/10/09 16:03

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私はアルクの英辞郎の他には Merrium-Webster's Advanced Lermenr's Dictionary (kindle) をよく用いています。


英辞郎はバージョンによって表示の制限が強く不自由なので、私は第六版を用いています。
Merrium-Webster's のこの版は例文が充実していてあるレベルの学習者にベストだと思います。
研究社のものは座右の書としてとてもよいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。私もMerrium-Webster's Advanced Lermenr's Dictionary (kindle) 早速購入してみました。いわゆる英英辞典の中にこのような辞書があるのを知りませんでした・・・・・・。英辞郎はweb経由のものしか使っていないので、第6版との違いがよくわからないのですが、こちらも探してみる予定です。詳しいかたからの回答、大変参考になりました。

お礼日時:2015/10/24 17:07

こんにちは。



>アルクの英辞郎か、あるいはweblioか

Weblioの例文は、玉石混交で、著作権の掛らない文章を使っていますが、古いものや、中には、「Tanakaコーパス」といって、受験で使った、伊藤和夫の『基本英文700選』が取り入れられたりしています。しかるべきネイティブ・チェックを経ていないものあるようで、一応、日本人の専門家のチェックは受けて文法的には正しくても、これはどうかと思えるものも散見されます。

ただし、Weblioの兄弟分のWebLSDは、使い方によっては、かなり期待できるかと思います。
http://lsd.pharm.kyoto-u.ac.jp/ja/index.html

アルクのオンライン辞書は、登録制になり使いにくくなってしまいましたが、中身は安心できると思います。フリーのお試し版で、私は十分です。ただし、アルクの英文自体は、個人で使う分には問題ないのですが、公にするのは避けたほうがよいことが多いようです。また、英辞郎の書籍版は、例文検索にはあまり向いていないように感じます。

私は、オンライン辞書は、どちらもフリーで使っていますが、アルクのほうに軍配をあげたいと思っています。
なお、海外のフリーの辞書も考慮にいれたほうがよいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な分析をありがとうございます。収録例文は、weblioの方が多い感触ですが、アルクをメインに少し使い込んでみようかと思っています。ライフサイエンス辞書プロジェクトの紹介もありがとうございます。堅実に作られている辞書のようですね。文学、宗教系でも類似のプロジェクトがないか探してみます。

お礼日時:2015/11/06 16:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qquite a fewは何故「相当数の」?

quite a fewを辞書で引くと、「かなりの数の」「相当数の」という訳が出てきます。
しかしquiteとa fewという組み合わせでこのような解釈になる理由というか、イメージがよくわかりません。
何も知らずに訳したら「かなり少ない」となってしまいますよね?

曖昧な質問かも知れませんが、「quite a few」のイメージを何となくでも良いのでお教えください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このquiteと言う単語は「次に来る形容詞的フィーリングの最大限ともいえる数値をもたらす」と言うフィーリングがあります(を出せる単語です)。

a fewとはどういうことでしょうか。 数個と言う訳が付いていますね。 数個と言う数ははっきり言っていくつかは分かりませんね。 その分からないと言う部分を最大限に持っていっているわけです。 その最大限と言うのは「相当な数」と言うフィーリングになるわけです。

ですから、a few/bitと言ういかにも少ないと感じる量が最大限の数値になるわけです。

これは、すでに多いと言うフィーリングをもつ、many/a lotにしても同じことなのです。 これもいくら多いと言ってもはっきりした数値は分かりませんね。 これを最大限にもっていく、と言うことは、very manyと言うことにもなるわけです。

ではこれは数だけのことを言うかと言うとそうでもありません。 He is a guy.と言えば単に「男性だ」と言っているわけですね。 これを、He is quite a guy.と言う表現に変えて、男性は男性だけど男性としての最大限の価値を持つ男性、と言うことになり、なかなかの奴だよ、と言うフィーリングになるわけです。

また、not quite finishedと言うような表現としても使い、終わっていないといえる最大限の状況、つまり、日本語に直すと、まだ終了したとは言えない、もう少しで終わるところ、と言う言い方とマッチするわけです。

もう少し例を出しましょうね。 quite a while agoと言うと言う表現がありますね。 ただのa while agoと言うあいまいとも言えるフィーリングの最大限に伸ばした、「かなり」昔のことだけど、と言うフィーリングを出すことができるわけです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

このquiteと言う単語は「次に来る形容詞的フィーリングの最大限ともいえる数値をもたらす」と言うフィーリングがあります(を出せる単語です)。

a fewとはどういうことでしょうか。 数個と言う訳が付いていますね。 数個と言う数ははっきり言っていくつかは分かりませんね。 その分からないと言う部分を最大限に持っていっているわけです。 その最大限と言うのは「相当な数」と言うフィーリングになるわけです。

ですから、a few/b...続きを読む

Q"Please kindly~"という表現は適切ですか?

海外との連絡で社内では海外へ向けてメールで何かを依頼する際"Please kindly~"という表現をよく使っています。
しかしながらどうも意味が重複していて不自然に感じます。
ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う必要なまったくないと感じます。

つまり、文化的な表現だなと感じると言うことなのですね。

>ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

改めて考えると不自然と感じない事もないですが、普通の場合この表現を使ったメールなどを日本から英語をメールを受け取ると、そのまま受け取っています。 しかし自分でアメリカでは使おうとは思いません。

I would appreciate it if you would kindly
などの表現を私な必要に応じて使います。 

ビジネスで使う英語はビジネスで使う表現が元になっているわけですね。 日本でも同じですね。 ビジネスで頑張っている・頑張ってきた人のビジネスを思わせる表現をうまく使っていますね。 一・二年で習得できるようなものではないですし、英語にはまったく問題がないアメリカ人ですらセミナーを受けるくらいですし、表現方法と言うか,適切な英語表現力を高めるための努力を毎日しているのです。 英語の先生がビジネス経験なしで、ビジネス感覚なしで、表現できるものではないのですね。 ビジネスで使われている英語表現は実際に使われている表現をどれだけ見てきて、どれだけ使うかと言うことになるわけですが、日本でのビジネス英語の表現に慣れてくると「日本での英語のビジネス表現」をこちらでも普通に使われていると言う錯覚が作られていると言うことなのではないでしょうか。

Podcastでもこの点ではいろいろ見つけることが出来ると思います。 そして、英語圏からのメールなどでどのような表現を使っているのかを良く見てください。 日本の英語ビジネス表現に慣れている人からであれば結構「日本ではこの英語表現がうけている」と思って使っている人も出てくるとは思いますが、そうでないビジネスマンがどのような表現をして「頼む」のかを身につけてくださいね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてください。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う...続きを読む

Q例 の省略 ex と e.g.

これまで、「例」の省略として、e.g.(exempli gratia,for example)を使ってきたのですが、Ex.もよく見かけます(主に日本語の文中で)。
私の読む英文は学術系に偏っているので、e.g.しか使われないのかもしれないと思いました。普通の英文でもexは、使われることが多いのでしょうか。
goo辞書、アルク英辞郎、Yahoo辞書では、EXが、exampleの略とは出ていなかったので質問させていただきました。

Aベストアンサー

e.g.は文中の括弧内で例を列記するときに使いますよね(e.g. こ、ん、な、ふ、う、に)。

一方Ex.は、例文とかの文頭に使うのがほとんどじゃないでしょうか。Ex. こんなふうに。

Ex.は単にExampleの略、e.g.はfor exampleの略といった感じでしょうか。

参考URL:http://philosophy.byu.edu/classes/dj/phil200hwin05/Basic%20Grammar%20Packet%2010jan05.pdf


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング