数学の授業で3項間漸化式をやったとき
ふと4項間漸化式の一般項が知りたくなりました。
しかしいろいろ試しましたが分かりません。
質問No.84673の「4項間漸化式」も見させていただきましたが、
結局、漸化式の問題ではないという感じで終わっていてよく分かりません。

たとえば3項間ならば特性方程式と二次方程式の解の公式から
a(n+2)-(α+β)*a(n+1)+αβ*a(n)=0 となるα,βを求め(α≠β)
(

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (18件中1~10件)

>ところで、guiterさんの出してくださった


>a(n) = [a(2)sin{(n-1)θ} - r*a(1)sin{(n-2)θ}] * r^(n-2) / sinθ は
>a(n)が整数であることの証明になるのでしょうか。
少し言葉足らずでした。
式変形に困っておられるのだと思い、
極形式での結果を書いただけですので、これだけで整数とは言えません。
少し考えてみましたが一般項から直接証明というのは難しそうですね。

やはり、masuo_kun さんも書かれておられるように
 (1) n=1,2 で成り立つ。
 (2) n=k,k+1 で成り立つとき n=k+2 で成り立つ。
というように素直に帰納法で証明するのが良さそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、言葉足らずはこちらの方です。
それにしても、やはり一般項からの証明は無理ですかねぇ。
証明できそうな勢いでしたが、結局三日間考えても分かりませんでした。
まあ、帰納法はたしかにすっきりしていますよね。
けれど実際のところ、あれは整数が和・差・積について閉じていることを示しているだけなんですよね。
ある意味当然のことなんですよ。(masuo_kunさんすみません。)
僕としてはやっぱりあの複雑な一般項から整数が出てくる「脅威」を味わいたかったですね(笑)

お礼日時:2001/06/19 19:01

stomachman、No.16 の続きです。


●問題:
漸化式
(1) ∀n(n≧m→A[n] = ω+Σ{j=1~∞} k[j]A[n-j])
の一般項は
(4) A[n] = U[n-m]ω+Σ{j=1~∞} V[n-m,j]A[m-j]
ここに
V[0,j]=k[j]
V[s,j] = V[s-1,j+1]+V[s-1,1]k[j]
U[s]=U[s-1]+V[s-1,1]
ただし∀j(j>m→k[j]=0)
である。このU,Vを具体的に求めてみました。

●まず補助的な記号としてQ[r]を以下のように定義します。
Q[0]=1
Q[r]=Σ(k[1].....k[r]の中から、添え字の合計がrになるように(重複を許して)選
んで掛け算したもの。ただし掛け算の順序を区別する。) (r>0 )
具体的には
Q[0]=1
Q[1]=k[1]
Q[2]=k[1]k[1]+k[2]= (k[1]^2)+k[2]
Q[3]=k[1]k[1]k[1]+k[1]k[2]+k[2]k[1]+k[3]=(k[1]^3)+2(k[1]^2)k[2]+k[3]
Q[4]=k[1]k[1]k[1]k[1]+k[1]k[3]+k[3]k[1]+k[1]k[1]k[2]+k[1]k[2]k[1]+k[2]k[1]k[
1]+k[2]k[2]+k[4]
= (k[1]^4)+2k[1]k[3]+3(k[1]^2)k[2]+(k[2]^2)+k[4]
:
という調子です。
●するとVの一般項は以下の形に書けます。(証明は皆さんにお任せ。)
V[s,j]= Σ{r=0~s} Q[r]k[s+j-r]
従って
U[s]=1+Σ{r=1~s} V[s-r,1]

かくて一般項(4)は具体的に
V[n-m,j]= Σ{r=0~n-m} Q[r]k[n-m+j-r]
U[n-m]=1+Σ{r=1~n-m} V[n-m-r,1]
A[n] = U[n-m]ω+Σ{j=1~∞} V[n-m,j]A[m-j]
という形で表されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れて申し訳ありません。
なにぶん今週(6/25~28)は中間テストなので、パソコン自体に手を触れておりませんでした。
締め切ってからまでも回答くださって本当にありがとうございます。
またまた、ずいぶん、すっきりとした式になりましたね。
しかし、Q[r]の定義など、どうしたら、こんなことを思いつかれるのかと驚いてしまいました。
じっくり読ませていただきます。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/06/25 13:10

大変申し訳ありませんが、さらに訂正で


a(n)-{α(1)+α(2)+...+α(k-1)+α(k+1)+...+α(N)} a(n-1)
   + ... + (-1)^(N-1) α(1)α(2)...α(k-1)α(k+1)...α(N) a(n-N+2)
=α(k) [ a(n-2) -{α(1)+α(2)+...+α(k-1)+α(k+1)+...+α(N)} a(n-3)
   + ... + (-1)^(N-1) α(1)α(2)...α(k-1)α(k+1)...α(N) a(n-N+1) ]
(k=1,...,N) (*)
ですね。これを解くと
a(n)-{α(1)+α(2)+...+α(k-1)+α(k+1)+...+α(N)} a(n-1)
   + ... + (-1)^(N-1) α(1)α(2)...α(k-1)α(k+1)...α(N) a(n-N+2)
=α(k) ^(N+n-1) [ a(N) -{α(1)+α(2)+...+α(k-1)+α(k+1)+...+α(N)} a(N-1)
   + ... + (-1)^(N-1) α(1)α(2)...α(k-1)α(k+1)...α(N) a(1) ]
これの辺々をkについて加えていって、
{α(j)} を解とする方程式をΣc(n)x^n = 0 として
N a(n) - (N-1) c(N-1) a(n-1) + ... + (-1)^(N-1) c(1) a(n-N+2)
= Σ(k=1~N) α(k) ^(N+n-1) a(N) +
   Σ(k=1~N) α(k) ^(N+n-2) a(N) [- c(N-2) a(N-1) + ... + (-1)^(N-1) c(0) a(1)]
となって、結局、Σ(k=1~N) α(k) ^m = b(m) なる数列の一般項を得ればいいことになります。
ちょっと計算すれば
b(m+1) = -c(N-1) b(m) - c(N-2) b(m-1)
が得られます。これをパラメータを含んだまま解くことは私の回答の No.8 の計算を
進めればいいわけで、α^n+β^n をα+β=-c(N-1)、αβ=c(N-2)で表せばいいわけです。
とりあえずここまでです。

以上、計算は流れを示すために書きましたがたぶんミスだらけでしょう。
言いたかったのは、5次以上の方程式に解の公式がなくても、
代数としては数が存在するわけで(係数とそのべき根では表せないというだけ)、
解の入れ換え(対称群の操作)によって不変であれば、
普通の有理数に係数を加えた数で書けるということです。

> 虚数を含む一般項式が出た時に一般項が整数であることの証明・・・
ですが、数列の一意性(解が一つしかないこと)が
示せれば(自明なような気もしますが)、
漸化式が整数しか含まないのであれば整数でしかないはずです。
(つまり疑問は一意性はあるのかといっているのと同じだと思います.)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結局、高次数の方程式の解の公式の有無にかかわらずできるのですか。
実は未だに対称の意味(?)がよく分かってはいないのですが、
自力で頑張ってみます。
虚数を含む一般項式についてはmasuo_kunさんに対するお礼にも書いたとおり、僕の単なる趣味(?)の範囲ですので、数学的には意味がありませんね。

さて、5日間ほどにわたって僕のつたない質問に答えていただきましたが、6月19日19:20をもって締め切らせていただきたいと思います。皆さんのおかげで漸化式のみならずさまざまな勉強をさせていただきました。本当にありがとうございました。また、皆さんの回答の内容などのことで分からないことがあったら質問させていただきたいと思いますので、ぜひお力添えください。お願いいたします。

お礼日時:2001/06/19 19:20

ちょいと観点を変えてみました。



●m+1項間の線形漸化式を、自然数n∈{0,1,2,...}について
(1) ∀n(n≧m→A[n] = ω+Σ{j=1~∞} k[j]A[n-j])
  ただしk[j]は定数の列で、∀j(j>m→k[j]=0)である。
と書いてみるとどうか。(勿論mは自然数です。)
つまり漸化式の項の数を気にしないで扱ってみるんです。
 初項としてはA[r] (r=0,1,....,m-1) が与えられている。ですから、式を簡単に書けるようにするために、hが負のときにはA[h]=0と決めておきます。∀h(h<0→A[h]=0)です。これでも差し支えありませんでしょ。

●さて、この漸化式をさらに一般化します。任意の自然数s∈{0,1,2,...}について
(2) ∀n(n≧m+s→A[n] = U[s]ω+Σ{j=1~∞} V[s,j]A[n-j-s])
と書いてみます。もちろんs=0の時は(1)式と一致して欲しいので、
(3) U[0]=1、∀j (V[0,j]=k[j])
とします。
 すると、特にs=n-mである場合には
(4) A[n] = U[n-m]ω+Σ{j=1~∞} V[n-m,j]A[m-j]
となり、右辺は与えられた初項A[r] (r=0,1,....,m-1) だけで表されている。したがってこれが一般項の表現になっています。
 言い換えればU[s], V[s,j] (s=n-m)を求めることができればA[n]の一般項が得られる訳です。

●ここで
V[s,j] = V[s-1,j+1]+V[s-1,1]k[j]
U[s]=U[s-1]+V[s-1,1]
という漸化式が成り立つ。
【証明:
A[n] = U[s]ω+Σ{j=1~∞} V[s,j]A[n-j-s]
= U[s]ω+V[s,1]A[n-1-s]+Σ{j=2~∞} V[s,j]A[n-j-s]
= U[s]ω+V[s,1]A[n-1-s]+Σ{j=1~∞} V[s,j+1]A[n-j-1-s]
さて、
∀n( A[n] = U[0]ω+Σ{j=1~∞} V[0,j]A[n-j])
であるから
A[n-1-s] = U[0]ω+Σ{j=1~∞} V[0,j]A[n-1-s-j]
ゆえに
A[n] = U[s]ω+V[s,1](U[0]ω+Σ{j=1~∞} V[0,j]A[n-1-s-j])+Σ{j=1~∞} V[s,j+1]A[n-j-1-s]
= (U[s]+V[s,1]U[0])ω+Σ{j=1~∞} (V[s,1]V[0,j]+V[s,j+1])A[n-1-s-j]
一方U,Vの定義から
A[n] = U[s+1]ω+Σ{j=1~∞} V[s+1,j]A[n-j-s-1]
であり、U[0]=1, V[0,j]=k[j]ですから、
U[s+1]=U[s]+V[s,1]
V[s+1,j] = V[s,j+1]+V[s,1]k[j]
言い換えれば
U[s]=U[s-1]+V[s-1,1]
V[s,j] = V[s-1,j+1]+V[s-1,1]k[j]
証明終わり。】
 U[s]の方はV[s,j]に影響を与えないので、本質的な問題はVだけです。

●つまり
問題:「∀j≧1 , ∀s≧1について漸化式
V[0,j]=k[j]
V[s,j] = V[s-1,j+1]+V[s-1,1]k[j]
ただし∀j(j>m→k[j]=0)
が与えられたとき、V[n-s,j]を求めよ」に帰着します。
 このアプローチだとm次方程式は出番がないはずですし、k[j]が例えば整数の場合に一般項の係数U,Vが全て整数になることも示せると思われます。

●そこで...から後は皆さんにお任せ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんかものすごいことやってくれましたね。
「漸化式の項の数を気にしないで扱ってみる」んですか。
ものすごく数学らしい証明ですね。(と言いつつも実は全く理解できていませんが)
結局「一般」を追求するとこういう結果になるのでしょうか。
とりあえず、じっくり読ませていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/19 19:10

自宅の引越しをしていたので、バタバタしてます。


全身筋肉痛&寝不足です(笑)
こんなに話が広がってるとは思いませんでした。
私もあとでじっくり読ませていただきます。

さて、整数であることの質問ですが、折角漸化式があるのだから、
帰納法でいいのではないかと思います。
「a1,a2は整数、a(n+2)=P*a(n+1)+Q*a(n) (P,Qは整数)で与えられる数列の一般項は整数である」について

n=1,n=2のとき自明(n=2も書いておくと大丈夫だと思います)

n=k+1 まで仮定が成り立っているとすると、
a(k+1)=x,a(k)=y (x、yは整数)と置ける。

n=k+2 のとき、漸化式から
a(k+2)=P*a(k+1)+Q*a(k)=Px+Qy これは整数だからn=k+2のときも成り立つ。

よって、全ての自然数nについて整数であることが示せた。

n-1個の整数の初期条件と整数係数で与えられる隣接n項間漸化式は、
同様に一般項は全て整数です。
私が持ち出した、途中がすごいことになるあの漸化式でも、です。

完全な蛇足です。α=βでも構いません。
重解をもつ隣接3項間漸化式ですが、
a1=s,a2=tで、その重解をαとすると、
その次の漸化式は1個しか作れないけど、両辺からα^(n+1)を割り、
a(n)/α^n=bnとおけば、 これは等差数列になります。
a(n)=sα^(n-1)+(s-αt)*(n-1)*α^(n-2)
になるみたいですぞ。

全然頭働いてないですけど・・・

遅くなりましたが、No.1は、コピーを勢い余ってやってしまったので、式がおかしかったのに、差し引いて読んでくださってありがとうございます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

数学的帰納法ですか。それはすっかり忘れていました。
整数問題で、しかも漸化式とあっては真っ先に思いつかなければならないですね。
(もうすぐテストだというのに…。)
試しに僕もやってみます。
ありがとうございます。
下の方で、ぐじゃぐじゃやっていますが、帰納法でできるなら簡潔ですね。

あ、隣接3項間で重解のときについては学校でも習いましたので、さらに自分で勝手に一般項式も求めていたので知っていました。
お忙しいときにどうもすみませんでした。

お礼日時:2001/06/18 19:30

No.6の補足


> 「Ωを既知の数列とするとき」というのがよく分かりません

失礼しました。
「Ω(n)の一般項は何か陽に式が与えられている(漸化式や方程式じゃなくて)」という意味です。具体的にどこに出てくるのかと言いますと、
(1') A(n)=αA(n-1)+ω
ではΩ(n) = ωが入ってますね。
また、
(5) B(n) = βB(n-1)+A(n-1)
のところで、Ω(n-1)の代わりにA(n-1)が入っています。
Aは
(2) A(n)=αA(n-1)+Ω(n-1)=(α^n)A(0)+(Σ{j=0~n-1}(α^j)Ω(n-1-j))
という形で一般項が得られていますから、「既知の数列」である。

ではなぜ未知じゃダメで既知でないといけないのか。
 いや、未知でも数式は成り立っているんですが、最終的にm項間の漸化式で与えられる数列の一般項を求めたいわけですから、最後まで未知のものが残っていてはこまる。それで、「既知の」と断った訳です。

 ご了解戴けました?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
いきなり式が単純化してしまって逆に僕が混乱してしまった次第です。
せっかく式を単純化していただいたのにすみません。お手数かけました。
改めてstomachmanさんの回答を読ませていただきます。

お礼日時:2001/06/18 20:15

>極形式に変換して計算したのですがうまくいきません。


 α=r * e^(iθ)
 β=r * e^(-iθ)
とすると
 a(n) = [a(2)sin{(n-1)θ} - r*a(1)sin{(n-2)θ}] * r^(n-2) / sinθ
のようになりましたよ。
もしかすると、高校生は e^(iθ) という書き方はしないですかね。
しかし、α=r*(cosθ+i*sinθ) と書いて計算をしても
ド・モアブルの定理などを用いてうまく計算すると同じ結果が出るはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オイラーの公式ですか。
たしかにまだ習っていません。
数学の授業中、ド・モアブルの定理でひたすら分解してたらこんな式に…。
a(n)=2i[cos(nθ)*{2x・y・a(1)-y・a(1)}+sin(nθ)*(x・a(2)-x^2・a(1)+y^2・a(1)]/2yi
あ、似てませんね。僕としては分子の2iから後の部分から因数としてyを導き出せれば終わりだぁと思いながらも、出せないでいる現在です。
どこかで何か間違えたのでしょうか。
途中で(n-1)θを(nθ-θ)として三角関数の加法定理で分解したりしてたら、rが消えました。(cosθ=x/r,sinθ=y/r,r=√(x^2+y^2)としました。)
このやり方には無理があるのでしょうか。

ところで、guiterさんの出してくださった
a(n) = [a(2)sin{(n-1)θ} - r*a(1)sin{(n-2)θ}] * r^(n-2) / sinθ は
a(n)が整数であることの証明になるのでしょうか。
見るからに明らかならすみません。無学な僕にお教えください。

お礼日時:2001/06/18 19:23

No.7 motsuanさんの回答について:


 そ~なんす。途中で5次以上の方程式の解が要求されても、最終結果には結局出てこないんじゃないかという気がしましてね、いじくってみたけど、めんどくさくなって放り出しています。
 しかし、この線はかなりアリだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>いじくってみたけど、めんどくさくなって…
どうしましょう。一応僕もやってみますが、深入りはしないことにします。
なにぶん、本来は机でテスト勉強をしてなければならない状況ですので。
すみません、中途半端で…。

お礼日時:2001/06/18 20:19

いったい私は何をしているのでしょう。


完全に寝ぼけてますね。
今度こそ参考URLです。

参考URL:http://www.is.osaka-kyoiku.ac.jp/~hasegawa/math/ …

この回答への補足

こんなところで失礼ですが(すみません、あまり下に書くと目立たないので)
No.1の3項間漸化式で
虚数を含む一般項式が出た時に一般項が整数であることの証明ですが、
a(n+2)=a(n+1)-a(n)の場合は証明できましたが、
一般的な
a(n+2)-(α+β)*a(n+1)+αβ*a(n)=0 (α=x+yi,β=x-yi,y≠0)
において一般項が必ず整数となることの証明はどうやるのでしょうか。
もちろん初項、第2項は整数です。
α≠βである隣接3項間漸化式において
a(n)=[{a(2)-β・a(1)}・α^(n-1)-{a(2)-α・a(1)}・β^(n-1)]/(α-β)であることから
=[{a(2)-x・a(1)+y・a(1)i}(x+yi)^(n-1)-{a(2)-x・a(1)-y・a(1)i}(x-yi)^(n-1)]/2yi
ここから分子を極形式に変換して計算したのですがうまくいきません。
分子から何らかの形で2yiをくくりだせば解決だと思うのですが、どうすればよいのでしょうか。お教えください。

補足日時:2001/06/17 13:27
    • good
    • 0

訂正です。


No2 での私の回答における
 a(n)=-1/{(α-β)(β-γ)(γ-α)}*[(β-γ){a(3)-(α+β)*a(2)+αβ*a(1)}α^(n-1) + cyclic ]
というところは
 a(n)=-1/{(α-β)(β-γ)(γ-α)}*[(β-γ){a(3)-(β+γ)*a(2)+βγ*a(1)}α^(n-1) + cyclic ]
の間違いでした。申し訳ない。
motsuan さん、私もこのように良くミスタイプしてしまいますのでお気になさらないで。

それから、KanjistX さんが書かれている No3 の解答のお礼についてですが、
stomachman さんが仰っている線型という言葉は a(k) についての1次式になっているという意味です。
また、α=1/3+(U+V) などについては下記URLの3次方程式の解法を参考にしてみて下さい。
高校生でも十分に理解できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
この質問とは全く関係なく前から3次方程式の解法知りたかったんですよ。
参考URL見させていただきました。
まだしっかり理解していませんが、おかげでstomachmanさんのせっかくの回答を無駄にしないですみそうです。
ご配慮ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/17 12:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q多項間漸化式

数学の授業で3項間漸化式をやったとき
ふと4項間漸化式の一般項が知りたくなりました。
しかしいろいろ試しましたが分かりません。
質問No.84673の「4項間漸化式」も見させていただきましたが、
結局、漸化式の問題ではないという感じで終わっていてよく分かりません。

たとえば3項間ならば特性方程式と二次方程式の解の公式から
a(n+2)-(α+β)*a(n+1)+αβ*a(n)=0 となるα,βを求め(α≠β)
(

Aベストアンサー

>ところで、guiterさんの出してくださった
>a(n) = [a(2)sin{(n-1)θ} - r*a(1)sin{(n-2)θ}] * r^(n-2) / sinθ は
>a(n)が整数であることの証明になるのでしょうか。
少し言葉足らずでした。
式変形に困っておられるのだと思い、
極形式での結果を書いただけですので、これだけで整数とは言えません。
少し考えてみましたが一般項から直接証明というのは難しそうですね。

やはり、masuo_kun さんも書かれておられるように
 (1) n=1,2 で成り立つ。
 (2) n=k,k+1 で成り立つとき n=k+2 で成り立つ。
というように素直に帰納法で証明するのが良さそうです。

Q微分方程式との類似、漸化式a[n+1]+p*a[n]=Q(n)

よく知られていますように、微分方程式と漸化式は似ています。

微分方程式
(dy/dx)+ay=Q(x)
の一般解は、
y=e^(-ax) {∫e^(ax)Q(x)dx+C}
となるようです。
http://www12.plala.or.jp/ksp/mathInPhys/constOneLinearDiffEq/
を参照しました。

では、漸化式
a[n+1]+p*a[n]=Q(n)
の一般解はどのように表されるのでしょうか?

Q(n)が0や定数や一次関数のときは、高校数学でよく扱われる漸化式ですが、一般の関数(多項式とも限らない)のときはどのように表されるのでしょうか?

Aベストアンサー

Zを導入する
Z・a[n]=a[n+1]と定義する
すると
Z-p=p^(n+1)・(Z-1)・p^(-n)
であることは明らか(証明を補足に回答せよ)

漸化式
a[n+2]+3・a[n+1]+2・a[n]=b[n]
は上式を使えば
(-2)^(n+1)・(Z-1)・(-2)^(-n)・(-1)^(n+1)・(Z-1)・(-1)^(-n)・a[n]=b[n]
この式は簡単に解けることは分かるね
ヘビサイドの演算子法の漸化式版だが簡単な理論だが世に既にあるかどうかは知らない

Q大学入試 数学「解けない漸化式の極限」について

 いつも大変お世話になっております。
 以下の内容についてアドバイスいただけると助かります。
 大学の入試問題で「解けない漸化式の極限」などのテーマで参考書や問題集にある問題についてなのですが、私が確認したいのは、ある漸化式を見たときに、それが「解けないのだ」と判断する基準です。確かに、問題の流れ(誘導形式になっている)から、これは解けない漸化式のパターンだなと判断することもできますし、また、自分の知っている「解ける漸化式の型」になければ、それは解けないのではと考えることもできると思いますが、漸化式そのものの特徴から、これは解けないと疑う基準があれば教えていただけないでしょうか。
 お忙しいところ大変もうしわけございませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考書や問題集にある「解けない漸化式の極限」の解法パターンを使うにあたって、
その漸化式が本当に「解けない」かどうかを突き詰めて考える必要は全くありません。
解がよく知られた簡単な式になる以外の漸化式には、その技法が使えるかも知れない
…と考えてみればよいと思います。たとえ解が解析的に表示できたとしても、それが
相当複雑な式であれば、極限を求めるときに又ひと仕事ですよね? そこを迂回して、
一般項の表示をしないまま極限を求める解法があれば、役に立つ場合はある訳です。
解いてみたほうが簡単かどうかは、慣れからくる現場の勘で判断するしかないでしょう。

Q漸化式(隣接2項間)・a_n+1=pa_n+q

漸化式(隣接2項間)の問題・a_n+1=pa_n+q

隣接2項間の漸化式の問題で
例)α=-1より、a_(n+1)+1=3(a_n+1)
これがなぜ「数列(a_n+1)が、初項a_1+1=2,公比3の等比数列であることを表している」のでしょうか?
どなたかわかりやすくお願いします。

Aベストアンサー

公比

右辺(a_n+1)を3倍したら左辺になる、というのはOKですよね。
左辺は右辺の次の項をあらわしているんです。
数列で第n項の次の項を第n+1項っておくでしょ?
だから漸化式において、(a_n+1)の3倍は3(a_n+1 + 1)なんです。


初項

適当に、n=99とすると、この漸化式は第100項と第99項の関係をあらわしていることになります。
次にn=98とすると、この漸化式は第99項と第98項の関係をあらわしていることになります。
このようにnを繰り下げていくと、最終的にはn=1となり、第2項と第1項の関係をあらわしていることになりますよね。
そしてこのときの右辺が、初項です。
だから初項はa_1 + 1なんです。

と、ここまで書いて思ったんですが、もとのa_n=・・・っていう式が与えられてないので、ここから先は進めません。

でもまあ、a_n=・・・の初項が1だとしますね。そうするとa_1 + 1= 1+1=2となり、ご質問の初項は2になるんです。

Q漸化式

漸化式てそもそもどう言う意味なんでしょうか?問題とかは普通に解けるのですが、漸化式の意味そのものが、いまだによく分かりません。

Aベストアンサー

漸というのは辞書によると「物事が徐々に進むこと」とあります。
数列は各項が徐々に変化するが、どのように変化するのかを示すのが漸化式ということだと思います。項比がマイナスの等比数列などは徐々に変化とは言い難いかも知れませんけど。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C1%B2&kind=jn&mode=0&type=stick

Q異なる4点A(α)、B(β)、C(γ)、D(δ)で、|α|=|β|=|γ|=|δ|、α+β+γ+δ=

異なる4点A(α)、B(β)、C(γ)、D(δ)で、|α|=|β|=|γ|=|δ|、α+β+γ+δ=0のとき、A、B、C、Dを頂点とする四角形が長方形になることの証明を、どなたかお願いします。

Aベストアンサー

(1) 2次元ユークリッド平面上のベクトルの話だという限定を付けないと、長方形にはならない。(3次元なら、たとえば原点に重心がある正四面体の頂点がα,β,γ,δでも条件を満たすでしょ。)
(2) |α|=0の場合は例外だし、α,β,γ,δのうちに同じものが含まれる場合も例外。
ということに注意した上で
(3) |α|=|β|=|γ|=|δ|=1の場合に証明すれば、他の場合は自明なので、=1の場合だけ考える。
(4) x = (α+β) とすると、αとxがなす角θはxとβがなす角と同じ。
(5) (γ+δ) = -xでなくちゃならない。で、γとxがなす角ξはxとδがなす角と同じ。
あとはθ=ξを示せばよかろ。

Q受検戦略 慶應薬学部 漸化式

漸化式の問題にどう対応しようか迷っています

第一志望は慶應薬学部
1 全体的な傾向としては 大問4~5 計算量多め 難問少な目 
2 漸化式は頻出 公式そのままで解ける問題以外にも
  確率と絡めた問題など高度な部分まで出題されています


取り得る戦略として
1 漸化式 → 一般項 の受検で問われやすいパターン全て暗記
2 漸化式 → 一般項 の基本的なパターンだけ暗記し、あとは導出できるようにする
3 漸化式 → 一般項 の受検で問われやすいパターンをすべて導出できるようにする

※導出法としてはhttp://www.geisya.or.jp/~mwm48961/koukou/sazen01.htm
にある「定型問題は等比数列に持ち込む」「非定型問題は推定+数学的帰納法」でいこうと
考えています

があると思うのですが、どれを採用するべきですかね?
自分はいままで数学は極力暗記に頼らない方法をとってきましたし
慶應薬学部は応用的な漸化式の問題も出てきますので3でいきたいような気もするのですが
漸化式は暗記に頼る方法を採用する人も多く迷っています

どうするべきでしょうか?
ご意見よろしくお願いします
(ご自身が、受検時に合格された大学も書いていただけると非常に参考になります
 できればあわせてお書きください)

漸化式の問題にどう対応しようか迷っています

第一志望は慶應薬学部
1 全体的な傾向としては 大問4~5 計算量多め 難問少な目 
2 漸化式は頻出 公式そのままで解ける問題以外にも
  確率と絡めた問題など高度な部分まで出題されています


取り得る戦略として
1 漸化式 → 一般項 の受検で問われやすいパターン全て暗記
2 漸化式 → 一般項 の基本的なパターンだけ暗記し、あとは導出できるようにする
3 漸化式 → 一般項 の受検で問われやすいパターンをすべて導出できるようにする

※導出法...続きを読む

Aベストアンサー

・どの本でも準公式としては扱ってない
・導出するにせよ、1分くらいでできる。
漸化式によっては2分くらいかかるかも。
・そもそも正確に覚えていられない
・数列のその「特定の形の漸化式の一般項を求める問題」に
入試で出くわす確率が非常に低い

こんなことあたりが理由で、
覚える人はほとんどいないと思います。

ただ、容易に覚えられて
しかも忘れずに正確に記憶していられる自信があるなら、
覚えてもいいんじゃないでしょうか。

Q数学で、(α−β)3乘が{√(α+β)2乘ー4αβ}になることが理解できません

数学で、(α−β)3乘が{√(α+β)2乘ー4αβ}になることが理解できません。

なぜこうなるのか、教えてください。

Aベストアンサー

多分、次のことがいいたのだと思います。
α>βのとき α-β=√{(α+β)^2-4αβ}
これは
(α-β)^2=α^2-2αβ+β^2=α^+2αβ+β^2-4αβ=(α+β)^2-4αβ
この式の平方根をとると2行目の式が得られます。

Q漸化式は、modで循環していますか?

漸化式は、前後の数から成り立つ数列と定義される。
なので、漸化式からなる数列{a_n}は、mod v(何かしらの数字)で
purely periodic(循環連分数)である。

と本に書かれているのですが本当でしょうか?

Aベストアンサー

>a_n=a_(n-1) - a_(n-2) n≧2
> a_0 = 0, a_1 = 1 と漸化式をおきます。
> mod a_n としますと、
>どのように循環するのでしょうか?
このケースでは,modを取るまでもなく,
a2=1,a3=0,a4=-1,a5=-1,a6=0,a7=1,a8=1,a9=0,a10=-1,a11=-1,a12=0
となり,1,1,0,-1,-1,0,1,1,0,-1-1,0の形で周期6で循環しています。
(一般項は,a_n=2*sin(nπ/3)/√3と書けます。)

一般に,
a_n=C1*a_(n-1)-C2*a_(n-2)で漸化式を作ると,
一般項は
a_n=D1*(λ1)^n+D2*(λ2)^n,
λ1,λ2は二次方程式λ^2=C1*λ-C2の根,
D1,D2はa1,a0から決まる定数,
の形に書けます。
C1,C2を整数係数にして,初期値a1,a0に整数値を与えると
数列a_nは整数値をとりますが,
任意のvに対してmod vをとれば循環します。

有名な例ですが,フィボナッチ数列
a_n=a_(n-1) + a_(n-2)
a_0 = 1, a_1 = 1 と漸化式をおくと,
1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233,377,610,987,1597,2584,4181,6765,10946,17711,28657,46368,75025,
121393,196418,317811,・・・
となり,発散します。
これを例えばmod 5で分類すると,
1,1,2,3,0,3,3,1,4,0,4,4,3,2,0,2,4,1,0,1,1,2,3,0,・・・となり,
周期19で繰り返すことが分かります。

一般に,整数係数の多項式で漸化式を作れば,任意のvに対してmod vをとれば循環します。

>a_n=a_(n-1) - a_(n-2) n≧2
> a_0 = 0, a_1 = 1 と漸化式をおきます。
> mod a_n としますと、
>どのように循環するのでしょうか?
このケースでは,modを取るまでもなく,
a2=1,a3=0,a4=-1,a5=-1,a6=0,a7=1,a8=1,a9=0,a10=-1,a11=-1,a12=0
となり,1,1,0,-1,-1,0,1,1,0,-1-1,0の形で周期6で循環しています。
(一般項は,a_n=2*sin(nπ/3)/√3と書けます。)

一般に,
a_n=C1*a_(n-1)-C2*a_(n-2)で漸化式を作ると,
一般項は
a_n=D1*(λ1)^n+D2*(λ2)^n,
λ1,λ2は二次方程式λ^2=C1*λ-C2の根,
D1,D2はa1,a0から決ま...続きを読む

Q二次方程式x2-3x+4=0の2つの解をα、βとするちき、α+1,β+

二次方程式x2-3x+4=0の2つの解をα、βとするちき、α+1,β+1を解とすると二次方程式を作れ 


複素数の範囲で考えて、次の方程式を因数分解しなさい
x2-x+3

x>yならば、6x+2y>3x+5yであること証明せよ
        

a>0のとき、a+a分の1>2を証明せよ


これらの問題がどうやっても解けません 特に証明系が最も難しいです 何かコツなどがありましたら教えてもらないでしょか? すみません おねがいします

Aベストアンサー

ちなみに1問目で左辺の正式をf(x)とおくと
f(x) = 0の解がαとβだから
f(α) = 0,f(β) = 0が成り立ちます。

なのでα+1, β+1を解にしたかったら
f(x)をf(x - 1)とすればいいです。

なぜならxにα+1, β+1を代入すれば
f(α) = 0,f(β) = 0が成り立つからです。


人気Q&Aランキング