前回、「尾張兵が弱い」といわれる根拠について質問したのですが、どれも「尾張兵が弱い」事を前提にした回答ばかりでした。
「尾張兵が弱い」といわれていることからその理由を後付けしたものではなくて、たとえば、当時の文献にかかれているとか、理由つまり根拠が先に来て、だから尾張兵は弱いのだと証明されるものがあれば教えてください。

A 回答 (4件)

私自身いろいろ考えてみたのですが、逆から考えたらいかがでしょうか。


例えば武田信玄が戦上手とか武田軍団が戦国一の騎馬軍団とか言われるのは何故か?
これは「甲陽軍鑑」の影響が強いのですが、武田家滅亡後甲斐の武士たちは徳川家に入り中核になっていきます。
「甲陽軍鑑」は高坂弾正虎綱の口述を、能役者大蔵彦十郎が筆記し、弾正の没後、甥の春日惣次郎によって書き継がれ、最終的には信玄麾下の西上野小幡一族(赤備で知られる)の流れを汲む小幡勘兵衛景憲が編集・整理したものと考えられており、彼の門下からは、北条氏長、山鹿素行などが出ています。
甲州流が、徳川家兵制の骨格をなしたこともあって、江戸時代を通じて『甲陽軍鑑』は数多くの版本、写本となって流通し、武士たちの間で熱心に読まれていたらしいです。
さて、こうした背景を考えると、主人公である武田信玄は英雄として高い評価をし、敵役の織田信長は低い評価を受けます。
戦の天才:武田信玄が勇猛な騎馬軍団を率い、数だけ多くて臆病で忠誠心のない尾張兵をなぎ倒していく、そんな図式が見えてきます。
勿論三河兵の悪口は言えませんから、徳川の軍団は常に尾張兵の楯になって勇敢に戦います。
私の考えでは「尾張兵が弱い」と言われたのは、この『甲陽軍鑑』が読まれるようになった江戸時代からではないかと思います。
多分講談等になるに従い、尾張兵は武田軍団の1/5くらいとか、段段酷くなり、それが定着したのでは。
因みにこうした背景がありますから、江戸期には信長は非常に評判の悪い武将でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、確かに信長に対する評価は以前は「冷酷無比」など悪いイメージが多かったですね。近頃ではかなり見直されて来てますが、「甲陽軍艦」が元では、というのも頷ける気がします。
今まで「甲陽軍艦」は資料的価値が低いものとして、手元にあるもののあまり目を通していませんでした。
江戸時代には神君家康を引き立てるために、あるいは信長が引き合いに出された可能性もありますね。
山鹿素行はけっこう戦国武将に対して平等評価をしているので、そこまで気がつきませんでした。
有難うございました。

お礼日時:2004/07/02 09:24

確か、司馬遼太郎の「国盗り物語」に尾張兵について書いてあったと思います。


これについても司馬遼太郎の推察を抜け出さないかも知れませんけど、司馬さんなら裏付けをもって書いてるかも知れませんね。

司馬さん曰く、尾張は肥沃な土地と開けた海のため産業なども発展していることから、人々が裕福であるため、他の貧しい地域に比べるとハングリー精神がない。そのために弱い。

その逆で日頃から厳しい生活を強いられている甲斐の兵などは強い。美濃も尾張ほどに開けていないため同様です。

とのことだったと思います。当然こんな言葉では書かれてはいませんでしたが。

しかし、考えてみれば「そうかもな」という気はしますよね。

戦国時代初期の軍隊は兵農分離も進んでいないわけで、当然、足軽などは普段は農民として働いていたことでしょう。すると、自分の本業で裕福であれば、「戦争なんて洒落臭い」ってなもんじゃないでしょうか?

蛇足ですが、そういう意味では現代では日本兵が最弱かも知れませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
司馬先生の作品は説得力がありますからね。あくまで「小説」として読まないといけないのでしょうが、つい、それが真実であるかのような錯覚を起こしてしまいます。

お礼日時:2004/07/03 18:04

古文書に「尾張兵が弱い」という記述、またはそれを推測させるような記述は無いと思います。



私も以前より「尾張兵が弱い」というのは根拠薄弱で、#2さんの推論のように、後にそう解釈した方が物語として面白いとか、信長の偉大さをわかりやすくさせるために屁理屈をこねている類、という理解をしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
そうですね。「講釈師、見てきたような嘘をいい」のたぐいでしょうか。やはり江戸期などの講談によって作られたイメージでしょうか・・・

お礼日時:2004/07/03 18:00

当時の文献とかは、わかりませんけど・・・


尾張兵は、合戦に弱かった。
戦場で織田家の軍勢が崩れたのは一度や二度ではない。美濃侵攻においては数え切れないほどの敗北を喫している。
これが、一番尾張兵の弱さを示していると思う。
美濃を取るのに、すごく時間がかかっているのだ。
その後も、越前侵攻では全軍総崩れとなり、姉川決戦では戦線崩壊寸前まで追い込まれている。
 他にも石山本願寺、紀伊衆、伊勢一向一揆… 織田軍と全面戦争を戦った有力な勢力は、どこかで必ず一度は勝利を得ているのではないかと思う。
(後半は、尾張兵と限らないが・・・・自滅)

この回答への補足

美濃侵攻について・・・孫子の「これに角れて有余不足のところを知る」を実践し、美濃に関するデータ集めをしていたのでは、という意見があります。根拠としては、大敗はしていないこと。また、大敗しない程度にぶつかって揺さぶりをかけ、相手の崩壊を待つのも孫子の教えにかなっている。

姉川について・・・わざと崩壊を装い、敵を包み込んで撃つ。これも孫子にありますが、あまりに織田軍の崩れ方があっけなさ過ぎるために、この説を唱える学者もいます。

また、目に見える勝ち方は善ではないという、孫子の教えもあります。

補足日時:2004/06/30 13:37
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
後半は上方兵とおきかえてください。

お礼日時:2004/06/30 13:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTutelary の読み方

Tutelary の読み方教えてください

意味は 守護の、後見とかそのような意味のようです
トゥーライって読むのでしょうか?

あと
Guard
Guardian
Tutelary
以外で守護者、近衛兵、守る、などの意味の英語あれば
教えてください

Aベストアンサー

tutelary  (テュウタレリィ)(チュウティレリィ)形容詞
tutelage  (テュウテレッジ)名詞

a member of the royal bodyguard 近衛兵
protect 守護する
defend  防御する
maintain (伝統などを)守る
remain (節操などを)守る、など守るものによって使い分けします。

Q大東亜戦争当時、敵兵の救助の事例は?

大東亜戦争当時、敵兵の救助の事例は?

先ずは日露戦争当時の話です。
手元の書物には撃沈したロシア艦リュ-リックの乗員600余名を日本軍艦船が救助したとの記述があります。これに似た話は陸軍にもあって、傷病の敵兵を治療の上、ロシア本国へ送還した例のあったことを読んだ記憶があります。

では、これに類似した事例が大東亜戦争当時にもありましたか。日本軍が救助した事例でも救助された事例でも結構です。
よろしくお願いします。

(戦闘員であっても戦闘能力を失えば救助の対象になり得た日露戦争の時代から、原爆といい、3月10日の大空襲といい、戦闘員であろうがなかろうが、国際法に合致しようがしまいが、ただただ殺戮のための殺戮が行われた太平洋戦争の時代に何時何処で変化したのか、何故変化したのか、少し関心があります。)

Aベストアンサー

http://nippon7777.exblog.jp/1762338/

駆逐艦 いかづちの話はそこそこ有名だと思います。

Q漢文の読み方がわかりません・・・

藩駕駐承天府。戸官糧船猶未至、官兵至食木子充飢、日憂脱巾之変。藩心含之、大書於座前云「戸失先定罪」。遺楊府尹同戸都楊英住鹿耳門守候。糧船並官私船有東来者、尽行買糴給兵。

遷界令に関しての文章なのですが、意味もあやふやで、読み方にまず、こまります。。。
わかる方おしえていただけたら助かります。

Aベストアンサー

このような質問は、できれば出典を書いていただくとよかったですね。
出典を確認したところ、
楊英『從征實錄』の中の八月の部分です。質問文に若干入力ミス?があって、正しくは以下の通り。
「八月,藩駕駐承天府。戶官運糧船猶不至,官兵至食木子充飢,日憂脫巾之變。藩心含之,大書於座前云:『戶失先定罪』。遣楊府尹同戶都楊英往鹿耳門守候糧船,並官私船有東來者盡行買糴給兵」
「はちがつ、はんがはしょうてんふにちゅうす。こかんうんりょうせんなおいたらず、かんへいもくしをしょくしてうえをみたすにいたる。ひにうれうだっきんのへん。はんしんこれをふくみ、まえにざしてたいしょしていう:『こあやまてりまずばっす』。ようふいとことようえいをろくじもんにつかわしりょうせんをまたせん、かんしせんきたればこくもつをすべてかいもとめへいにあたえよ」
『從征實錄』は鄭成功に従った楊英が年月を追う形で書いた記録、約13年にわたる。『從征實錄』は『延平王戶官楊英從征實錄』ともいいます。
楊英は戶官すなわち戸籍や税金を扱う高官で、記述は具体的。部分欠落はあるものの貴重な資料とされています。

先に背景を把握しましょう。清朝の沿海迁界(別称、遷界令)策で苦境に陥った鄭成功は、1661年に当時オランダ統治下の台湾を攻略にかかる。1661年4月台南の鹿耳門に上陸、1662年2月1日オランダは投降した。以降鄭成功は明朝再興の目的に沿い統治を行うが、病を得て1662年6月23日逝去。
鄭成功による台湾統治は、民生に注力し酷税廃止適正化、軍制改善、法制の改善、経済発展、教育振興など、善政と台湾社会の基礎を築いた事で知られます。なお、鄭成功が台湾奪取した後も反清復明で明鄭と称され、死後も清朝と台湾は敵対関係でしたが、「鄭成功修復台湾的壮挙」として民族の英雄として知られます。
1683年明鄭覆滅後台湾は清朝統治下となる。

以上の経緯の中で、
ご質問の一件は1662年8月の軍営の食糧難の件りです。
従って、遷界令で食糧調達ができなくなり澎湖島経由で台湾へ転じた関係はあるものの、遷界令自体の話題ではありません。大陸から食糧調達の道が閉ざされたという意味ではつながりますが。

さて課題の文章の和訳です。
「八月(1661年です)、王の軍営は承天府に進駐していた。役所が手配する食糧運搬船が未だ到着せず、将軍も兵士も木の実を食べて飢えを満たす有様、これでは目的を果たせない。王はその思いをこめて大声で言う『戸官は過ちを犯した、先ず罰する』と。楊府尹と戶都の楊英を鹿耳門に行かせて、食糧船を見張らせ、官船私船を問わず船が来たら穀物を残らず買い取らせ、兵に与えた」

承天府:最高地方行政単位。郑成功1661年台南に承天府を設置。現台南市赤崁楼。
藩驾:軍営、司令部。藩=地方自治区、地方行政単位。驾=王の車、転じて王・皇帝。
*清の時代以降も南明朝が形式的に継続。
 南明朝永暦帝は1653年鄭成功を延平郡王に叙す。
 以来台湾、鄭家/その一族が称号を継承。
脫巾之變:改戴官帽、脱帽の事態。役人の官位の象徴である帽子を取る/返上する事態。責任を果たせないこと。
戶官:戸籍や税金や政務を扱う高官。
府尹:治安と政務の行政長官。知事。
户都:官名、役所名。戸籍・税など。
鹿耳門:台湾、現台南市。

繁体字 こちらが全文見やすいです。
http://club.xilu.com/wave99/msgview-950484-15973.html
簡体字
http://wenku.baidu.com/view/04836465783e0912a2162aae.html

*文中、日本字、簡体字、繁体字が混在しますがご了承ください。
*日本字、簡体字、繁体字変換器http://bjkoro.net/chinese/letter/converter/

このような質問は、できれば出典を書いていただくとよかったですね。
出典を確認したところ、
楊英『從征實錄』の中の八月の部分です。質問文に若干入力ミス?があって、正しくは以下の通り。
「八月,藩駕駐承天府。戶官運糧船猶不至,官兵至食木子充飢,日憂脫巾之變。藩心含之,大書於座前云:『戶失先定罪』。遣楊府尹同戶都楊英往鹿耳門守候糧船,並官私船有東來者盡行買糴給兵」
「はちがつ、はんがはしょうてんふにちゅうす。こかんうんりょうせんなおいたらず、かんへいもくしをしょくしてうえをみたすに...続きを読む

Qベトナム戦争の黒人兵、貧困兵

ベトナム戦争中に、黒人や貧困人が多く兵隊にかり出されたのは何故ですか?また、戦争を終えた兵士の心理状態などの資料は(できればネット上で)ありませんか?どなたか至急お願いいたします!!!!急いでます

Aベストアンサー

まず、No.3さんも書かれているのですが、当時は徴兵制でした。ですから、白人黒人問わずアメリカ国民はみな兵隊にとられました。
しかし誰だって死にたくありません。白人、特に裕福な白人の息子はイギリスや西ドイツの駐屯部隊に派遣されたりして最前線に送られないようにされました。
一方、黒人や貧困層(といっても黒人が多いのですが)は危険な最前線に送られる可能性は決して低くはなかったようです。また、現在でもアメリカでは兵役につくと移民に市民権が与えられますが、市民権を得ようと兵役についた移民の多くも最前線に送られました。まあ、アメリカ人の立場からすれば「よそから来て俺たちと同じ権利をもらいたいなら嫌がる仕事くらい、やれ」というところでしょう。当時アメリカの占領下にあった沖縄の青年の多くがアメリカへの移民を望み、そのために兵役につきました。もちろん戦死者も出ています。

この時代、兵役にまつわる話で有名なのがエルビス・プレスリーとモハメド・アリ(カシアス・クレイ)です。超人気歌手で白人だったプレスリーは兵役につきましたが国内勤務でした。もし彼が危険な任務についたら多くのアメリカ娘がぶったおれてしまいます。
一方、黒人でしかも黒人差別撤廃を求める政治的発言をしていたアリは保守的な白人から憎まれていたので(いやがらせで)ベトナムの最前線に送られる可能性はとても高かったのです。ですから、アリは兵役につくことを拒否してベルトを剥奪されてしまいました。

現在の米軍は志願制ですが、兵役につく代わりに奨学金がもらえる制度があります。現在、この奨学金の利用者が多くイラクやアフガニスタンに派遣されています。奨学金を求める人はやはり貧困層が多いのです。また、イラクの危険な任務の多くが「民間人材会社の傭兵」によって行われています(民間会社の死亡者は戦死者にはカウントされないため)。この傭兵の多くがブルーカラーの貧困層です。他に仕事がないので仕方なく短期間で高額の給与がもらえる傭兵をするのです。しかし、恐ろしいことにこの傭兵は人材会社との契約で負傷や戦死しても一切お金は出ないのです。「イラクで大怪我を負ったが治療費で給与以上かかってしまった」という人が実際にいます。これがイラク戦争の現実なのです。
(註・現在はこの危険な任務はアメリカから外国の人材派遣会社にシフトしつつあるそうです。南アフリカの派遣会社に頼むと「イラク人の車に爆弾が仕掛けられていないか」というめまいがするほど危険な任務をなんと一日一万円程度でやってくれるそうです。深刻な失業率にある南アフリカではこの安月給でも応募者が殺到しているそうです)

まず、No.3さんも書かれているのですが、当時は徴兵制でした。ですから、白人黒人問わずアメリカ国民はみな兵隊にとられました。
しかし誰だって死にたくありません。白人、特に裕福な白人の息子はイギリスや西ドイツの駐屯部隊に派遣されたりして最前線に送られないようにされました。
一方、黒人や貧困層(といっても黒人が多いのですが)は危険な最前線に送られる可能性は決して低くはなかったようです。また、現在でもアメリカでは兵役につくと移民に市民権が与えられますが、市民権を得ようと兵役についた...続きを読む

QIFRSの読み方について

IFRSの読み方について教えてください。

アイエフアールエス、アイファス、アイファース、イファースなど読み方があるようですが、日本では標準的な読み方はありますか?また、グローバルで共通した読み方はありますか?

全社で共通した読み方で統一したいと考えております。

Aベストアンサー

IFRSの読み方は、現時点の日本では様々です。
各種セミナーに行きましたが、講師をされる方によってまちまちです。

ひとりの講師の方の説明では、IFRSがすでに導入されているヨーロッパ(EU)では、主にアイエフアールエスと読んでいるようです。

http://ifrs-yomikata.cocolog-nifty.com/blog/

ご参考に。

参考URL:http://ifrs-yomikata.cocolog-nifty.com/blog/

Q一等兵と二等兵はどちらが上なのでしょうか?

数字が高い方が上ですか?下ですか?

Aベストアンサー

 あえて言えば、一等兵が上ですけど、法的には二等兵より給料が僅かに多いだけです。←二等兵に命令する権限は無い。
 (まあ、体育会系の部活の先輩後輩の間柄です。)

 通常なにか悪い事をしなければ、全員一等兵に昇進しますし…。
 (その上の上等兵になるには推薦等が必要なので簡単ではないのですが…。)

 ちなみに、海軍には一時期ですが五等兵なんて階級もありました。
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B5_%28%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%BB%8D%29

Q麗の読み方

「麗」という読み方はレイ、ウララ意外読み方がありますか?
名前付けなので、あて字でもいいです。
役所に認められればどんな読み方でもいいのですが・・・

Aベストアンサー

 http://dictionary.goo.ne.jp/srch/jn/%E3%81%86%E3%82%89%E3%82%89/m0u/
では“うら”ら、うら”らか
 という読みがありますね。
 これは85になる姉の名前が使っています。最初はカナでしたが、成人して漢字に改名したんです。
 小さい時は書くのがたいへんですね。
 私も苗字もちょいと画数が多いし、名前も“藏”って字はとても書き難くかった思い出があります。

Q『日本の兵は世界最高の兵、日本の将は世界最低の将』という言葉

第二次世界大戦時の日本軍は『日本の兵は世界最高の兵、日本の将は世界最低の将』
と評されていたそうですが、
この言葉は誰が言った言葉なのですか?

それと、この言葉の"日本の将は世界最低の将"という部分は
実際のところどうなのですか?
ミッドウェーで亡くなった総司令官の山本五十六氏は戦略的にも人格的にも秀でた人だったと聞いたのですが…
それとも山本五十六氏以外の将たちがあまり優秀ではなかったのでそう言われたのでしょうか…?

Aベストアンサー

ロバート・レッキーの言葉です。
大東亜戦争なのに、なんで、アメリカに宣戦布告したのか。デタラメも極まれりです。
陸沿いに南下して、同盟国のタイの協力を得て、インドに進めば鉄鉱石。
その先にインド洋には石油がごっちゃり。
フランスを、ドイツイタリアと挟み撃ちして、楽勝じゃないですか。
それを、陸軍に協力してなるものかとか、ヒットラーは大嫌いってことで、こともあろうに参戦していないアメリカに宣戦布告。
確かに太平洋で戦争すれば、陸軍の出番は無し、海軍の独壇場。
また、戦線は果てしなく広がるので、永遠に戦争用の予算を獲得できる。
こんなのは、戦争じゃありません。
醜い予算分捕り合戦です。
兵士を餓死させた指導者なんて、他国にあるんですか?
あいつらが優秀だったのは、日本の予算分捕り術においてだけです。

Q記号∀,∃の読み方(発声)を教えてください

記号∀,∃の読み方(発声)を教えてください
出来れば解析学と論理学とにおける読み方を
一般的な読み方がなければ個人的な読み方でもいいです

Aベストアンサー

大学では数学をかじっていた者である。
一般論はNo.1に詳しいので、ここでは個人的なことを述べさせて頂く。

大学の講義でそう聞いたからだと思うが、私はどのような場合でも大概
「全ての」「或る(ある)」
と読んでいる。
また、Wikipediaの記事にはないが、こんな話をする相手はガンダムの話も嫌がらない人が多いので、
「ターンエー(turn A)」「ターンイー(turn E)」
ということもあろうかと思う。

Q日本兵でもこういう人何人もいたの?日本兵の多くが特攻隊の人のような勇敢なイメージなんですが・・・

きけ わだつみの声という映画をみました。太平洋戦争時代の話の映画で織田裕二さんや緒方直人さんらがでている物です。
戦争中だからどこで何があったかすべて表ざたになるわけではないのはわかりますが疑問があります。
この映画の中にとても嫌な感じの隊長みたいな人が出てきます。看護婦の女の子を犯そうとしたり、慰安婦だったり・・フィリピンでも武器も何も持たない女、子供、老人などを 斬り殺したり、楽しそうに銃殺したり。。日本兵なのに、こういう人何人もいたんですか? いろんな人間がいるというのはわかります。ただ昔の日本人の考えやb教育などでこのような人が何人もいるとは想像ができないのですが・・・

中国の慰安婦というのも日本兵が風俗的にかっていたのは事実なんですか?
教えてください

Aベストアンサー

http://www6.atwiki.jp/army2ch/pages/56.html
これだけたくさんの人間が参加していますから、例え1%とという比率であっても、数的には相当な人数になってしまいますね。

戦闘に参加すれば、人格が変わってしまう人もいるでしょう。
特殊な環境というものは、人格を変えてしまうには十分な動機です。
ただ、90%以上の兵士はそのようなことはありません。
メディアなどが出してくるときには、その部分を強調するので、皆がそのようなことをやっていると勘違いしてしまいます。

日本軍は、業者とくっついて売春をやっていました。
皆、若くて健康な人たちばかりですから、当然抜かなきゃ危ないわけです。
現地の人たちを陵辱してしまいます。
そのために、「ここ(慰安所)では遊んで良し。ただし、それ以外の場所では禁止」となるわけです。
現在のソープランドと変わりません。
彼女らも、お金をもらってます。
現在もそうであるように、そこらのOLよりよほど高給取りです。

他の国の軍隊はそのようなことはしていません。
陵辱し放題だったんです。
勝った方は何をしてもかまわないというのが当時の常識でしたから。

http://www6.atwiki.jp/army2ch/pages/56.html
これだけたくさんの人間が参加していますから、例え1%とという比率であっても、数的には相当な人数になってしまいますね。

戦闘に参加すれば、人格が変わってしまう人もいるでしょう。
特殊な環境というものは、人格を変えてしまうには十分な動機です。
ただ、90%以上の兵士はそのようなことはありません。
メディアなどが出してくるときには、その部分を強調するので、皆がそのようなことをやっていると勘違いしてしまいます。

日本軍は、業者とくっ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報