最新閲覧日:

it業界の求人を見ると
営業、SE、PG と書いてあるところがありますが
SEというのは、営業もやるという話を聞きます

営業とSEの違いはどのようなところなのですか?
教えていただけないでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まずソリューション営業は営業の手法であって、正確には職種ではありません


従来の営業はプロダクト営業と言い、自社商品を買ってくださいと売り込むものでした
それに対してソリューション営業は要望等に対して、自社製品を絡めて顧客の要望を達成する営業手法になります

そしてシステムエンジニアは定義が曖昧かつ範囲の広い言葉で、
乱暴に言えばハードウェアとデザイン以外のIT関連業務に関わる職種でしょうか
企業によって定義づけが異なるため厳密にこれと言うことはできません
SEとして営業を行うケースとしては、プロダクト、ソリューションどちらの営業でもあり得ますが、
顧客の要望を明確にし、IT技術で実現可能な内容に落とし込む等が通常SEが行う営業活動となります
ただし中には適切な人材を用意し、管理する営業系SEもいます

ご質問のように求人に、営業、SE、PGと書かれて居る企業ならば、
営業支援としてSEが営業活動に参加する事はありますが、普通は実際の契約に関しては営業職が担う事になります
簡単に言ってしまえば、仕事を取ってくるのが営業で、実際に仕事をするのがSEとなります
ただSEの範囲は企業の社内規定による部分が大きく、相手企業に質問する事が最も確実となります
    • good
    • 0

おじさんです。


「営業とSEの違いはどのようなところなのですか?」
→確かに、分りにくいかもしれませんね。
営業とSという言葉は、比較するものではありませんね。
営業職と比較するのであれば、技術職や製造開発職です。
一方、SEは字のごとくシステム・エンジニアで、この仕事の範囲はとても広いです。
例えば、調査分析、システム企画、システム基本計画といった初期の仕事、その後にシステム基本設計、詳細設計というような段階に進みます。
ということは、SEの初期の仕事は顧客との詳細な打ち合わせの連続なのです。
ですから、初めて会う顧客との交渉に精通することになります。
そういうSEであれば、営業という仕事にもスムーズに対応できることになります。
上場会社のメーカーであれば、営業というのは技術にも精通していなければならないのはいうまでもありませんね。
    • good
    • 0

ソリューションとは、簡単に言えば「問題解決」です。


ソリューション営業とは、顧客から問題を聞き出して解決策を提案し、それを受注に結び付ける人。
システムエンジニアとは、その解決方法を具体化して顧客に納める商品を作る人。
大企業であればそれは分業され、中堅企業であれば兼用したりもします。

> 営業とSEの違いはどのようなところなのですか?
営業とは、顧客と接して(自社の)仕事を作ること、
SEとは、顧客要求を商品化すること。
これは人を分けるのではなく、仕事の分類、でしょう。
人が足りなく仕事もないとなれば、給料を得るためには、どちらも営業してSEもやらざるを得ません。
そうしなければ会社が続かないので、営業だからSEはいやだ、その逆、は通用しません。
    • good
    • 0

仕事をとってきたり、システムを構築するときの入り口は、お客さんの要望を聞くことから始めます。


SEとしての専門知識がないとできないので、営業としての要素と両方必要なのでしょう。
営業とSE兼任の人や、元SEで営業もいますね。

逆に、たんに仕事をとってくるだけの専門知識のない営業の人もいれば、システム構築だけで営業面に携わらないSEもいます。
    • good
    • 0

ソリューション営業は


ただ営業というのではダサイので、
もっともらしく提案営業といっています。

システムエンジニアは
顧客の要望や仕事を
コンピュータを使って実現する仕事です。
中身がわかり見積も可能なので、
営業を兼ねることも多いです。

http://blogs.itmedia.co.jp/itsolutionjuku/2014/1 …

http://www.acroquest.co.jp/webworkshop/kantan_SE …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIT業界について

プログラマミングの訓練上がりのものです。
質問なのですが先日IT会社の面接を受けたところ2月末まではどの企業も人手不足で採用される確率が高いけど3月に入るともう後1ヶ月で年度末だし今の人員で我慢するかとなってなかなか厳しいよと言われました。 本当なのでしょうか? 現在IT業界は人手不足と言われているみたいですが3月を過ぎてしまうと本当にどの会社も人をとらなくなるのですか?

Aベストアンサー

10年程、IT業界で働いています。
仰るとおりIT業界は常に人手不足です。ですが、不足しているのは優秀なエンジニアであり、それ以外の人間は結構余っている、というのが実情だと思います。

面接を受けられた企業の仰ることは最もだと思います。予算の関係が有りますからね。
さらに4月からは新入社員が来ますから確かに採用枠は少なくなると思われます。
質問者さんが会社の規模を問わないのであれば、ハローワークなどに求人を出している小さい企業を探すといいかもしれません。そういうところは新入社員どころか入社試験を受けてくれる人さえいないという状況が結構あったりします。よろこんで採用試験をやってくれると思いますよ。
(ただ、ブラック企業が混じっていることが結構あるのでほぼ博打です)

あれこれ言いましたが、中途採用は一年中やっていますし、人手不足のところもそうじゃないところもたくさんあります。
「3月以降は採用しないみたいだから、就職活動を一休みしよう」と思うのではなく、めげずに色んなところを受けて欲しいなと思います。

QIT業界の展望について

現在IT業界を志望している就活生です。
IT業界について調べていると、以前就職セミナーで、今後のIT業界は、新たなビジネスチャンスが広がっているが、市場規模が縮小している傾向があると言われました。

新たなビジネスチャンスがある理由は理解できたのですが、市場規模が縮小している理由を聞きそびれてしましました。
どなたかわかる方は解答をお願いします。

Aベストアンサー

 以前はソフト産業に勤務しており、今はユーザサイドで働いている者です。
 
>今後のIT業界は、新たなビジネスチャンスが広がっている

 この言葉は、ある意味うたい文句であり、毎年常に何年も前から業界では言われ続けてます。
 技術の進展が早いこともあり、その技術での開発を得るが為の事と察してください。
 常に言われてます。

>市場規模が縮小している傾向

 バブル崩壊以降、2000年頃一時的に仕事の量は増えたかもしれませんが、購入してもらうユーザ側に、コンピュータ資産を購入する余裕がないからです。更に追い討ちをかけるようにリーマンショックも発生しているからです。
 
 IT業界は、昔から3Kどころか4Kだの6Kだの言われており、応募する人材も減ってきてます。
 ブラック企業なんで言葉は、ここ数年で始めたように感じられるかもしれませんが、もう10年も15年も前から、この業界では言われている言葉です。起業も簡単であり、間口も広いので、下層の下請に行けば行くほど、ITドカタの言葉のように、猫でも杓子でもの人間が働いているような業界です。
 更に、来年からは派遣法改正で、今は特定派遣労働という免許がありますが、昔は無く、偽装派遣などと言う行為をしていた業界でもあり、今後、そのような派遣まがいの経営をしている企業は、次々潰れても行くでしょう。
 結局、その企業がどんな分野に強いのかにもよるわけで、色々とやっている柱の無い企業ほど、ビジネスチャンスをうたい文句にして自転車操業のような経営をしている企業は多いです。
 また、今までは、CtoCがメインでしたが、CtoBやBtoBといった、対個人向けサービスをしている企業の方が儲かっていると言えるかもしれませんし、ビジネスチャンスと言う言葉を用いずとも、既にビジネスチャンスとして、方向性を決めて経営しているとも言えると私は感じてます。

 以前はソフト産業に勤務しており、今はユーザサイドで働いている者です。
 
>今後のIT業界は、新たなビジネスチャンスが広がっている

 この言葉は、ある意味うたい文句であり、毎年常に何年も前から業界では言われ続けてます。
 技術の進展が早いこともあり、その技術での開発を得るが為の事と察してください。
 常に言われてます。

>市場規模が縮小している傾向

 バブル崩壊以降、2000年頃一時的に仕事の量は増えたかもしれませんが、購入してもらうユーザ側に、コンピュータ資産を購入する余...続きを読む

Q20代後半に未経験でWeb業界に入る場合、SEかwebディレクターか?

現在職業訓練校でWeb制作を学んでおり、HTML、CSS、JS、PHPをやるのですが、修了後の進路について悩んでいます。

ほとんどはWebデザイナーかプログラマへの道へ行くようですが、自分はもう28ということもありWebデザイナーはないかなと思っています。

気持ちとしてはプログラマ(SE)として働いていきたいと考えているのですが、知り合いのSEに聞くと今は学生でも優秀なプログラマがいるので未経験でとなると戦力になるのが30になるしキツイのでは、と言われました(今は学校に行きながらWordPressでサイト制作のバイトはしています)。

それは自分でも思っていて、そうなると年齢的にWebディレクターかな、と思っているのですが学校のキャリア相談では、とにかく現場でコーディングの経験を積むべき、ディレクターはその後だ、とのことです。

確かにディレクターはデザイナー上がりが多いのは承知の上ですが、主な業務がマネジメントであることから未経験OKのところも多いように思われます。



自分の気持ちとしてはSEになりたい、でも年齢的にはディレクターなのかな?という部分で悩んでいます。

もしディレクターのほうがいいのであればすぐにでも就活したいと思っていますし(作品は結構あるので)、SEでも大丈夫そうであればこれからPHPを本気でやっていこうと思っています。

いずれにしても未経験では厳しいのは承知していますので、どちらが可能性(希望)があるか教えていただければ幸いです。

現在職業訓練校でWeb制作を学んでおり、HTML、CSS、JS、PHPをやるのですが、修了後の進路について悩んでいます。

ほとんどはWebデザイナーかプログラマへの道へ行くようですが、自分はもう28ということもありWebデザイナーはないかなと思っています。

気持ちとしてはプログラマ(SE)として働いていきたいと考えているのですが、知り合いのSEに聞くと今は学生でも優秀なプログラマがいるので未経験でとなると戦力になるのが30になるしキツイのでは、と言われました(今は学校に行きながらWordPressでサイト...続きを読む

Aベストアンサー

「学校のキャリア相談では、とにかく現場でコーディングの経験を積むべき、ディレクターはその後だ、とのことです」
→その通りですね。
社長になる人も最初から社長の仕事をしたわけではありません。
開発現場や現場の人達をしることは、今後のために重要です。
因みに、プログラマ(SE)とありますが、プログラマとSEはまったく違う職務です。
ITの世界は、最初から仕事を決めるものではありません。
いろんな現場を経験しながら、自分の能力と適性を見極めながら仕事を探していくものです。
やる前に考えても、何の役にも立ちませんよ。
まずは、やってみることです。

QIT業界の大企業と中小企業の違い

4月から4年生となる、就活中の大学生です。
IT業界でSEを志望しており、会社を回っている状態です。

質問です。
IT業界では、どうしても大企業が元請で、中小企業はその下請けという構造となることが多いと思うのですが、実際の仕事の内容としては、両者にどのような違いがあるのかを知りたいです。
また、中小企業で働いたからこそ得られるものというものはあるでしょうか。
他にも(福利厚生などは抜きに)大企業と中小企業での違いなどあればお願いします。

※ブラックとか福利厚生といった話は大丈夫なので、上記の違いについてお教えいただければと思います。

Aベストアンサー

No.3gouzigです。
お礼コメントにある重ねての質問についてです。
システム開発の工程はその規模によっていろいろなのですね。
aky_nilさんは事務計算系のSEをめざしたいとのことですので、金融機関の例を書いて見ます。
銀行など金融機関の大規模なシステム開発では、最上流工程はユーザー(金融機関)が行います。
銀行にもシステム部門があり、ここでシステム企画というプロセスが始まります。
このシステム企画ではSEだけでなく、業務の専門家やコンピュータメーカー(IBMや日立など)が参加していきます。
システム企画工程が終了すると次にシステム基本設計工程に入ります。ここもシステム企画と同様の関係者が行います。
そして次のシステム詳細設計工程から具体的なシステム製造という作業に入るのですが、一般にいわれるIT企業はここから参画します。このIT企業は大手でaky_nilさんがいう元請といわれるものです。
このIT企業では自社社員をリーダーとして下請けの中堅IT企業の社員を含めたチームを作ります。
システム詳細設計が終わるとシステム製造工程いわゆるプログラム製造、テストに入ります。
よくいわれているIT業界の派遣社員は上記のシステム詳細設計工程からプログラム製造・テストの部分に携わることがほとんどになります。
以上で、aky_nilさんがどのような仕事をしたいのかによって就職先がイメージできると思います。
最上流工程を望むならユーザーのシステム部門です。システム製造の技術者を目指すならIT企業ということになると思います。そのどちらにもSEやPGという職種がありますよ。
少しはイメージ出来たでしょうか。

No.3gouzigです。
お礼コメントにある重ねての質問についてです。
システム開発の工程はその規模によっていろいろなのですね。
aky_nilさんは事務計算系のSEをめざしたいとのことですので、金融機関の例を書いて見ます。
銀行など金融機関の大規模なシステム開発では、最上流工程はユーザー(金融機関)が行います。
銀行にもシステム部門があり、ここでシステム企画というプロセスが始まります。
このシステム企画ではSEだけでなく、業務の専門家やコンピュータメーカー(IBMや日立など)が参加していきます。
システ...続きを読む

Qプログラミング分からなくてもIT業界で活躍できる?

プログラミングが分からなくてもIT業界で活躍できますか?

ソフトウェア開発会社に新卒で入社して5年目ですが、プログラミング(C#等)が苦手です。
SQLもinner join やleft join等、難しいものが入ってくると訳が分かりません。

会社は若手はPGを担当して欲しいと考えているのですが、PGができないため最近ではテストか、帳票のデザイン(エクセル等で様式の決まった表や文章などを記述する)しか担当させてもらっていません。

私がPGができず、嫌いであることはもう皆知っていると思います。

PGができなければ設計もできないだろうということで、設計もほとんど頼まれないか、頼まれても簡単なものです。

設計にしろ、大きな機能の設計書を見ると書いてあることが非常に複雑で、それ自体難解だと感じていますし、それを、基にプログラムを起こすなんて夢のまた夢といいますか、本当に皆何でこんな難しいことを理解できるのだろうと毎日思っています。

途中からプロジェクトに参加したような社員もすぐに溶け込んで設計書を作成したりしていますし、本当に凄すぎます。
私では何年経ってもそんな能力がつく気がしません。

このままでは転職できるスキルもつかずマズいと考えているのですが、どのような手が考えられるでしょうか?

他にこの業界で活躍できる方法はあるのでしょうか?
営業に異動とかは会社では例があまりないです。

他の業界で販売業(店員など)をする方が向いているのではないかと思っていますが、この年で接客経験なしでは厳しいとも思っています。

多分、私は文系とはいえ難易度の高い私立大学出身なので勉強を真面目にする、だからITに関する勉強もやってくれるという判断で採用されたのでしょうが、理数系はサッパリなのです。

何かアドバイスありましたら、お願いいたします。

プログラミングが分からなくてもIT業界で活躍できますか?

ソフトウェア開発会社に新卒で入社して5年目ですが、プログラミング(C#等)が苦手です。
SQLもinner join やleft join等、難しいものが入ってくると訳が分かりません。

会社は若手はPGを担当して欲しいと考えているのですが、PGができないため最近ではテストか、帳票のデザイン(エクセル等で様式の決まった表や文章などを記述する)しか担当させてもらっていません。

私がPGができず、嫌いであることはもう皆知っていると思います。

PGができなけ...続きを読む

Aベストアンサー

人には、誰にでも適職というものがあります。

適職とは、人より努力しなくても、成果がでる仕事です。

あんたの場合、IT関係は、適職どころか、不適職のようです。

仕事が楽しければ別ですが、おそらく、無理に頑張っても、良い結果にはつながらないと思います。

自分で転職先をあれこれ悩むよりも、転職斡旋会社のプロのキャリア・アドバイザーに相談したほうが、適職が見つかると思いますよ。

参考URL:http://www.tensyokusaito.net/.r-agent.html

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報