住宅の外構につげが植えられていたのですが、見栄えが良くないので、レンガの塀を造ろうと考えています。
ところが、コンクリート基礎の40cmのところを大きく掘ってレンガ塀を建てるプランになっています。
素人考えでは、基礎のそばをいじるのは危険と思うのですが、実際はどうなのでしょうか?
なお、基礎は布基礎です。
どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

通常、住宅の場合において布基礎の下のTの部分は基礎の中心から22.5CM程度外側に出っ張っています。

また、その下に捨てコンクリートがあってこれもそれより5~10CM程度出ておりその下は割栗石(砂利)敷きになっています。だから基礎の中心から35CMぐらいより外を掘ればよいと考えます。(まあ、家の図面があると思いますからかなばかり図とかで確認をして下さい。)基礎の外側から40CMで考えられているのならいいと思いますが。
さて、ご質問の『大きく掘って』とはどのくらいの深さを掘るおつもりなのでしょうか。家の基礎はGLよりも50CM程度は隠れているはずです。レンガの塀を造るおつもりでいくら基礎のそばをいじるっていっても塀の基礎の厚みを考えたとしても少なくともGLから20CM程度あれば十分ではないでしょうか。
だから、一般的に考えると大丈夫ですよ。(家の基礎を壊さないかぎり…。)
ただ、土地の形状がいびつだったり、家がヨウヘキののそばだったりなど特異なパターンになるともう少し微調整が必要ですが…。
ちょっとご質問の『大きく掘って』が、きになるところではありますが。幅のことなら問題なしです。広く浅くであればね。
それから、あまり家の壁と塀との間隔がせまいと通路としての機能を失いますよ。ほとんど使わないところであればいいのでしょうが。そのあたりもよく考えられてはいかがでしょうか。

この回答への補足

早速ご回答頂き、ありがとうございます。私の説明が不足していました。レンガ塀は基礎から横に離れたところに建てるのですが、そのレンガ塀にあわせるために基礎のそばの土をいったん掘って、駐輪場にする考えです。
道路面から基礎部分が若干高い位置にあるため、駐輪場を道路面の高さに合わせるために、掘る予定です。
掘る深さは30センチ程度で、駐輪場ができた後は元の基礎部分の高さまで土を盛って、低いブロック塀を建てて土が流れないようにする予定です。完成後の図でご説明すると以下のようなイメージです。このような状況の場合、如何でしょうか?
一度できちんとご説明していなかったこと、すみませんでした。

 |
 |  ←基礎部分(ここは工事終了後は元と同じ姿)
 |
 |___
  ↑ |
 40cm | ←ブロック塀(高さ30cm程度)
    |____   ←GL

補足日時:2001/06/17 07:25
    • good
    • 0

補足説明でなんとなく分かってきました。

レンガ塀って隣地、道路境界線上じゃないんですね。
実際のところ家の基礎って立ち上がり(フーチングからね。)は、いくつぐらいでしょうか。(GLと基礎の位置関係も含む)30CMほど掘る際に通常土の下に隠れている立ち上がりのコンクリートの壁は、見えてきちゃう?それともフーチングが見えてきちゃう?その下の捨てコンクリートが見えてきちゃう?少なくとも捨てコンが見えてくるならそのあたり(40CMじゃなくもうちょっと多めに)で止めたほうがいいと思いますよ。ベタ基礎なら少々いいと思う(本当はあまりこれもお勧めしない。)けど布基礎でしょ。極力、基礎の近く(基礎のフーチングより下のことです。)を掘るのは望ましくない考えだと思います。一時掘って後で盛るとしてもですよ。
ちなみに駐輪場は、コンクリート。(厚さ10CMぐらいで車も可)敷き?
まあ、フーチングの位置ですね。それより上しか掘らないなら特に問題なし。下を掘るなら40CMをもっと大きくとるか、駐輪場部分のレベルを勾配で道路に接続するか等微調整が必要でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的なご回答ありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2001/06/17 17:15

コンクリート基礎の40cmとは一体どこか判らないのですが、もしかしたらフーチングの端からではなくて立ち上がりからと言うことはないでしょうね。


貴方がよければ別段構いませんが、これだと壁と塀の間は殆ど無くなって人も入れないようになるかもしれませんね。
恐らく塀は用地一杯に設置するはずですから通り抜けは出来なくなる可能性が大きいと思います。
とここまで書いて思ったのですが、住宅はすでに建築されているのですか。
それなら大丈夫かもしれませんね。
で、すでに建っている建物の、長辺で塀は作られるのでしょうか、それとも短辺で作られるのでしょうか。
掘削位置と埋め戻し線が気になりますね。
長期的には気に入りません。
基礎にクラックが入る可能性もあります。
その辺りを確認された方がよろしいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速丁寧なご回答頂きましてありがとうございました。ご心配頂いたにも関わらず、私の最初の説明が悪くて申し訳なかったですが、bluestyleさんの欄の補足に記入させていただいた内容が正確な相談内容でした。
まずはありがとうございました。

お礼日時:2001/06/17 07:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東大文系を受けます。センターは「物理基礎」と「物理」をうけてはだめなのでしょうか?

今度東大の文系を受けるのですが

センターでとる科目で疑問があります。

http://todai.kawai-juku.ac.jp/exam/subject.php
から抜粋。

理科 「物理基礎」(「物理」)、
「化学基礎」(「化学」)、
「生物基礎」(「生物」)、
「地学基礎」(「地学」) から2科目
(※3)
※3 「基礎を付していない科目」を2科目選択した場合には、「基礎を付した科目」を選択したものとみなします。
「基礎を付した科目」から2科目と、「基礎を付していない科目」から1科目を選択した場合には、「基礎を付した科目」から2科目を合否判定に利用します。

というのが意味不明です。

「物理基礎」と「物理」ではだめなのでしょうか?

Aベストアンサー

>「基礎を付していない科目」を2科目選択した場合には、「基礎を付した科目」を選択したものとみなします。

これは、「基礎を付していない科目」のみで2科目受験した場合は、その2科目を「基礎を付した科目」で受験したと見なします。
という意味。

>「基礎を付した科目」から2科目と、「基礎を付していない科目」から1科目を選択した場合には、「基礎を付した科目」から2科目を合否判定に利用します。

これは、「基礎を付した科目」から2科目と、「基礎を付していない科目」から1科目を受験した場合は、、「基礎を付した科目」2科目のみを受験したと見なし、「基礎を付していない科目」の結果点数は判定から除外します。
という意味。

で良いかと思います。

「物理基礎」または「物理」
「化学基礎」または「化学」
「生物基礎」または「生物」
「地学基礎」または「地学」

のべ8種から2科目となるわけですが
”または”でつないだ科目は、”いずれか”でしか選択できないので
自ずと受験科目が決定されます。

Q鉄筋コンク造 鉄筋鉄骨コンク造 鉄骨造?

鉄筋コンク造 鉄筋鉄骨コンク造 鉄骨造 では
どれが防音に優れているのでしょうか?
一概には言えないと思いますが個人の意見でよろしいのでお願い致します。
まだ引越していませんが不安です。(初めての一人暮らしなので)
私は鉄筋コンク造です。

Aベストアンサー

 引っ越されるということなので、賃借されるものと思いますが、鉄骨造(通称S造)、鉄筋コンクリート造(通称RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(通称SRC造)でいえば、防音に関してはRCとSRCとが体感するほどは違わず、内外壁材断熱材等にもよりますが一般的にはS造は劣るといえると思います。
 ただ、実はもっと気をつけなくてはいけないのは、間仕切壁の中に何が入っているか、という点で、例え躯体がSRCやRCであっても、部屋と部屋との間仕切が実はブロックであるとか、軽鉄、木造という場合があり、この場合実質的には構造体と部屋同士の防音性は躯体に関係なくなってしまいます。
 部屋を下見する際に、隣室方面の壁をノックしてみて、堅固であればそこにはく体が回っており、ボンボンと音がする場合は、躯体ではなく造作材で間仕切られていることもありますので(そうとは限りませんが)、その点注意していただけれはよかったのですが、今からでも確認してみてください。とくにブロックが入っている場合で隣室の音が手にとるように入ってきたことがあります。

Q木造住宅の基礎

住宅建設を依頼して、現在木造住宅の基礎工事が進行しています。ソイルセメントとベタ基礎の工法で進めていますが、柱状基礎の天端とベタ基礎は、結合されてなくてもいいのでしょうか?
柱状基礎の上に200ほど砕石がしかれ、ベタ基礎の配筋がはじまりましたので心配です。

Aベストアンサー

柱状改良はその頭部は基礎に埋め込んではいけません。
柱状改良は杭ではなくあくまで地盤改良だからで
基礎と一体化させることはできず基礎底でとめなければなりません。

Q隣地境界に接して、基礎が家本体とつながっているコンクリート塀を設けまし

隣地境界に接して、基礎が家本体とつながっているコンクリート塀を設けました。そのことで隣家の方が役所に怒鳴りこみ、確認申請を閲覧して「この塀は建物の外壁」だと言って、民法の50cmを盾に撤去せよと言っています。1.6mほどの狭い通路なので、塀の基礎を家と兼用した結果です。

実はお隣が怒ったのは、玄関ポーチの庇がこの塀の上に乗っかった形になっている部分があって、確かにそこを外壁と言われればそうかもしれないのです。勿論その部分は吹きさらしの屋外ですが。

こちらとしては、玄関の庇を塀に載せかけるのではなく、本当の小庇として作り直そうかとも考えています。それにしても、塀全体を作りかえることはなんとか避けたいのですが、どうしたものでしょう。交渉の材料として良い事例などお教えいただければ嬉しいのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

検査済みあってよかったです。
庇、ポーチと塀の関係がくっきりとはわかりませんが、境界にあっても屋根と塀がつながった部分で床面積を構成しているならそれは塀であるとは言えません。建築物です。
そうすると50cm後退を指摘されれば近隣の慣習がない限りは、(近隣も全部狭いとかですね)法律に従うしかありません。
たとえ単なる庇(塀とつながっていない場合)でも、近隣の近くまで伸びているときは(都市によって違いますが50cmから1mくらい)開放性が低いので建築面積や床面積に入れなければいけないこともあるのですよ。ただし、その場合庇とくっついてないので塀は塀です。
基礎が連結されているということはそう大した意味はありません。

むしろ別にしていただいた方が塀を解体する必要が出た時に家に鉄筋露出などのダメージの心配がないので良かったのでは・・・とも思いますが、その様子ではおそらく背の高い塀か、土留めもかねているようなものなのでしょうね。

さて、相手は賠償でなく今は塀の撤去を求めています。これは庇を短くしたからといって納得できるのでしょうか。おそらく塀の高さに圧迫感を感じているのでは?まずは庇を縮める工事が手っ取り早いでしょうが、それで外壁でないからといって納得していただけるか確認してからの方がよいと思いますよ。
塀として考えるのならばそれが安全で合法な塀であることも説明してさしあげれば庇を遠ざけ塀が建築物でなくなる時点で隣人の理論は崩れるので我慢するかもしれません。

納得しない場合は、(もちろん法上は聞く必要がなくなる可能性もありますが)ホントは何を求めていたのか良くつかむことが大事です。塀の高さなのか穴が空いてればいいのか、敷地を目いっぱい利用することへのねたみなのか、一体何なのかわからないとパキッと法律ですからここまで!とやってさらに怒らせてしまってもよくありませんね。真の要望が見えたなら一度返って改めて打合せします。その際に相手の言い分がどれだけ妥当なのか不当なのか良く考えて対策を決めてのぞまなければいけませんね。

もちろん塀が工作物申請が必要な程の物でなければ・・です。そこは建築士と合法であることを再確認し隣人の要望や対策する工事もいろんな場合を想定して対策の相談の場に臨む必要があると思います。

検査済みあってよかったです。
庇、ポーチと塀の関係がくっきりとはわかりませんが、境界にあっても屋根と塀がつながった部分で床面積を構成しているならそれは塀であるとは言えません。建築物です。
そうすると50cm後退を指摘されれば近隣の慣習がない限りは、(近隣も全部狭いとかですね)法律に従うしかありません。
たとえ単なる庇(塀とつながっていない場合)でも、近隣の近くまで伸びているときは(都市によって違いますが50cmから1mくらい)開放性が低いので建築面積や床面積に入れなければいけないこ...続きを読む

Q基礎工事前の電気や排水の工事はどんな業者がやる?

一般的な一戸建て住宅に関する質問です、。
基礎工事は基礎工事の業者があると思います。
では、基礎工事前に電気や水関係の工事、それを考慮した基礎の設計があると思いますが、。。
その基礎の設計は設計士?建築士?とやらが設計するのですか?基礎工事屋さんが設計するのですか?
基礎工事前の電気や水関係の工事はそれぞれその専門業者が工事を請け負うのでしょうか?基礎工事屋さんというものがすべてやるのですか?

Aベストアンサー

図面は色々なパターンがあります。

建設会社や工務店等に勤めている建築士、下請けの設計事務所の設計士が作図します。

この中に基礎図面もありますが配管等は書かれていません。

1Fの図面にキッチンやトイレやお風呂等の場所や寸法が記載されてるので、それを元に下請けの設備屋等が設備図面として新たに作成します。


基礎工事の方は基礎屋の工事に合わせて設備屋が合間を縫って配管します。


大体こんな感じです。設計内容等によって特殊な場合もあります。

Q鉄骨造のモルタル外壁と鉄筋コンクリート造の見分け方

建物の外壁での電波反射のシミュレーションをしたいと考えています。
鉄筋コンクリートとモルタルでは反射率がかなり異なるため、鉄骨造のモルタル外壁と鉄筋コンクリート造を見分けたいのですが、見分ける良い方法はありませんか。
建築のことは全く素人なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

正直、表面を仕上げていれば(塗装など)専門家でも見分けは難しいです。
建物の感じである程度は分かるのですが、絶対とは言い切れません。
研究で反射率などを調べるなら、正確さが必要でしょう。直接、建物の持ち主に聞くか、住所と番地が分かれば、法務局で建物の謄本をあげれば構造は分かります。

Q鉄骨住宅の基礎

鉄骨住宅の基礎というのは布基礎?ベタ基礎?どちらになるのでしょうか?

上物自体が重いのでベタ基礎だと土地に負担がかかると思うのですが
どうなんでしょうか?

ちなみにまわりは田んぼです。
雨水は下水に流せないので浸透枡を使う予定です。
地盤が難弱そうなのでベタ基礎を使ったほうがよい気が
するのですが、建物の重さと比較すると布基礎のほうが
良いのでしょうか?

ちなみにメーカーでは布基礎が標準でした。

Aベストアンサー

基礎の設計は地盤調査から検討すべきものです。

軟弱地盤で布にするとマジシャンの筒のような状態ですからずぶずぶと沈んでしまいます。
ベタは力を万遍なく逃がすので地盤がある程度弱くても対応できるんです。
更に弱い時は杭が必要です。

建物の自重に対して基礎設計をするのはどの建物でも変わりません。
RCのような重いものでも地盤がよければベタで行います。

布基礎が標準なのは低価格で顧客を誘導するためのこともあります。

Q鉄骨造ALC3階建の基礎への影響(浴室リフォームに伴う)

鉄骨造ALC3階建(築約25年/1階面積約20坪)の基礎について、浴室リフォームに伴う影響をご教示お願い致します。
 浴室リフォームでは浴槽の下のコンクリートを撤去すると思います。一方、鉄骨造では基礎の部分が木造と比較して比較的に幅広と思います。また、軒下通気口から見ると、地面表面に少なくとも40センチメートルは基礎から内側にコンクリートが見えます(建築図面がなく詳細は分かりません)。場所的には柱から離れてます。
 例えば、建築のときに基礎のコンクリートと浴槽のコンクリートが一体的に作られた場合など、浴槽の下のコンクリートを撤去するときに、基礎のコンクリートを傷めるようなことはないでしょうか。リフォームのために、構造体の一部を傷つけるのは本末転倒にも思えます。なお、浴槽は壁から垂直方向に向かって配置の予定です。
 どなたか、コンクリート撤去等における、浴槽リフォームに伴うリスクの有無をお教えていただけないでしょうか。
 実は業者に見積もりを頼んだ時には、特にはリスクがあるとは聞かされませんでした。数社のうちの1社のみ、鉄骨造の場合には十分に気を付ける必要があるとのみ言われました(いずれの会社も見積もりはしてくれました)。何にも触れない会社に少し不信感が起こりました。

鉄骨造ALC3階建(築約25年/1階面積約20坪)の基礎について、浴室リフォームに伴う影響をご教示お願い致します。
 浴室リフォームでは浴槽の下のコンクリートを撤去すると思います。一方、鉄骨造では基礎の部分が木造と比較して比較的に幅広と思います。また、軒下通気口から見ると、地面表面に少なくとも40センチメートルは基礎から内側にコンクリートが見えます(建築図面がなく詳細は分かりません)。場所的には柱から離れてます。
 例えば、建築のときに基礎のコンクリートと浴槽のコンクリートが一体的に...続きを読む

Aベストアンサー

no.4にて回答したものです。素人さんに鉄骨構造の基礎を口で説明するのは難しいですが、鉄骨造の場合は、土間コンは構造強度を負担していません。柱の下に柱体の基礎その下にフーチング基礎が有り、その基礎同士を地中梁がつないでいます。鉄骨は柱に力を負担させるので、柱の下に(地中)に基礎があります。地中梁は土間コンより上には出ません。柱体の基礎の上部には鉄骨の柱を固定するためのアンカーボルトが有りその部分も土間コンより上には来ません。
ALCの基礎は、ALC版を固定する為の布基礎であり、構造には余り関係ありません。とは言ってもALCを支えているのですから削ってはいけません。
UBで土間を削る必要は無いと思いますが、どうしても削らないといけない場合は、柱体の基礎と地中梁を傷つけないように、深くまで削ってはいけません。
とはいえ、これは一般的な構造です。特殊な場合もありますので、
構造図が(せめて、矩計図が)欲しいところです。

*土間コンを削らない方法を考えてみてはいかがでしょうか。
(UBの床を一階床面よりあげるとか、在来浴槽にするとか)

Q布基礎と独立基礎?

布基礎と独立基礎?

農村地帯の広めの土地に戸建住宅を計画しています。

現在のところ、木造平屋建て、高床式、切り妻屋根の軽量屋根材葺きで、ウワモノ重量を軽量化し、ローコストで耐震性を確保する計画です。

この上物に対する基礎としては、「コンクリートから人間へ」という時代に、べた基礎で大量のコンクリートを流し込むのは気に入りませんので、上物と同様、軽量化、ダイエットし、大地への負荷を軽減し、資源を節約し、耐震性を確保したいと考えています。(できれば私の予算も削減したい!)

そこで、布基礎か独立基礎かの選択となるのですが、建築数年後の床下乾燥に期待して高床式を採用するわけですから、布基礎の立ち上り部(GL+450mmぐらい)が床下通風をじゃまするのが気に入りません。
かといって、人通口のように、布基礎でありながら基礎の一部をカットしてしまう神経も理解できません。

「傾斜地に建っている別荘」などに使われている独立基礎は平地の平屋住宅では使えないのでしょうか?

ボイド管で柱の数だけ独立基礎を立て、その上に柱直建てができないかと考えています。

そこで、木造住宅の基礎の専門家に質問です。
1.平地の平屋建てに独立基礎が使われていない理由は何でしょうか?
(「基礎屋さんの売り上げ確保」って答えは無しですよっ!)
2.軽量住宅の基礎に独立フーチング基礎を使う場合の注意事項は何でしょうか?
3.土台無しの木造建築の建築確認を取るにはどうしたらよいでしょうか?
4.「傾斜地に建っている別荘」は次回の大地震の際に崩壊するのでしょうか?

追加の質問ですが、
5.梅雨時に工事されたべた基礎で、そのべた基礎に覆われた土中の水分は、その後、乾燥期になってもべた基礎の下や、防湿シートの下でウジウジしているのでしょうか?

布基礎と独立基礎?

農村地帯の広めの土地に戸建住宅を計画しています。

現在のところ、木造平屋建て、高床式、切り妻屋根の軽量屋根材葺きで、ウワモノ重量を軽量化し、ローコストで耐震性を確保する計画です。

この上物に対する基礎としては、「コンクリートから人間へ」という時代に、べた基礎で大量のコンクリートを流し込むのは気に入りませんので、上物と同様、軽量化、ダイエットし、大地への負荷を軽減し、資源を節約し、耐震性を確保したいと考えています。(できれば私の予算も削減したい!)

そこ...続きを読む

Aベストアンサー

・古建物で;玉石の上に柱が立ち 横架材は1階床梁でした
     古職人が言うのに 近頃は「よいとまけ」で地盤造りをしなくなった
     砂利+粘土+砂利+粘土・・幾層にも付き固めた上に 玉石を座らせた
・新潟地震のとき 古建物が横ズレして倒壊しなかった と
 布基礎にアンカーボルトで固定した部が割れたとか ベタ基礎は全体が揺られて不同変形したとか
・確認申請基準を作る人も全能ではない(基準法の改正=間違いに気付き訂正すること)事からも
 しかし、今の規制をクリアーしないと家が建てられません 古建物を見て勉強しています

Q隣地境界に接して、基礎が家本体とつながっているコンクリート塀を設けまし

隣地境界に接して、基礎が家本体とつながっているコンクリート塀を設けました。そのことで隣家の方が役所に怒鳴りこみ、確認申請を閲覧して「この塀は建物の外壁」だと言って、民法の50cmを盾に撤去せよと言っています。1.6mほどの狭い通路なので、今回の新築で塀の基礎を家と兼用した結果です。

実はお隣が怒ったのは、玄関ポーチの庇がこの塀の上に乗っかった形になっている部分があって、確かにそこを外壁と言われればそうかもしれないのです。勿論その部分は吹きさらしの屋外ですが。

こちらとしては、玄関の庇を塀に載せかけるのではなく、本当の小庇として作り直そうかとも考えています。それにしても、塀全体を作りかえることはなんとか避けたいのですが、どうしたものでしょう。交渉の材料として良い事例などお教えいただければ嬉しいのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1様の回答は間違っています。
「民法 第二款 相隣関係
(境界線付近の建築の制限)
第二百三十四条  建物を築造するには、境界線から五十センチメートル以上の距離を保たなければならない。 」
です。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/M29/M29HO089.html

ただし、ここでいう「建物」とは家屋のことであり、塀ではありません。塀なら民法でも設置を認められています。
「第二百二十五条  二棟の建物がその所有者を異にし、かつ、その間に空地があるときは、各所有者は、他の所有者と共同の費用で、その境界に囲障を設けることができる。

(相隣者の一人による囲障の設置)
第二百二十七条  相隣者の一人は、第二百二十五条第二項に規定する材料(板塀又は竹垣=回答者注)より良好なものを用い、又は同項に規定する高さを増して囲障を設けることができる。」

で、お尋ねの塀ですが、母屋と基礎を共有していても「民法上」はあくまでも塀であって建物または外壁ではありません。(建築基準法的には基礎を共有していると建物の一部と見なされますが、それは技術的な問題であって民法解釈とは異なります。)
ポーチの庇も同様です。「外壁」とは、それを境界として内部空間を作っている壁のことですから。
ですので隣家の主張は法律的にはまったく不法な「いちゃもん」にすぎません。
ですので、このような抗議に対しては役所の「建築指導課」など確認申請を所轄している部署に間に入ってもらい、法律上問題ないことを確認してもらうと良いでしょう。
もし、質問者様の建てたものが「違法建築物」であるなら、それを見逃した役所の責任も追及されることですから真剣に対応してくれるものと思います。
すでに「隣家の方が役所に怒鳴りこみ・・・」であれば、役所が対応してくれるでしょうから、放っておけば良いことです。おそらく質問者様が塀を撤去するようなことにはなりません。

#1様の回答は間違っています。
「民法 第二款 相隣関係
(境界線付近の建築の制限)
第二百三十四条  建物を築造するには、境界線から五十センチメートル以上の距離を保たなければならない。 」
です。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/M29/M29HO089.html

ただし、ここでいう「建物」とは家屋のことであり、塀ではありません。塀なら民法でも設置を認められています。
「第二百二十五条  二棟の建物がその所有者を異にし、かつ、その間に空地があるときは、各所有者は、他の所有者と共同の費用で、その...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報