いま、オージェ電子分光について勉強しています。
以前下のURLでわかりやすく教えてもらいました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=84445
オージェは内殻に空孔ができたときに外殻から遷移してくると理解したのですが、
MMMオージェ過程というのが理解できません。
内殻と外殻が一緒なのにオージェ電子はなぜ出るのか教えてください。

A 回答 (1件)

だんだん話が難しくなってきました(^^;)


オージェ過程の記法の理解に混乱があるような気がします.

(1) K殻に空孔がある状態
(2) K殻にL殻から電子が落ちて,別のLの電子が外に放出される(オージェ電子)

(1)→(2)の過程を通常 K-LL と書いています(ハイフンに注意!).
(2)の代わりに

(2') K殻にL殻から電子が落ちて,M殻の電子が外に放出される(オージェ電子)
だったら,K-LM です.

質問で MMM と書かれているのは,M-MM ではないですよね.
(2')が起こった後の状態はどうなっているかと言いますと,
L殻に空孔が1個,M殻に空孔が1個ですね.
もう一度オージェ過程が起きることが可能です.

(3') L殻にM殻から電子が落ちて,別のM殻の電子が外に放出される.

(2')→(3')の過程で,M殻の電子は2個減り,最初からM殻は1個空いていたから,
結局M殻には3個の空孔ができます.
これは LM-MMM 過程です.
多価イオンができたわけです.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!2つの過程を経てなるんですか。
なにしろ教科書が英語なもので、四苦八苦しています。(^^;
おかげで納得できました。
ありがとうございます!

お礼日時:2001/06/18 19:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q字数の高い等式

f(x)は5次の整式でx^5の係数は1である
f(x)がf(x^4)-7=(f(x)-7)^4をみたすならばf(x)はx^5+□x^4+□x^3+□x^2+□x+□である


解き方が分からないので答えまでの過程を教えてください
答えはx^5+0x^4+0x^3+0x^2+0x+7です

Aベストアンサー

f(x^4)-7=(f(x)-7)^4 …(1)

f(x)=x^5+ax^4+bx^3+cx^2+dx+e …(2) とおいて(1)式に代入し、xの値にかかわらず成り立つ条件を求めれば解けるはずですが、計算量が膨大になるので、多少工夫を試みました。

(1)式のxに-xを代入すると、
f((-x)^4)-7=f(x^4)-7=(f(-x)-7)^4だから
(f(x)-7)^4-(f(-x)-7)^4=0 これを因数分解すれば
〔(f(x)-7)^2+(f(-x)-7)^2〕(f(x)+f(-x)-14)(f(x)-f(-x))=0

ここでf(x)はxの5次の項の係数が1の整式なので、xの値にかかわらず常に0となり得るのは
f(x)+f(-x)-14=0 のみである。(2)からf(-x)=-x^5+ax^4-bx^3+cx^2-dx+e なので
2ax^4+2cx^2+2e-14=0 これがxの値にかかわらず常に成り立つ条件は
a=0,c=0,e=7 である。

したがってf(x)=x^5+bx^3+dx+7 となり、このとき
f(x^4)-7=x^20+bx^12+dx^4=x^4・(x^16+bx^8+d)…(3)
(f(x)-7)^4=(x^5+bx^3+dx)^4=x^4・(x^4+bx^2+d)^4…(4)
(4)-(3)=0より
(f(x)-7)^4-(f(x^4)-7)=x^4・〔(x^16+bx^8+d)-(x^4+bx^2+d)^4〕=x^4・〔x^16+(4b)x^14+(4d+6b^2)x^12+(12bd+4b^3)x^10+(12b^2d+b^4+6d^2-b)x^8+(12bd^2+4b^3d)x^6+(6b^2d^2+4d^3)x^4+(4bd^3)x^2+6d^2-d〕=0

この式がxの値にかかわらず成り立つ条件はxの各次数の係数がすべて0となるように、以下の式がすべて成り立つことである。

4b=0,4d+6b^2=0,12bd+4b^3=0,12b^2d+b^4+6d^2-b=0,12bd^2+4b^3d=0,6b^2d^2+4d^3=0,4bd^3=0,6d^2-d=0

最初の式からb=0 次の式に代入すればd=0,このb=d=0のとき、残りの式もすべて成り立つ。

したがってf(x)=x^5+7であり、このときf(x^4)-7=(f(x)-7)^4=x^20 となって確かに(1)を満たす。

f(x^4)-7=(f(x)-7)^4 …(1)

f(x)=x^5+ax^4+bx^3+cx^2+dx+e …(2) とおいて(1)式に代入し、xの値にかかわらず成り立つ条件を求めれば解けるはずですが、計算量が膨大になるので、多少工夫を試みました。

(1)式のxに-xを代入すると、
f((-x)^4)-7=f(x^4)-7=(f(-x)-7)^4だから
(f(x)-7)^4-(f(-x)-7)^4=0 これを因数分解すれば
〔(f(x)-7)^2+(f(-x)-7)^2〕(f(x)+f(-x)-14)(f(x)-f(-x))=0

ここでf(x)はxの5次の項の係数が1の整式なので、xの値にかかわらず常に0となり得るのは
f(x)+f(-x)-14=0 のみである。(2)か...続きを読む

Qオージェ電子分光のピーク

いろんな元素や化合物のオージェピークのピーク位置を知りたいと思っています。
たくさんデータのあるホームページをご存知の方がいたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

UK Surface Analysis Forumのサイト(http://www.uksaf.org)のOn-line databases(http://www.uksaf.org/data.html)が有用ではないでしょうか。

参考URL:http://www.uksaf.org/data.html

QACアダプタの出力電圧が表示より高い?

ジャック部分で切断されていた電子オルガンのACアダプタを直そうと思い、+-の極性を確認するつもりでテスターを当てたところ、アダプタには「OUTPUT:DC9V 850mA」と表示されているにもかかわらず、だいたい14.2V前後の出力があります。
分解できるタイプであったため、ばらして内部で測定すると、トランスからはAC11V前後で出力されています。
つまり、ダイオード4個とコンデンサで直流化平滑化する過程で昇圧しているということになります。
これって故障だと思うのですが、原因はどこにあって、どうすれば修理できるでしょうか。
お分かりになる方、御教示ください。

Aベストアンサー

故障では有りません。(多分)
そういう設計だと思います。
11Vの交流をブリッジで整流して平滑化すると無負荷では交流の最大値(11×1.414=15,6V)位がでます。
14.2Vと言うのがこれでしょう。

さてこの状態で850mAの負荷を取るとおそらく電源電圧は9~10V前後まで下がるでしょう。
9Vと言っても少し高めで供給しても大丈夫ですから。

なお、9Vの低電圧電源と言うことで内部に正確な定電圧回路を内蔵しているものは上の理屈ではありません。

余談ですが車の12Vのバッテリーは13.4Vくらいで充電しますので電装品は12V~13.4V対応となっているものが多いです。

Qオージェ電子と光電子

オージェ電子と光電子の違いがいまいちわかりません。
参考書を見てもよくわからないでいます。
エネルギー順位の電子の出る場所(?)が違うんでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

なんらかの原因で原子の内殻に空孔ができると,原子は不安定状態になります.
外殻から空いた内殻に電子が落ちてそこを埋めるわけですが,
内殻と外殻では当然エネルギー差がありますからこれをなんとかしないといけない.
で,他の外殻電子にエネルギーを与えて原子核の束縛から離れて自由電子として
飛び出させてしまうことがあります.
これがオージェ効果,外へ飛び出した電子がオージェ電子です.
エネルギー差を電磁波の形で放出する場合もあり,この場合はオージェ電子は出ません.

光電子は,電子が電磁波からエネルギーをもらって外へ飛び出したやつです.
どこの準位から飛び出しても光電子といいます.

Q最近、高い建物が建ったので電波の入りが悪くなった。

-
au iphoneを使用しています。
LTEが利用可能な地域で仕事をしています。11階のフロアです。
最近、すぐ近く(50m)に同じ高さのビルができました。
それ以降、
圏外⇒○⇒3G⇒LTEと目まぐるしく電波状況が変わります。
同じフロアのau iphoneを使っている人に聞いても同じ状況でした。

自宅もLTEの地域で電波状況は良好です。実際はWiFi(auひかり)を使っていますが
こちらも良好です。(機体の不都合は考えづらい)


こういう状況なのでauサポートに電話したのですが電波状況の確認と解消には
勤めている会社の了承とテナントのオーナーの了承が必要だと言われました。

私は契約社員なのでそこまでできません。
こういう場合は諦めるしかないのでしょうか。

Aベストアンサー

契約会社に小型(携帯用)貸し出しアンテナが有るか問い合わせて見る。

Q3価Euにおける電気双極子遷移と磁気双極子遷移の遷移確率について

化学工学(応用化学)専門の博士後期三年です。どうぞよろしくお願いします。

博士論文を書く上で、ホウ酸イットリウムを母体とする3価ユーロピウムが、
1.電気双極子遷移を経て赤色(610nm, 624nm)に、磁気双極子遷移を経て橙色(594nm)にそれぞれ蛍光すること、2.それらの遷移確率は結晶場によること、の2点を書籍(下部a参照)により突き止めました。

しかし、それらの著書では、簡潔に「電子双極子によるf- f遷移はパリティ禁制遷移であるため,
磁気双極子遷移や電気4重極遷移による(中略)遷移のみが許容になる.」云々とあるのみで、詳しい説明がなく、パリティ禁制遷移などについて調べても、この時はこういうものである、と言わんばかりの説明があるのみで、さっぱりでした。

私の解釈を以下に示します。
--------
磁気双極子:軸ベクトルであるため、パリティは偶。つまり、偶関数。
電気双極子:極ベクトルであるため、パリティは奇。つまり、奇関数。
(各双極子がそれぞれのベクトルであるところの理解は(おそらく)完了しています。)

f-f遷移はf軌道内でのみ遷移がおこるため遷移の前後でパリティが変化しない(偶パリティ)(?)であるため、空間反転対称を持つ(偶パリティの)結晶場では、パリティが偶の磁気双極子を用いた遷移でなければ全体が偶とならない。
一方、空間反転対称性を持たない(奇パリティの)結晶場では、パリティが奇の電気双極子を用いた遷移でなければ全体が偶とならない。

全体が偶にならなければ、空間全体を考える(関数でいえば全積分?)上でその関数はゼロになってしまうため、その状態ではその遷移を取りえない。よって、上記のような遷移の結晶場選択性が生まれる。
--------

(?)をつけた部分は、私の理解が特にあやふやであるところです。
また、反応の前後でパリティ変化があったとしても、
結晶場の空間反転対称性は反応の前後で変化しないため、影響がないのでは?とも思います。

私の解釈の不足点や誤解点をご指摘いただけたらと思います。
その際、なるべくシュレーディンガー方程式を使用しない方向でお願いしたく思います(私の専門分野が応用化学であり、教授陣もその方面に明るくないため)。
難しい注文と容易に想像でき、非常に申し訳ないのですが、皆さんのお知恵をお借りしたく存じます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

a.)R.S.Becker 著 『蛍光とりん光』 株式会社東京化学同人 1971年
 小林洋志 著 『現代人の物理7 発光の物理』 株式会社朝倉書店 2000年
 徳丸克己 編 『立化学ライブラリー10 蛍光現象』 共立出版株式会社 1975年

化学工学(応用化学)専門の博士後期三年です。どうぞよろしくお願いします。

博士論文を書く上で、ホウ酸イットリウムを母体とする3価ユーロピウムが、
1.電気双極子遷移を経て赤色(610nm, 624nm)に、磁気双極子遷移を経て橙色(594nm)にそれぞれ蛍光すること、2.それらの遷移確率は結晶場によること、の2点を書籍(下部a参照)により突き止めました。

しかし、それらの著書では、簡潔に「電子双極子によるf- f遷移はパリティ禁制遷移であるため,
磁気双極子遷移や電気4重極遷移による(中略)遷移のみ...続きを読む

Aベストアンサー

結晶場とは、注目するイオンに属する電子に対して、周囲に配位するイオンが及ぼす静電場のことです。
ここでは、Eu3+に属するf電子が、注目する電子ということになります。

(1)まず、配位子の存在を無視した場合を考えます。
f電子に働く場としては中心のEuイオンからの静電場だけですので、反転対称性のある場』ということになります。
したがって、f電子の状態は完全な奇のパリティを持つことになります。
よって、f電子間の光学遷移を考えるならば、電気双極子遷移はパリティが奇だから禁制、磁気双極子遷移や電気4重極子遷移はパリティが隅だから許容、となります。

(2)次に、配位子の存在を考え、さらに反転対称性を持つ場合を考えます。
このとき、Euイオンからの場に付加的な結晶場が加わりますが、どちらも反転対称性を持っているためf電子の状態は相変わらず完全な奇のパリティを持ちます。
よって遷移の禁制・許容は(1)の場合と同じになります。

(3)最後に、反転対称性を持たない配位子の存在を考えます。
このとき、結晶場は奇のパリティを持っているため、f電子に働く場には反転対称性を持たない成分が付け加わります。
この成分により、f電子の状態は(1)や(2)で考えていた完全な奇のパリティを持った状態ではなくなり、偶のパリティの状態も混じりこみます。
(Ψf=Φ(odd)+Φ(even)のようになる)
よって、電気双極子遷移の場合でも、
【混じり込んだ偶成分(偶)】【電気双極子(奇)】【元々の奇成分(奇)】
のように、遷移が許容になります。

ここらへんの事情は、裳華房の『配位子場理論とその応用』に書いてあります。

結晶場とは、注目するイオンに属する電子に対して、周囲に配位するイオンが及ぼす静電場のことです。
ここでは、Eu3+に属するf電子が、注目する電子ということになります。

(1)まず、配位子の存在を無視した場合を考えます。
f電子に働く場としては中心のEuイオンからの静電場だけですので、反転対称性のある場』ということになります。
したがって、f電子の状態は完全な奇のパリティを持つことになります。
よって、f電子間の光学遷移を考えるならば、電気双極子遷移はパリティが奇だから禁制、磁気双極...続きを読む

Q無線Lanで効果が高いのはどちら、

鉄骨造り2階立てです。ほぼ中央にある二階への上り口にWHR-HP-G300Nを設置して、1Fと2Fでスマホ(SHL25)とipad(第4世代)を使っています。
2Fの一部の部屋でスマホでシグナル1~2、ipadはシグナル3あります。
そこで、パワーアップを図るのに、当該機器を5G/11ac対応機に変える場合、(1)WZR-S900DHPかWSR-1166DHP等に交換するか、又は(2)WHR-1166DHPを親機、中継器として2台使用するのがよいかということです。
中継器で2台使用する場合は2機ともに同一電波ですか?
また親機、中継器の切り替えは自動ですか? スムーズに切り替わるか?
以上のことから、1台でできれば一番いいのですが。

現状、Wifiスピードで2機ともにダウン20前後アップで13(スマホ)~30(ipad)出ています。
回線は、auの100Gです。PCは有線で、50~60程度出ています。
2Fへは有線も引いてあります。
他に効果的な方法はありますか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 11nと11gの見分け方はどうすれは゛いいのですか?

SHL22では見分けは出来ないのですが、リンク速度を確認することによって推測できます。
(SHL25 も同様に確認できると思うのですが・・・)

設定 → 設定 → Wi-Fi → 表示されているSSID
で表示されているリンク速度を確認してください。

150 Mbps : 802.11n
64 Mbps : 802.11g

と推測できます。

リンク速度は無線親機から離れると減少してしまうため、親機の側で確認してください。

Windows でしたら、タスクマネージャのネットワークで確認できますし、
あるいは、無線アダプタのユーティリティで確認できることが多いですね。

※私の経験上では、リンク速度の70%程度が実測値最大です。

Q電子分光器について

古い装置を調べていたら、電子分光器が『非分散型アナライザー』と書いてありました。
参考書とかで分光器を調べると、同心円筒鏡型(CMA)と同心半球型(CHA)、阻止電場型(RFA)しか載っていません。『非分散型アナライザー』とはRFAのことなのでしょうか?もし違うのならどういうものなのか詳しく教えていただきたいのですが。

Aベストアンサー

多分、分光器を調べるから記載されていないのかも。

参照URLに「非分散赤外線法」の簡単な説明がありますが、
吸光度を測るときに、波長の選択を *分光器に頼らず* とあります。

例えば、赤外線領域に反応する CCD素子を使う、とかの方法があります。

Qサーバー機の耐久性はスリムタワーPCより高いでしょうか?

職場のコンピュータ室でHPのdc5100 SFというスリムタワーPCを使っています。コンピュータ室は24時間空調ですので、使用環境としては温度管理・ほこりの問題にしても良いと思います。
このdc5100 SFは使い続けていく過程で非常に重要な役目のものとなり、24時間運転しています。壊れてしまうと非常に困る存在なのです。
でこの度、耐久性を重視してサーバー機に入れ替えようとdellのT105という機種を購入しました。RAID構成にはしていません。私はスリムタワーPCよりサーバー機の方が一つ一つの部品などが丈夫で24時間運転に耐えうる耐久性を持っていると思っています。それでサーバー機を購入したのです。
勿論お金をかける気があればRAIDや二重化などすればいいのでしょうが、高価な設備投資はできません。
今日知人にこのことを言いましたら、サーバー機の方が放熱に優れているので発熱での障害は減るだろう。ただ一つ一つの部品の耐久性は変わらないから、わざわざ新規購入する必要はなかったんじゃないのいかと言うのです。
教えてください。普通のデスクトップPCとサーバー機の耐久性は変わらないのでしょうか? よろしくお願いします。
あと数台購入し、主要な役目のものはサーバー機に換えようと考えています。耐久性が変わらないから購入は中止です。その判断を早めにする必要があります。

職場のコンピュータ室でHPのdc5100 SFというスリムタワーPCを使っています。コンピュータ室は24時間空調ですので、使用環境としては温度管理・ほこりの問題にしても良いと思います。
このdc5100 SFは使い続けていく過程で非常に重要な役目のものとなり、24時間運転しています。壊れてしまうと非常に困る存在なのです。
でこの度、耐久性を重視してサーバー機に入れ替えようとdellのT105という機種を購入しました。RAID構成にはしていません。私はスリムタワーPCよりサーバー機の方が一つ一つの部品などが丈夫で2...続きを読む

Aベストアンサー

一般的にはサーバー機の方がスリムタワーよりは耐久性は有る作りにはなってると思う。
私もその友人と同じくで、一つ一つの部品の耐久性は大して変わらないとは感じてる。
無理な配置とかはしてないのと安定動作方向に振ってるからエラーに対しては早い段階でデータ破損は防ぐ方向にいくだろうけど、ご承知の様に冗長化してない限りは止まる時は一般PC同様に止まる。
その価格帯の物はどうだろうと思うところもあるけど、古い低グレードサーバーのPowerEdge840にはS-ATAでも一応24時間運転前提のハードディスクは載っていた。
同様にエンタープライズグレードのドライブが載ってるのならスペック上の耐久性は高いと思う。
回転物として他には冷却ファンの耐久性の問題もあるけど、これは何ともいえない。
自作向けはとんでもなく酷い物もあるけど外資メーカー製ならそれなりの物は積んでるはずなので・・・
もっと高グレードなサーバーならファンのグレードも若干変わってくるとは思うけどそのグレードだと一般向けと大差ないかもしれない。
とはいえ連続3年以上の期待寿命は確保してるとも思える。
一度入手されてるT105に載ってるドライブの型式調べてみれば判断の目安にはなると思いますよ。

一般的にはサーバー機の方がスリムタワーよりは耐久性は有る作りにはなってると思う。
私もその友人と同じくで、一つ一つの部品の耐久性は大して変わらないとは感じてる。
無理な配置とかはしてないのと安定動作方向に振ってるからエラーに対しては早い段階でデータ破損は防ぐ方向にいくだろうけど、ご承知の様に冗長化してない限りは止まる時は一般PC同様に止まる。
その価格帯の物はどうだろうと思うところもあるけど、古い低グレードサーバーのPowerEdge840にはS-ATAでも一応24時間運転前提のハードディスク...続きを読む

Q孔明き容器の孔の直径

容器に空いている孔の大きさが求められるでしょうか?

こんな実験を行ないました。
 任意の大きさの容器に 孔が空いています。
温度20℃の空気を1010hPaの気圧の元でポンプを使って
容器内部が相対圧力10Pa上昇するように空気を送り込みます。
言い換えると、
毎分1ノルマルリットルの空気を送り込む事で101010Pa(相対10Pa)
の圧力が保たれます。(容器から1リットル/min漏れてる)
大気圧変動はまったく無い物とします。

孔の断面積(直径)は計算で求められるのでしょうか?
近似式などご存知の方助けてください。

Aベストアンサー

化工系(流体力学?)で用いる収縮部及び拡大部のある円管内の摩擦損失(Ftotal)の算出式を適用しますと「d≒1mm」なりますが、かなり強引な近似をしていますので他の条件への拡張性にはちょっと疑問があります。

概要を示しますと
タンク内の流速:Va(m/s)=0
孔内での流速:Vb(m/s)
出口での流速:Vc(m/s)
流出量:Q(m3/s)=1.667×10^-5「厳密には空気は圧縮性流体ですが、ほとんど圧力差が無い為一定と置いています。」
孔の直径:d(m)

(A):収縮部摩擦損失[N・m/Kg]
Fa=K×Vb^2/2 (但しKは孔の形状(端の角度等)に依存しここでは0.5を使用)
ここでVb=4Q/(πd^2)より、Fa=(0.5×16/2π^2)×Q^2/d^4=7.036×10^-12/d^4

(B):孔(内)部摩擦損失[N・m/Kg]
Fb=2fLVb^2/d(=0)[L=0:管長(m),f:流動状態(層流、乱流)依存の摩擦係数]

(C):拡大部摩擦損失[N・m/Kg]
Fc=(Vb-Vc)^2/2
※ここでVcをどう仮定するかにちょっと問題があるかもしれませんが、Vbと等しいと置くとFc=0。
(あるいは開放系なのでVc=0と置く必要があるかもしれません。)

これらの合計がFtotal(=Fa[+Fb+Fc])となり、これに流体の密度(=1.205Kg/m3)を掛けた値が圧力損失(=10Pa)となります。
よってd=0.0009159(m)となりました。半分眠りながら、かなり古い知識を駆使して算出していますので(間違ったときのいい訳)、検算願います。

詳しいことを御調べになるのでしたら、化学工学系の入門書でもこの手の式は載っていると思いますが、流体力学系の方が詳しい解説があるかもしれません。

ps
流量Qを測定する場合にオリフィス計(orifice meter)と呼ばれる薄板に小さい孔を空け、その両側での圧力差(ΔP)から求めるものがあります。その式では
Q=C×S×√ΔP
S:円孔の面積
C:オリフィスの形状依存の定数
となるらしいので、ΔPを変化させてQを測定(あるいは逆)をすると、Sを実験的に求めることが可能かも知れません。

化工系(流体力学?)で用いる収縮部及び拡大部のある円管内の摩擦損失(Ftotal)の算出式を適用しますと「d≒1mm」なりますが、かなり強引な近似をしていますので他の条件への拡張性にはちょっと疑問があります。

概要を示しますと
タンク内の流速:Va(m/s)=0
孔内での流速:Vb(m/s)
出口での流速:Vc(m/s)
流出量:Q(m3/s)=1.667×10^-5「厳密には空気は圧縮性流体ですが、ほとんど圧力差が無い為一定と置いています。」
孔の直径:d(m)

(A):収縮部摩擦損失...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報