こんにちは。
頭をよく使う人は糖尿病になりにくいのでしょうか?

テレビで見たのですが水泳のプロ選手は、一日に6000kcal食べてもその分エネルギーを代謝+運動で消費しているので太りません。糖尿病になりません。

「ちはやふる」の漫画で読んだのですが、プロのかるた選手はランダムな100枚札の並び順を覚えては忘れるのを一日に何度も繰り返しをするのでフルに頭を使い、試合の日は3kgやせてしまうこともあるそうです。そこで脳の消費するエネルギーの殆どは糖分です。だから選手は糖分を常人よりたくさん補給するそうです。

この2つの話から推測するに体を動かすスポーツでなくても、頭をフルに使う生活をしていれば、糖質を常人より多くたべても糖尿病にならないのでしょうか?

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

頭をフルに使う人でも糖尿病にくるしむ人はたくさんいるのです。


代表的なところでは
・発明王エジソン
・音楽家バッハ
・アメリカの文豪ヘミングウエイ

など、一般人よりもはるかに頭を使いそうな人達でも見事になっています。
糖尿病の原因は、
・肥満
・過食
・高脂肪食
・運動不足
・ストレス
・喫煙
プラス
・遺伝体質か否か
などが複雑に重なることによるのであって、この中のどれか1つだけ注意したから発症しないというものではないのです。よって、頭を使うことイコール糖尿病の防止とはなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

頭をフルに使う人でも糖尿病になってしまうのですね...
お菓子ばっかり食べて運動しない生活には気をつけたいですね。
ありがとうございましたー

お礼日時:2016/03/03 11:39

非常に面白い仮説ですね。

ただ、頭をどのくらい、どの部分(記憶、思考、感情の起伏など)使っているのか計測するのがなかなか難しいかと思うのと、例えばプロの選手が試合などで極度に緊張すると汗などもかくでしょうし、交感神経が興奮して心拍数なども上がる可能性があると思うので、すべて脳が消費したエネルギーのために体重が減少した、と考えるのも少し難しいかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

緊張しやすいかなど性格ひとつ違うだけで消費量がだいぶ変わってしまうのですね、ありがとうございました!

お礼日時:2016/03/03 11:38

専門家紹介

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する女性医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

食べ過ぎだけが糖尿病の原因だと思っていませんか?


だとしたら大間違いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

運動などもやっぱり大事ですね、ありがとうございましたー

お礼日時:2016/03/03 11:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q糖分は疲れやすい体質には良くないのか?(疲労するから?)はたまたエネルギー(体力?)(疲労回復)になるのか?

 上手く表現できないのですが、言われている糖分摂取の効果に関して矛盾があるように思います。
 糖分(甘い物(スナック菓子・ジュース等)を取るのは疲れやすい体質(虚弱体質?)に良くないとする(疲労するから?)一方で、エネルギー(脳等)(体力?)(疲労回復)になるとも聞きます。
一体どっちなんでしょうか?

※1糖尿病になるから良くないというのは除外。

それと違う話なのかもしれませんが、ジャンクフード(コンビニ弁当等)も体に良くないと聞きますが、それは何故でしょうか?
そして具体的に何に良くないのでしょうか?

※2補足等で追加質問すると思いますので、ちょくちょく覗いてくれたらと思います。

 ちなみに自分は毎日コーラ一本空けてます。
アクエリアスもよく飲みます。
29歳男で、細身です。

Aベストアンサー

NO.2です。

同じ水量の水を管を使って流すと細い管より太い管の方が流れは悪くなりませんか。太くなればなるほど澱んできます。

>リラックスはリラックスなので疲労回復にならないのでしょうか?
過剰になるとなりません。血流が滞り、低血圧、低体温、これでは体も心も思うようには働きません。
リラックスの過剰は分かりやすく言えば、心身ともかったるくてだらけるということです。さらに、リラックス過剰の行き着く先、その究極は鬱です。なにもする気が起こらないばかりか、生きてることさえ面倒になります。これは休息といっても永遠の休息ですね。

仮に高カロリーを摂取したとしてもそれを消費するだけ心身を働かせばば問題はないでしょう。

要は何事も過剰になると体のバランスが崩れてしまうのですが、一過性であれば体はまだ修正しくれますが、長期に続くと適応力を超えるようになります。その先は破綻が待ち構えてるということです。
過剰なものに対する適応力は個人によって違いますので、その弊害がいつ頃、体のどこに、どのような形で現れるかはまちまちでしょう。

Q糖尿

バナナ2本、りんご4分の一、ブルガリアヨーグルト砂糖なし100gを毎日食べても糖尿病になりませんか?

Aベストアンサー

糖尿病は遺伝病ではないし、食後血糖値を上昇させるものは炭水化物(糖質)であって、カロリーではありません。甘いとか辛いとかいう味も、血糖値の上昇には関係ありません。

糖尿病のうち、

1型糖尿病は食生活に関係なく、自己免疫異常によりインスリンを分泌する膵臓のβ細胞の破壊されることによって、

2型糖尿病はインスリンの分泌低下やインスリン抵抗性をきたす複数の遺伝因子に、過食や運動不足などの環境因子が加わって、インスリンの作用不足を生じて発症する、とされます。

特定の食品を摂るから糖尿病になるわけではないので、あなたが糖尿病になるかどうかは答えようがありません。

:食品別に見る血糖変動の一例(糖尿病患者の場合)
http://www.dm-net.co.jp/kanshoku-file/catagorydata/graph_list/

Q糖尿と酒と・・・

もともと酒は飲めません。でも重度の糖尿病と診断され、HBA1Cが10超です。一切の酒を禁止され、それはそれでいいんですけど、たとえば歓送迎会、結婚式、法事なども一切でられなくなってしまったようです。これって少なくともコップ半分のビールを飲めるくらいのレベルには回復するのでしょうか。

Aベストアンサー

A1Cが10超というのは、測定時の前90日くらいの平均血糖値が250.9です 空腹時126超が糖尿病の診断レベルですから、完璧な糖尿病です お酒のせいではありません=食べ過ぎが原因です すぐ糖尿病専門医の指導を受けて、食事療法を実施しましょう 因みに私は59歳の10年前同じレベルでした 9年後の今はA1C5.8です

Q筋肉細胞のエネルギー源についてですが、糖、脂質、タンパク質がエネルギー

筋肉細胞のエネルギー源についてですが、糖、脂質、タンパク質がエネルギー源になるみたいですが、主に速筋のエネルギー源は糖で遅筋の方は脂質ですよね。そこでなのですが、筋細胞のタンパク質が分解されて糖新生で作られた糖は速筋で使われるのですか?遅筋で使われる脂質は体中にいっぱいあるので不足することはないのでしょうか。

Aベストアンサー

> 筋細胞のタンパク質が分解されて糖新生で作られた糖は速筋で使われるのですか?

空腹時に運動すると筋肉が分解されると言われます。
そうだとすると、速筋は自分が使うエネルギーを作るために、自分自身を分解することになり、自己矛盾に陥ってしまいます。あなたがこの疑問点に行きついたことは、当然だと思います。

糖新生で作られた糖は筋細胞が使うのではなく、脳が使います。
脳は人体で最も大切な臓器で、糖が途絶えると致命的なので、身体は筋肉を分解して糖を作り、脳に供給します。

脳の血管関門は細くなっていて、糖だけが通過でき、脂肪や蛋白質が通過できない仕組みになっています。
筋肉の場合は糖も脂肪も燃やせますが、脳は糖しか燃やせないので、もしも糖が欠乏すると、筋肉を分解して糖を作るしかないのです。筋肉のために分解するのではありません。

体内には、肝臓に100g、筋肉に300gの糖が貯蔵されています。
脳は肝臓に貯蔵された糖を使います。脳は1時間あたり6gの糖を使います。
食後、時間が経過して肝臓の糖が半分位になると、脳は空腹信号出して、次の食事を催促します。

一方、筋肉に貯蔵された糖は、運動しなければ減りません。
筋肉には糖の分解酵素がないので、肝臓の糖が少なくなっても、筋肉の糖を譲ることができません。
運動時には、筋肉は血液中の脂肪を取り込んで燃やし、パワーを出すときにだけ、筋肉に貯蔵した糖を燃やします。
このように、脳と筋肉のエネルギーシステムは独立しているので、空腹時に運動しても、筋肉のために筋肉を分解することはありません。

筋肉が分解されるのは、肝臓の糖が枯渇に近づいたときです。
肝臓の糖が枯渇に近づくと、脳のエネルギーが途絶える前に、筋肉が分解されて糖新生されます。
一般に、肝臓の糖が半分以下になると空腹を感じますが、それから8時間以上放置すると糖新生が起こります。
ですから、空腹時に運動しても、長時間でなければ筋肉が分解されることはありません。
以上のことを前提に、もう一度考察しなおしてみてください。そうすると、すべてが符合すると思います。

> 遅筋で使われる脂質は体中にいっぱいあるので不足することはないのでしょうか。

遅筋は血液中の脂肪酸を取り込んで燃やします。
血液中の脂肪は、濃度が低下すると、すい臓からグルカゴンというホルモンが分泌し、体内に無尽蔵に貯蔵されている脂肪を溶かしだすので、血液中の脂肪が不足することはありません。

褐色脂肪細胞は血中の脂肪酸を取り込んで産熱します。
白色脂肪細胞は中性脂肪を貯蔵します。

> 筋細胞のタンパク質が分解されて糖新生で作られた糖は速筋で使われるのですか?

空腹時に運動すると筋肉が分解されると言われます。
そうだとすると、速筋は自分が使うエネルギーを作るために、自分自身を分解することになり、自己矛盾に陥ってしまいます。あなたがこの疑問点に行きついたことは、当然だと思います。

糖新生で作られた糖は筋細胞が使うのではなく、脳が使います。
脳は人体で最も大切な臓器で、糖が途絶えると致命的なので、身体は筋肉を分解して糖を作り、脳に供給します。

脳の血管関門は...続きを読む

Q頭の酷使させた後に、疲弊し働かない頭を覿面に回復させるには

 ただいま受験勉強をしている最中なのですが、木曜日と金曜日は予備校での授業が多く酷く頭が疲れてしまいます。
 その為土曜日はほとんど頭が働かない状態になっています。
 元気は無くは無いのですが、機敏な思考の切り替えが出来ず布団に入って寝たりぼーっとしている状態が続きます(紅茶を作ったりご飯を食べたりなど単純作業はできます)。

 最近は食事や運動にも気をかけ、出来るだけ集中力や理解力を発揮できるように心がけてはいるのですが、あたまのもっさり感が取れず、考えたり理解したりしたいという意欲がわきません。
 何とかしてこの状況を打破しようとしばらく考えてみたのですが、残念ながらいかにして頭を回復させ明瞭な状態にもっていけるか、という答えが見出せませんでした。

 そこで何か智恵を拝借できればと相談しました。
 この状態を改善できそうな知識・知恵があればよろしくお願いします。

 追記などはしますので、この部分詳しく、という場合は言ってください。
/+-------------------- - - - - - -  -
そのもっさり感:記憶したい、ものを理解したい、計算したい、というような頭の中身を塗り替えるような作業に手をつけるのが億劫な感じです。

 ただいま受験勉強をしている最中なのですが、木曜日と金曜日は予備校での授業が多く酷く頭が疲れてしまいます。
 その為土曜日はほとんど頭が働かない状態になっています。
 元気は無くは無いのですが、機敏な思考の切り替えが出来ず布団に入って寝たりぼーっとしている状態が続きます(紅茶を作ったりご飯を食べたりなど単純作業はできます)。

 最近は食事や運動にも気をかけ、出来るだけ集中力や理解力を発揮できるように心がけてはいるのですが、あたまのもっさり感が取れず、考えたり理解したりし...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
受験勉強、大変ですね。

ところで、睡眠はきちんと取っていますか?
睡眠が不足すると、思考力が低下するらしいですよ。(確かに、私にもそんな経験が....)

予備校の曜日を変えることはできないのでしょうか?
それがダメなら、土曜日は“脳の休養日”と考えてゆっくりしてはどうでしょうか?

後、脳の栄養は糖分だけだそうですので、木曜・金曜は予備校が終わったら、甘い物を食べてみて下さい。

勉強、がんばって下さい!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報