最新閲覧日:

極度のあがり症で、わずか10人ほどの職場での朝礼での一言ですら緊張してしまい、何を言ってるのかわからなくなります。先日は大勢の前で決意表明をしたのですが、足はガクガク、手はプルプル、手に持ってる用紙はカサカサと最悪な発表でした。人前にでても緊張しない方法はないですかね?緊張を克服されたかたアドバイスいただけませんか?

質問者からの補足コメント

  • 回答ありがとうございます。慣れだとよく言われますが、朝礼での一言スピーチも何年もやってるのに、いまだにまったくなれません。文章力もなく質問の内容も発表の内容もまとまりがないので恥ずかしく、それで余計に緊張してるのもあると思います。人前で堂々と話せるようになりたいです…

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/02/20 18:10

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

これが言いたい!と強く思うことではないでしょうか。


人間、正解なのか何なのかよく分からないことを言う時って
自信がないから張りのない小声になります。
言いたい事があれば、それが正しいと分かってる事なら
伝わって欲しいから、はっきりじっくり大きな声を出せるのかも知れません。
慣れとかじゃなくて言いたいかどうか ね。

定期的に何かを発表するような職場に勤めた事はないのですが、
ピアノを習っておりまして、年に1度発表会がありまして
その時の曲が好きでたくさん練習して、本番では力まかせに弾いたものです。

良い曲だと思ってるから、良い曲なのだと伝えたくて、
だからきちんと弾きたくて、だからたくさん練習して美しく弾きたい と。

指も口も正直者で、自分が良いと思ってなかったら動かないと思うのです。
というわけで、発表する内容の見直しをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

力強いお言葉、本当にありがとうございました

お礼日時:2016/02/20 22:14

私は、社内プレゼンなどでも人前に出ると脈拍が以上に早くなり、息苦しくなり普段の様に呼吸できなくなっていました。


その為あらかじめ準備していたにもかかわらず、思った様に自分の意見も言えず悩んでいました。
どなたかのブログからたどり着いた、こちらのあがり症プログラムに通い、今では人並み以上話せるようになったと自信を持っています。
http://www.mind-artist.com/kotodama/tag/agari.html

薬などでは治らず、根本的な潜在意識のトラブルから解決ければ難しいと思います。
今では人前でも交感神経の暴走もおさまり、動悸も手汗もおさまりました。
    • good
    • 0

まずは緊張は誰でもすることだと認識することです。

誰でも人前に立てば数人でも緊張します。
私もあがり症ですが、極度と言うほどではありません。
自分なりに本やネットで調べたことがある程度なので参考までに読んで下さい。

緊張すると視野が狭くなり、周りが見えなくなりますよね。まずは自分の立ち位置を確認すること!
周りを見回して自分の空間をしっかりと確保して大丈夫だと自分に言い聞かせること。
天井を見上げたり、大きく深呼吸をするなど自分なりの緊張緩和のルーティーンを作ること!

緊張するということは体が本能的に拒否反応を起こし命の不安を感じているらしいです。
緊張は誰でもするもの!恥をかいても命まで取られないと思う訓練をすること。

緊張する人は副交感神経の高ぶりが多いらしいですので日頃から抑える効果がある大豆イソフラボン
(豆乳など)を無理しないくらいに習慣的に摂取すること。

ドラッグストアなので緊張やイライラを緩和するドリンク(全薬工業 アルパノールなど)を
朝礼や会社の行事前に飲むなど工夫は色々とできると思います。

私の勝手な解釈ですが、緊張するということはそれだけ真摯に仕事に取り組んでいる証拠!
何も恥じる事はありません。私にも同じようなところがあるのでシンパシーを感じました。

何事も日々の訓練です。お仕事頑張って下さい!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。どこの誰だかわからない私のために真剣にお答えくださり本当に嬉しく思いましたし、少し勇気を頂けたような気持ちになりました!本当にありがとうございました

お礼日時:2016/02/20 22:17

そういうときは、発表30分前にβブロッカー(インデラル、メインテートなど)を飲むといいです。

心臓のバクバクが抑えられます。内科医からもらえます。
    • good
    • 0

大勢の人を目の前にするのを仕事とする人達は、最初は自律訓練法で鍛えたりする様です。


医師も薦めています。

「自律訓練法」で検索して下さい。7つの公式から成っています。
    • good
    • 0

慣れだと思います。


場数を踏めば、緊張しなくなると思います。

たとえば、最初は、毎朝、大きな声で「おはようございます」というだけでも良いと思います。
そして、社内の知らない人やはじめての人などにも、積極的に挨拶していけば、どおでしょう。

その次は、会議の席などで、積極的に話す。
意見の主張、疑問点の投げかけ等、なんでも良いので、人前で話す。

こうやって、少しずつ場慣れしていけば良いと思います。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこんな朝礼って普通でしょうか?

私の所では、月曜にこんな朝礼をします。
応接室に集まるが、机・椅子は一切ないところに皆立ったまま、週間予定を上司が話します。資料を配ったりもせず口頭のみの早口で予定を話し、それを机もないところで立ったままメモしていかなければなりません。こういうの、普通でしょうか?

Aベストアンサー

そういうところありそうだなあ・・というのが正直な感想です。
メモ必要な側としては不便なのでしょうが。

そういう時はボイスレコーダーなどの活用をお薦めします。あとから何度でも聞き返せます。
メモしてないと怒られる、気まずい、ならばとれるところだけメモとっておけばいいと思います。

Q人前で緊張しない方法

会社員です。
仕事柄、人前でプレゼンなどするのですが、
いつも緊張してしまい自分の言いたいことが伝わっていない気がします。

同僚や上司など、緊張する必要のない間柄でも
緊張してしまいます。

何か方法やコツなどありませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>いつも緊張してしまい自分の言いたいことが伝わっていない気がします。

緊張は、どなたでもされています。
そのことが、「仕事モードに切り替えるための程よい緊張」と「失敗するのが怖くて、ガクガクふるえてしまう緊張」とに分けられるだけです。もちろん、厳密には分けきれませんが・・・


「程よい緊張」に持っていくのには、私の知る限り、4つの方法があります。

一つ目は、質疑応答時に備えて、徹底的に調査をすること。
御自身のプレゼン資料と、それに関する事項の理解度・習熟度が、同程度では、自信をもってプレゼンはできません。あくまで、私の経験ですが、プレゼン資料の20倍くらいの背景知識や因果関係等々を知らないと、説得力のあるプレゼンはできません。自信がついていない知識を、他人に話すときは、どうしても声が小さくなりますし、説得力のある話し方はできません。

二つ目は、リハーサルを徹底的にやることです。
今は、スマホでムービーも取れますし、音声録音をもできます。プレゼンの直前には、本番と同じように、声を出して、さらに、身振り手振りを加えて、「本番と同じように、口と体を動かしてください」。そして、録画・録音をしたプレゼンを見直してください。私もそうでしたが、「自分で自分のプレゼンを見る」と、周囲からの評判が良くても、自分自身が、自分のプレゼン力の未熟さに打ちのめされて、「プレゼンの練習をしよう」という気持ちが湧いてきます。実際に、私は、空いている会議室や建物の屋上で、作成したプレゼン資料を片手に、「声を出して、身振り手振りをしながら、プレゼンの練習」をするようになりました。

三つ目は、プレゼンの冒頭で、「私は、あがっていますが、誠意をもって、プレゼンさせていただきます」と「あがっていること」を吐露・発言することです。

たまたま偶然、テレビで見たのですが、お笑いコンビ「カラテカ」の矢部さんで、極度の緊張状態の中、プレゼンをする設定で、脈拍・心拍数等をはかる実験がありました。
驚くべきことに「私は緊張しています」と冒頭で話した途端に、緊張度の高さを表す(医学的)指標が全て下がったのです。ありのままの自分をさらけ出すと、「間違ってはいけない」という思い込みから開放されるのが、主たる原因ではないかと、実験に協力していた医師が、話していた記憶があります。

四つ目は、プレゼンの資料を、同僚・上司に、事前にチェックしてもらうことです。
会議の前に、会議の資料を見せては、二度手間で他人の時間を邪魔することになるので、程度の問題があります。しかし、客観的にチェックしてもらえることは、一番目や二番目に通じますが、完璧に限りなく近い資料を作れますから、それをなぞることで、プレゼンを理路整然と進めることに、大いに役立ちます。第三者のチェックを仰ぎましょう。

以上の四つが、ほとんどの人に通用する、「程よい緊張」への移行術だと思います。


残りは私が、やったことです。
誰にでも、通じるものではないので、もしも・万が一、使えそうならば使ってみてください。

・資料が、複数のタイプに分かれる時は、色の違う付箋を予め貼っておく。
例えば、資料A・資料B・資料Cに別れている時は、Aに赤付箋・Bに青付箋・Cに黄色付箋を、貼っておきます。そして、会議の途中で、「ここまで、赤付箋の資料でしたが、次は青付箋の資料の話になります」と話せば、資料ごとの大見出しを見なくても、スムーズに必要な資料を選んでくれるので、会議・プレゼンの進行がスムーズに行きます。


・できるだけ数字に関するプレゼンでは、エクセルでグラフを作る。
当たり前のことですが、数字は、数字そのもののだけでは、理解しがたいです。時間的な流れが、重要なデータには、折れ線グラフ。部門・担当者ごとの数字の違いを確認するには、ヒストグラム(柱上図)。割合・比が重要ならば、円グラフ(パイチャート)等々です。


・会議の途中では、ホワイトボードやパワポ映し出しているスクリーンではなく、聴き手を観るふりをする。

当たり前ですが、会議の参加者に背中を見せていては、自分の声が、直接、会議の参加者に届きにくくなります。会議の参加者を見るふりをして、「左前方手前→左奥→会議室中央最後尾→右奥→右前方手前」順に、壁や柱を見ていけば、「正々堂々とした振る舞い」と勘違いしてもらえます。こういう細かいテクニックでも、話し手の言うことを信頼してもらうのに、役立ちます。

・資料のページをめくるタイミングに、「一言」添える。
例えば、「次は、4ページの話になります、めくってください」は使いませんでした。「ここまでは、今年度の予算に関する話でしたが、4ページ目は、新年度の予算案の話になります。ページをめくって、4ページから、お話しします」等です。話し言葉が、冗長になる欠点を有していますが、資料の内容を把握している人間だと勘違いしてくれて、話の説得力が増します。

以上です。少しでも参考なれば、幸いです。

>いつも緊張してしまい自分の言いたいことが伝わっていない気がします。

緊張は、どなたでもされています。
そのことが、「仕事モードに切り替えるための程よい緊張」と「失敗するのが怖くて、ガクガクふるえてしまう緊張」とに分けられるだけです。もちろん、厳密には分けきれませんが・・・


「程よい緊張」に持っていくのには、私の知る限り、4つの方法があります。

一つ目は、質疑応答時に備えて、徹底的に調査をすること。
御自身のプレゼン資料と、それに関する事項の理解度・習熟度が、同程度では、自...続きを読む

Q製品手加工から営業事務へ

入社7年になる43歳女です。
金型の検査測定→手加工、磨き仕上げ(小さい)をやっていますが、1ヶ月前から暇な時は営業事務の仕事を手伝うよう言われました。実際は来年2月から産休に入る人の代わりと判明しました。

製造事務は高卒で3年してましたが、お金に関する事やお客様との直接取引は一切係ありませんでした。
しかし営業事務はお金絡みが多く、しかも多数の会社と取引があるため、かなり混乱しています。

仕事量もかなり多く、代わりにやっていけるか不安です。
もう一人女性いますが、パートさんなので最後の発送と売上入力は私がやらないといけないようです。

未経験の私にやらせるのもどうかと思いますが、この際転職できるまでになるよう頑張るつもりです。

そこで、似たような経験した方おりましたら、アドバイス等下さり。

Aベストアンサー

こんにちは

そういう事故のよなことって結構ありますよね
当の本人は最後まで知らされていないというような

とりあえずやってみるですよ
なんでも経験です
わからなかったり
失敗しても何とかなる、の根性とか神経で
大丈夫です

頑張っているな、って誰かが気が付いてくれるよ。って
家族に言われます

そんな私も経理新人です
嫌なものを回された感じですよ
事故のようなものです

Q手を抜いていた

新卒で働いて5年目にして、やっとですが、自分が仕事で手を抜いていることに気がつきました。

小さな疑問を潰さずに来てしまいました。
今更上司に初歩的な質問をするわけにもいかず・・・このまま、後輩に引き継ぐとなると、うまく教えられない、いい加減な先輩になってしまうと思います。

どうか、上司に頭を下げる以外で、初歩的なことを知る方法はないでしょうか。
本当に反省しています。

Aベストアンサー

「聞くは一瞬の恥、聞かぬは一生の恥」といいます。

上司以外に聞く相手がいないなら、
頭下げて聞くのがベストです。

気付いて良かったですね。

それすら気が付かない人はいっぱいいますから。

Qバス・タクシーの運転手の健康管理について

健康管理システム開発者です。
バス・タクシーの運転手の方々の運転前の健康チェックはどのような項目があるのでしょうか?
体温・血圧・あるいはストレスやアルコール濃度などもチェックされると良いのでしょうか?
皆様のお役にたつシステム開発するよう検討したくご回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

国土交通省自動車局作成の
事業用自動車の運転者の健康管理マニュアル を引用します。
http://wwwtb.mlit.go.jp/tohoku/jg/manual_kenkoukannri.pdf


引用ここから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【点呼時の確認手順】
○ 運転者を指定した至近距離(立ち位置を足型等で明示)において、
イに該当するものがないかを確認する。
○ その際、運転者の顔色、声色等運転者自身の様子を併せて確認す
ることにより、運転者の健康状態を確認する。
※ 健康状態が悪いと声に兆候が現れやすいため、必ず運転者に声を出させる。
【点呼時における乗務中止の判断目安】
<脳・心臓疾患に係る前兆や自覚症状のうち特に対応の急を要するもの>
以下のいずれかの事項に該当する場合、直ちに乗務中止し、医師の診断等を
受診させる必要がある。
○ 左胸、左肩から背中にかけて、痛みや圧迫感、締め付けられる感
じがある
○ 息切れ、呼吸がしにくい
○ 脈が飛ぶ、胸部の不快感、動悸、めまいなどがある
○ 片方の手足、顔半分の麻痺、しびれを感じる
○ 言語の障害が生じる
○ 片方の目が見えない、物が二つに見える、視野の半分が欠けるな
どの知覚の障害が生じる
○ 強い頭痛があるか
<平時での状態との比較など総合的に乗務可否を判断するもの>
以下の事項について該当する場合、症状の程度等を勘案し、乗務中止を行う
必要がある。
○ 熱はないか
○ 疲れを感じないか
○ 気分が悪くないか
○ 腹痛、吐き気、下痢などないか
○ 眠気を感じないか
○ 怪我などで痛みを我慢していないか
○ 運転上悪影響を及ぼす薬を服用していないか
※ 疾病のみならず、痛みの伴う怪我が原因で運転者が運転中に注意散漫にな
る場合についても、十分に留意する必要がある。
特に、以下のような機器を活用して測定した数値が、平時での状態と比較し
悪化している場合には、注意が必要である。
・ 携帯型自動血圧計
・ 携帯型血糖値計
・ 携帯型心電計
・ 睡眠計
・ 体温計 等
(機器の詳細については、後述の4.を参照)
【運転者の特記事項の引継ぎ】
運行管理者が各運転者について気付いた特記事項について運行管
理者間で引継ぎを行い、運転者の健康状態の異常を察知しやすくす
るように努める。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用ここまで

もちろん前後も合わせて読む必要があります。

なんせ国土交通省作成なんで、この通りの内容がチェックできればいいのではないでしょうか。

国土交通省自動車局作成の
事業用自動車の運転者の健康管理マニュアル を引用します。
http://wwwtb.mlit.go.jp/tohoku/jg/manual_kenkoukannri.pdf


引用ここから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【点呼時の確認手順】
○ 運転者を指定した至近距離(立ち位置を足型等で明示)において、
イに該当するものがないかを確認する。
○ その際、運転者の顔色、声色等運転者自身の様子を併せて確認す
ることにより、運転者の健康状態を確認する。
※ 健康状態が悪いと声に兆候が現れやすいため、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報