かなり変な質問だとは思いますが、よろしくお願いします。

手元にステンレス用の溶接棒(SUS304用orライムチタニア系用)のみが手元にあり、
媒体は鉄です。(詳細は一切不明)
自分は一応溶接経験あります。


鉄×鉄(二つとも同じ素材)と上記の溶接棒でアーク溶接しようと思うのですが、どうでしょうか?

もし可能ならば鉄用の溶接棒買うのももったいないので、
この条件でしたいと思っております。

経験の豊富な方、アドバイスよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

鉄(Iron)ではなく鋼(steel)だと思います。


 鋼とは鉄の合金で、多くは炭素との合金で単に鋼と言った場合炭素鋼を示す。
鉄の組成がわからないと回答できません。
 鉄の融点は1770℃ですからステンレス溶接棒では溶接できない。
 鋼の場合、鋳鉄でしたら1130℃とか、炭素鋼でしたら1400℃前後だったり

ロウ付けにしろ電気溶接にしろ、接合部は合金相で連続していないとなりません。
化学で金属結合を学ばれたと思いますが、金属結合は自由電子を「つなぎ」にして金属原子がまとめられているもので、他の結合と異なり合金を作ることとありましたね。
 接合部近傍では双方の金属が溶け合って合金相をつくっている。そうでないと「半田の芋付け」のように接合できない。逆にスパッタ―がステンレスに飛び散るとそこにくっついてしまう。
 ステンレスのロウ材は融点が低いために簡単に溶融しますが、鉄の融点が高いと溶けあうことができずに溶接にはなりません。また、たとえついたにしても、イオン化傾向・・借り返そうまあ当てにするな・・KCaNaMaALZnFeNiSnPb・・のために電解質を溶かしこんだ水が付着すると電池を形成して、この場合鉄の腐食が急激に進みます。いわゆる電食

 いくつかの理由で、できるかできないかは炭素鋼の種類次第。できたとしても不良接着ないし腐食の原因となる。
>自分は一応溶接経験あります。
 なら、必ず同じ組成の溶接棒でないとならないのはご存知なのでは??SUS304--18-8のオーステナイトステンレス用は、403系にも使えませんでしたよね。同じ理由で・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました

詳細まで書いていただけて助かります^^
なんとかのみこめました

お礼日時:2016/03/09 19:12
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとう御座います。

リンクを貼っていただいた記事は読みました。

自分は詳しくないもので、
果たして上手くいくのか・・・肝心のそこがわからず
質問した次第でございます。

お力添えありがとうございます^^

お礼日時:2016/03/07 18:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q被覆アーク溶接とセルフシールドアーク溶接の違いは?

被覆アーク溶接とセルフシールドアーク溶接の違いって何ですか?両方ともフラックスを気化させて、シールドガスを作っているようですが。

Aベストアンサー

アーク溶接では溶接品質の確保のため大気中の窒素や酸素などが溶接部に浸入するのを防がなければなりません。
大雑把に言うと、「セルフシールド」は語義からいうと溶接材料(棒・ワイヤー)から自己的にガスを発生させ、溶接部の周囲を溶接に適した雰囲気で覆う、ということです。
言葉の意味だけでは両者とも同じことを指しているように見えますが、実際は違います。

「セルフシールドアーク溶接」は普通、フラックス入りワイヤーを用い、炭酸ガスのようなシールドガスを使用しない溶接を言います。いわゆる「ノンガス」ですね。
産業用途ではシールドガスを使った溶接にフラックス入りワイヤーを使うことも多いですが、これはシールドガスを使うフラックス入りワイヤーで別のものです。

「被覆アーク溶接」は被覆のついた溶接棒を用いる溶接法で俗に「手棒」とか「手溶接」と呼ばれるものです。

Q建設現場などでみかける足場用などの 鉄(鉄鋼?)の棒を半分に切りたいのですが

100均で購入した金属ノコギリでは刃が立たず。

現在は 塩水を染み込ませたタオルで巻き、
サランラップで包んで長期間放置しておく方法を検討中なのですが・・・(´;ω;`)


どうにか手近な方法で
  切る・折ることはできないでしょうか?

 切断面側は土に挿さる予定なので、どんな状態になっても構いません。

どなたか分かる方がいましたら アドバイスおねがいいたします

Aベストアンサー

ホームセンターに持ち込んで、カットしてもらうか、道具を貸してもらうと良いでしょう。

https://www.kahma.co.jp/service_top/electric_tool

Qアーク溶接がうまくいかない

この間、アーク溶接機を買ってきました。
アークボーイジュニアです。5千円でした。
http://www.ikuratools.com/seihinsyoukai/arkboy.htm
DIYで、ちょっと鉄をくっつける程度なら、大丈夫だろうと思って買いました。
いちおう、溶接に関する基本的な知識はネットで調べたり、本で調べたりして、
溶接に臨みました。
最初は、溶接棒が、母材にくっついてしまって、うまくいきませんでしたが、
そのうち、アークを連続して発生させることができるようになり、
素人の範囲で、うまくできるようになったつもりでした。

それから数日後、この間、溶接した部分の少し上に、
同じ鉄の棒を、同じ要領でくっつける作業をしました。
最初は順調だったのですが、数本、鉄を付けた途中で、
さっぱり、溶接ができなくなりました。
アークが連続して発生しないのです。
母材に溶接棒を突っついて、試行錯誤していると、
すぐに母材に溶接棒がくっついてしまい、ショートして、
溶接機のブレーカー(安全装置)が落ちるのです。
電源スイッチを切り、数秒待って、また作業を始めても、
やっぱりアークが連続せず、母材にくっつき、ブレーカーが落ちる。
それの繰り返しで、そこから全く溶接が進みませんでした。

使用率を越えたのが原因かと思ったので、その日の作業はやめて、
後日、やってみたのですが、
今度は最初から、できませんでした。
やっぱり、アークが連続しないのです。

取扱説明書を見ると、くっつく原因として、
「電源電圧が足りない。」「溶接棒が太すぎる」「低電圧用の溶接棒ではない。」
「アークの感覚がつかめていない。」
と書いてありましたが、
電源は、分電盤からすぐの所で、溶接機のみに使用し、
溶接棒も、φ1.6を使い、低電圧用のものです。
いったい、何か原因でできないんでしょうか?
それとも、アークの感覚がつかめていないせいでしょうか?

この間、アーク溶接機を買ってきました。
アークボーイジュニアです。5千円でした。
http://www.ikuratools.com/seihinsyoukai/arkboy.htm
DIYで、ちょっと鉄をくっつける程度なら、大丈夫だろうと思って買いました。
いちおう、溶接に関する基本的な知識はネットで調べたり、本で調べたりして、
溶接に臨みました。
最初は、溶接棒が、母材にくっついてしまって、うまくいきませんでしたが、
そのうち、アークを連続して発生させることができるようになり、
素人の範囲で、うまくできるようになったつも...続きを読む

Aベストアンサー

車両整備に従事し、溶接技能者としても勤務しています。

熔接機の能力不足もしくは、過負荷作業と思われます。
質問の製品の定格ですが、容量40Aで使用棒が1.6mm
使用率5%となっています。

1.6mm棒で40Aの溶け込み厚は約1.6mmとなり、10mm
は無理です。2.6mm棒に80A程度必要になります。
使用率5パーセントですが、電源を投入している運転時間に
対する熔接作業時間を示しています。
運転時間を60分として、その中で3分熔接が出来るという事
です。限界に達するとブレーカが落ちるのでしょう。

アークがうまく発生せずに棒がくっつくと、短絡状態となって
過大電流が流れます。

最初はうまく出来たようですが、能力からして溶け込み不足で
充分な強度が出ていないかも知れません。
薄物専用の機種ですのでやはり役者不足の感があります。

熔接機は、大は小を兼ねる傾向がありますので、余裕のある
機種選択がよろしいかと。
せっかく入手した熔接機ですが、能力の限界は残念ながら、
どうにもなりません。
知り合いに熔接の職人さんがいれば適切なアドバイスが得られた
でしょう。

私は150Aのエンジンウェルダー(発動式熔接機)を所有して
いますが、3.2mm棒が使え個人的な使用では、充分な能力を
発揮できております。
今後も熔接に興味を持って取り組むのでしたら、もう少し容量の
大きな物を入手された方が良いでしょう

100V仕様では100A位が市販品の限界となります。
200V仕様だと150Aくらいの物がありますが、入力が
30A程度になりますので、契約アンペアによっては少々苦しい
かも知れません。

エンジンウェルダーの利点は移動可能なこと、防音仕様でも
夜間の作業は気が引けます。価格も高価ですが。

熔接のコツですが、ありません。
他の回答にありますが、これはコツと言うよりも基本的な
手順になります。
熔接は職人の領域とも言える作業で、説明だけで簡単に
できるものでもありません。
14年ほどやっていますが、改心の出来ばえと言えるものは
あまり多くありません。

最後に、熔接姿勢による難易度ですが、下向き<立て向き
<横向き<上向きとなります。
この向きとは運棒の向きになります。

下向き →母材を見下ろす姿勢の作業
立て向き→壁や柱のような垂直に立った母材に対し上下方向
     に運棒
横向き →垂直の壁や板状母材に対し水平方向の運棒
上向き →棒の先端を上に向け母材を見上げるようにして
     作業

適切な電流調整と姿勢に応じた適切なアークの維持が決めて
となります。横向き、立て向き、上向きでは電流が強すぎると
母材が解けて流れ落ち見栄えが悪く、強度も低下します。

車両整備に従事し、溶接技能者としても勤務しています。

熔接機の能力不足もしくは、過負荷作業と思われます。
質問の製品の定格ですが、容量40Aで使用棒が1.6mm
使用率5%となっています。

1.6mm棒で40Aの溶け込み厚は約1.6mmとなり、10mm
は無理です。2.6mm棒に80A程度必要になります。
使用率5パーセントですが、電源を投入している運転時間に
対する熔接作業時間を示しています。
運転時間を60分として、その中で3分熔接が出来るという事
です。限界に達するとブレーカ...続きを読む

Qアーク溶接の電源について

中古でイ○ラ精機のIS-H150Wという機種を購入しました。
動作確認の為に家庭用コンセントにつないで試したところ、一応アークは出ました。

そこで3ミリ程の鉄板を付き合わせ溶接したいのですが
普通の家庭のコンセントでは足りないかと思うのですが
(1)ブレーカーからとるには?(100Vだと思います)
(2)職場の動力三相200Vで使う方法はありますか?
  
(3)初歩的な事なんですが、ケーブルの取り付けは「U」がアースで「V」がホルダーで合ってますか?

一応、昔にアーク溶接の講習は受けたのですが実務は無く、素人同然です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

職場の動力が低圧で引き込まれている場合、三相の電源に単相の機器を接続して使用する事は、規約違反となります。

高圧で引き込まれている場合は規約違反とはなりません。
違反とはなりませんが、電溶器を接続した系統の別の負荷に悪影響を及ぼす可能性が有ります。

自分の経験では、工事電場(高圧引き込み)などでは、電溶器を多数使用しますが、他の負荷に影響を与えた事を聞いた事がありません。
同じ系統(トランス)にパソコンも使用していましたが、特に問題ありませんでした。
精密な工作機械などを使用している場合は、注意が必要かもしれません。

Qアーク溶接について疑問!ですが・・・

アーク溶接について疑問!ですが・・・
軽トラックにちょっとした鋼材を溶接したのですが
その時にちょっと疑問に思ったことがあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
トラックのエンジンをかけたままで溶接すると、どうなるのでしょうか?
バッテリーが大爆発してしまうのでしょうか?

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

仕事でよくやっています。
あまり安易に考えると失敗するおそれがありますので注意しましょう。
恥ずかしながら過去に・・バッテリーを爆発させた経験、配線が燃えた経験、あります・・・

まず、アースは必ず、いや、絶対に溶接の直近にとりましょう。
溶接する部材にとるといいです、車体に電気が流れません。
車体にアースする場合は塗装などがない、確実にアースがきくようにします。
アースの場所と溶接ヶ所の間に電気が流れるわけですから、考えてみればわかりますね。
電気は、通電が楽な場所に流れてしまいますので、アースがはなれていると、万が一ですが、車の電気回路に溶接電流が流れてしまい、最悪、車の配線、コンピューターなどが壊れます。
古い車で、配線が弱っている場合などは要注意のようです。
車両メーカーに聞くと、電装品をはずしてやってくれ、と言われました・・面倒なんでしませんが。
もちろん、エンジンは必ず切っておきます。

バッテリーが爆発するのは、充電中に可燃性のガスが出ているからです。
エンジンを切れば充電されないので、切ってからしばらく時間を見てやります。
特に、バッテリーの近くに溶接する場合が要注意です。
私は、エンジンをつけたまま、バッテリー付近を溶接していてやってしまいました。
(客が、ほんのチョッと・・というもんで、つい安易に・・)
爆発と言っても、「ボン」といって、破裂するので、大爆発、とはなりませんでしたが。

車の溶接は、くれぐれも、ご注意ください。

仕事でよくやっています。
あまり安易に考えると失敗するおそれがありますので注意しましょう。
恥ずかしながら過去に・・バッテリーを爆発させた経験、配線が燃えた経験、あります・・・

まず、アースは必ず、いや、絶対に溶接の直近にとりましょう。
溶接する部材にとるといいです、車体に電気が流れません。
車体にアースする場合は塗装などがない、確実にアースがきくようにします。
アースの場所と溶接ヶ所の間に電気が流れるわけですから、考えてみればわかりますね。
電気は、通電が楽な場所に流れてしま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報