一般にm回微分可能でも(d^m/dx^m)f(x)は連続ではないそうですが(本で読みました。)
f(x)が微分可能で、導関数f'(x)が連続でないような関数f(x)の例を教えてください。

傾きが不連続(導関数f'(x)が不連続)なのに滑らか(微分可能)ってのがどうもイメージできないので。

A 回答 (4件)

oodaiko先生とだぶってしまったので補足します。


(私が書き始めたときは回答者数0だったもので・・・)

f '(x)=2x sin(1/x)-cos(1/x) がx=0で連続でないことを示します。
すなわち、
lim(x→0) f '(x) が存在しないことを示します。
「lim(x→0) f '(x) が存在するならば
0に収束する任意の数列An,Bnについて
lim(n→∞) f '(An)=lim(n→∞) f '(Bn)
が成り立つ。」
という定理があったことを思い出してください。
An=1/(2nπ)、Bn=1/(2nπ+π/2) としますと
lim(n→∞) f '(An)=lim(n→∞) {1/(nπ) sin(2nπ)-cos(2nπ)}
 =lim(n→∞) (-1)=-1
lim(n→∞) f '(Bn)
 =lim(n→∞) {2/(2nπ+π/2) sin(2nπ+π/2)-cos(2nπ+π/2)}
 =lim(n→∞) (2/(2nπ+π/2))=0
よって、lim(n→∞) f '(An)≠lim(n→∞) f '(Bn)
「 」の定理の対偶を考えると、
lim(x→0) f '(x) が存在しない
ことが分かりますね。

ところでoodaiko先生に質問したいのですが。

>lim_{x→0} ( 2x sin (1/x) - cos (1/x))
>= lim_{x→0} 2x sin (1/x) - lim_{x→0} cos (1/x)

の部分です。
lim(f(x)+g(x))=lim f(x)+lim g(x)
が成り立つのは
lim f(x)、lim g(x)がそれぞれ存在するとき
ですよね。でもlim_{x→0} cos (1/x) は存在しない・・・
実は私が読んでいた本でもoodaiko先生のように証明しているんです。
何か特殊な事情でもあって、この場合は例外的に
lim(f(x)+g(x))=lim f(x)+lim g(x)
が成り立っているのでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、振動しちゃう時はその一部のみの値を取る数列を考えればいいんですね。
いつもながら勉強になります。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/19 17:20

あちゃー。

又やっちゃいました。どうも急いで書くとろくなことがない。

shushouさん<
>im(f(x)+g(x))=lim f(x)+lim g(x)
>が成り立つのは lim f(x)、lim g(x)
>がそれぞれ存在するときですよね。
おっしゃる通りです。

今の場合fに関してはlimが存在するが、gに関してはlimが存在しないのでしたから
lim (f(x)+g(x)) = lim f(x) + lim g(x)
などどは言えませんね。
そもそも極限が存在しないのならこの式は意味がない。
そこで極限が存在しないことを言うには
shushouさんのような方法で示すしかない。

shushouさんの読まれた本の筆者も私と同様の慌て者だと思います。
どうも失礼しました。m(_ _)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどねー。shushouさんがあれだけかけてlim(x→0) f '(x) が存在しないことを示されたのにはそう言う背景があったんですか。

> shushouさん
いつもの事ながら検算&理解に時間がかかりますのでご返事は今しばらくお待ち下さい。

お礼日時:2001/06/19 12:16

代表的で(数学科の人には)有名な例を。


f(x)=x^2 sin(1/x)  (xが0以外)
f(0)=0
とします。
するとf(x)は微分可能ですが、
f '(x)=2x sin(1/x)-cos(1/x)
は、x=0で連続ではなくなります。
    • good
    • 4

それじゃ


f(x)=x^2 sin (1/x)
などいかがでしょうか。
|sin (1/x)|<1ですから
f(0)=0となることはよろしいですね。
またx≠0なら通常の方法で微分可能ですね。すなわち
f'(x)=2x sin (1/x) - cos (1/x)
となります。
x=0の時は微分の定義に戻って
f'(0) = lim_{x→0} ( f(x) - f(0))/ x = lim_{x→0} ( x^2 sin (1/x) )/ x
= lim_{x→0} x sin (1/x)=0
となります。すなわちfはすべての点で微分可能です。
しかし
lim_{x→0} f'(x)=lim_{x→0} ( 2x sin (1/x) - cos (1/x))
= lim_{x→0} 2x sin (1/x) - lim_{x→0} cos (1/x)
で、最後の式の第1項は0ですが第2項は不確定なのでf'(x)は0で不連続です。
(f'(x)が0で連続であると言うのはlim_{x→0} f'(x)=f'(0)となるということでしたね。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> |sin (1/x)|<1ですから
> f(0)=0となることはよろしいですね。

1/x自体x≠0でしか定義できないので
f(x) = x^2 sin (1/x) (x≠0), f(0) = 0
と定義された関数と考えた方がいい気がしますが。
数学の世界ではいちいちそう言う七面倒くさい場合分けはしないんですか?

後は納得です。要は普通の関数じゃなく、ちみちみした所でぐちゃぐちゃした関数とか、
そういうまともじゃない関数じゃないとなかなかこれに当てはまる例はないという事ですね。

お礼日時:2001/06/19 12:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCQC

僕は昔格闘技をやっていたのですが、ずっと前にやめてしまいました。
その中で軍隊などが用いているCQC(クロースクォーターコンバット)の話が出てきたのですが、教えてはもらえませんでした。
そこでCQCを詳しく解説しているサイトはないでしょうか?
CQBではなくCQCをお願いします。

Aベストアンサー

アメリカでSWATの訓練指導および指導員養成を教えています。(詳しくは私のプロフィールを見てください)

>教えてはもらえませんでした。

日本の格闘技と呼ばれている分野でこれを教えてくれるところはまずないでしょうし、教えられる指導員はいないと言っても良いとお思います。 日本では自衛隊か特殊武装隊など限られた分野でやっと受身的に教えられる程度ではないかと思います。

更にこれほどの高度な特殊技術を解説できる、および、解説しようと思っているサイトはないとお思いますよ。 第3者から見た解説や「雑学」レベルの事は書かれているとは思います。

実戦を前提にしているわけですから、日本の格闘技「業界」では関心の的ではないですし、よって知識・経験・実力を高める機会もないわけです。 同じ事が自称武道にもいえる事です。 生死と言うものをまったく考えに入れていないでどうやって実戦を教える事が出来ると言うのでしょうか。 なんでもありを前提としない限り実戦訓練は始まりません。

比較的に狭い場所で、しかも道の場所に突入して、相手の存在さえ分からないまま自分の命を犠牲にさせないで目的を達成する、それも、非常に身近に時間内に、そして、チームワークとして自分の命を預けられるだけの信頼から成り立つこの実戦訓練法は実は日本の本当の意味での武道に直接つながっているものなのですね。 

と言うことで直接的な回答にはなりませんでしたが、SWATのCombative Instructorとしての立場から書かせてもらいました。 なぜ、これに関心があるのですか?

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてくださいね。

アメリカでSWATの訓練指導および指導員養成を教えています。(詳しくは私のプロフィールを見てください)

>教えてはもらえませんでした。

日本の格闘技と呼ばれている分野でこれを教えてくれるところはまずないでしょうし、教えられる指導員はいないと言っても良いとお思います。 日本では自衛隊か特殊武装隊など限られた分野でやっと受身的に教えられる程度ではないかと思います。

更にこれほどの高度な特殊技術を解説できる、および、解説しようと思っているサイトはないとお思いますよ。 第3者か...続きを読む

Qf(2x)=2f(x) の両辺を微分すると 2f'(2x)=2f'(x) となることの証明

f(2x)=2f(x) の両辺を微分するとどうなるか?
答えは 2f'(2x)=2f'(x) でした。なんとなくそうなることは
わかります。でも証明ができません。具体例を作って実験して
成功しても、成功例がひとつあることは証明にはなりませんよね?
どうやったら証明、あるいは納得できるでしょうか?

Aベストアンサー

導関数の定義式から
f(2x)の導関数
=lim[h→0]{f(2(x+h))-f(2x)}/h
=lim[h→0]{f(2x+2h)-f(2x)}/h
=lim[h→0] 2{f(2x+2h)-f(2x)}/2h
(2h=k とおくと)
=lim[k→0] 2{f(2x+k)-f(2x)}/k
=2f ' (2x)

QブラックホークのCQCホルスターに18禁エアコキのm92fは入りますか? また入ってもキツイなどはあ

ブラックホークのCQCホルスターに18禁エアコキのm92fは入りますか?
また入ってもキツイなどはありますか?
教えて下さいお願い致します

Aベストアンサー

No.2追加
熱を持つことがほぼ無く、耐熱、剛性はそれほど重要ではないエアガンのため、ボディ素材に
ポリマー樹脂等を採用することで価格を抑えた製品も有るようです。

Q関数方程式、微分方程式、f '(x)=f(2x)

ふと疑問に思ったのですが、
関数方程式とか微分方程式とかいうのか分かりませんが、

f '(x)=f(2x)

って解けるのでしょうか?

初期値などは適度に決めていただいていいです。
必要であれば、係数などを適度に変えてもらってもいいです。

Aベストアンサー

#4 です。切れぎれですみません。

最後は収束性ですが、
 Am = {2^s(m-1)/m!}*A0 > ただし、s(i) は整数 1~i の和
というのでは、原点以外で発散するのが明らかです。

やっと、#3 さんの結論にたどりつきました。
残っている領域に目を転じましょう。

 f'(x) = f(x)
は指数関数ですからたとえば、
 f'(x) = f(x/2)
ですかね。
チャレンジしてみてください。

QCQCホルスター

マルイのガスブロG17カスタムを持っています。CQCホルスターに興味があり、Amazonにて購入しました。
購入したもののすんなりと入りません、

そこで1つ質問があります。
1、G17カスタムの特徴であるサムレスト。これが邪魔になって入らないなんて事はありませんか?
どのようにしたらすんなり入るんですか。
購入した商品詳細リンク
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B005G127PY/ref=oh_details_o00_s0...

Aベストアンサー

この形状のものはご指摘のとおりサムレストが干渉して入りません。
あと、レビューにも出てますが横幅がどうも狭いようです。
これはマルイのものが多少オーバーサイズなせいですので
ホルスターが悪いわけではありません。

CQCホルスターはトリガーガード部分で固定しているホルスターなので
サムレスト干渉をバッサリ切り落とすと一応は使えるようになりますが、
切り落とした感の見栄えがイヤだとか、銃身が狭くて干渉が気になる場合は
実銃用でちょっと高いですが、これだといいみたいです。
http://item.rakuten.co.jp/digisto/410513bkr/?s-id=review_PC_il_item_03

Qexp{L[1]x+L[2]x^2/2+L[3]x^3/3+…}=F[1]+F[2]x+F[3]x^2+…

フィボナッチ数列F[n]は、
F[1]=1,F[2]=1,F[n+2]=F[n+1]+F[n]
で定義され、リュカ数列L[n]は、
L[1]=1,L[2]=3,L[n+2]=L[n+1]+L[n]
で定義されます。このとき、

exp{L[1]x+L[2]x^2/2+L[3]x^3/3+…}=F[1]+F[2]x+F[3]x^2+…

が成り立つそうなのですが、どうしてなのですか?

右辺は、フィボナッチ数列の母関数と似ていてなんとか求められるのですが、左辺をどうして求めていいかわかりません。

なお、式は
http://mathworld.wolfram.com/FibonacciNumber.html
の(68)を参照しました。

Aベストアンサー

↓ここに証明がありますね。
http://maths.dur.ac.uk/~dma0rcj/PED/fib.pdf
(2.7 A surprising sum を見てください。)

参考URL:http://maths.dur.ac.uk/~dma0rcj/PED/fib.pdf

Qリプシッツ連続と一様連続

リプシッツ連続と一様連続が(定義は分かるのですが)違いが良く分かりません。

リプシッツ連続ならば一様連続と本に書いてあったのですが、一様連続んらばリプシッツ連続、は成立しないのでしょうか。

Aベストアンサー

リプシッツ連続はx≠yとして|f(x)-f(y)|/|x-y|≦Lと変形てきます。
y→xのとき、これが何を意味しているかを#1さんの例の原点で考えれば違いが解るのではないでしょうか。

Q【問題】mを実数の定数とし,関数f(x)=-(x-m^2)^2-2m^

【問題】mを実数の定数とし,関数f(x)=-(x-m^2)^2-2m^2-m+4について,
(1)すべての実数xに対してf(x)≦0となるmの値の範囲を求めよ。
(2)mが(1)で求めた範囲に含まれないとき,2次不等式f(x)>0を解け。

(1)は(頂点のy座標)≧0で解けたのですが,(2)が分かりません^^;

どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

(2)
>(1) m≦(-1-√33)/4,(-1+√33)/4≦mとなりました。
(-1-√33)/4<m<(-1+√33)/4の範囲で2次不等式f(x)>0を解けば良い。
(-1-√33)/4<m<(-1+√33)/4の時
f(x)=-(x-m^2)^2-2m^2-m+4=0は次の2実数解を持つ。
 x=m^2±√(-2*m^2-m+4)
また、f(x)は上に凸の放物線なので
A#2に書いた通りです。
>f(x)=0の2つの実数解の間(境界は含まず)が答になります。

Q関数の連続性

f(θ)を[0,2π]上の連続関数として、f(0)=f(2π)とします。
fは閉区間で連続なのでその区間で一様連続です。

このときfはR上の周期2πの連続関数になるように拡張できますよね。
つまりfは[θ,θ+2π] (θ∈R)上の連続関数とできます。
このとき
fは各[θ,θ+2π] (θ∈R)で連続より、各[θ,θ+2π] (θ∈R)で一様連続。
つまりfはR上一様連続な関数である


この見解は合っていますでしょうか?
ご指摘等よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ああ、分かりました。

  「各[θ,θ+2π] (θ∈R)で一様連続。つまりfはR上一様連続な関数である」

の部分がまずいということですか。確かに

  「各[θ,θ+2π] (θ∈R)で一様連続」⇒ 「R上一様連続」

は正しくないですね。

きちんと一様連続の定義に従って証明するか、あるいは、ざくっと「一様連続関数の繰り返しなので」と言ってしまえば問題なかったかも知れません。

Q関数f(x)=2x^3+3px^+3px-3p^/2は、x=αで極大値f(α)を、x=βで極小値f(β)をとる。

関数f(x)=2x^3+3px^+3px-3p^/2は、x=αで極大値f(α)を、x=βで極小値f(β)をとる。ただし、pは実数とする。

という問題で、

1)pのとりうる値の範囲を求めよ。 A. p<0,2<p
2)f(α)+f(β)をpを用いて表せ。 A.f(α)+f(β)=p^3-6p^

まではできました。答えもあっているはずです。ですが、

3)2点(α,f(α)),(β,f(β))を結ぶ線分の中点の軌跡を求めよ。

という問題がどうしても解けません。
どなたかご教授下さい。お願いします。

Aベストアンサー

中点の軌跡の座標を (X , Y) とすると、
X = ( α + β ) / 2
Y = ( f(α) + f(β) ) / 2

α + β = - p
f(α) + f(β) = 問 2)より、

上 2 式から、p を消去すれば、軌跡の方程式が求まります。
また、問 1) の p の範囲から、x の範囲も考慮する必要があります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報