人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

アジレント社の次のサイト、
http://www.chem-agilent.com/contents.php?id=1001 …
「水素炎イオン化検出器 (FID) は、ガスクロマトグラフィで用いられる標準的な検出器です。ほぼすべての有機化合物を検出できます。得られるクロマトグラムのピーク面積は、サンプルに含まれる成分の量に相関します。FID はきわめて感度が高く、9 桁という広いダイナミックレンジを備えています。唯一の短所は、サンプル成分が破壊されるという点です。」
の、
「得られるクロマトグラムのピーク面積は、サンプルに含まれる成分の量に相関します。」
というところですが、このFID検出器の信号でいう「成分の量」とは、「分子の数」に比例する量なのか、「質量」に比例する量なのか、そこが今私にとって問題となっています。すなわち、「分子量の大きい物質、『重い』分子でできた物質だとピーク面積が大きくなる」のか、それともピーク面積は「分子の数」にのみ依存するのかが、大きな問題となっています。どうなのでしょうか。よろしくご教授頂きたく、お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

懐かしい質問で、正確な回答が出来るのが嬉しい。

FIDは物質の炭素を水素炎中でイオン化し
そのイオン・プラズマによる電流の大きさを正確に検出します。
ですから各物質の炭素数にほぼ比例するピークが得られます。私は必ず内部標準を使いましたが、
外部標準で満足する奴もいます。中にはピーク面積と注入サンプル量で分子量を決めようとする
乱暴な奴がいます。例外は後述します。
アジレントさんがおっしゃる様に、その感度はほとんど質量分析に匹敵する究極的な検出器で、
GCの簡易な検出器はこれしかありません、9桁というのは元素分析用超微量天秤より二桁も
大きな精度です。だが欠点があります。
1)アジレントが書いている様に、サンプルは燃えてしまうので、GC/MSとつなげない。
2)無機物は全く感知されない。もちろんこれは利点でもあり、水など無視されるので、
テーリングさえ無ければ、水溶液でも構わないのです。だが気体混合物などは全く無理で、
昔ながらの熱伝導率検出器(TCD・Thermo conductive detector)がまだ生きています。
3)分子内に酸素、硫黄を含むと感度が落ちます、簡単なのでベンゾキノンで試すとよく分かります。
二硫化炭素もダメ、前者はピークが非常に小さく後者は全く出ない。理由は水素炎は二酸化炭素や
炭素硫化物を炭素プラズマにする能力が無いのです。
結論として、
>「分子量の大きい物質、『重い』分子でできた物質だとピーク面積が大きくなる」
は正しいが、上記の様な例外があるので気を付けて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、誠にありがとうございます。回答がなかなかつきませんでしたので、削除されるかと思って印刷しておきましたが、徒労に終わりそうでほっとしています。

>各物質の炭素数にほぼ比例するピークが得られます。

>>「分子量の大きい物質、『重い』分子でできた物質だとピーク面積が大きくなる」
>は正しいが、上記の様な例外がある

これらから推測してみましたが、例えば、
「ヘキサン(C6)とドデカン(C12)を、「物質量基準で」1:1で混合したものを測定したら、FIDのピーク面積比は、1:2となる」
という仮説は、成り立ちますか?
まず、私の理解が正しいかどうかを、確認させてください。

ご覧であれば、今一度ご回答を、よろしくお願い致します。

お礼日時:2016/03/25 23:18

再度#1です、その場合非常に簡単か、無理か二つの可能性があります。


前回のお答えを書いているとき、「こいつは熱分析の分野じゃ無かろうか」と思いました。
ご存知の様に熱分析では温度をスキャンし雰囲気を酸素存在下にするか不活性雰囲気にするかで
分解のみと燃焼とさらに熱の収支が測定できます。さらに生じた気体成分を質量分析して初めの
試料の構造を推定します、自分でやったことはありませんが、同僚が行っていましたので、
かなり良く知っておりますし、助言もしました。
パイロらイザからのGC・FIDの場合、再現性と標準サンプルの有無が全てで、外部標準法
を採用します、添加物は無理だから。上記の二つについてご説明する必要は無いと思いますが、
標準サンプルは以前は確かにありました、それは私の知人が同じ研究所で作り、多分国家標準
になったはずです、ですがかなり旧いのでもう無いかも知れませんし、逆にポリマー屋さんが
販売するという形で残っているかも知れません。それ以上は高分子のプロでは無いので分かりません。
あとは再現性のみです、同じサンプルと云っても完全に同じ質量の試料を作ることは無理なので
ピークの比が変わらなければ標準サンプルで各発生物質の比を調べれば良いだけです、計算は
面倒ですが、標準サンプルがあればかなり正確な測定が可能です。
最悪ブタジエンとスチレン比が正確に分かっている標準サンプルが一つでもあれば、比例配分
という小学校レベルの標準になりますが、上記再現性が得られればそれでも構わないと思います。
ようやく全体が見えてきましたが、ご存知の様にGCにはヘッドスペース分析というものもあり、
これらなどはかなりアバウトに見えるのですが、ちゃんと使われて居ます。
その程度の精度で良いなら、上記の方法は充分役に立つでしょう。
私にはここまでが限界ですが、頭をフルに使ったのはしばらくぶりなので楽しかったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりました。

>最悪ブタジエンとスチレン比が正確に分かっている標準サンプルが一つでもあれば、比例配分という小学校レベルの標準になりますが、上記再現性が得られればそれでも構わないと思います。

この方法が、今回の場合適当かと思います。標準試料を用いて、行っております。

ANo.1の、
>FIDは物質の炭素を水素炎中でイオン化し そのイオン・プラズマによる電流の大きさを正確に検出します。
>ですから各物質の炭素数にほぼ比例するピークが得られます。私は必ず内部標準を使いましたが、 外部標準で満足する奴もいます。中にはピーク面積と注入サンプル量で分子量を決めようとする乱暴な奴がいます。例外は後述します。

が、大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2016/03/29 02:11

#1です、悲しい「最後の砦」で済みません。


1)外部標準はシリンジや他の外部環境をサンプルと同一にすると云う困難な作業があります。
外部標準が良いのは、内部標準がサンプル内の成分と反応したり、内部標準によりピークの形が
変形する恐れがあるのが一点、工業製品の様に莫大な数のサンプルは非常に正確な量作られるので、
ゆらぎが無く、面倒な内部標準添加を避けられるのが二点めになります。
2)内部標準が良いのは全てのピークが美しく分離すれば検量線が多少曲がっていても補完・内挿
から得られる値の精度は単に測定回数の統計的誤差の範囲に収まるので、精度も確度も再現性も
保証されます。ただし内部標準添加中に揮発試料が発生してそれが逃げると、サンプルも
検量線作成の機会にも非常に高度なテクニックが求められると云う事が起きます。
3)更に嫌なのが、今回示された試料の内容がポリマーである点で、これは余程分子量が
小さくないとそもそもGC・FIDが最も苦手とする分野で、外部標準でも、内部標準でも
標準サンプルを得難いのです。高分子は元々のモノマーとは性質が全く異なる事は御存知
でしょう。果たしてこの高分子がGCの上限200℃で充分な蒸気圧を持つのかさえ
分かりません。
この手のサンプルの精密なモノマー比率を求めるのはポリマー屋の「奥の手」で外には出ません。
都道府県の産業・工業試験所位しか技術が無いのです。そこでもこの成分は「旧すぎる」
つまり毎日持ち込まれた時代を過ぎているのです。
だがFIDで無くても良く、溶媒(四塩化炭素・クロロホルム・DMSO)に可溶なら高分解能
核磁気共鳴でCH部分とフェニル基部分ははっきり分かれるのでそこから小学校の算数で
求めることになります。
何の溶媒にも溶けないと非常に苦しいし、その場合GC・FIDでさえ注入不能になります。
悲観的で申し訳ありませんが、新興宗教では無いので「無理は無理」になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もお付き合いさせて申し訳ございません、またそれにも関わらずお付き合いを誠にありがとうございます。

外部標準・内部標準については、よく分かりました。

また、高分子試料のガスクロ分析に関して申し上げていなかったことがあります。今回客先で問題となっているガスクロの装置は、試料導入部がパイロライザー(熱分解装置)になっていて、固体のゴム試料をセットし、熱分解炉によって固体試料を分解気化させて、ガスクロ分析するというタイプのものです。ですので、溶液試料などと同様に、モノマー成分が(正確に言うと、スチレン単位からはスチレンそのものと、分解したトルエンが検出され、ブタジエン単位からはブタジエンそのものと、二量体のビニルシクロヘキセンが検出されます)分析できます。

ちょっと、前に申した単純な話ではなくなってきましたね、申し訳ございません。
上の私の話で、何かお気づきになったことがあれば、おっしゃってください。しかし、あくまでも本質問の趣旨は、
「FID検出器のピーク面積は、質量に比例するのか、物質量(分子の数)に比例するのか」
ということです。単純に、
「スチレン-ブタジエン共重合体注入→スチレンとブタジエンのみ検出」
となっていなかったのが、認識違いでした。申し訳ございませんでしたが、よろしくお願い致します。

お礼日時:2016/03/26 17:18

#一です、レス有り難うございます。


>「ヘキサン(C6)とドデカン(C12)を、「物質量基準で」1:1で混合したものを測定したら、FIDのピーク面積比>は、1:2となる」
一見合理的に見えますが、それ程単純ではありません。本来は見えぬはずの水素の影響が現われるのです。
CとHの比率が特に分子量が小さいと無視出来ないのです、概算なら無視します。
ヘキサンとドデカンではGCの保持時間・retention timeがかなり異なります。通常分子量の大きな成分は
保持時間が長くなりますが、そのままではピーク形状が大きく変わるので、コンピュータソフトが両者とも
ピーク面積を同様な精度で測っている保証が無くなります、特につぶれたピークはベースラインからの高さ
が計算法に依存して変わります。それを防ぐ為にカラムオーブンを昇温すると分子量の大きなピークの
形状は美しくなりますが、逆に炭素数に比例するという利点が怪しくなってしまいます。
そのためこの例のヘキサンとドデカンの場合なら両者にはさまれるオクタンやノナン、デカンなどを内部
標準として既知量サンプルに加え両者の面積が期待とどれ程ずれるか見ます。大きくずれなければ
ほぼ炭素数と比例する感度が得られるとして良いのですが、ずれると常に内部標準を加えねばならない、
そのため私は常に八炭素のオクタンから炭素二十のエイコサンまで常に用意し、研究所内の需要に
対応しました。かなり面倒です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細・厳密なご回答、誠に助かります。
二点お伺いしたいことが発生しました。
まず一点目は、「外部標準法ではなく内部標準法が必要」とのようですが、厳密には外部標準法ではアウトなのでしょうか。

二点目ですが、具体的に困っている問題として、スチレン-ブタジエンゴムの組成を、FIDで正確に求めるのに、どういう検量線を引いて定量するか、その方法を考えて、客先に責任ある回答をせねばならないのです。上司が頼りなく、私が「最後の砦」のような状態です…。
まず、
・スチレン:C8H8、分子量ざっと104。
・1,3-ブタジエン:C4H6、分子量ざっと54。
です。
客先では質量基準の組成が使われるようですので(「物質量」基準ではなく)、仮に、「質量基準で」正確にスチレン50 %-ブタジエン50 %のゴム試料があったとして、これをFIDのガスクロにかけた場合、出てくるスチレンとブタジエンのFIDのピーク面積は、
・「スチレン50 %、ブタジエン50 %」として出てくるのか。
・そうでなければ、(理論上では)どのような結果となるはずなのか。
を、ご教示願えますでしょうか。いろいろ考えていて、頭がこんがらがってきました。
doc_somday様が、私にとってまさしく「最後の砦」でございます。よろしくお付き合いを、お願い申し上げます。

お礼日時:2016/03/26 14:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガスクロのピーク面積とは

ガスクロで混合物中の2つの成分の成分比を測定したいときに,仮に2つの成分の検出感度が同一であるとすると,得られるピーク面積の比は質量の比なのでしょうか,それとも物質量の比なのでしょうか.

初歩的な質問ですみません,私には仕組みがよくわかっていないのだと思います….
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

 通常、どちらでもありません。従って、ピーク面積から質量比、あるいはモル比を知りたければ別途検量線を作っておく必要があります。
http://www.shse.u-hyogo.ac.jp/kumagai/eac/ea/kenryou.htm

Q水素炎イオン化検出器(FID)の原理

ガスクロマトグラフィーのの検出として用いられる水素炎イオン化検出器(FID)の原理の説明を読むと、有機化合物を(有機に限らないのかもしれませんが)水素炎の中で燃焼させ、その際に放出される電子を陽極に集めた際に発生する電流値の変化により、有機化合物を検出する。というような説明がなされています。
根本的なことなのですが、有機化合物が燃えると、何故電子が放出されるのでしょうか?
単純な化学反応のスキームを考えると、燃焼反応は電気的には中性な反応のように思うのですが。
お願いします。

Aベストアンサー

要するに,炎というものがプラズマ状態だということです.

Qガスクロ計算法

ガスクロで分析してます。

◎計算する際、面積と高さのどっちを使ってもいいんでしょうか?

説明書にはどちらでもいいと書いてありました。
しかし、人からきた話では面積を使うのが一般的と聞きました。

あと、面積の値は誤差大きくなってしまいます。
面積の値よりも高さの値は誤差が少なく安定しています。
そのため、計算するには高さを使いたいと考えています。

Aベストアンサー

面積比を使用する場面が多いかと思います。

ご質問者様がどの様な分析をなさっているのか判りませんので、断言することは出来ませんが、法的規制の掛かっている物質を対象とする分析なら公定分析法が存在します。
その記述の中には検量線の引き方が記されており、ピーク高さと重量なのか、ピーク面積と重量なのか、或いは高さ或いは面積と重量なのかが明記されています。ご参考になられると宜しいかと存じます。

分析をする必要があるという事は、法的規制がなくとも自主規制が存在するのだと考えられますので、その場合は分析においても自社の基準があるはずです。
繰り返し分析精度がどのくらいなければいけないとか、回収率は何十パーセントを維持しなければいけないとか。
或いは、環境分析や品質管理のための分析等における不文律も存在します。
それらに適わない物は、分析法から見直さなければなりません。

分析対象となる物質にどの様な規制が掛かっているのか、同じ物質でもそのデータが公的となるのか私的となるのか、そのデータをどのような目的で使用したいのか、それらの事によっても定量の条件は変わってきます。

面積比の誤差が大きくなるのはテーリングによるものが大きいのではないかと推察されますが、その場合にはクリーンナップを十分にする必要があるかと考えられます。
最大限のクリーンナップを施しても誤差が大きくなる場合には、分析法そのものを見直したり、波形処理の見直しをされてみることを考えるのも一つの手だと思います。
それでも、十分でない場合には思い切って高さ比に変えるのも止むを得ないのではないかと考えます。

ちなみに、大多数のGC或いはLC分析においては面積比と重量により定量するのが一般的ですが、私がかかわっている分析においては、公定法によりピーク高さ比により定量することと定められている物質のほうが多数を占めています。

面積比を使用する場面が多いかと思います。

ご質問者様がどの様な分析をなさっているのか判りませんので、断言することは出来ませんが、法的規制の掛かっている物質を対象とする分析なら公定分析法が存在します。
その記述の中には検量線の引き方が記されており、ピーク高さと重量なのか、ピーク面積と重量なのか、或いは高さ或いは面積と重量なのかが明記されています。ご参考になられると宜しいかと存じます。

分析をする必要があるという事は、法的規制がなくとも自主規制が存在するのだと考えられます...続きを読む

Qガスクロのカラムを初めに使うとき

ガスクロのキャピラリーカラムを購入し、はじめて使用する場合、前もって空焼きなどをする必要があるのでしょうか?

ガスクロはほとんど初心者なのですが、新しい分析をするのに使用したいのですが、どうしたらよいかわからず困っています。

もし、なにかしないといけないことがあるのなら、方法等があればそれも教えて頂きたいです。(参考になる本や、HPがわかればお願いします。)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

キャピラリカラムならば、から焼きは不要です。^o^
あまり気にせず使ってみて下さい。
あまり沢山サンプルを打ち込まなければOK、1μLのシリンジが良いのですが、扱いが面倒くさいです。

Qガスクロで数種類混合有機溶媒(IPA、NPA、メタノール、エタノール)

ガスクロで数種類混合有機溶媒(IPA、NPA、メタノール、エタノール)を分析したいのですが、
検体に水が入っていると、ガスクロに良くないと聞いたのですが、理由はなぜなんでしょう?
また、どの程度水分が含有されているとまずいのでしょうか?

カラムはSE-30を使おうと思います。

どなたかわかる方、お教えください。

Aベストアンサー

1)ガスクロにも色々なDetector があり多分あなたの使用するガスクロのdetectorはFID (Flame Ionisation Detector)でしょう。
2)水分はDetectorFIDにはかからないので、定量できないのです。
3) FID は有機物のガス分析の定量に適しています。
4)水分が比較的多くある場合、-OH, -COOH グループなどとの水和が起こり、低温部での分析ではシャープなピークが得られにくく、テーリング等で、定量分析が難しくなります。
5)Detectorの違うガスクロを使用すると、TCD (Termal Conductance Detector) 等で水分の定量も出来るでしょうが、定量するには、known samples でその定量適正を前もって調べておく必要があり時間をかけないと
6)水分量は10-20%位は測定できましょうが、いずれにしても時間をかけて、known samples で 水分を調整したのを分析するとDetector と カラムと温度条件、等で、ガスクロ分析をoptimize 出来ます。
7)ガスクロの定量分析は周到に用意して。

1)ガスクロにも色々なDetector があり多分あなたの使用するガスクロのdetectorはFID (Flame Ionisation Detector)でしょう。
2)水分はDetectorFIDにはかからないので、定量できないのです。
3) FID は有機物のガス分析の定量に適しています。
4)水分が比較的多くある場合、-OH, -COOH グループなどとの水和が起こり、低温部での分析ではシャープなピークが得られにくく、テーリング等で、定量分析が難しくなります。
5)Detectorの違うガスクロを使用すると、TCD (Termal Conductance Detector) 等で水分の...続きを読む

Q転化率

転化率の定義を教えてください。

Aベストアンサー

styrenさん、こんばんは。

参考URLに、大変面白い例が載っていました。

「新入生100人(原料)が入学し、1年後に、卒業試験がある(反応器)。
 合格者は、卒業(生成物)。
 不合格者(未反応物)は、在籍する(リサイクルにまわされる)」

このとき、
 卒業試験の合格率=(1回転化率)

のようです。
このときの、反応器に入れられる量=原料+リサイクル

なので、合格率は、

(生成物)÷(原料+リサイクル)×100=1回転化率

のようにかけると思います。
ご参考になればうれしいです。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q機器分析のGCのイオン検出器について。

イオン検出器の1つのFID(水素炎イオン化検出器)で、有機化合物を高感度で検出するらしいのですが、
HCHO・HCOOHは例外的にイオン化されないとのことですが、ということはこの2つは検出されないという事なのでしょうか?また、FIDで検出される物質例がありましたらそちらも教えて頂けると助かります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

FIDは一般的な検出器で、炭素を持つ有機化合物ほとんどすべてに応答します。(検出器の選択性にかける)カラム出口の部分で水素を燃やし、でてきた試料の有機物を燃焼させ、イオン化し、カラム上部の電極に捕集され、増幅します(ピークが現れる)。カラムから出てくる、有機物が多いと、消光作用がありピークが減少することもあります、炭化水素でも酸化Cに酸素がつきにくいもの、イオン化しにくいものは、検出されにくいのでしょうが、STDをインジェクトして確認するのが一番でしょうか?目的物でどのような検出方法を採用しているか、同じような文献を検索するのもいいと思います。

QGC溶媒について

GC(ガスクロマトグラフィー)について教えて下さい。
溶媒で水を打つのはO.K.なのでしょうか?
今までGCで使っていたのは有機溶媒系なのですが、今度水溶性物質を分析しようと思っているのですが、
GCは分析手段として使えるのかどうかを知りたいのです。
(何せ使っていないので、感覚が全くないのです)

検出器はFIDでカラムは良くある極性や微極性などのカラムです。
(モレキュラーシーブなどではありません)

一般的に、溶媒水っていうのは有りなのかどうかを知りたいのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

結論から言えば「大丈夫です」
私も仕事でGCを毎日使っていますが、水溶媒系も扱っていますヨ。
但しPEG-20M等の水溶性カラム充填剤を使われているのであれば、注入量は少なめに(私はMax3μにしています)、インジェクション温度及びカラム槽温度は高めに(水が完全に気体の状態の方が良いからINJは180℃~200℃位・カラム温度は160℃~180℃位が良いと思う)。
でも検出成分によってはもう少し低めの温度でも大丈夫ですよ。
因みにPEG-20Mの1mカラムでINJ170℃、カラム温度80℃(定温)で95%水溶媒を5μ打ち込んでも平気で使ってます。(こんな条件でも1年くらいカラムは使えたよ)

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。


人気Q&Aランキング