dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

ガスクロマトグラフィーについてです。

スプリット比とはなんですか?
調べてもよくわかりませんでした‥

質問者からの補足コメント

  • 今までよりもイメージが沸きやすい気がします!!

    しかしながら、まだよくわからないのですが、、、。
    ガス化させたサンプルの一部をカラムに導入、その余ったガスが廃棄分、という解釈でいいですか?
    ということは仮にスプリット比50だったら、サンプル1g分がカラムに入って、
    あとの残ったガスが50g分、、、。

    っていう感じでしょうか?
    化学はおろか、ガスマス自体ここ最近聞いたような素人です。
    でも回答してくれる人がいてありがたいです‼

      補足日時:2018/05/22 22:43

A 回答 (2件)

ANo.1です。



>ということは仮にスプリット比50だったら、サンプル1g分がカラムに入って、
>あとの残ったガスが50g

その解釈で合っています。
スプリット法は、カラムに入るサンプルの量よりも排出されるサンプルの量のほうがはるかに多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うれしい

たぶんこれからガスクロについてまた、質問することがありそうですが一つ解決してスッキリしました‼ありがとうございます!

お礼日時:2018/05/22 22:58

スプリット比を説明する前に、スプリット法を説明します。


スプリット法は、ガスクロマトグラフィーの手法の一つで、瞬間的に加熱気化させたサンプルの一部だけをカラムに導入し、残りを廃棄する手法です。

カラムに導入されたサンプル量を1としたときの、廃棄されたサンプル量の比がスプリット比です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A