ちょっと変わったマニアな作品が集結

「空き缶に少し水を入れて加熱し、沸騰したらふたをしめて、そのまま放置する。すると、缶がつぶれる。これは、中の水が沸騰することによって水蒸気が発生し、中の気圧が小さくなったため、、」と問題の解説に書いてあったのですが、なぜ水蒸気が発生すると気圧が小さくなるのでしょうか?さっぱりわかりません。

質問者からの補足コメント

  • ありがとうございます。ということは、栓をした後冷却した缶の中には、水蒸気がたくさん発生し、(沸騰して空気が追い出されたので)空気が少ない→気圧が小さくなるってことですか?????
    では、水を入れずにふたを開けたまま加熱し、同じようにふたをてしばらく放置すると、これも空気が追い出されてるので、(水蒸気も少々発生?)ちょっと缶はへこみますか?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/03/28 17:04

A 回答 (6件)

そうですね、



① 加熱して水蒸気が発生
② 発生した水蒸気におされて、空気が外へ
③ やがて、缶の中の気体はほとんど水蒸気
④ 缶の蓋をする
⑤ 冷やすと、水蒸気が水へ
⑥ 缶の中の気体がなくなり、大気圧に押されて缶が潰れる

っていうことですね。


これ、実際、文化祭でドラム缶を用いてやったことあります。
ドラム缶下の方に水を入れて、焚き火の上に乗せて熱し、一定時間後蓋をして水をかける。
すると、大きなドラム缶が、一瞬にしてつぶれるとても面白い実験です。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

わかりやすかったです。ドラム缶実験も納得。ありがとうございました。

お礼日時:2016/03/28 21:32

> これは、中の水が沸騰することによって水蒸気が発生し、中の気圧が小さくなったため



解答にそう書いてあったなら、私だったら×をつけます。

まず水蒸気という水の気体は、たぶん100度でしょう。
100度の気体と25度くらいの気体より、体積が20~25%くらい大きいです。
100度から25度に戻ると、2割近く体積が減ります。
ペラペラのアルミ缶ならこれだけで凹むでしょう。
更に、水蒸気が100度から25度に戻るとき、液体に戻るかもしれません。
このとき体積は、1/1000くらいになります。

んで、やってみると良いんです。
40度くらいのお湯に、ペットボトルを浸けます。蓋は開けておいてください。
中にお湯を入れないように、中の空気を暖めます。
暖まったら、蓋を閉めて、お湯から出します。
室温にしばらく晒すと、ペットボトルはどうなるでしょう。

こっちは難しい。上手く行くかどうかは判りません。
ペットボトルに、少量の水を入れます。
蓋を開けたまま、電子レンジに入れ、中の水を沸騰させます。
沸騰させたら電子レンジから取り出して、すぐに蓋を閉めます。
室温に晒すと、ペットボトルはどうなるでしょう。
あまり上手く行かないかもしれません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ちょうど空のペットボトルがあったので、やってみました。(電子レンジじゃないほうです)ちゃちゃっとしかやってないけど、ぽこっとへこみました。(ちょっとペットボトルに水滴が残ってましたが、、)。中身の乾いたペットボトルでまたやってみます。ありがとうございました。

お礼日時:2016/03/28 21:30

#1です、レス有り難うございます。

少し理解不足です。
1)
>空気が少ない→気圧が小さくなる
間違いでは無いのですが、空気はもうほとんどありません、冷えると水はほとんど液体に戻り、
内部の圧力は非常に小さくなります、その温度の水蒸気圧になります。
2)
>水を入れずにふたを開けたまま加熱し
この場合単純に考えれば理想気体で近似できます、かなり高温まで加熱しないと、冷やしたとき
目に見えてつぶれません、缶は結構丈夫です、でなければ缶を使う意味が無いのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、厳密に(?)いうと水蒸気圧ってことですね。補足質問の回答もありがとうございました。

お礼日時:2016/03/28 21:36

ふたを開けている缶の中に水を入れて加熱する。



缶の中に水蒸気が発生し、中の空気が追い出される。(むしろ圧力は高くなっている)

加熱を中止してふたをする。

缶が冷やされて水蒸気が水に戻り、缶の中の圧力が下がる。

缶が凹む。

説明文がそのままだとしたら明らかにおかしい。
突っ込みどころ満載だ。

これと同じ事を食品の真空パックで行っています。
(真空パックの中に品物と蒸気を入れた後に封をすると、水蒸気が水に戻り中の「気体」が無くなる)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。真空パックは、この現象をうまく利用してるのですね。すごいなあ、、。

お礼日時:2016/03/28 21:44

水の沸騰は水蒸気圧が大気圧と同じになると起こります。

沸騰時の蒸気圧は1気圧で蓋をしても缶の中と外気圧は同じです。沸騰させると缶内の空気は水蒸気に追い出され缶内は水蒸気で満たされます。
蓋して(正しくは密閉)過熱を止め放置すれば缶の温度が下がり缶内の水蒸気の一部が凝縮して水となり缶内の蒸気圧は下がります。(逆に過熱を続ければ水の温度は上昇し水蒸気圧も上昇し、缶の耐圧強度を水蒸気圧が超えれば爆発しますね。)冷却時、缶は蓋がされているので外から空気は入りません。従って缶内の圧力は下がります。缶の強度によりますが冷却で缶はつぶれる。
100℃での水蒸気圧は約101kPa、20℃では約2.3kPaです。約50分の1の圧力に下がります。外気は101kPaですから、缶は1c㎡あたり1kg弱の力で押されます。缶が弱ければ潰れます。頑丈な缶だと潰れませんね。
kPa:キロパスカルという圧力単位
http://sacn.cn.azbil.com/yangben/file/12-01%EF%B …

>補足コメ

水を入れず過熱し蓋をして冷却すると過熱温度にもよりますが空気は追い出され温度に対応した空気が残ります。密栓して冷却すれば缶内は減圧になり場合によっては缶は凹むでしょう。高校生になれば条件を決めれば減圧がどれくらいか計算できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「沸騰させると缶内の空気は水蒸気に追い出され缶内は水蒸気で満たされます。蓋して(正しくは密閉)過熱を止め放置すれば缶の温度が下がり缶内の水蒸気の一部が凝縮して水となり~」←なるほど、こういうのが解説にのってるとよかったのですが、、。ありがとうございました、、。補足コメも、ありがとうございます、一応場合によっては、へこむということですね。ちょっと答え?があっててうれしかったです。

お礼日時:2016/03/28 21:43

おっしゃる通り、言葉が抜けています。


水蒸気が発生し、空気が追い出される。栓をした後冷却すると、缶の中にはその時点の温度に
対応する水蒸気しか無いので、大気圧に比し非常に小さい、そのため缶の強度限界まで
押し潰される。
てなとこかな。^^
この回答への補足あり
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水蒸気が水に変わることを利用した空き缶つぶしについて

よく理科実験などで紹介されるものなのですが、
知りたいことがあります。
実験内容は以下のようなものです。
 フタをできるジュースなどのアルミの空き缶(下図のようなもの)
 を用意する。底に少量の水をいれ、フタをしない状態で熱する。
 水がほぼ蒸発するころ(缶内が水蒸気で満たされるころ)に
 フタをし、加熱をやめて放って置くと、缶内の水蒸気は水に戻る。
 このとき缶内上部には真空に近い状態が作られ、
 大気圧に耐えられない缶は徐々に潰れる・・・。

この場合は理解できるのですが、次の場合について疑問があります。
 水がほぼ蒸発するころ(缶内が水蒸気で満たされるころ)に
 フタをする代わりに、水槽に満たした水に、逆さまにした
 缶の口を突っ込む。すると水槽の水がフタの代わりになると同時に、
 放置に比べて冷却が急になるので、潰れ方が「豪快」になる。

というものです。
疑問に思う点というのは、「水がフタの代わりになる」
というところです。
直感的に私は、真空があるならトリチェリの真空的に
水を吸い上げるのかなと考えたのですが・・・。

水を急激に持ち上げる際、水の慣性よりも缶の形状維持の方が
弱いということでしょうか?アルミでなくスチールとか
鉄容器ならやはり吸い上げてくれるでしょうか・・・?

結論は「慣性」で問題ないでしょうか。
詳しい方よろしくお願いします。

よく理科実験などで紹介されるものなのですが、
知りたいことがあります。
実験内容は以下のようなものです。
 フタをできるジュースなどのアルミの空き缶(下図のようなもの)
 を用意する。底に少量の水をいれ、フタをしない状態で熱する。
 水がほぼ蒸発するころ(缶内が水蒸気で満たされるころ)に
 フタをし、加熱をやめて放って置くと、缶内の水蒸気は水に戻る。
 このとき缶内上部には真空に近い状態が作られ、
 大気圧に耐えられない缶は徐々に潰れる・・・。

この場合は理解できるので...続きを読む

Aベストアンサー

>水を急激に持ち上げる際、水の慣性よりも缶の形状維持の方が
弱いということでしょうか?

水蒸気が水に戻ることで内部の圧力が小さくなります。
外の空気は1気圧です。水面にも1気圧かかっています。
結局缶の内面の空間を取り囲んでいる所には全て外部から1気圧の力がかかっているのです。水が上に吸い上げられるのもこの1気圧の圧力差のためです。缶が潰れるのも1気圧の圧力差のためです。

水の移動は連続体としての変化ですから缶の口から水が入るためには缶の外の水槽の水面がそれだけ下がる必要があります。缶の口の部分の水だけが移動するのではありません。
缶の口の部分の水だけが移動するするのであればその下の部分に新たな真空部分が生じる事になります。こういうことは起こらないはずです。
缶壁が弱ければ缶が潰れるという変化の方が起こります。缶壁が丈夫であれば時間はかかりますが水が吸い上げられるということになるでしょう。「水の慣性」と言っておられるのはこのことでしょうね。水の移動には時間がかかるのです。水面が十分に上昇する前に缶が潰れてしまえばその時点で圧力差は解消されてしまいますからもう水面は上がりません。
水の全体量が問題になります。ビーカーの水でやるか水槽の水でやるかで起こることが変わってきます。

潰れるのは圧力差ではなくて面にかかる力で起こります。
1気圧の圧力差であれば1cm^2当たり1kg重の力がかかります。缶の側面の面積は100cm^2ほどありますからかなり大きい力です。
普通の人の握力の2倍を超えています。

>水を急激に持ち上げる際、水の慣性よりも缶の形状維持の方が
弱いということでしょうか?

水蒸気が水に戻ることで内部の圧力が小さくなります。
外の空気は1気圧です。水面にも1気圧かかっています。
結局缶の内面の空間を取り囲んでいる所には全て外部から1気圧の力がかかっているのです。水が上に吸い上げられるのもこの1気圧の圧力差のためです。缶が潰れるのも1気圧の圧力差のためです。

水の移動は連続体としての変化ですから缶の口から水が入るためには缶の外の水槽の水面がそれだけ下がる...続きを読む

Q水蒸気は水の何倍ぐらいの体積になりますか

どのくらいの倍数になるか知りたいのです

Aベストアンサー

温度や圧力によって違います。
1気圧100℃の状態であれば、(22400x373)/(273x18)=1700倍になります。
ただし、温度が1℃変化するごとに、上記の373分の1ずつ変化します。また、圧力には反比例します。

Q体積の変化について

「水が摂氏100度で蒸気になったとき、その体積は約1700倍に膨張する。」という記述を読んだのですが、なぜそうなるのでしょうか。
手持ちの資料で調べたところ「あらゆる気体は圧力を一定に保っておく限り、温度が摂氏で1度変化するごとに摂氏0度における体積の1/273だけ変化する」という記述は見つけたのですが、液体から気体に変わった場合はどうなるのかは見つけられませんでした。
きっと探し方が悪いと思うのですが、物理はど素人なのでどこを探していいのか、どんな本を見ていいのかもわからないのです。
どなたかご説明していただけるととても嬉しいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

普通、水1グラムは1mlですね。気体の状態方程式pV=(W/M)RTを使いp=1,M=水の分子量18、W=1(グラム)、R=0.082、T=273+100を代入するとV=1.699となります。
1mlから1.699lに体積が増えたので約1700倍ですよね。

Qペットボトルに熱湯を入れると?

別カテゴリでアイスコーヒーの冷やし方について質問したのですが、
そこである方から、ペットボトルを利用したアイスコーヒーの作り方が載ってるページを紹介していただきました。
熱いコーヒーをペットボトルに入れ、それを水道水にいれて冷やす、というものでした。
その方法はぜひ利用したいのですが、ひとつだけ心配なことがあります。

アツアツ・出来たてのコーヒーをペットボトルに入れてしまって大丈夫なのでしょうか?
何かの成分が溶けてでたりはしないですか?

使うとしたらペットボトルは水用の2リットルのもので、一回ごとの使い捨てにするつもりですが・・・。

Aベストアンサー

アフターサービス万全のkyouichi-7再度登場です。笑

>何かの成分が溶けてでたりはしないですか?

たしかに、不安感は否めませんよね?
で,調べました所、
「耐熱ペットボトル」と言うものがあるようです。

また、ペットボトルは、安全性の高いプラスチックとして、
業界では認められているようです。


第2回 ペットボトルの生産と消費

http://www.ner.co.jp/green-web/pay_back/980625/pay_gb/2.htm

ペットボトル太陽熱温水器の制作
(耐熱ペットボトルの見分け方も載っていました。)

参考URL:http://www.cwo.zaq.ne.jp/rupisu/sun/sun010.htm


人気Q&Aランキング