最新閲覧日:

先ほどの落雷の中を飛んでいる鳥を見ていて
危ないなぁと思いまして。

飛んでいる鳥には落雷しないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

飛行機には雷が落ちますよねぇ。


それと同じに考えれば、落ちるかもしれませんけど、
飛行機は胴体が金属でできているのに、鳥はそうではありません。

いってみれば、空飛ぶ鉄のかたまりと、空飛ぶ肉のかたまり(汗)かなぁ。

そう考えると、金属でできた飛行機の胴体は、電気的に考えると、電気の経路がショートカットしているようなものです。
それと比べれば、鳥は金属ではないので(鉄の鳥...なんかよい響きだ...)、飛行機よりは遙かに雷が落ちにくいでしょうねぇ。

雷が落ちようとしているところから遠いところに鳥がいれば、鳥のところまでいくのに、電気が通りにくい空気がたくさんあるので、それを考えても滅多にあることではないでしょう。

でも、空飛ぶ木の固まりとか、空飛ぶゴムの固まりと比べたら、鳥の方が雷は落ちやすいと思います。(つまり鳩よりは野球のボールの方が雷が落ちにくい?)

静電気体質の鳥がいたら、雷が落ちやすいかなぁとも思いましたが、雷が鳴っているときって湿度が高いし、鳥のサイズも小さいから、静電気はなかなかたまらないのかもしれません。
静電気がたまった鳥が、雷のなる中を飛んでいても、プラスとマイナスのどちらの電気がたまるか知らないので、よくわかりません。

今ふと思ったのですが、大きな恐竜(ウルトラサウルスとか)には結構落ちたんじゃないかと思います。
    • good
    • 0

雷は高いところに落ちやすいので空を飛ぶ鳥に落ちやすそうに見えますが


落ちやすい要件として高くてかつ地面と同じ電位にあることがあるわけです。
木の梢や、避雷針は地面とどう電位なので周りとの電位差が大きくて
雷を誘いやすいのです。空中に浮いている鳥は周りと同電位なので
雷を誘いません。というわけで、偶然、雷の経路上にいない限り
落雷の被害は受けないわけです。
    • good
    • 0

 木のてっぺんに停まっている場合は鳥を通して落雷もありますが、飛んでいる鳥には落雷の確率は大変低くなります。

もちろん落雷の時の雷の通り道に偶然居れば落雷します。
 地上に居る人に隕石が落ちる確率が低いようにまずない事だと思います。
    • good
    • 1

こんにちは。


例えば飛行機などには落雷することがありますね。

ですので、空中を飛んでても落雷する場合というのはあります。

ただ、その場合、地面のように雷電流が地面に拡散しませんので、沢山の電気を溜め込めるような巨大な物であるとか、高速で、あるいは長時間飛んでいて、空気と摩擦電気が発生して、雲と反対の電気を大量に帯びている、というような状態じゃないと、落雷しません。

鳥だとサイズも小さいし、長時間飛んでいても沢山の電気を溜め込む事ができないので、まず無理でしょう。

もしも積乱雲の中を飛んでれば、既に起きてる雷にぶつかるという可能性はあるでしょうけど。

でも、もし鳥に落雷したら、空から焼き鳥が降ってくるとか??(爆)
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報