アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

いまメットライフアリコかオリックス生命の保険に加入しようと考えておりますが、どちらがおすすめでしょうか...??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

生命保険でしょうか。


生命保険は掛け捨てと貯蓄型がありますし、各社いくつかの保険商品が出ております。
私はオリックス生命のRISEに入っていますが、保険料だけでしたらもっとお得な保険もあります。
それでもRISEを選んだのは日本企業だからです。
http://mirukoko.net/seimei/537.html
外資系を外したのは保険金の不払いを心配してのことですが、以前は日本企業にもあったことなので、保険料の安さを追い求めるなら外資系もありだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですね‼︎‼︎
不払いってこわいですね…>_<…くわしいご説明ありがとうございました!助かりました。

お礼日時:2016/06/17 09:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q痛風の告知でオリックス生命に加入を断られました

オリックス生命に、定期死亡保険(ブリッジ)の申し込みを却下されました。

私は45歳で痛風のため、あらかじめ電話で相談したところ、痛風でも程度によっては加入できるとのことだったので、申し込みをしました。
しかし、一週間以上後で、断りの郵便が届きました。

27歳のとき痛風の痛みが生じましたが、ここ10年以上痛風発作はありません。
薬はウラリットとユリノームという一般的なものです。
手元に残っている尿酸値の記録では、平成19年から7.0、3.7、4.4、7.0、3.9、5.0、4.2、5.4、6.0、3.9、4.9という数字です。
7.0という高めの数値もありますが、平成21年以降は低めで安定しています。
最後の数字は一か月前のもので、すべてオリックス生命に伝えました。

尿酸値をおさえる薬を飲んでいますが、それ以外はタバコも吸わず、血圧も体重も標準です。
同世代の中では超健康体と自負しているだけに、一体、何がダメなのか分かりません。

どなたか詳しい方、どうして却下されたと思われますか。
また、痛風は何がどう評価されるのか、ポイントを教えてください。

オリックス生命に、定期死亡保険(ブリッジ)の申し込みを却下されました。

私は45歳で痛風のため、あらかじめ電話で相談したところ、痛風でも程度によっては加入できるとのことだったので、申し込みをしました。
しかし、一週間以上後で、断りの郵便が届きました。

27歳のとき痛風の痛みが生じましたが、ここ10年以上痛風発作はありません。
薬はウラリットとユリノームという一般的なものです。
手元に残っている尿酸値の記録では、平成19年から7.0、3.7、4.4、7.0、3.9、5.0、4.2、5.4、6.0、3.9、4.9...続きを読む

Aベストアンサー

申し込み却下のポイントが、2点あります。

1.オリックス生命は、通販サイトから申し込まれましたか?通販というのは安い分、告知審査が厳しい会社が多いです。
つまり、入れる可能性は100%か0%ですので、まさに程度が0%に近い水準になると、却下にならざるお得ない、ということでしょう。

2.保険の種類によって、審査の基準が違います。
一般的には、死亡保険金額が高くても掛け金が安い定期保険は、一番審査が厳しいです。次に終身保険、養老保険です。
通常、定期保険は、お子さんがいる世帯主が入るのが大半ですが。定期保険が必要なのでしょうか?経済的に誰かを援助する必要のない…例えば独身は必要ありません。
掛け金が安いのに、受け取る保険金は高い。例えば、一ヶ月だけ5000円の掛け金を払って、亡くなって2000万円受け取れるとしたら…。病気があれば、この保険金が支払われる可能性(亡くなる可能性)も高いですから、保険会社は慎重になりますよね。
補足として、医療系も厳しいですよ。入院◯◯円とか、がんになったら◯◯円など、支払われる可能性が高いので。


もちろん、保険会社によって基準は違いますが、保険料が上がったり、死亡保険金が3年削減されたり、条件をつけることで入れる会社があります。ようはイエス、ノーではない枠を設けている、ということです。
そちらへ相談されたらいかがでしょうか?

くれぐれも漢字名ではなく、カタカナやひらがなの生命保険会社をオススメします。

申し込み却下のポイントが、2点あります。

1.オリックス生命は、通販サイトから申し込まれましたか?通販というのは安い分、告知審査が厳しい会社が多いです。
つまり、入れる可能性は100%か0%ですので、まさに程度が0%に近い水準になると、却下にならざるお得ない、ということでしょう。

2.保険の種類によって、審査の基準が違います。
一般的には、死亡保険金額が高くても掛け金が安い定期保険は、一番審査が厳しいです。次に終身保険、養老保険です。
通常、定期保険は、お子さんがいる世帯主が入るの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報