プロが教えるわが家の防犯対策術!

庭に垣根として柘植の木を植えようと思っています。
ネットで検索して、いろいろ調べたのですが、どうも具体的な育て方が掲載されているサイトが見つかりません。

・どれくらいの間隔で植えれば良いのでしょうか。
・土作りは特にいらないと、店の方に言われたのですが、それでよろしいのでしょうか。
その他、注意すべき点がありましたらお教えください。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

柘植は非常にお日様の好きな木です。


一本植えの場合はそんなには枯れ上がる事は有りませんが垣根等にして庭木が混んできて隣りの木と重なって半日陰状態になってきた柘植は大きくなるにしたがって中が枯れ上がり状態になります。
柘植は成長が遅く垣根にした場合やっと垣根としての形態が完成してきた頃から枯れ上がって来ます。
それは木々が混んで来ると空間が無くなり風通しが悪くなるのと共に柘植自体が古くなると枯れ上がる性質を持っているからです。
それを防止する為には垣根として植えつける時から相当の空間を作って植えつけるか、後に周りの木を移植するかまたは柘植の移植が必要になります。
移植の時期は春4月頃が敵機です。
12月から3月までに寒肥に発酵油粕や鶏ふんを与え更に堆肥や腐葉土等の有機質の肥料を施して体力作りをします。
どのような木も栄養分は優先的に先端部分に行く為にいったん枯れたところは簡単には芽は吹きませんので注意が必要です。
ですから柘植を垣根とする場合はその成長の遅さを考えてある程度詰めて植えておき成長して枝葉が込み入ってきたら移植するか適宜刈り込みや剪定によって樹形を維持する必要があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

柘植がそれほど成長が遅いというのは知りませんでした。でも、ゆっくり成長する若木と、じっくりつきあっていくのも楽しそうな気がします。

非常にわかりやすく説明してくださって、本当にありがとうございました。
とても参考になりました。

お礼日時:2004/07/22 00:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんのURL、楽しく拝見しました。
スカイペンシルというのは初めて見ましたが、なかなか葉の色が綺麗で良いですね。

先日タマツゲ(キンメツゲだっけ?)を購入してきて
前庭に植えました。
どんな風に刈り込むか、庭の他の部分はどうしようかと考えるとわくわくします。

ご回答本当にありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2004/07/23 23:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qつげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。

つげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。
垣根のつげの木がだんだん枯れてきていますが考えられる原因はどんなものがあるでしょうか。
かれこれ30年近くなる庭の垣根として植えているつげの木が近年少しずつかれてきています。
秋口に枯れが出てきます。垣根が歯抜けになり見苦しいのですが原因は何でしょうか。
モグラのトンエルをみかけます。また酷暑も関係しているのかと思ったりします。
肥料はできる範囲で化成肥料を年に1回春に施しています。暑い時は一日おきに
水もできる範囲でやりますが石垣の上に植えているので相当乾燥するものと思います。
原因と対策を是非教えてほしいのですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸性土質に傾いた事や、土壌が長年何もしな
かったため固くなり根張りが十分に出来なくなっている事、葉と葉との間
が密集しているため風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなっている
事などが考えられます。
枯れた物は元には戻りません。部分的に生きていても回復する事は難しい
ので、その内に枯れてしまうでしょうね。

垣根を元通りの状態に戻させるには、大掛かりになりますが植替えをして
仕立て直す事しかありません。
現在の垣根を見て、枯れた部分がどの程度あるかを調べます。それにより
何本不足しているのかが分かるはずです。
必要な本数を園芸店(樹木を扱っている店)に注文し、作業に必要な資材
などを準備します。
植替えるためには土壌改良が必要で、そのためには堆肥や腐葉土が必要で
す。また酸度調整のための苦土石灰も必要で、事前に用意します。
それと寒冷紗か遮光幕を用意して下さい。植替え時に必要です。
黒いビニールポットも用意します。掘り上げ時に必要です。

苗が自宅に到着したら、苗を一ヶ所に詰めて置いて寒冷紗か遮光幕を被せ
ます。苗を植え付けるまでは被せておき、乾かさないように水遣りだけは
行って下さい。次に枯れている物や枯れかけている物を抜きます。これら
は植付けをせずに処分するので、根に土は付いていなくても大丈夫です。
次に元気な物を掘り上げます。出来るだけ根に付いた土を残すようにして
掘り上げ、黒いポットに収まるようにするため、はみ出た根は切ります。
1本づつポットに入れて保管します。全て掘り上げたら、移植する場所を
スコップや鍬で掘り返し、出て来た根などを取り除きます。石が出て来た
時は撤去しなくても構いません。掘り返す深さは30~40cmを目安に
します。浅いと土壌改良にはなりません。
耕し終えた場所に苦土石灰や堆肥を入れ、鍬で耕すように十分に混ぜ合わ
せます。表面を均等に均したら土壌改良と酸度調整は完了です。

次は移植をします。植付けは千鳥植えにしますが、苗との間隔は苗の枝と
枝とが軽く触れる程度が理想ですが、初心者には分かりずらいので、株の
間隔を20~25cm程度にして下さい。植え場所に割箸を目印として1
本差します。日が良く当たる方向に新しい苗を植え、元々あった物は後ろ
に植えるようにします。移植ゴテで株より少し大きめな穴を掘り、高植え
にして植付けをします。高植えは根元に少し土が被る程度に植える方法で
す。間違っても深く植えないで下さい。

植付けが終わったら水を十分に与えます。根が完全に活着するまでは最低
でも1ヶ月は必要ですから、水切れにさせないように天気の良い日は朝夕
の水遣りは欠かさないようにします。水切れを起こすと枯れます。

肥料は与えません。与えるのは翌年で十分です。与えるのは化成肥料でも
構いませんが、堆肥に混ぜられて与えると手間が省けます。時期としては
8~9月の間に1回だけです。与える時は根元から離れた場所に与えるよ
うにします。現在は春のようですが、与える時期は樹木の種類で違います
から、何でも春に与えれば良いとは思わないで下さい。

暑い時こそ水は必要ですから、1日おきでは水不足になりますよ。朝夕の
2回は必要な時もあるかも知れません。また出来る範囲では与えた事には
なりません。石垣の上なら、多過ぎたかなと心配する位に与えます。

モグラは無罪です。今回の件に関しては関係ありません。

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸...続きを読む

Q榊を庭に植えるとよくないのですか

庭に榊が植わっています。以前挿し木をしてみたら発根してそのまま大きくなったもので、大きさは2メートルくらいです。

2年くらい前、地元の農家の方が別のことで、宅地内に榊は植えないものだというのを聴いたことがありまして、それ以来少し気にしていますが、神棚用に重宝しますのでそのままになっています。

昔からの縁起や言い伝えとか、まずいこととかあるのでしょうか。

地域で違うかもしれませんが、当地は千葉県市原市です。

過去ログに「神仏のものは屋敷内に植えてはいけないと聞いた」というのがありますけど。。。

Aベストアンサー

おはようございます。

榊は神の依代の神木だから、位の高い貴族や神官のような家にしか植えてはいけない・・・と言う事で、昔から一般の家には植えないようにするように言われているそうです。実家の神社から挿し木で持って来ている榊を見て、出入りの庭師さんから以前言われました。

でも今時、位も貴族も無いですから、特に気にされなくても良いと思いますよ。
虫も殆どよらないし、丈夫ですくすく育ちますし・・・
私も、榊を買わずに済むので重宝しています。

御参考になれば幸いです。

Qキンメツゲの成長速度

 キンメツゲのポットを庭に地植えしようかと思っているのですが、望む高さになるにはどれくらいの年数がかかるかを教えて頂きたいのです。

 地域は大阪で、家の西面から南にかけて17mくらい一直線に植える予定で、ポットのキンメツゲ(樹高50cm)が150cmほどになるには相当な時間がかかるでしょうか。
 
 もちろん、手入れ具合や日照、その他色々な要因で育ち方には差がでてくるかと思いますが、一般的に何年くらいかかりそうかご存知の方いらっしゃいましたら、アドバイス下さい。

 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 7~10年ですね。 成長はゆっくりです。 
生垣にしたいのであれば最初から1.5mのものを購入して毎年肥料をやって必要な高さでカットしたほうが早い。
 また成長の速さは土壌の良し悪しに比例します。 毎年芽だしが良く元気に成長しているよであれば特に元肥を与えただけで追肥は必要ないでしょう。
 

Q梅の木の移植はできますか?

畑に樹齢20~30年くらいの梅の木が3本あります。近々宅地にする予定なのですが、その梅の花と実を楽しみにしていますので、何とか近くの場所に移植できないかと思っています。今の時期に成木を移植しても大丈夫でしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

庭木を移植する時期は地方により多少違いがありますが、一般的に落葉樹は、葉が落ちてから、芽が動く前までに行います。

ということで、今の時期に移動しても(落葉していれば)OKです。関東では、2月後半から3月前半が一番いい時期です。これは、極寒期が過ぎまだ、芽が動いていない時期です。秋に植え変えると極寒の時期を超さなければならないので、2月後半から3月前半がいいということです。

種から育って、同じ場所に植わっている木は、移植が難しいといわれています。
細根が少ないためです。根が多く細い根も多い木は活着しやすいので、本当はこういう木には、根回しという作業を前年に行って(根を切ってやると、そこから細根がでてきて活着しやすくなります)から移植すると、活着しやすくなります。

 大きな木ほど、根回しが必要なのですが・・・・
  
比較的、ウメは移植が困難な木ではありませんが、それでも初めての移植で根回しなしということに成りますので、活着を確実なものにするために移植先の土壌の状態、木の活力度(健康度)を含め、信頼できる植木屋さんに相談された方がよいと思います。 

移植の際には、枝をかなり詰めますので、2、3年は枝と花が少ないかと思います。

庭木を移植する時期は地方により多少違いがありますが、一般的に落葉樹は、葉が落ちてから、芽が動く前までに行います。

ということで、今の時期に移動しても(落葉していれば)OKです。関東では、2月後半から3月前半が一番いい時期です。これは、極寒期が過ぎまだ、芽が動いていない時期です。秋に植え変えると極寒の時期を超さなければならないので、2月後半から3月前半がいいということです。

種から育って、同じ場所に植わっている木は、移植が難しいといわれています。
細根が少ないためです。根が多...続きを読む

Qスカイロケットを植え付ける間隔は?

スカイロケットで生垣を作ろうと思っています。この場合、何センチ間隔で植えたらいいでしょうか?
スカイロケットの枝張りを調べると、「1.5m(100年で)」となっていましたが、本当にそんなに広がるのでしょうか?目隠しも兼ねたいので60cm間隔くらいで植えようかと思うのですが狭すぎるでしょうか?もしくは、横1列ではなく、下の方が重ならないようにジグザグに植えようか、、、とも思いますがおかしいような気もするし、、、。
何センチ間隔が妥当なのか、どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スカイロケットを10本並べて玄関前に生垣状にしています。

コニファーの特徴を知っていると植える間隔も決まってきます。

1つは、植える場所が南側か北側かです。
スカイロケットもそうですが、コニファー類は日陰には強いものがある一方、日当たりが良いとどんどん大きくなってしまい(特に高さ)収拾がつかなくなります。日当たりのよい場所に植えると3-4年で4メートルくらいになり、生垣というよりも「木」といったかんじになってしまいます。

もう一つは間隔ですが、スカイロケットは他の木や物に接触するとそれ以上は葉を横に出さない、という性質があります。そのため、間隔を狭くしても横方向には膨らまず、ほっそりしたままです。
拙宅は北側で間隔は30センチです。6年を経過していますが、ほどよい隙間でセンスの良い生垣を保っています。

結論としては日当たりの少ない場所であれば30-50cmでも綺麗です。ゆっくり「固く」育っていきます。
南側は育ちがよくなるので60-80cm以上というところですが、そうなると上記のように生垣としては見栄えが良くないので「南側(日当たりのよいところに)にスカイロケットの生垣は向かない」というのが私の意見です。

ジグザグにする必要はありません。

育てるコツは、土の水はけをよくすること、コニファー類は根が強くないので支柱で倒れないようにすること、冬にたっぷり肥料(油粕)を与えること、です。

そうすると今の季節は芯が深緑、新芽がエメラルドグリーンのツートンカラーで大変綺麗な生垣となります。

スカイロケットを10本並べて玄関前に生垣状にしています。

コニファーの特徴を知っていると植える間隔も決まってきます。

1つは、植える場所が南側か北側かです。
スカイロケットもそうですが、コニファー類は日陰には強いものがある一方、日当たりが良いとどんどん大きくなってしまい(特に高さ)収拾がつかなくなります。日当たりのよい場所に植えると3-4年で4メートルくらいになり、生垣というよりも「木」といったかんじになってしまいます。

もう一つは間隔ですが、スカイロケットは他の木や...続きを読む

Q住居直近に植えた 樹木、木、庭木の根で基礎に実害があった例

東京郊外の住宅地の戸建新居でこれから木を植えるのですが、
実際に基礎(べた基礎)を破壊することなどあるのか心配しています。

検索すると「~した方がイイ」という意見は拝見するのですが、
実際に基礎に障害が生じた方がおられたら実例として紹介をお願いしたいものです。

高さ10mくらいの木でをイメージして苗から育て、壁からわずか50cmしか離しません。
枝葉はなんらかの方法で切断に精を出すのですが、
根が本当に基礎を壊すのか疑問です。
樹木の種類は問いませんが、何しろ基礎に実害があった実体験をお持ちの方は教えてください。

Aベストアンサー

建物の真近に 植栽の被害ですが・・・・
私の自宅での事件的な被害を紹介します。

建築後 約8年の田舎町に建つ戸建借家です。
玄関から右側に裏へ通じる幅手前1M~奥 0。5M の通路があります。
建物の基礎から 300(30cm)の犬走りモルタルが施工されてます。
玄関を入って 右側にはトイレと洗面所、風呂と続いてます。
先住者が 玄関脇より奥への身通しを遮るために 通路の中程に ”椿 ”を植えてました。

ある日 トイレの排水が出来なくなりました。
・・・ 完全に詰まって 汚物が流れないのです。・・・
妻は ”そ~云えば 最近流れに勢いが無くなって着てた。 ”
そこで管理会社へ連絡して メンテナンス担当者に来て貰い、ゴム瀬の例の ぺっコン ペッコン で 数回
作動させると・・・ググッグー~~と開通しました。
通路の汚水枡を開けて トイレの水を流して見ると・・・少し勢いが弱い様です。

デジカメをパイプに突っ込んで 出鱈目に撮影した 画像を見ると・・
何か 植物の根の様な物が・・・・

早速 下水業者を手配して 掘り返してみると・・・・
塩ビの排水管の継ぎ目から 椿の根が パイプ内へもぐってしまい
トイレの流れを阻害してたのです。
・・・・勿論 家主負担で 全て修理をして呉れましたが・・・

私の職種は 屋根・防水・樋 工事の職人兼 工事施工管理者ですので
建物の基礎に 花壇を造って 草花を植えてられ その花壇下の排水パイプ
に草の根が入り込んで 雨水が流れなくなってる現場を多数経験してますので
我が家のトイレ事故でも 当初より的確な対応が出来たのですが・・・
設備業者は ”こんな事故は 商売を始めて10年年間 経験がありません”と云ってます。

どんないたずらを起こすのか? は当の植物でも判らないのですから後は 住んでる出る人の 常日頃の観察が 大事です。
極まれに ベタ基礎のモルタルを持ち上げる事も有るかもしれませんが
そこまで 育つには 相当な時間が掛るとおもいますので やはり観察しか
解決しないでしょう。

以上 参考にして 下さい。

建物の真近に 植栽の被害ですが・・・・
私の自宅での事件的な被害を紹介します。

建築後 約8年の田舎町に建つ戸建借家です。
玄関から右側に裏へ通じる幅手前1M~奥 0。5M の通路があります。
建物の基礎から 300(30cm)の犬走りモルタルが施工されてます。
玄関を入って 右側にはトイレと洗面所、風呂と続いてます。
先住者が 玄関脇より奥への身通しを遮るために 通路の中程に ”椿 ”を植えてました。

ある日 トイレの排水が出来なくなりました。
・・・ 完全に詰まって 汚物が流れないのです...続きを読む

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む


人気Q&Aランキング