人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

時際法とは法の変遷による時間的抵触を解決する規則である。
って本に書いてあるんですがちんぷんかんぷんで…
わかりやすく説明をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

国際法の領域権原の項目ですね?概略ですが、おわかりいただけますかどうか・・・


1時際法:法の変遷による時間的抵触を解決する規則
「時代により異なった法制度が行われている中で、どの時点の国際法規を適用して領土紛争を解決するか。現行法規の遡及的な適用は原則としては認められない。しかし、領域紛争の解決に際しては、当事国間に紛争が発生しまたは領域主権の帰属が決定的となったと認められる時期(=決定的期日)前の事実のみ証拠力を認め、期日後の事実の証拠を認めない。」とする理論。
2事例
1パルマス島事件:条約法では、当事国の意思が鍵を握っている。「一般条項」や人権条項は、解釈時における国際法に照らして解釈されなければならない。これは一般規則の例外ではない。条約の趣旨及び目的に反映された当事者の意思を広く適用したものである。
2南西アフリカ事件:委任状の解釈には現代の法が適用される。しかしそれは40年前には明らかではなかった委任状の意味を明確にするものと解された。これに対し、欧州人権裁判所は、人権条約は「生きている文書」として、現在の条件に照らして解釈しなければならないとの立場をとっている(Loizidou 事件1995年)
3国際司法裁は、通行権事件やモロッコ米国民権利事件では時際法の理論を適用したが、エーゲ海大陸棚事件では「ギリシアの領域的地位」という「一般的用語」は法の発展に従って解釈すべきとの立場を示し、ナミビア勧告的意見でも、委任状の規定を発展的性格のものと認めた。参照:有斐閣刊「ポイント国際私法」等で間接規範として説明されています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2004/07/27 18:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国際法上の実効支配

国際法上の実効支配の定義を教えてください。
(1)軍事力により占拠、支配している
(2)国際法的領有権が成立した上で占拠し、主権を行使すること(他国から抗議を受けているか、紛争が発生しているかは関係ない)
(3)紛争が発生していない(他国が領有権を主張していない)状態で、占拠し主権を行使している。(国際法的領有権をもっているか否かは関係ない)
(4)その他

可能でしたら、定義の根拠となるソースを示していただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

国際法上の定義は存在しない・・というのが厳密な回答です

そもそも、実効支配という法的概念が存在しない、というのが実相です

過去の判定事例から論説しておきましょう

>(1)軍事力により占拠、支配している

軍隊などの対外的支配力を持っている行政機構では、暫定的な主権行使に過ぎないので、実効支配とは断言されていません
もっとも、暫定状況が長期化・実体化することから実効支配と解する余地はあるでしょう
ちなみに、軍事力というニアンスでいえば、沿岸警備隊・警察機構などの継続的支配を実効支配を見なす考えもあるでしょうが、その行政機関が国家主権行使の統治機構に直接的に依拠しない場合は、判定は厳しくなります
要は、国際法的実効支配は、国権に基づく行為の判定になるわけです

>(2)国際法的領有権が成立した上で占拠し、主権を行使すること(他国から抗議を受けているか、紛争が発生しているかは関係ない)

 国際法上に適法化される主権行使であることが重要です。例えば、海洋法の依拠した灯台設置など
住民などの内政権限についても国際法的主権行使の状況であれば国際法的実効支配を認めうるものでしょう


>(3)紛争が発生していない(他国が領有権を主張していない)状態で、占拠し主権を行使している。(国際法的領有権をもっているか否かは関係ない)
 
 本件の回答は困難。これを認めれば南極は実効支配で領有権の主張が成されてしまう
主権の行使といっても、国家主権の行使・国際法上の主権の行使が第一義であって、内政関係の主権の判定では、十分な国際法上の実効支配と論説できないだろう


>(4)その他

 領有に関する紛争がなく、国際法的主権の行使が存在しないが、経済・社会的有意な継続的な行為(政治性の有無は問わない)が確認され、その行為が正当化されうる周辺の主権地域の経済・社会的行動と密接かつ緊密性がある場合において、既存社会の保守の関係から、実効支配を補足的に追認することが可能・・・これは学説ですが

なお、主権国家の判定においては、承認説ではなく、非承認説の余地も十分ある不可思議も指摘されうるので、”台湾の実効支配”という概念は存在しえる危険がある

なお、領有権の伴わない実効支配の判定基準は存在する
例えば、特定国家政府と反政府活動の内乱状態においての実効支配の判定である
実際にマスコミなどが評論する実効支配は、上記した内乱状態での実効支配の話と解するのが妥当に思える

国際法上の定義は存在しない・・というのが厳密な回答です

そもそも、実効支配という法的概念が存在しない、というのが実相です

過去の判定事例から論説しておきましょう

>(1)軍事力により占拠、支配している

軍隊などの対外的支配力を持っている行政機構では、暫定的な主権行使に過ぎないので、実効支配とは断言されていません
もっとも、暫定状況が長期化・実体化することから実効支配と解する余地はあるでしょう
ちなみに、軍事力というニアンスでいえば、沿岸警備隊・警察機構などの継続的支配を実効...続きを読む

Q国際慣習法の成立要件

「国際法の成立要件について、判例を踏まえて論ぜよ。」という問題があるのですが、どう論述したらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

国際法においては、慣習国際法は条約と並ぶ重要な法源の一つであり、実際、長い間不文法として法規範性を有していた。なお、国際司法裁判所規程38条1項bによると、国際法の法源として「法として認められた一般慣行の証拠としての国際慣習」(international custom, as evidence of a general practice accepted as law) を準則として適用するとされている。

慣習国際法が成立する要件としては、同様の実行が反復継続されることにより一般性を有するに至ること(一般慣行, consuetudo)と、国家その他の国際法の主体が当該実行を国際法上適合するものと認識し確信して行うこと(法的確信, opinio juris sive necessitatis)の二つが必要であると考えるのが一般的である。

もっとも、前者の要件については、いかなる範囲の国家によって、どの程度実行されていれば要件を満たすのかにつき問題となることが多く、後者の要件についても、関係機関の内面的な過程を探求することはほとんど不可能であるため、外面的な一般慣行から推論せざるを得ないことが多い。

例を出すと、平和時の公海における航行権、軍艦の優先通行権が挙げられる。ただ軍艦の優先通行権については、海上自衛隊所属のイージス艦と漁船とが衝突して発生した海難事故では軍艦の優先通行権については考慮されてない(と思うけど判決文良く読んでね)。世界的には一般慣行して軍艦に敬意を評して優先通行とされて反復行動されているが国際法及び国内法の船通行方法が優先とされる。

 まずは、判例を集めて分析することですな・・・・

 

国際法においては、慣習国際法は条約と並ぶ重要な法源の一つであり、実際、長い間不文法として法規範性を有していた。なお、国際司法裁判所規程38条1項bによると、国際法の法源として「法として認められた一般慣行の証拠としての国際慣習」(international custom, as evidence of a general practice accepted as law) を準則として適用するとされている。

慣習国際法が成立する要件としては、同様の実行が反復継続されることにより一般性を有するに至ること(一般慣行, consuetudo)と、国家その他の国際法の主...続きを読む

Q普遍性の要請と一体性の要請と解釈宣言

普遍性の要請、一体性の要請、解釈宣言の意味が分からないので教えてください。

Aベストアンサー

 国際法のことを言っているのかな。おそらくは、条約成立に際しての留保とか、解釈宣言とか。それと、条約の普遍性確保のことかな。

 私は専門外なので詳しく説明できません。ただ、国際法なら基本的な内容だったと記憶しているので、図書館なんかで簡単に調べられますよ。

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む


人気Q&Aランキング