私は大学4年生です。
 卒業論文で「ドイツの環境問題」について書くので、現在一生懸命資料探しして
マース!
 そこで、いい資料、本でも、ホームページでもなんでもいいので教えてください。なるべく新しい資料がうれしいです。

 私の卒論にどうかご協力あれ♪

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

回答にはなりませんが、アドバイスを一つ。



環境ラベル「Blue Angel」に関して調べてみて下さい。
ネットサーフィンでも分かりますが、資料送付依頼も可能な筈です。

ドイツの環境規制で小生が知っているのはこれだけです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフロンのオゾン層破壊に対する環境問題について

フロンはどのくらいの時間をかけてオゾン層に到達するのか教えてください。
あとフロンが上空に上がっていくのは密度が小さいからということでいいですか??
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確にはわかりませんが、成層圏にフロンが到達するのは数年と言われています。
フロンは空気よりも比重は重いです。ですから、フロンが上空にあがるのは、ヘリウムを詰めた風船があがるのとは少し違います。科学的には少し不正確かもしれませんが、空気の動きによって上空まで運ばれると考えてください。

フロンは非常に化学的に安定で、対流圏(成層圏の下、私たちがいるところです)で分解されにくいため、成層圏まで到達してしまうのですね。仮にすぐ分解されてしまうならば、オゾン層を直接破壊することはないでしょう。

Q火事の時に煙をなるべくすわないようにするには

通常ハンカチのようなものを口に当てるように言われますが、これは効果的なのでしょうか?
さらに効果的な方法というのはないのでしょうか?
詳しい方お待ちしてます。

Aベストアンサー

火災の際には、気体が加熱されている関係で、発生した煙やガス(二酸化炭素やその他の有毒ガス)は、上方へ移動する傾向があります。そのため、それらのガスを吸わない様にするためには、姿勢を低くすのが一番よい方法だと思います。また、物が燃焼し続けるためには、酸素が必要で、火災が続いている間は、どこからか、空気の供給がなされていると考えられます。その空気は、加熱されているガスに比べて温度が低いので、低いところを流れていくと考えられます。ですから、密閉された室内でない限り、空気が、下方を流れていくと、考えられますので、その意味でも姿勢を低くするのは、かなり、安全な方法だと思えます。なお、火災の際には、二酸化炭素以外にも、塩化水素やシアン酸などのかなり毒性の高い気体が発生します。ここに上げた2種類の気体は、水に溶けるので、ハンカチを水せしめらせて、口に当てると、かなり効果的に取り除けると思います。不幸にして、火災に遭遇してしまった場合は、身近に、水がないかもしれませんが、火災現場から逃げるという短時間のことを想定すれば、飲みかけのジュースやお茶などで、湿らせてもよいのではなかと思います。
 ところで、二酸化炭素ですが、大量にあると呼吸困難や意識の喪失を生じさせます。一般に二酸化炭素は毒性はないと言われていますが、そうではありません。これに関する事故で、干し草などを保管してあるタンクの中に入って底に二酸化炭素がたまっていたために死亡する事故もあります。ただし、これも密閉した空間でのことです。

火災の際には、気体が加熱されている関係で、発生した煙やガス(二酸化炭素やその他の有毒ガス)は、上方へ移動する傾向があります。そのため、それらのガスを吸わない様にするためには、姿勢を低くすのが一番よい方法だと思います。また、物が燃焼し続けるためには、酸素が必要で、火災が続いている間は、どこからか、空気の供給がなされていると考えられます。その空気は、加熱されているガスに比べて温度が低いので、低いところを流れていくと考えられます。ですから、密閉された室内でない限り、空気が、下方...続きを読む

Q環境問題についてのレポートの書き方が解りません!!

私は、環境問題について調べたいのですが、どうやって調べれば良いのか解りません!
えっと、しらべたいことは「ダイオキシンやオゾン層破壊」と言う題名なんです。
お願いします。

Aベストアンサー

廃棄物関係のコンサルティングをしております者です。
ご参考までに申し上げます。

環境問題として考える場合、ダイオキシン(正確にはダイオキシン類です。以下DXNとします。)とオゾン層破壊というテーマはあまりよくないと思います。そもそも、環境問題とは、どの環境の問題なのでしょうか。地球ですか?人体ですか?工場などの周辺環境ですか?

地球環境として考えるのであれば、今は地球温暖化がキーワードです。人体であれば、環境ホルモンであり、DXNは環境ホルモンの一部と考えることができます。(人体へのDXN取り込みのほとんどは食品由来といわれています。)また、オゾン層破壊がもたらす紫外線照射による皮膚ガンと関連付けもできるかもしれません。工場などの周辺環境であれば、いわゆる公害(典型7公害で検索してみて下さい。)からまとめるとよいでしょう。ただし、DXNは大気汚染、土壌汚染問題として取り上げることができます。

「ダイオキシンやオゾン層破壊」という題名は、miku1833さんが考えたのですか?与えられたテーマですか?前者であれば、上記意見を参考に再考してみてはいかがですか。与えられたテーマであれば、仕方がないので人体に与える影響という観点でまとめてみてはどうでしょう。ごみ処理問題としても扱えそうですが、こみ処理問題の本質ではないのでよくないと思います。

調べるヒントとして、次のことを参考にしてみては?
DXN:ベトナム戦争、枯葉剤、ごみ焼却、農薬、食品由来
オゾン層破壊:フロン、エアコン・冷蔵庫の冷媒

廃棄物関係のコンサルティングをしております者です。
ご参考までに申し上げます。

環境問題として考える場合、ダイオキシン(正確にはダイオキシン類です。以下DXNとします。)とオゾン層破壊というテーマはあまりよくないと思います。そもそも、環境問題とは、どの環境の問題なのでしょうか。地球ですか?人体ですか?工場などの周辺環境ですか?

地球環境として考えるのであれば、今は地球温暖化がキーワードです。人体であれば、環境ホルモンであり、DXNは環境ホルモンの一部と考えることができ...続きを読む

Q一般家庭の二酸化炭素排出量ってわかりますか?? グラフとかあればうれし

一般家庭の二酸化炭素排出量ってわかりますか?? グラフとかあればうれしいです!!

Aベストアンサー

東京電力のCO2家計簿
http://www.tepore.com/co2diet/kakeibo.htm
自宅はもちろん同程度の家庭との比較も出来ます

参考URL:http://www.tepore.com/co2diet/kakeibo.htm

Q10年前の環境問題、オゾン、酸性雨は?

10年前の環境問題、オゾン、酸性雨は?
現在はCO2による地球温暖化が問題になっていますが10年前はフロンガスによるオゾン層の破壊と窒素酸化物による酸性雨が問題でした。
この二つは現在あまり問題にされませんが、改善されつつあるのでしょうか?

Aベストアンサー

昨日かおとといくらいの新聞に載っていたと思うのですが、オゾンホールは歯止めがかかり回復傾向にあるそうです。ただ,元通りに回復するのは2050年くらい(だったか?記憶が曖昧ですみません)と出ていた気がします。

酸性雨については分かりませんが、最近の調査ではホルムアルデヒドが含まれているようです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100916-00000065-mai-soci

Q海外の植林への協力方法

温暖化について気になっています。
日々の生活の中でできること--なるべく自動車を使わない、
割り箸をつかわない、電気をこまめに消す、なるべくお湯を使わない、
マイバッグをもつ--など、小さなことですが、実践できることから
はじめていますが、なんとなくもどかしいような気もしています。
温暖化防止のために、大規模な植林が効果的では、という記述を読みま
した。まだ小さい子どもを抱えているので、家にいながら、一主婦の私
でも(海外の)植林に協力できる活動や組織などないかしら、と思い投
稿しました。募金などありましたらおしえてください。

Aベストアンサー

もどかしいかもしれませんが、普段実践してる小さな事の積み重ねが
募金よりも重要だと思います。
加えて言うと、
・木製品は国内産のものをつかう
・割り箸の積極利用(ただし、スギの割り箸のみ!)
・これらのことをご近所や友達にも勧めていく

Q理科のオゾン層

いつも大変おせわになっています。

地球環境問題について調べ・勉強しているのですが、
「オゾン層を構成している物質の原子の記号はO」
という本の一文の意味がよく分かりませんでした。
これについて教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

オゾン層を構成しているオゾンは
(というよりもオゾンの濃度が
 高いからオゾン層と呼ばれている)
酸素原子(元素記号O)が3個結合したものです(O3)。
つまりはそういうことだと思います。

ちなみに酸素は酸素原子が2個結合したものです(O2)。

Q海があれているときその内部は?

海の表面ががあれているときその内部はどうなっているのでしょうか?=
あれている海の中にいる魚にとって嵐というのはどのくらいの災難になるのでしょうか?

Aベストアンサー

波のあるとき、水の粒子は円運動を描いています。これは、海に浮き輪があったときの、その浮き輪の動きを思い出していただければ良いと思います。浮き輪は波に押されて海岸まで流されることはなく、波(の山)がきたとき、上に持ち上げられつつ、少し海岸側へ移動します。波の山が超えたあとは、浮き輪は今度は下に落ちつつ沖のほうへ流れ、元の位置に戻ります。
つまり、海の表面がどんなに荒れていても、水の動き自体は、じつは波の高さと同じ位の直径の円を描くように動いているだけなのです。
海の表面から水中に行くにしたがって、たぶん摩擦かなんかのために、水の粒子が描く円の直径はどんどん小さくなるので、波の高さの何倍か水中に行くと、ほとんど動きがなくなります。
というわけで、浅い海では荒れた海は大災難ですが、少し深くなると、大した影響はありません。

Q二酸化炭素がオゾン層破壊?

二酸化炭素がオゾン層を破壊していると聞きますが、空気中での分子量が比較的高い二酸化炭素(44)がオゾン層まで上っていくのでしょうか?重い気体は比較的低いところに留まると思うのですが。また、どのように二酸化炭素がオゾン層を破壊するのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、オゾン層を破壊しているのは古いくエアコンや、冷蔵庫の冷媒として利用されている塩素を含む「フロン」です。
二酸化炭素にはオゾン層を破壊する働きはありません。

二酸化炭素は地球から外へ出るはずの熱を通るのを妨げる性質があります。そのため、地球には多くの熱がたまって気温の上昇などにつながります。
そこから、二酸化炭素は「温室効果ガス」と言われるのです。

フロンも温室効果ガスの一種ですのでそこで混同しているのかと思います。

QCOP3に対する通産省の報道資料について

地球温暖化についてこれまで日本はどういう対策を取っていたのかを知りたくて調べている途中です。
http://www.meti.go.jp/press/olddate/energy/t71212d1.html
のサイトで見たのですが、平成9年12月12日のものです。

最後のほうに発展途上国について、「今後温室効果ガスの排出量の増加が予想される発展途上国における取組の一層の促進を図る。」とあります。
COP3では先進国の二酸化炭素排出量削減が課題であって、途上国にはなにも課せられていなかったはずだと思うのですが。
(勉強不足でしたら申し訳ありません・・・)
ここでどうして途上国について記述されているのか教えていただきたいです。
また、温暖化に関することで「お前これくらいは知っとけよ」というものがあればそれもお願いします。

一応考えてはみたのですが、海外進出している企業に対してのものなのだろうかと。しかし、そういう企業が海外で削減したものについてはどこの削減目標にはいるんでしょうか?

Aベストアンサー

何方からも回答がないようなので,ご参考です。
>地球温暖化についてこれまで日本はどういう対策を取っていたのかを知りたくて調べている途中です。
>..のサイトで見たのですが、平成9年12月12日のものです。
 ⇒●調査資料は報道発表のみですか?10年前の報道を調べて何をしたいのか疑問です?COP3に関連したサイトは多いにもかかわらず...
 ⇒●ご指定のサイトでの発表を要約すると、
  (1):京都会議(COP3)が終了し、温室効果ガス排出量の削減目標につき国際合意が成立した。
  (2):今後日本は関係省庁との緊密な連携の下、地球温暖化防止策の具体化を図り、..対策を実施する。
  (3):具体策として 
    【9.今後温室効果ガスの排出量の増加が予想される発展途上国における取組の一層の促進を図る。】
>ここでどうして途上国について記述されているのか教えていただきたいです。
 ⇒●過去の報道発表には多くの目的があったと思います。
   →◎:他の省庁の関連を探すと  http://www.mofa.go.jp/Mofaj/gaiko/kankyo/oda.html
    【…1997年12月の気候変動枠組条約第3回締約国会議 (COP3)の機会に我が国が発表した京都イニシアティブを受けて、
     温暖化対策関連分野・約7,400億円の温暖化対策関連の円借款を実施している。】
>一応考えてはみたのですが、海外進出している企業に対して...
 ⇒●”【発展途上国】と言われている削減義務のない国に日本が環境援助を行い手助けをしよう”ということ(日本の税金で)ではないでしょうか?
◎余談ですが、
 通産省⇒現在は経済産業省です。下記サイトでわかり易く解説したところがあります。(参考まで)、
 http://www.enecho.meti.go.jp/topics/hakusho/enehaku-kaisetu/kaisetu/07.htm    以 上

何方からも回答がないようなので,ご参考です。
>地球温暖化についてこれまで日本はどういう対策を取っていたのかを知りたくて調べている途中です。
>..のサイトで見たのですが、平成9年12月12日のものです。
 ⇒●調査資料は報道発表のみですか?10年前の報道を調べて何をしたいのか疑問です?COP3に関連したサイトは多いにもかかわらず...
 ⇒●ご指定のサイトでの発表を要約すると、
  (1):京都会議(COP3)が終了し、温室効果ガス排出量の削減目標につき国際合意が成立した。
  (2):今後日本は関係...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報