90年式VWゴルフに乗っています。
雨が降っている夜に走行中、エアコンをつけた時(気のせいかもしれませんが)
エンジンルームのほうからキュルキュルという音がし、バッテリー警告灯と
CAT(???)警告灯が3秒ぐらい点灯しました。
車を降りてみたところ、弱ライトの時、片方が消えていました。
そのあとは警戒してエアコン、ステレオ等なにもつけずに
無事に帰りつきました。
そこで質問なんですが、修理にだすのは急いだほうがいいのでしょうか?
それともしばらくの間このまま様子を見てもいいのでしょうか?
できればなぜこうなるのか原因も知りたいのですが・・・。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


結論から言えば、早急に見てもらった方がいいと思います。
車の電気系のトラブルは、ほとんど夜の雨の日に生じます。この時、ランプは全開、ワイパー全開、曇り止めでヒーター、エアコン全開という訳で、車の電気系にとって最も過酷な条件なのです。私も同様の気象条件の時、オルタネーターが壊れて、電気系スモールランプ以外すべてオフにして、バッテリーだけのエネルギーで恐る恐る家路についたことがありました。翌朝は、1mmも動きませんでした。
キュルキュルという音は、確かにベルトのキシミ音と考えるのが妥当です。オルタネーターに負荷がかかると、駆動も重たくなりますからキシミ音も出るかもしれません。キシミが出たからすぐ故障というわけではなくて、張りや傷などの警告だと思ってください。それよりもバッテリー警告灯の方がコワイ。バッテリかオルタネーターがばて始めているのかもしれません。猛暑は、バッテリーの能力が低下します。夏までに見てもらった方がいいと思います。いつ止まるかと思うと精神的にイヤですものね。ぜひぜひ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく参考になりました。
明日、私も朝車の状態を見てみます。
すごく大好きな車なので早く復活するように精一杯修理します。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/24 01:18

ベルト類の異常かと思われます。


キュルキュルという音がするときはたいがい、ベルトが滑ったときのものです。
「ベルトが劣化(硬化)していないか?」「ベルトの張りが弱くないか?」を
早急にチェックしてもらった方がいいと思います。(最悪、走行不能になります)

電装系に異常が出たようですからおそらくオルタネータを動かすベルトが滑った
のでしょう。発電容量が確保できずにバッテリー電圧が落ち、警告灯がついたり
したのだと思われます。
エアコンは大電力を消費しますから、オルタネータに急激に負荷がかかってベルト
が滑ったのではないでしょうか。

ただ、エアコンとステレオ程度でそんなに負荷が増すのもおかしいので、電装系の
総チェックをした方がいいかもしれません。(リレーが弱ったために電力の供給が
正常にできなかったり、バッテリーが弱っててオルタネータ頼りになってたりして
るかもしれませんので・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
とても心配でこまってました。
早急にベルト類のチェックに行きます。
まだ車を買ってまもなくて何もかもがわからない初心者なので
とてもたすかりました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/06/24 01:04

ファンベルト等のベルト類に異常はないですか?


 ・テンションが弱いとか
 ・クラックが入っているとか

エンジンルームから
キュルキュルって何か滑っているような音が聞こえる場合は
たいていその当たりのはずやけど?

ベルトのテンションが弱かったりしたら、
オルタネーター(発電機)も上手く回らず充電不良の元にもなる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返事ありがとうございます。
ベルト類のチェックをしてみます。
原因がわかり少し安心しました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/24 01:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOS 25F ABCエンジンのコンロッドの向きについて

ベアリング交換のため解体したのですがコンロッドに向きがある事にきずきました。潤滑穴が前寄りなのか後ろ寄りなのか解りません。
ご存知の方は、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

コンロッドのクランクピン側に圧入してあるブッシュの穴の内側の角が片側だけ面取りしてあると思います。
面取りしていない面をバックプレート側に組みます。

Q回転灯(警告灯)の色の意味

パトカーなどの緊急車両に点いている赤色回転灯(警告灯)、工事車両などに点いている黄色回転灯(警告灯)などありますが、ほかに、青色、緑色、紫色がある(wikipediaより)ということなんですが、今一度、その色の意味を教えてください。

Aベストアンサー

http://www.patlite.co.jp/saiyojoho/patlite/01.html

簡単にですがURLにでていますから見てください。

Qエンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか

エンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか。

オイルクーラーのコアが右フェンダー内に設置済みなのですが、
ホースとブロックはオイルブロックに取り付けず、
エンジンルーム内の適当な場所に固定してあります。
※詳細は画像を参照願います。

やはり『コアのみ残し、ホース以降は一時的に外す』などの対策が必要になりますでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

車検自体は、エンジン関係で言えば排気ガスを悪化させない改造、オイル漏れなどの問題がなければ まず通ります。
不正改造でなく オイル漏れや水漏れ 排気ガスが規定内なら エンジン関係の検査は、まず通りますよ。

ただし 写真を拝見して 気になったのは、固定されていない点。
また 干渉部分を軍手らしき可燃物で覆っている点。
もし 振動等で、保護しているものが破れ マスターバック(制動倍力装置)につながる太い負圧ホースやその他のホース類 燃料系のパイプ ホース等に当たってしまったら非常に危険ですから ボルト等で確りと固定することをお勧めします。

位置からして その危険が今後考えられますから、是非この機会に固定して置いて下さい。

QホンダオデッセイでSRS警告灯

ホンダオデッセイを7年乗っています。走行距離は10万を超えました。
表題のように「SRS警告灯」が点灯したままになってしまいました。
これは、どういう警告なのでしょうか。
走行距離と連動していて、10万キロなので表示されているのでしょうか。
(解説書に10万キロで点検を受けること、とあります)
会社のシビックは12万キロを超えているのに警告灯は表示しません。
また、点検費用はどのくらい必要で、なにか部品などがまずければいくらくらいかかるものでしょうか。点灯したままでもOKでしょうか。
SRS機能を使わないということであればどのようにすればいいでしょうか。
心配しているのは、このままでいけば突然に「エアバック」が開いてしまわないかということです。

Aベストアンサー

SRSというのはお察しの通りエアバック関係ですね
メーター周りの警告灯はシートベルトを除き
消えていなければいけません。

突然開くことはないですが 反対にぶつかったときに
開かないという可能性もありますので
取り説とおり点検を受ける事をお勧めします。
金額はディーラーに聞いた方がいいでしょう
そんなに高くはないはずです。

Qカブのエンジンの50→110ボアアップについて

カブの49ccのエンジンにうちにある107ccのカブ系エンジンのヘッドを載せれるか検討しています。
そのまま、ヘッドとピストン周りだけで載せ代え可能でしょうか?
腰下もコンロッド等、総交換になるでしょうか?
載せ代えした事のある方、または検討した事ある方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

75ccにしておくのが無難だよ~。

Q警告灯:オイル?バッテリー?

平成5年式のRVRスポーツギアに乗っています。
昼間乗っている時は気が付かないのですが、夜になるのと1つの警告灯がついているのに気が付きました。

] [__
|~~~|
|__________|

↑こんな感じのランプがついているんですが(わかりにくくてすいません)、これはオイル交換の警告灯ですか?バッテリー液補充の警告灯ですか?他の何かでしょうか?
説明書が付いていなかったので、よくわかりません。
また、交換は自分で出来ますか?どういうオイル(またはバッテリー液?)を買えばいいんでしょうか?純正のものでいいんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

上手いですねー。こうゆう表現の仕方もあるんだなと。
バッテリーよりもラジエーターの冷却水のような気がします。
ラジエーターからつながっているリザーバータンクの液体が、側面などに書いてある、『MIN』などのライン以下だったら、補給してください。補給するのは普通、LLCと呼ばれる『ロングライフクーラント』ようするにラジエータ液ですね。ウィンドウォッシャーと似たような大きさや形の入れ物に入っていて、300円くらいで売られている、んじゃなかったかな?
いずれにしても、リザーバータンクの確認が必要ですね。補給はたいていはこちらのリザーバータンクから行うようです。間違ってもラジエーターキャップは開けない方が(特にあったかいうちは)無難でしょう。

Qエンジンコンディショナーでウォーターハンマー的現象

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいとは思っていましたが、
いつものセルが回る軽快な「チチチチ」という音ではなく、
「ドゥルン、ドゥルン」という感じで軽い上下振動を伴い
低い回転数で鈍く回転したのち、エンジンがかかりました。
セルがとまることはありませんでした。

これはエンジンコンディショナー排出不十分で起きた
ウォーターハンマー的な現象だと思うのですが、
車の状態は、距離にして50kmほどアイドリング回転数(600rpm程度)から
5000rpm程度(レッドは7000rpm)まで実走行してみましたが、
どの回転数でも異常振動など感じられず、吹け上がりもスムーズです。
アイドリングの不安定さも見られません。

気になるのは、今回のことでコンロッドがゆがんでしまったのではとか、
コンロッドの最弱部にダメージがのこり、数年のうちにエンジンブローにつながるのでは
と心配が残ってしまいました。

エンジン再始動時のクランキング時には、
音から判断して各気筒とも燃焼はしていなかったと思います。

今回の現象からエンジンダメージの程度予想をいただきたいのですが、
よろしくお願いします。
(気になるのはセルの力だけでエンジン各所にダメージをきたすことはあるのでしょうか。)

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいと...続きを読む

Aベストアンサー

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これはガソリン以外の燃料(もしくは不燃物)を含んだ状態の混合気に点火するために正常な燃焼とならずフィードバック機能も想定外の物質を含んでいるために正しく動作しなかった可能性があるため、一時的な異常な燃焼状態となったためでしょう。

実際にウォーターハンマーでエンジンが破損する場合は、ほぼ瞬間的に起こります。またガソリンエンジンでは比較的おきにくい現象です。これはガソリンエンジンは破壊を起こすフライホイールマス自体がそれほど大きくないこと、もともとの圧縮比がそれほど大きくないこと、燃焼室内や吸気管ないぶに水などの液体の進入が有ると点火ができなくなりエンジンの運転自体ができなくなるからです。そのためガソリン車は管水路に突っ込んだ場合などでもウォーターハンマーによるエンジンの破損は意外と起きないのです。一方ディーゼルエンジンではフライホイールマス自体が大きい上に圧縮費も高く、液体が混入しても断熱圧縮による温度が十分に上昇しある程度の空気が有れば燃焼を続けられるので、エンジン運転中に液体を吸い込むなどするとかなりの確率でコンロッドの折損やクランクシャフトの捩れなどの大きな損傷を受けます。


私の手がけた限りガソリンエンジンでのウォーターハンマーが原因でエンジン破損にいたった実例はガソリン車では、インテークマニホールドのガスケットが破損(組み付け不良)により、高速道路走行中に冷却水がシリンダー内部に流れ込み、コンロッドの折損およびシリンダーブロックの破損を招いた一例だけです。


まぁ、スターターで回せる程度であれば液体が残っていても何の問題も無いということです。

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これ...続きを読む

Q自動車の様々な警告灯の取付義務について

こんにちは、どなたかご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。

 自動車(もっと限定すると普通乗用車)のメーターパネルの中を覗くと、様々な警告灯が有りますよね。エンジンに関する警告灯に水温警告灯、シートベルト警告灯、ドア開、シートベルト非装着、サイドブレーキ警告etc・・・。
 これらの表示灯は法律で定められたものなのでしょうか。もっと極端に言いますと、これらが無い、或いは故障灯により当該事態が発生した際に点灯しない状態であったとすると、車検不合格、または道路運送車両法違反による処罰の対象となるのでしょうか。
 一応、同法の自動車の保安基準をざっくり目を通しましたが、計器類の設置義務は速度計と走行距離計には有るというのは見つけたのですが、その他のものは見つかりませんでした。
 てことは、その他の表示って何処まで必要なんでしょう?メーターパネル内に有る様々な計器や表示灯のうち、法律上必要最低限のものたちって、私が上げた速度計と走行距離計のほかに何があるのでしょうか?

くだらない質問ですが、どなたかお詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

こんにちは、どなたかご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。

 自動車(もっと限定すると普通乗用車)のメーターパネルの中を覗くと、様々な警告灯が有りますよね。エンジンに関する警告灯に水温警告灯、シートベルト警告灯、ドア開、シートベルト非装着、サイドブレーキ警告etc・・・。
 これらの表示灯は法律で定められたものなのでしょうか。もっと極端に言いますと、これらが無い、或いは故障灯により当該事態が発生した際に点灯しない状態であったとすると、車検不合格、または道路運送車両法違...続きを読む

Aベストアンサー

法律上必要最低限のものだけつけても
国土交通省は認可しません。

従来付いているものや
取り付けのが望ましいと
判断されるモノについては
取り付けを指導されます。

法を元にしながら
実際には
省内の判断基準で運用されています。

法律論になりますが
法の運用とはそのようになっています。

Q水平対向エンジンはどうやって

一度も購入したことも、いじったことも、整備書見た事もありませんが水平対向
エンジンはどうやってメインベアリングキャップを締めるんでしょうか?
組み立て順もクランクにコンロッド・ピストン

着けてから両シリンダーを合わせる?感じ?結構なぞです。詳しい方御願いします。

Aベストアンサー

モナカ
http://minkara.carview.co.jp/userid/271921/car/165727/395405/note.aspx

Q燃料警告灯

質問いたします。

なんの不満も無いのですが、ふと疑問に思ったことを…
燃料(残量)警告灯についてなのですが、今の車に乗り換えて『一度点いたら点きっぱなし』です。

前の車と、またその前の車にも燃料警告灯はありましたが、ボヤ~ッと点いたり、カーブを曲がれば消えたりしてました。
これはタンク内にあるセンサーが、液面から出たり隠れたりするからだと分かってましたし、納得もしてました。

しかし、今の車はカーブを曲がろうが坂道を登ろうが点いたら点きっぱなしです。
燃料警告灯のセンサー自体に、なにかの仕様変更とか技術革新とかあったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的に、残量警告灯付きの車両は、フューエルタンク内にフロートの他に、警告灯用のセンサーが付いています。このセンサーには少量の電流が流れているのですが、警告灯を点灯させるだけの電流量ではありません。
ガソリンが少なくなって油面から顔を出すと熱を持ち抵抗値が下がる為、更に電流が流れるようになり警告灯を点灯させます。そして坂道やカーブでガソリンがかかると冷えて消灯→点灯を繰り返します。
恐らく、この構造は変わっていない様に思うのですが、受信側(警告灯側)にメーカーが細工してきたのではないでしょうか?
例えば、燃料計がデジタル表示の車両で、燃料満タンからいくらか抜いても表示は満タンのままです。しばらく走ってしると一気に表示が下がります。しかし、タンク内の構造は同じです。
一昔前は受信部→表示部(直結)だったのが、受信部→ユニット→表示部といった具合に間に回路を設けるように変わってきているのではないでしょうか。他の部分でもあります。ドアを開けた時に点くルームランプなんかもそうです。最近の車は、間にボディーコンピューターがかんでたりします。
下の方の回答内容ははじめて聞く内容なので、私の方が勉強不足だったらごめんなさい。

一般的に、残量警告灯付きの車両は、フューエルタンク内にフロートの他に、警告灯用のセンサーが付いています。このセンサーには少量の電流が流れているのですが、警告灯を点灯させるだけの電流量ではありません。
ガソリンが少なくなって油面から顔を出すと熱を持ち抵抗値が下がる為、更に電流が流れるようになり警告灯を点灯させます。そして坂道やカーブでガソリンがかかると冷えて消灯→点灯を繰り返します。
恐らく、この構造は変わっていない様に思うのですが、受信側(警告灯側)にメーカーが細工してきた...続きを読む


人気Q&Aランキング