公務員試験地方上級(関東型)で出た問題です。
流水算の応用で良いのか分からなかったので、質問します。

問題の概略は以下の通りでした。
「A・Bの2名が長さl(エル)の動く歩道に乗っていた。Aが動く歩道の入口に忘れ物をしたことに気がついたので、Aは動く歩道を出て反対方向に走って戻り、Bは動く歩道を逆走したところ、2人は同時に入口についた。2人の走る速さは同じで、歩道の速さの3倍であった。A・Bが忘れ物に気づいて走り始めたときの、動く歩道の入口までの距離を求めよ。ただし、歩道の幅は考慮しないものとする。」

(復元問題ではありませんが、このような主旨です。また、動く歩道(直線)の図が書いてありましたが、省略しました。)

要は動く歩道にどれぐらいの長さまで乗って、走り出したかということです。
私の答えは(2/3)lと出ましたが、正確な答えを知りたいので、解法がわかる方、ご教示下さい。
選択肢には(7/9)l、(5/9)lなどがあったと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は(7/9)lとでました。


気づいた地点を入り口からyの地点とし、動く歩道の速さをxとすると、
Bの速さは2xで逆走してることになり、Aは4xで出口までいって、そこからは3xで入り口へ戻りますね。
式は
y/2x=(l-y)/4x+l/3x
これを解くと
y=(7/9)lになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすくて良かったです。
私の考えている方法と同じでしたが、やはり私の計算ミスだったようです。
流水算の応用で良かったと分かって、ホッとしています。

たかが1問、されど1問かも知れませんが、終わったことは仕方がありません(体調もよくない中で2時間の道中、試験会場まで行けただけでもよしとしないと)。
次週の国家公務員2種試験に向けて、流水算のやり直しです。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/24 18:42

この条件では、Aがいた場所から入り口までの距離と、Bがいた場所から入り口までの距離の比(3:2)は出ても、具体的な距離は出ないと思うのですが。

この回答への補足

すみません。AとBは一緒に乗っていて、同じ場所から駆け出したという設定です。

補足日時:2001/06/24 18:34
    • good
    • 0

歩道の始点から2人が走り出した位置までをx、歩道の速度をvとします。



Aが始点まで戻った時間は
 「歩道の終点まで走った時間」+「歩道の終点から始点まで走った時間」
ですから、
 {(l-x)/(3v+v)}+(l/3v) ・・・(1)

一方、Bが始点まで戻った時間は
 「歩道の始点までの時間」
ですから、
 {x/(3v-v)} ・・・(2)

(1)と(2)が等しかったので

 {(l-x)/4v}+(l/3v)=x/2v
両辺に12vをかけると、
 3(l-x)+4l=6x
  3l-3x+4l-6x=0
  7l-9x=0
よって、x=(7/9)l

となると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答に感謝します。動く歩道なんて、都庁に向かう途中に乗った以外は経験ありませんでしたから、実感が沸きませんでした。
(設問中の「逆走する」という発想もすごいですが)

やはり、手を動かして自分で考えてみないとダメだということが分かりました。
文字を使うタイミング、そして的確な文字の使い方がなされないとうまく行かないということを、今日身をもって知りました。
経済学のような簡単な計算では、数的処理はできませんね。
改めて、復習してみたいと思います。

次週の試験までにはつぶしておきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/24 18:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q動く歩道の問題

「全長200mの動く歩道がある。この歩道は、床が一定方向に一定の速さで動く。行きは歩道を40秒で渡りきり、帰りは歩道の動く向きと逆向きに歩いて200秒かかった。歩く速さは一定であるとして、行きにかかる時間を半分にするためには、歩道の速さを何倍にすればよいか求めよ。」

こちらの問題が分かる方はいらっしゃいますか?また、どのような方法で答えを導き出せばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

歩く速さをa、歩道の速さをb と置けば、
合成後の行きの速さはa+b、帰りの速さはa-b

速さは距離を時間で割ったものなので、
a+b = 200/40 = 5 m/s
a-b = 200/200 = 1 m/s

2つの式を足し算して、bを消去する
2a=5+1
a=3 m/s

行きの時間を半分にするには、歩道の速さをcと置けば、
3+c = 200/20 = 10 m/s
よって
c=


というわけで、
歩道の速さcは、人が歩く速さ3m/sの2倍以上なので、
逆向きに歩いても前進できない、という結果になりました。(笑)

Q数的推理 速さ・時間・距離の簡単な解き方

XやYと置くやり方で解くのが参考書に載っているやり方かと思います。

しかし、もっと簡単に解けないのかと調べてみると、比を利用して解くというやり方を見付けました。

ですが、そこに載っていた解き方の説明が大まか過ぎて、よくわかりません。

下の問題なのですが、どういう考え方なのか、ご教授お願い致します。


A町からB町に向って一定の速さで歩いている人が、A町発B町行きのバスに7分ごとに追い越され、B町発A町行きのバスに5分ごとに出会った。
このバスはA町行き、B町行きともに等速度で走り、等間隔で運行しているものとすると、バスは何分何秒ごとに発車しているか。
  
 1.5分40秒
 2.5分50秒               
 3.6分00秒               
 4.6分10秒      
 5.6分20秒                   


答え、 2        


【速い解き方】(↓この途中式の解説をお願い致します)

 (7+5)÷2=6
 (7-5)÷2=1
 (6+1)×5÷6=5と5/6  よって5分50秒

XやYと置くやり方で解くのが参考書に載っているやり方かと思います。

しかし、もっと簡単に解けないのかと調べてみると、比を利用して解くというやり方を見付けました。

ですが、そこに載っていた解き方の説明が大まか過ぎて、よくわかりません。

下の問題なのですが、どういう考え方なのか、ご教授お願い致します。


A町からB町に向って一定の速さで歩いている人が、A町発B町行きのバスに7分ごとに追い越され、B町発A町行きのバスに5分ごとに出会った。
このバスはA町行き、B町行きともに等速度で...続きを読む

Aベストアンサー

#1、#2です。お返事ありがとうございます。

リンク先見ました。教えてくださり、ありがとうございます。

「超高速解法DVDシリーズ」を売るため、というアピールは否めませんね。(背景が、黒でなくて淡いピンクかグリーンにすればいいのに。笑)

アピールは良いと思いますよ。
だってSPIなどの数的処理は時間との勝負で、1問平均60秒目標ですから。

「ほら! たった3行の式で解けちゃう!」
ということだけをアピールしていて、
「詳しくしりたい人・この超高速を身に着けたい人は、DVD買ってね♪」
ということでしょう。
「教えてくれるサイト」ではなかったのが残念! 笑


私は、
#3、#4のredgarberaさんの回答で、完璧だ、と思っているんです。
「XやYと置くやり方で解くのが参考書に載っているやり方かと思います。しかし、もっと簡単に解けないのかと調べてみると、比を利用して解くというやり方を見付けました。」
の完全な答えになっています。
私がredgarberaさんにお礼を言いたいくらいです。
ま、回答者どうしのやり取りは推奨されていないので、差し控えましたけどね。

私が「独自で編み出した「公式」のような気がする」と言ったのは撤回しておきます。redgarberaさんのおっしゃる通り、和差算自体は、中学受験でも数的処理でもよくある手法ですから(例えば、持っているお金とか)。
ただ、
(7+5)÷2=6
(7-5)÷2=1
は明らかに和差算なのに、
速さの比に和差算を適用した、ということの意味を理解できないまま、
こんなやり方頼りにする必要ない(正確には、「筆者は理由を書いておけよ」)と言ってしまったのは恥ずかしいなあ、
と思いました。

検索するとredgarberaさんと同じようなやり方をしている類似問題はたくさんあるようですね。私自身も中学受験の時に習ったような気もします。図に速さの比(それはつまり進んだ距離の比)を書き込む、というのが、正直私の弱点なのかも知れません。

redgarberaさんが画像添付を再度試みると思っているので、私が画像を付けるのは遠慮しました(ある意味私の図の改良版になるのかな、と予想しています)。
私も投稿時にシステムエラーになることがあります。運営に聞くとキャッシュか何かの問題だそうですが、キャッシュクリアしても解決しない場合があります。

あえて速度を分速で出さずに速度を比のまま表すところに妙がありますね。
前言撤回して、理解すれば、なかなか便利な解法だろうと認めます。


まあ、サイトに
  自分の「感覚に合った解法」で勉強する!
とピンク色で書かれていましたから、質問者さんがご自分に合った方法を探すため、いろいろなパターンに触れてみるのは良いことだと思います。時間さえあれば。

ちなみに私なら、比のままでやるやり方を学んだ今になっても、方程式の方を選びます。それは、私にとっては、方程式を避ける理由が特にないし、今回の方程式が割と解きやすいから。

勉強になりました。がんばってください。

#1、#2です。お返事ありがとうございます。

リンク先見ました。教えてくださり、ありがとうございます。

「超高速解法DVDシリーズ」を売るため、というアピールは否めませんね。(背景が、黒でなくて淡いピンクかグリーンにすればいいのに。笑)

アピールは良いと思いますよ。
だってSPIなどの数的処理は時間との勝負で、1問平均60秒目標ですから。

「ほら! たった3行の式で解けちゃう!」
ということだけをアピールしていて、
「詳しくしりたい人・この超高速を身に着けたい人は、DVD買っ...続きを読む

Q○○ゼミ記入→担当教授の名前を記入?

エントリーシートなどでよくゼミ名記入の欄があるのですが、私は今までそのゼミの内容、専攻(例えば『近世文学ゼミ』)の名前を書いていましたが(その方が他の人にも分かりやすいと思って…)、どうやら説明会などで周りを見ていると皆、そのゼミの担当教授の名前(例えば『山田太郎ゼミ』など)を書いているようです。

やはり、この欄には担当教授の名前を書くべきなのでしょうか?
今まで専攻のゼミ名を書いてエントリーシートを提出していたので、心配になって来てしまいました。。

どなたか教えて下さい!よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

結論から言えばどちらでも良いと思います。

担当教授が、その研究分野で知名度が高い場合は
教授名を書いておくと良いような気がします。
また、履歴書の中の自己アピールのような欄に、
これまでの研究について書いていく場合は、
同じく担当教授名を書いておけばよいと思います。

そうでない場合は、あなたがなさってきたように
ゼミの内容を書かれているほうが、面接をする側にとって親切だし、これまで勉強してきた内容をアピールしやすいので良いと思います。

納得のいく就活をしてくださいね☆

Q流水算について

以下の問題についてですが、回答への導き方が分からず困っております。
どなたか、ご教示いただけませんでしょうか。

静水面での速さが一定の模型の船を、円形の流れるプールで水の流れ
と反対の方向に一周させると、水の流れる方向に一周させた場合の2倍の時間を要した。今、模型の船の速さを2分の1にして水の流れる方向にプールを一周させるのに5分を要したとき、この速さで水の流れと反対の方向に一周させるのに要する時間はいくらか。ただし、プールを流れる水の速さは、一定とする。

答え:20分

Aベストアンサー

流水速度 X
船の速度 最初→t その後→0.5t
プールの円周 L
問題文より t>X 
掛け算は「*」で表す

> 反対の方向に一周させると、水の流れる方向に一周させた場合の
> 2倍の時間を要した
この段階ではプールの円周は考えない。
水の流れる方向に進めた時の速度「t+X」が、逆方向に進めたときの速度「t-X」の2倍
 t+X=2*(t-X)
 t+X=2t-2X
 3X=t ・・・(1)

> 模型の船の速さを2分の1にして水の流れる方向にプールを一周させるのに
> 5分を要したとき
 5*(0.5t+X)=L
  (1)を代入した上で、式を展開していく
 5(0.5*3X+X)=L
 5*2.5X=L
 12.5X=L ・・・(2)

> この速さで水の流れと反対の方向に一周させるのに要する時間はいくらか。
 所要時間をYと置く。
 所要時間は 距離÷速度 で算出することが出来るので、Y=L÷(0.5t-X)と表せる。
 Y=L÷(0.5t-X)
  (1)と(2)を代入した上で、式を展開していく
 Y=12.5X÷(0.5*3X-X)
  =12.5X÷(1.5X-X)
  =12.5X÷0.5X
 
あれ~ 答えが25になりますが?

流水速度 X
船の速度 最初→t その後→0.5t
プールの円周 L
問題文より t>X 
掛け算は「*」で表す

> 反対の方向に一周させると、水の流れる方向に一周させた場合の
> 2倍の時間を要した
この段階ではプールの円周は考えない。
水の流れる方向に進めた時の速度「t+X」が、逆方向に進めたときの速度「t-X」の2倍
 t+X=2*(t-X)
 t+X=2t-2X
 3X=t ・・・(1)

> 模型の船の速さを2分の1にして水の流れる方向にプールを一周させるのに
> 5分を要した...続きを読む


人気Q&Aランキング