皆さんは同性婚に賛成ですか?反対ですか?理由もお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (21件中1~10件)

賛成です。

なぜ多数派の意見を常に支持しなければならないのでしょうか。
私は某欧州国に住んでいますけど、同性婚している・あるいは同性パートナーなんて山ほど見てきました。
皆さん立派に、異性愛者と同じように暮らしています。
彼らは人間で、人権があります。何も変わりません。きちんとお仕事をして、税金を納めて、友人がいて、趣味もあって
それに何の差もないでしょう。
結婚は子供を残す為だけにするのですか?どこの発展途上国なんですか、ここは。人それぞれの理由があっていいはず。
反対している人が多すぎてゾっとしました。
ただし、現状社会システムが上手く機能していないので、導入するのは少し早いのかもしれません。
    • good
    • 4

総論賛成、各論反対です。



個人の問題ですので、ご自由にどうぞ、と言うスタンスですが、私の隣組にそう言うカップルが住まいしたら、隣組、町内行事等のとき、どうでしょう、欠席かな、それとも常に出来ない組に入ろうとするかな。

存在としては私みたいかな。
同じ集まりの中にムードメーカーとして一人は居て欲しいが、自分の家族に居られるとイヤ!!と子供たちに言われます。
同性愛カップルも生活して行く上での周りの存在が同じような感じを持つ気がします。

町内の清掃作業にエプロンと頭に手ぬぐいを被って集合されたのでは、チョットね。
    • good
    • 1

条件付き賛成です。



結婚制度のメリットはひとつではなく、税金、相続、病院などの面会といろんな方面になりますが、
やはり税金の優遇措置などは「子を成す前提で家庭を持つことに対する支援」だと思うのです。
女性は出産と育児の際にどうしても働けなくなったり働き方が制限されたりしますから、それでも生活を維持できるように、扶養制度などがあるのだと考えています。
もちろん、異性婚でも病気や意思の問題で子どもを作らないケースはありますが、
一組一組精査する手間と費用を考えれば、一括で優遇してしまった方が得だし現実的です。
ところが、同性婚の場合、子どもを成す可能性はゼロです。
だから、「子を成す前提で家庭を持つことに対する支援」を与えてもらう必要はないのではと思います。
(同性婚でも施設などから養子を迎えることがごく一般的になる場合はこの限りではないと思います)

しかし、現状では結婚という制度を用いないと、例えば事故や病気で「家族以外面会不可」になったとき会うことができません。
部屋を借りるときも結婚が前提でないとダメというケースもあります(法的なものではなく家主さんの考えですが、友人同士や恋人同士の気軽なシェアハウス/同棲だと片方がトラブルで出て行ってしまい家賃滞納に繋がりやすいため)。
何十年と一緒に暮らしたのに、亡くなったときに遺産相続ができず、住んでいた家を追い出されてしまう恐れなどもあります。
そういったことは、子を成す成さないにかかわらず認められるべきだと思います。

なので、先日一部で実施された「パートナーシップ制度」のように、結婚ではないが一部を除いて結婚と同じ扱いを受けられる制度が設けられることが一番適切だと考えます。
ただし、それこそ「新しい制度を設ける手間と費用を考えれば、一括で結婚を認めてしまった方がまだ(新しい制度に手間と費用をかけるよりも税制優遇などの出費の方が)マシ」という考え方で「完全に結婚を認める」というのも選択肢のひとつとは思います。

いずれにせよ現状の「一切認めない」はちょっとなぁと思います。
    • good
    • 2

というか反対する理由ってないよね

    • good
    • 1

僕は、大々賛成です!


反対する意味が分からないです。
同性婚は認めるべきです。
だから、日本は遅れてると諸外国から言われるんです!
まぁ、隣国には言われたくはないですが…。
    • good
    • 2

結婚を意識し過ぎです。

一緒に住めれば幸せなんですから、二人が良ければいいのです、親の立場からすると複雑ですが、私は大賛成です。幸せになりましょう。
    • good
    • 2

現時点での知識で判断するなら、とりあえず反対はしません。


同性婚問題でよく聞く話として「子供産める男女だからこその結婚制度」がありますが、
・どちらかの性機能に異常があって子供は望めない男女
・子供嫌い、いらないと考えてる男女
は結婚できるんだから、それだったら同性も問題ないか、と思います。
子供産めなくたって児童養護施設に寄付だのなんだので、将来の日本人労働者を育てることも可能です。

「じゃあ賛成?」
正直そこまで知識はないので、声を大にして賛成と言えるほどの自信もありません。
だから現時点では反対はしない、です。
    • good
    • 1

誰しも幸せになる権利が有ると思うので賛成です。


ただ、不快に思う人や全く理解出来ない人はいるでしょうからご本人達は大変な事が多いでしょうね。
私は応援してあげたいと思います。
    • good
    • 3

どちらでも構わないと思っています。


個人的にメリットもデメリットもないからです。

私の周りでは先祖代々受け継いでいるものを他人に奪われたくない気持ちから、同性婚に反対する人が多いです。

異性婚でも子供が生まれる前に死亡すれば同じ結果なのですが、あくまでトラブルです。
同性婚の場合は自分の意思で先祖の遺産を他人に譲ることになります。
先に死ねばの話ですけどね。
私も財産を持っていたら反対すると思います。
    • good
    • 0

同性愛そのものは否定しないが、法律で同性婚を認めるのは反対。



理由はいくつかあるけど、反対意見に噛みついてくる質問者がいるので割愛。

外国がやっているから日本でもという意見もあるみたいだけど、その考えは個人的には思考停止に思える。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本では同性婚は何故認められないの?

同性婚は何故認められないの?
何も悪くないし誰も困らない
世界的にも同性愛は認知されジェンダーフリーが言われる中
何故進まないのか

Aベストアンサー

日本国憲法第24条:
第一項;婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
第二項;配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

日本では、約60年前に宗主国アメリカ合衆国から押しつけられ、もとい頂きました憲法の第24条により
法制度上の婚姻は異性間のみに限定され、法制度上の同性婚は認められません。

日本において、同性愛者に相対的に理解をもっとも示しているであろうリベラル派は、日本国憲法のいかなる改憲には大反対の教条主義的な護憲派でもありますから、
同性婚実現の為に第24条を変えようと主張する政治家何か、ほぼ皆無でしょう。

そもそも法制度上の婚姻とは、子供を産むという大前提であるからこそ、社会が、国家が夫婦を法制度上優遇してあげる、ということだからね。
世界的に法制度上の同性婚を認めるのは、西欧の一部の国と、アメリカ合衆国の幾つかの州だけで、世界的に大半の国家と地域は同性婚を認めておりません。
特に、世界において人口が多い方のイスラム教の国々では同性愛は重罪で、死刑になることも。

西欧の一部の国とアメリカ合衆国の幾つかの州で同性婚を認める切っ掛けは、
同性カップルのパートナー間の遺産相続を、本来の異性婚並に優遇して欲しいとの要求から始まっているそうですがね。

日本を含む世界の大半にとって、法制度上の同性婚を認める大きな社会的利益がありません。
同性婚を認めた国でさえ、国論を二分して、国民同士が激しく対立し合い、賛成が僅差で実現したものですから、
国民の大半が賛成した訳ではないから、政権が交代すれば、同性婚禁止に変わるでしょう。

日本国憲法第24条:
第一項;婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
第二項;配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

日本では、約60年前に宗主国アメリカ合衆国から押しつけられ、もとい頂きました憲法の第24条により
法制度上の婚姻は異性間のみに限定され、法制度上の...続きを読む


人気Q&Aランキング