ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

自分が死ぬのと、大切な人が死ぬの、どちらが怖いですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

自分が死ぬのは怖くありません。


死にたいわけじゃないけど、いつ死んでも構わないと思っていますから。

大切が人が死ぬのは「怖い」とは違って「悲しい」あるいは「辛い」あるいは「嫌だ」です。
自分以外の他人が死ぬのを「怖い」と思うのはちょっとおかしいように思います。
    • good
    • 1

大切な人がいないから。


色々あったけど、結局自分が一番大切でした。
だから答えは前者なのですが、もういい歳だし、支度は出来ているので、あとはお迎えが来るのを待つだけです。
いつかは死ぬと思うと、そんなに怖くはないですね。
長い長いエスカレーターに乗ったようなもので、いつかは終点で降ろされるのです。
    • good
    • 1

大切な人です

    • good
    • 1

大切な人です!

    • good
    • 1

大切な人を失う方が怖いです。

    • good
    • 1

大切な人です。

    • good
    • 1

我が子のためなら大火事の中でも飛び込めるけど、それ以外の大切な人のためには飛び込むのに躊躇するかもしれない‥‥

    • good
    • 2

大切な人が死ぬ方。


自分が死ぬのも嫌だけど、妻や娘達、息子が死ぬことを考えたら気が狂いそうになる。
    • good
    • 1

大切な人が死ぬ事の方が怖い。

自分はどうでもいい。
でも、彼が、大往生して、幸せな人生を送って旅立つのなら、満足だし、怖くないです。見届けたいです。
    • good
    • 1

難しいようで簡単な問題。



#2さんと同じだけど、
自分の死より、その人の死が怖いと思える人がいるかどうか、
というだけ。

いれば、大切な人が死ぬのが怖い。
いなければ、自分が死ぬのが怖い。

生死の話じゃなくて、その人の人間関係の話。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q死が怖い。周りの人との別れを想像してしまう

幼稚園生ぐらいの頃から、死ぬことが怖くてたまりません。
主に寝る前に、時々発作のように取り乱しては眠れなくなっています。
小さい頃は「死」という未知への恐怖でしたが、今は周りの大好きな友人や恋人と別れることを妄想してしまいます。
病気になって死に別れるまでの日々から、死んだ後、大切な人に遺された場合の3パターンが主な内容です。

「こんなに死ぬのが怖いのは、人間関係に恵まれている証拠だ。死ぬ時は誰にでもくるのだし、生きている間に精一杯周りの人たちを大事にするしかない」
と前向きになるように自分に言い聞かせていますが、止めたくてもどうしても止められません。
一度「死(=好きな人との別れ)」を思い出してしまうと、勝手に妄想してしまうんです。
雪玉が坂を転がるように、どんどん転がって大きくなっていきます。

わかっている一番の解決策は
「死んだ後には死者の国があり、生きている間に知り合った人々と再会し、永遠に一緒に暮らせる」
と確信することですが、もちろんこれはできないということもわかっています。

悩んでも泣いても人生はいつか終わるんだから、いちいち苦しむのは無駄だし損だとわかっているので、この悪い癖を治したいと思っています。
どうにかして抜け出そうとネットで検索していたところ「タナトフォビア(死恐怖症)」という精神の病気を見つけました。
概要を読みましたが、おそらくこれだと思います。

今も妄想してしまい、いてもたってもいられずに質問を投稿させていただいています。

私のパターン(死に別れを妄想してしまう)で、タナトフォビアを克服した例をご存知の方、または実際に克服された方はいらっしゃいますか?
いらっしゃいましたらぜひお話をお聞かせ下さい。

幼稚園生ぐらいの頃から、死ぬことが怖くてたまりません。
主に寝る前に、時々発作のように取り乱しては眠れなくなっています。
小さい頃は「死」という未知への恐怖でしたが、今は周りの大好きな友人や恋人と別れることを妄想してしまいます。
病気になって死に別れるまでの日々から、死んだ後、大切な人に遺された場合の3パターンが主な内容です。

「こんなに死ぬのが怖いのは、人間関係に恵まれている証拠だ。死ぬ時は誰にでもくるのだし、生きている間に精一杯周りの人たちを大事にするしかない」
と...続きを読む

Aベストアンサー

「貴方は死んで塵に帰る。貴方は元々塵だから」・・・聖書の一文です。
親子ほども歳の違う親友が、若干19歳で死んだときに、私は、この言葉を呪文のように唱えて耐えました。

人間は、塵から生まれて塵に帰るのです。人間は、どこから生まれて来たのでしょうか。
それは分りませんが、生まれる前は死んでいたわけです。つまり死ぬと云うことは、本来の自分に戻ることなのです。
生と云うものは一瞬で有り、死が本来のもの。我々の人生は、二泊三日の旅行のようなものです。
旅行が終われば、我が家に帰ります。我が家とは「死の世界」のことなのです。

私の父は、極端なほどの無神論者でした。
「幽霊なんて居るわけが無い。神なんて居るわけが無い。科学的では無い」と云うのが父の自論でした。
しかし、そんな父が亡くなってから、2回も幽霊になって出てきました。
私は、父には悪いけど笑ってしまいました。
「オイオイ、幽霊なんて居るわけが無いのじゃなかったのか?」と言ってやりました。

貴方が死が怖いなら「死んでも成仏しない」ことをお勧めします。
貴方は、幽霊になって永遠に地上で生き続ければよろしい。
私もそうするつもりです。幽霊同士仲良くしましょう。

これでも見て勇気を出してくださいな。
・Bleach Episodes English Subbed
http://4bleach.com/category/bleach

「貴方は死んで塵に帰る。貴方は元々塵だから」・・・聖書の一文です。
親子ほども歳の違う親友が、若干19歳で死んだときに、私は、この言葉を呪文のように唱えて耐えました。

人間は、塵から生まれて塵に帰るのです。人間は、どこから生まれて来たのでしょうか。
それは分りませんが、生まれる前は死んでいたわけです。つまり死ぬと云うことは、本来の自分に戻ることなのです。
生と云うものは一瞬で有り、死が本来のもの。我々の人生は、二泊三日の旅行のようなものです。
旅行が終われば、我が家に帰ります...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング