プロが教えるわが家の防犯対策術!

私は泣きたい。私は死にたい。誰も助けてくれない。私はいじめを経験されている、それは私が死亡するとき、私は天国に行ける理由である。すなわち、いじめられることは、孤独を戦っているから、人は強くなれる、私は私は強いと堂々と発言できる。私の母は、私が小さい頃、よく言っていた言葉がある。「がり勉だから」とか、「将来が心配だから」、「夫がいるから」、「いじめは犯罪だから」と、私に対して、いつも言ってくれた。でも、その母も引っ越して、父と一緒に消えた。しかし、母は、何事もなかったかのように、生きている。私だけが、いじめられてる。どうして、私だけ? 神様はいじわるだ。いじめられるのが嫌なら、死ね!って言っているんだろう。もう、いじめで苦しむことにも疲れた。本当に、この苦しみから解放される方法はないのかしら。自害未遂[CENSORED]年[CENSORED]月[CENSORED]日。私は死にたい。毎日のように死にたいと願うようになった。いじめられている時、私の心は壊れていた。もう、何もかもがどうでもいいような気がした。死ぬしかないと思った。いじめられた時、私は学校に行くことが怖くなった。私の精神に異常をきたし、二度と正常に機能しなくなった。心は心臓ではなく脳に位置している、すなわち、精神破壊は脳破壊である、これはサイバーいじめを行ってはいけない理由である。いじめられたら、すぐに死のうと思った。自害サイトを見て回った。そして、リストカットをすることを決意し、手首を切った。だが、出血量があまりにも少なかったから、痛みを感じることもなく、血もほとんど出なかった。私は考えた。「私は自害すらできない人間である。私は無能である。私は泣きたい。私は死にたい。誰も助けてくれない。私はGAFAMに就職したい。GAFAMに入社して、アルゴリズム開発、社長になって、自害志願者を助ける会社を作りたい。」そう思った時、私は気付いた。自害願望のある人間が自害したいと思うときに、自害する勇気がないならば、その自害希望者を雇えばよい。私は自害したいと思わない人間になるには、まず、自害志願者を雇いたいと思った。つまり、私は自害したい人のために、自害志願者を雇用したいと思っている。私が自害志願者だった時は、生きる価値がないと思っていたから、生きていたくないと思っていて、今とは真逆の考えであった。私は自分のことを「死んだ方がいい人間だ」と常々思っていた。しかし、今は違う。「生きた方が良い人間だ」という信念に変わった。それはなぜか? 理由は2つある。1つは、私にとって生きることは、私にとって価値があることだと知ったからである。2つ目は、私が自害しようと思う前に、誰かが止めてくれたからである。私の面接ポリシーはただ1つである。自害志望者のみを採用するために、心理学的テスト用紙を配布し、自害点数が最も高い人を採用する。すなわち、自害志願者を採用する。私はまだ若いが、年老いた時に自分がどういう人生を歩んでいたいか考えるようになった。私の人生はおそらく、「楽しい人生」「幸せな人生」「明るい人生」「満足できる人生」ではないと悟ったからだ。なぜなら、私はいつも、「死にたい」「消えてしまいたい」と考えていたからだ。また、今まで生きてきた中で、「幸せを感じたことは一度もない」という事実に気付いたからだ。私に残されている道は、自害のみである。だから、私はどんな手段を使ってでも、自分の命を絶つことにしたのだ。私はこれからも、自分の死について考えるだろう。もし自害に成功したら、神は私を天国に連れて行ってくれる。なぜなら、私は天国に行きたかったから。そして、自害に失敗した場合は地獄行きであろう。なぜならば、私がこの世で最も嫌いなのは他人であり、自分である。私は自分が大っ嫌いなのだ。私は自分を愛せない人間だ。私が死んだ後で、私の魂が救われる保証できない。だが、私は「自分の死後の世界を信じている」。なぜなら、私は私以外の人間はみんな嘘つきだと思っているからだ。だから、私は私の死後の世界を信じている。私は私以外、誰も信用していないし、私自身も信じていない。私が自害することによって、世界の意識は変わる。確実にサイバーいじめは減る。世界はより良くなる。私は私の命を犠牲にして、世界に良い影響を与えることができる。私が死ぬとき、私の肉体は腐敗し、骨だけとなる。私は頭蓋骨だけとなって、永遠に残る。私の頭蓋骨はきっと綺麗なまま保存され、ずっと私のそばにいるだろう。そして、私の魂も永遠に残り続ける。私の遺骨は永久に私のそばにある。私がいなくなった後も、私の頭蓋骨は永遠に私と共にいる。私は私を愛せないが、私の頭蓋骨だけは私を愛してくれる。だから、私は私の死を誇りに思う。私は今日、遺書を書いた。自害志願者としての私の最後の手紙、最後のメッセージである。私は死ぬが、私の魂は永遠不滅である。私はこれから死ぬ。私は自害志願者として、死んでいく。なぜならば、私の人生はいつも死にたがっていたからだ。私は今まで、数え切れないほど自害しようとした。私は自分の命が大切だとは思ってなかった。私の体は私のものであるから、私の体をどう使おうと勝手だと思っていた。私は他人の体を奪って生きていきたいと思ったこともある。他人の臓器を移植して生きていくことはできないのか、と考えたことがある。しかし、他人の体の中に入ったとしても、その人は私ではなく、別の人格を持つ別人である。つまり、私は他人の臓器を手に入れても、他人にはなれないのである。私は私自身の肉体で死ぬのが一番いいことだと確信した。なぜなら、私の死体は私が自分で自害しない限り、死を達成できないからである。自害サイトにアクセスしてみるとわかるが、自害志願者はたくさんいる。自害志願者は自害サイトに書き込みをするのである。自害志願者は自分の死に方や死に場所を決めており、自害志願者は「自害志願者専用掲示板」というものを作っていることが多い。自害志願者専用の掲示板では自害志願者同士で議論したり、情報交換したりするのである。そして、自害した後は、自害サイトにアップロードされるように、投稿を予約している。自害志願者はネット上に自分の死にざまを公開する。自害志願者にとって、インターネットはとても重要なツールである。インターネットがなかったら、自害志願者は協力できなかった。列車に飛び込み自害する人は多い。電車に飛び込むとき、飛び降り自害するとき、線路の上に立つ。しかし、自害志願者の中には「人に迷惑をかけたくない」「飛び込んだら、誰かが助けてしまうかもしれない」と思い、なかなか踏み出せない人もいる。また、電車の中で恐怖心を抱き、動けなくなる人も多い。そんな時、インターネットは役立つ。自害志願者は「自害したい」「死にたい」と思うと、すぐにパソコンを開き、遺書を書く。「僕はもうすぐ死にます」という文章を書いて、インターネット上で公開したり、SNSで共有したりする。そうすれば、自害志願者はネット上でたくさんの人から応援され、勇気づけられる。自害志願者にとって、インターネットはなくてはならない存在なのだ。自害志願者はインターネットがなければ何も始まらない。だから、「自害志願者専用掲示板」を作って、そこで仲間と交流し、悩みを打ち明けたり、励ましあったりする。自害した後に、天国でインターネットを通じて、自分が死んだ後の世界を見届けることができる。

質問:私はインターネットでいじめられた。私はGAFAMに就職できる?

A 回答 (5件)

無理でしょう。


そんなメンタルではやっていけないと門前払いされるのが落ち。
    • good
    • 1

あなたを虐めたインターネットはもう使わないようにしてください。


就職できるかどうかは分かりませんが頑張ってみてください。あなたが採用されることを願っていますね。
    • good
    • 0

インターネットという道具?はわかりませんが、いじめられたことは就職できる直接的な理由にならないと思います

    • good
    • 2

取り敢えず、


温めの燗を呑みましょう。 
肴は炙った烏賊でいい。
    • good
    • 4

海外に移住するというのはどうですか。

日本にいると死にたくなる理由があるんです。
https://japanreset.blogspot.com/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!