メタボ予備軍です。ヨーグルトファクトリーで、ガセリ菌SP株ヨーグルトを作っています。普通の牛乳ではなくて、無脂肪牛乳や、低脂肪牛乳でも、ガセリ菌SP株ヨーグルトは出来るでしょうか?
メタボを治したいですので、よろしく御指導下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Q どんな牛乳でも作れますか?


低脂肪牛乳や無脂肪牛乳でも作れますか?


A売り場に並ぶ牛乳は、同じパッケージで同じ牛乳に見えますが、
『牛乳』と『乳飲料』があります。パッケージの裏面の種類別名称に記載してあります。
その部分が『牛乳』とあれば、低脂肪でも無脂肪でも作れます。
『乳飲料』とある場合、できない場合が多いです。

http://www.mom-yogurt.com/faq/make.php より抜粋
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
今度スーパーに行った時に『牛乳』となっているか『乳飲料』となっているか見てみます。
(●^o^●)

お礼日時:2017/01/28 20:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q牛乳と低脂肪乳とは、なにがどうちゃうのですか?

牛乳と低脂肪乳とは、なにがどうちゃうのですか?

牛乳はおいしいよね。でも価格は200円前後だよね。

低脂肪乳なら150円程度でやすいけど
不味いよね。

どこがどうちゃうのですか?
低脂肪乳は栄養が劣るのでしょうか?

Aベストアンサー

簡単に言えば、既にNo.1さんも書いている通りで、生乳から成分を調整せずに殺菌などを行ったものが牛乳。それ以外に一部の成分を取ったり、加えたものは加工乳と言います。
この牛乳および加工乳の区分名称は、法律(正しくは通称「乳等省令」と呼ばれる政令)で決められている呼び名です。

低脂肪乳は、加工乳の一種で生乳を前段階の処理で遠心分離機に掛けてクリームを取り除いて作るものです。昔はクリーム(脂肪)を完全に除去した脱脂乳しか作れず、これを乾燥したものが脱脂粉乳でした。
今は除去するクリームの量を調整できる技術ができたので、完全には脱脂せず、量を調整した低脂肪乳が作られる様になりました。

はっきり言って牛乳の中で美味しい区分はクリームでしょうから、脱脂乳、低脂肪乳では美味しくはないでしょうね。正直な話。
でもなぜ売られているのか。それは人によっては栄養制限のために脂肪分を取りたくないと考えている人がいるからでしょうね。買う人がいるから売るのだと思います。

通常の脂肪分の牛乳よりも高脂肪の乳製品も売られています。1つはクリームを加えて作ったもので、これは成分調整をしているので加工乳です。
もう1つは元々脂肪分が多いジャージー種と呼ばれる牛から搾乳したミルクを使う方法があります。他の牛乳とブレンドしても、成分調整ではないので牛乳と表示されて売られています。

では栄養はどうか。栄養とは総合的な言葉であり、脂肪量、ミネラル分、カロリーなどの点でいわなければ意味がありません。
低脂肪乳はカロリーの主たる部分でもある脂質を減らしているので、通常の牛乳よりも低カロリーです。体積が減った分だけ、カルシウムなどの濃度が相対的にわずかに上がります。
なお通常の低脂肪乳は、クリームを減らしているだけで、特に添加物は入れてないと思います。カルシウムその他の添加を行っているものがあれば、それは記載されているはずです。

簡単に言えば、既にNo.1さんも書いている通りで、生乳から成分を調整せずに殺菌などを行ったものが牛乳。それ以外に一部の成分を取ったり、加えたものは加工乳と言います。
この牛乳および加工乳の区分名称は、法律(正しくは通称「乳等省令」と呼ばれる政令)で決められている呼び名です。

低脂肪乳は、加工乳の一種で生乳を前段階の処理で遠心分離機に掛けてクリームを取り除いて作るものです。昔はクリーム(脂肪)を完全に除去した脱脂乳しか作れず、これを乾燥したものが脱脂粉乳でした。
今は除去するクリーム...続きを読む

Q無脂肪ヨーグルトは牛乳の変わりになりますか?

毎朝、カルシウムとビフィズス菌を摂取するために無脂肪ヨーグルトを食べるのが日課です。
そこでちょっと気になったのが、ヨーグルトは牛乳の変わりになるのかどうかということです。

牛乳にのみ含まれる成分ってありますか?
また、通常のヨーグルトと無脂肪ヨーグルトでは、やはり栄養的に無脂肪は劣るのでしょうか?

ダイエット中なのであえて無脂肪を選んでいるのですが…
教えていただけるとうれしいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

逆です。脂肪分以外は凝縮されるので
牛乳よりも栄養成分は多くなります。
詳細は下記URLで

もともとヨーグルトは脱脂粉乳で作ります。
味の濃いもの、まろやかさが好まれるので
脂肪分の多いものも作られていますが
「無脂肪」は普通なのです。

参考URL:http://www.mc-club.com/yogurt/health/index.html

Qガセリ菌ヨーグルトの効果

中性脂肪が高め、肥満なため、中性脂肪を下げることを売りにしているガセリ菌入りヨーグルトを食べています。確実に効果があり、中性脂肪はぐんぐん下がっていきました。しかし体重は変わらず、CTスキャンでも脂肪肝のまま。医師に相談したところ、中性脂肪と肥満は別と言われました。でも、ガセリ菌入りヨーグルトのホームページを見たところ、内臓脂肪を下げる効果があると書いてあります。実際のところはどうなんでしょう?

Aベストアンサー

ヨーグルトよりも食生活を考え直しましょう。
ダイエットは必要ないです。ただ、脂ものや塩分の多い食事は控えることです。
私は弁当にトンカツがあれば衣は外します。コロッケは手を付けません。
それと寝るまで4時間は食べない。24時に寝るのであれば20時までに食事を済ます。
仕事などで食べる時間が遅くなるのであれば、途中で軽く何かを摘み夕食は軽めに済ます。
間食は極力パスする。糖分や脂分を控えるだけで効果はありますよ。
あんドーナツなどは最悪ですね。果物も糖分が多いので注意してください。

あとは運動です。ジョギングなどは膝を痛めるだけです。
ひたすら歩くだけです。少し速足で歩くだけでいいのですよ。
また、エスカレーターやエレベーターは極力使わない。
無理はしないでください。無理をすると続きません。できる範囲でいいのです。

Qヨーグルトの脂肪分

はじめまして。22歳男性です。
身体を絞ろうと最近ダイエットをはじめました。
現在の大まかな体型は以下のようなものです。
身長:175.0cm、体重:78.0kg、体脂肪率:18.5%

ジムでの運動は有酸素運動を中心に、
ランニング(8km/h):1時間、バイク(21km/h):1時間、各部位の筋トレ:少々
といった感じの内容を週4~5回行っています。
8月中旬から始めて体重は4キロ、体脂肪は3%減りました。

これまでは、トレーニングの後にたんぱく質代わりとして好物のヨーグルトを食べていました。
具体的にはブル〇リアヨーグルトの500グラム入りのものを、付属の砂糖抜きでまるまる500グラム。
カロリー的には500グラムで約300カロリーぐらいなので、3食分は腹八分目で抑えているし、運動後だから大丈夫だろうと思い、あまり深く考えずに食べていました。

しかし、最近ネットなどで『乳製品は脂肪分が多いからあまり摂り過ぎてはいけない。』といったものを目にしました。

そこで質問なのですが、乳製品に限らず、『脂肪分』というのはカロリーと別に考えるべきなのですか?
例えば300カロリーを運動で消費した後に、300カロリーのヨーグルトを食べたら脂肪分のせいで太ってしまうのですか?

ご不明な点がございましたら補足致します。アドバイスよろしくお願いします。

はじめまして。22歳男性です。
身体を絞ろうと最近ダイエットをはじめました。
現在の大まかな体型は以下のようなものです。
身長:175.0cm、体重:78.0kg、体脂肪率:18.5%

ジムでの運動は有酸素運動を中心に、
ランニング(8km/h):1時間、バイク(21km/h):1時間、各部位の筋トレ:少々
といった感じの内容を週4~5回行っています。
8月中旬から始めて体重は4キロ、体脂肪は3%減りました。

これまでは、トレーニングの後にたんぱく質代わりとして好物のヨーグルトを食べていました。
具...続きを読む

Aベストアンサー

 大切なのは、脂肪分がどうのということでなく、1日に摂取する食品全体のエネルギー(カロリー)その中で、脂肪分(脂質)、タンパク質、炭水化物の3大栄養素を、バランスよく摂取するということです。
 乳製品は脂肪分が多い、というのは、必ずしも正しくありません。
 乳製品でも、ほとんど脂肪分を含まない脱脂粉乳、低脂肪のヨーグルトや乳飲料、カッテージチーズなど、脂肪分が少なく、ダイエット向きの乳製品はたくさんあります。
 参考URLは、糖尿病の食事療法のページですが、「糖尿病食は健康食」と言われるくらい、限られた摂取エネルギーの中で、栄養のバランスが実に上手く考えられています。
 私自身も、糖尿病食で、ダイエットに成功しました。
 ただし、脂肪分の摂りすぎは、最近、何かと話題になっているメタボリック・シンドロームの原因になるとも言われていますので、乳製品は先にあげたような低脂肪のもの、また肉類も赤身の肉や、鶏ササミなど脂肪分の少ないものを摂取されるとよいでしょう。
 また、運動後だから大丈夫というのも気になります。
 運動後にエネルギーの高い食品を摂取して、そのまま休んだりすれば
摂取した分が、体についてしまいます。
 むしろ運動前に、しっかりと食べられることです。
 食後30分くらいから運動を始めるのが、血糖値の上昇を抑えられるため、効果的とされています。
 

参考URL:http://dm-net.co.jp/seminar/02_1/index.html

 大切なのは、脂肪分がどうのということでなく、1日に摂取する食品全体のエネルギー(カロリー)その中で、脂肪分(脂質)、タンパク質、炭水化物の3大栄養素を、バランスよく摂取するということです。
 乳製品は脂肪分が多い、というのは、必ずしも正しくありません。
 乳製品でも、ほとんど脂肪分を含まない脱脂粉乳、低脂肪のヨーグルトや乳飲料、カッテージチーズなど、脂肪分が少なく、ダイエット向きの乳製品はたくさんあります。
 参考URLは、糖尿病の食事療法のページですが、「糖尿病食は健...続きを読む

Q低脂肪乳とは

スーパーでは1リットル入の牛乳と同様に、低脂肪乳というのが売ってますよね。牛乳は「牛乳」と表記されていましたが、低脂肪乳は「加工乳」と表記されていました。
加工って…血液みたいに遠心分離機とかで分別するんでしょうか?。そもそも取り出した脂肪って、使い道があるんでしょうか?。

ところで、低脂肪乳というのは脂肪分以外では牛乳とどんな違いがあるんでしょうか。カルシウムとかタンパク質といった栄養は変わらないんですよね?むしろ、最近の日本人は脂肪の取り過ぎだから低脂肪乳の方が相応しいと思いませんかね?。

定年近い親が「昔は給食に脱脂粉乳というのが出てきて、とても不味かった」と言ってましたが、スーパーの低脂肪乳は牛乳と比べてそれほど悪くはない味だと私は思います。
低脂肪乳の方が手間を要している割には、牛乳より安く売っているのも分かりません。

いろいろ質問が多くなってしまいましたが、部分的にでも分かる方、ぜひ御教授下さい!。

Aベストアンサー

>そもそも取り出した脂肪って、使い道があるんでしょうか…

まさか、バターをご存じないのではありませんね。

>低脂肪乳の方が相応しいと思いませんかね…

たしかに、動物性脂肪の取りすぎはよくありません。言われるとおりです。

>昔は給食に脱脂粉乳というのが出てきて、とても不味かった…

そのとおりです。文字どおり一度粉末になったものを水で溶いただけですから、今の牛乳のままバターだけを取り出したものとは根本的に違いますね。

>手間を要している割には、牛乳より安く売っているのも…

取り出したバターが高値で売れるからです。

Qヨーグルトと体脂肪率の関係は?

現在ダイエット中の男性(50才)です。
身長は171センチ、体重は70.2キロ、体脂肪率は27.4%です。
体重もそうですが、特に体脂肪率が高くて困っています。
2週間ほど前から出来るだけ毎日納豆を食べるようにしています。
ご飯も(外食するときはある程度仕方がないですが)止めて、パンにしています。肉も週1回鶏肉を食べるだけです。魚はときどき食べます。
あとは野菜中心のメニューにしています。
私は、1日2回ヨーグルトを食べます。150グラムのブルガリアヨーグルトを2パックですから300グラムです。
ヨーグルトは、ただ単に体にいいと思って食べているのですが、体脂肪率を下げるのには妨げになるのでしょうか。
また、他に体脂肪率を下げるのに有効な方法があれば教えていただきたいのですが。
高血圧(早朝血圧で、上が150、下が93くらいです)のうえ、最近病院で心電図をとったら少し異常があると言われました。メタボから心疾患のコースはたどりたくありません。
短期間で体脂肪率を正常値まで引き下げたいのです。
真剣です。

宜しくお願いいたします。

現在ダイエット中の男性(50才)です。
身長は171センチ、体重は70.2キロ、体脂肪率は27.4%です。
体重もそうですが、特に体脂肪率が高くて困っています。
2週間ほど前から出来るだけ毎日納豆を食べるようにしています。
ご飯も(外食するときはある程度仕方がないですが)止めて、パンにしています。肉も週1回鶏肉を食べるだけです。魚はときどき食べます。
あとは野菜中心のメニューにしています。
私は、1日2回ヨーグルトを食べます。150グラムのブルガリアヨーグルトを2パックで...続きを読む

Aベストアンサー

まず、短期間で、という考えを捨てましょう。
長期間にわたって蓄えてきたものを短期間で減らそうとしても、必ずどこかに無理がかかり、健康を害する恐れがあります。
また、短期間で得た結果は短期間で失われる可能性が高く、リバウンドを起こしやすくなります。ダイエットをされるなら、一生涯続ける気持ちで、一生涯続けられる方法をお選び下さい。

さて、150gのヨーグルトを1日2パックということですが、これは加糖されているタイプのようですね。朝は活動を始める時なので、活動エネルギーを得る為にも加糖されたヨーグルトの摂取は好ましいです。
が、休息に入る夜に食べるのはお勧めできません。夜に食べるのでしたらプレーンタイプが良いかと。酸味が苦手な場合はカロリーカットされている糖類を入れると良いですが、カロリーが少ないからと大量に入れたら意味がないので、分量は十分に気をつけて。(プレーンに添付されている砂糖は、上白糖よりさらにカロリーが高いので使用は避けたほうが良いです)

ヨーグルトの体脂肪を下げる効果については、ヨーグルトが「脂質」から作られたものである以上、摂取するだけで落ちるということはないと思います。
体脂肪を下げるなら、やはり運動するのが一番です。高血圧ということですが、お医者さまから運動を止められるような数値なのでしょうか?激しい運動でなくても、ウォーキングなど軽く息が上がる程度の運動を定期的に行えば、自然と体脂肪も減るのではないでしょうか。運動に関しては、お医者さまに相談されて、身体に負担のない範囲で行われて下さい。

No.1番さんも書かれていますが、体脂肪対策としてご飯をやめてパンを食べるのは真逆です。納豆を食べているというのならなおのこと、ご飯の方が良いのでは?ご飯一膳分の糖質はそのほとんどがブドウ糖に変換され、脳や内臓の各機関で消費されて脂肪に変わることはほとんどありません。朝・昼・夜にご飯を各一膳、それに主菜・副菜・お味噌汁などをバランスよく食べることが、身体にとって一番良いです。
野菜中心で、お肉や魚も適度に摂られているということなので、そのあたりは問題ないかと。

ヨーグルトにしても納豆にしてもそうですが、食品はかならずカロリーをもっています。ですから、「食べるだけで痩せる」ということは決してありません。カロリーを消費させるには摂取したエネルギーを燃焼させる必要があり、エネルギーを燃焼させるには運動するしかないのです。

まず、短期間で、という考えを捨てましょう。
長期間にわたって蓄えてきたものを短期間で減らそうとしても、必ずどこかに無理がかかり、健康を害する恐れがあります。
また、短期間で得た結果は短期間で失われる可能性が高く、リバウンドを起こしやすくなります。ダイエットをされるなら、一生涯続ける気持ちで、一生涯続けられる方法をお選び下さい。

さて、150gのヨーグルトを1日2パックということですが、これは加糖されているタイプのようですね。朝は活動を始める時なので、活動エネルギーを得る為にも...続きを読む

Qガセリ菌ヨーグルトが中性脂肪に効果ありと友人に聞きました。 成分的にはどうなんですか?

ガセリ菌ヨーグルトが中性脂肪に効果ありと友人に聞きました。

成分的にはどうなんですか?

Aベストアンサー

薬じゃないんだから効くと言うほど効かない。効いたら危険な食べ物ですね。
食べる量を減らし、魚介野菜を摂り肉を減らせば中性脂肪なんかあっという間に減ります。運動も不可欠です。

Q牛乳の脂肪は太らないというのは本当でしょうか?

もう何年か前ですが、立ち寄ったデパート?スーパー?で牛乳の試飲を配っているおばちゃんに会いました。
牛乳を勧められたのですが私は
「無脂肪・低脂肪しか飲まないようにしているんですよー」
と言って、それを断って無脂肪牛乳に手を伸ばしました。

そこでそのおばちゃんが
「牛乳の脂肪は太らないんですよ?」
と、本気トーンで私に迫ってきたのです。
私は「まぁまぁまぁ」みたいな感じで苦笑いしながらその場を立ち去りました。

牛乳を売っているおばちゃんだから牛乳をよく言うのは当然です。
しかし、私はそのおばちゃんの言葉が未だに頭に引っかかっているのです。
もしかしてただのパートのおばちゃんではなく、ちゃんとした牛乳の会社から派遣された専門的知識を持ったおばちゃんだったのかも……。

あれからも私は無脂肪・低脂肪牛乳を毎日飲んでいますが、
あのおばちゃんの言葉がどの程度の根拠をもっていたのか気になります。
牛乳の脂肪は太らないという主張には一理あるのでしょうか?
どうかご教示下さい。

Aベストアンサー

だったら、牛乳メーカーのホームページでそう謳っているはずですからね。

現場で売り上げを伸ばさないといけない人が、そんなに律儀にメリット・デメリットを説明する時間も余裕もないでしょうから、そのメーカーの見解を聞いたほうが早いわけです。

私は、アメリカのスーパーで2%、1%、無脂肪と同じメーカーが出しているのを飲み比べて、無脂肪はさすがに旨くないけど1%で十分おいしくいただけて満足だな、と思って、日本でもその辺りの乳脂肪分のものを愛用しています。

Q加工せずに低脂肪乳

低脂肪乳についての質問です。
加工せずに、牛から低脂肪な乳を直接搾乳することはできないのでしょうか?

牛にも比較的脂肪の多い乳を出す期間があったり、牛によってさまざまだと思います。

加工せずに低脂肪牛乳を取り出すことができるのではないかと思いました。
こうすることによってメリットがあるのかわかりませんが・・・。

何か意見がありましたら、よろしくおねがいします

Aベストアンサー

生乳取引の基準脂肪率は、バター生産が盛んであった時代の名残です。暑熱、牛舎の環境管理、粗飼料の多少、遺伝的形質の違い、乳期の進行で脂肪率は変化します。特に前3者の影響は大きく、現実にアジア、中近東では2.5%の飲用乳が販売されております。提案の低脂肪乳ですが、現在の3.5%では無く3.2%程度であれば5月から9月までの期間、無理なく生産は可能です。ご存知のように、かって、夏季限定、地域限定で基準脂肪率を引き下げる提案も、日本でありました。その後、広大山本教授らの研究で夏季の管理法が解明され、また飼料給与技術の精密化、開放式牛舎の普及から現在夏季でも高い脂肪率が維持できております。牛乳脂肪が肥満を招くとのやや誤った消費者の反応を受け、まずい低脂肪乳が普及していますから、風味が変わらずカロリーがやや低い牛乳が好感を持たれるならば、低脂肪率の牛乳の生産は可能です。飲用乳の選択肢を広くする意味では市場性はあるかもしれません。

Q今まで朝トースト4枚ぎり&紅茶をフルーツグラノーラ&牛乳(低脂肪乳)に

今まで朝トースト4枚ぎり&紅茶をフルーツグラノーラ&牛乳(低脂肪乳)にしたら太りますか?

Aベストアンサー

> 今まで朝トースト4枚ぎり&紅茶をフルーツグラノーラ&牛乳(低脂肪乳)にしたら太りますか?

トースト4枚切り 100g ・・・264Kcal
紅茶 砂糖なし 200g ・・・ 0Kcal
合計 ・・・ 264Kcal

フルーツグラノーラ50g・・・264Kcal
低脂肪乳 200g ・・・ 92Kcal
合計 ・・・ 356Kcal

フルーツグラノーラ+低脂肪乳の方がカロリーが92Kcal多いので、1日あたり13g体脂肪が増える計算になります。
グラノーラにすると、体重が1ヶ月あたり390gがふえます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報