今期の期中から非上場企業(法人格アリ)の経理に就任したのですが、前期の当社発行請求書の売り上げ300,000が計上されていませんでした。前期と当期の帳簿双方に記帳ナシです。弥生会計(税アリ)を使っているのですが、会計処理としては
売掛金 300,000/前期損益修正益 300,000 でよろしいのでしょうか?ちなみに前期は赤字決算です。仮払い消費税をつけるべきなのか迷っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

売上計上もれなのですから、修正申告書の提出を要します。



前期の売上もれを今期で計上して「これでよし」とするのは、誤りです。
また「売掛金 300,000/前期損益修正益 300,000 」は修正申告書を提出した場合に必要となる仕訳の一つです。前期損益修正益は、法人税申告書別表4で当期利益から控除する処理をします。

消費税については、常に「税有り」です。
おそらく「税込み」経理をしてるという意味でしょう。
税込み経理をしてても、してなくても、前期の売上が動きますから消費税には影響を与えてきます。
簡易課税でも原則課税でもです。

自主修正申告には過少申告加算税が賦課されません(延滞税は計算される)ので、自主的に修正申告なさることをお勧めします。
 なお、売上計上もれは、仮装隠ぺい行為にあたるとして、税務調査で発覚すると重加算税対象になる可能性大です。
仮に翌期に「売掛金 300,000/前期損益修正益 300,000 」の仕訳を起こしていても、この仕訳は「修正申告書を提出してる場合の仕訳」ですので、なまじ「売り上げが漏れていたことを認識していた」ことの裏付けとなってしまいます。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前期繰越損失が前期のPL上の当期未処理損失と異なる場合について

標記の件、分かりにくい表現かもしれませんが、
前期のPL上の当期未処理損失(例:1,465百万円)が
今期のPL上の前期繰越損失(例:0百万円)について
金額が異なることはあるのでしょうか?
(ちなみに例示は実際のPL数値です。)

私の勤めております協力会社の本日の決算公告を見て気付いたもので...。

会計にお詳しい方、何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

損失処理をすれば金額が違ってきます。
前期の損失処理計算書で何らかの処理がされていると思います。


損失処理計算書
1.当期未処理損失 1465百万円
2.損失処理額
   (例)別途積立金取崩額 1465百万円
3.次期繰越損失 0百万円

こんな感じのものです。

Q前期まで税効果会計をしていましたが、今期は適用したくない

税理士事務所員です。(資格無し)
他の会計事務所から移ってきた法人の決算で困っています。
前期まで前の会計事務所さんで税効果会計をしていましたが、中小企業ですし、何期も欠損が続いている法人ですので、税効果会計は必要ないのでは?と疑問に思っています。
そこで・・
(1)今期は適用しないという事は出来るのか?
(2)出来る場合、既計上されている繰延税金資産は、そのまま残しておくのか?
を教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

下記の中小企業の会計に関する指針にもあるとおり、回収可能性を検討して回収可能性のないと判断された部分について、繰延税金資産から控除すればよいかと思います。

参考URL:http://www.tabisland.ne.jp/kaikei/kakuron_12.htm

Q前期は青色、今期が白色申告

小さな法人なので自分で申告書を作成していますが
分からないことがあるのでご教授ください。

昨年までは青色申告をしていたのですが
申告が送れたことによって青色承認が取り消されたので
今年は白色申告になりました。
次回申告次には再度承認申請をして青色に戻りたいのですが。。。

そこで、別表七では前期までの青色欠損を記入し、
欠損金は出ていますが当期の青色欠損はなしと言うことで記入しました。

このような記載で正しいのでしょうか。

そこでさらに、別表一にもどり、27の翌期へ繰り越す欠損金の部分が、
別表七の合計になると思うのですが、
当期が白色申告でも、それまでの青色欠損を来期に繰り越せると言うことなのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

青色申告である年度の欠損金なら、連続して申告をしている限り繰り越すことができますので、ご質問の処理で正しいはずです。

法人税法第57条第11項
 第一項の規定(注:欠損金の繰越し)は、同項の内国法人が欠損金額(第二項又は第六項の規定により当該内国法人の欠損金額とみなされたものを除く。)の生じた事業年度について青色申告書である確定申告書を提出し、かつ、その後において連続して確定申告書を提出している場合(これらの規定により当該内国法人の欠損金額とみなされたものにつき第一項の規定を適用する場合にあつては、第二項の合併等事業年度又は第六項に規定する最終の連結事業年度終了の日の翌日の属する事業年度の確定申告書を提出し、かつ、その後において連続して確定申告書を提出している場合)に限り、適用する。

Q増収増益の益は、【経常利益】、【当期純利益】のどちらですか?

こんにちは、みなさん!!

【質問】
増収増益の益は、【経常利益】、【当期純利益】のどちらですか?NETで調べた所、どちらの回答もありました。

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>増収増益の益は、【経常利益】、【当期純利益】のどちらですか?NETで調べた所、どちらの回答もありました。

そもそも、”増収増益”の言葉の定義は誰も定めていません。
(法定でも簿記用語でもありません)
<”私”(当該文書の作成者)が定義を定めた上で>
営業利益、経常利益、当期純利益のどれを使っても問題はありません。
 ※くれぐれも、定義を定めてそれを明記しましょう。

私事の恐縮ですが、”増収増益”の語を使いたいが為に、営業利益を指したり
経常利益を指したり、当期純利益を指したりと、インパクトの強い利益を都度
変更して使用しています。
(勿論、増収増益の根拠は示しています)

Q前期計上漏れの駐車料金を今期の経費にできるか。

小さな法人です。
今期の決算をする際に駐車場料金を2年分払っていないことに気がつきました。
今期の分については未払いで経費計上して間違いないと思うのですが、前期の分の処理はどうすれば良いのでしょうか。

Aベストアンサー

No1さんの回答が、対税務署において良いと見ます。
なぜなら、駐車料金を受け取る相手は、不動産所得または事業所得(個人の場合)で申告しているはずです。(売掛金あるいは未収入金勘定で)
支払調書、合計表等にも関係しますし、相手に対する反面調査等えお回避するためにも、No1さんの回答での処理をしたほうが良いでしょう。
当期利益とは、別の問題だと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報