実業家や資産家は、役員報酬の額が少なくても総資産、純資産が桁外れな点から億万長者と言われるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

表面的な収入が少なくても、先祖代々の資産を受け継いだ人も億万長者と言われますね。



「億万長者」の正確な定義は分かりませんが、昔は総資産が億円単位以上の人をそう呼んでいたのでしょうね。
総資産が多くても、一方で負債が多ければ純資産は少なくなりますが、負債額は他人には分かりにくいので総資産だけで判断していたのかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/08 11:12

億万長者という言葉はあまり使いません。



現在では富裕層と言われます。

富裕層の定義には色々ありますが、
現在最も普及している定義は、金融資産
百万ドル以上、というものです。

だから、実業家や資産家で、金融資産百万ドル
以上あれば、役員報酬が少なくても、
ゼロであっても、富裕層です。

富裕層の数は米国が一番多いですが、日本は
2番目で、180万人いると言われています。

ちなみに、金融資産5億以上を超富裕層と
いい、同じく1000億円以上をビリオネラー
といいます。

ビリオネラーになれば、富豪といえるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/08 11:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q役員報酬の適切な額

有限会社を設立予定ですが、資本金300万のうち200万を母(73歳、監査役)が出すことになり、その代わりと言っては何ですが、役員報酬と言う形で当面、月5万円、出そうと思っています。実質的には余り経営にかかわりませんが,私の中では200万の返済のつもりです。適切な処置でしょうか?。
何らかの形で返済したいのですが。

Aベストアンサー

非常勤で月5万円なら問題なさそうです。

「実質的には余り経営にかかわりませんが,私の中では200万の返済のつもりです。」の部分は心の声として伏せることです。特に税務署のヤツに喋ると問題になります。どこまでも監査役に対する正当な報酬である事を主張すべきです。
返済と報酬は別物です。

Q役員報酬の決め方

確認有限会社の設立を目前にしています。
当初の資本金は20万円です。

個人事業を法人にした形なので、代表取締役は私。もう一人の取締役は妻です。
それ以外の取締役、従業員はいません。

目下の事業内容としては、システム開発の請負で、月50万円の収入は見込まれてます。

5年間で300万円まで増資する必要があるので、役員報酬を貯蓄して増資しようと考えています。
この場合、収入の50万円をすべて役員報酬としても問題ないでしょうか?
会社としては利益ZEROとなります。

また、個人事業の間は妻の収入はZEROでしたので、扶養してた形になります。
役員となっても扶養の形は残したいので、役員報酬を月8万円くらいにしたいのですが、それは問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

問題ないかといわれれば問題ないと思いますが税金対策上不利です。50万円報酬で受け取ると、50万円に個人の所得税、社会保険、厚生年金が引かれて、手取りで生活費、残りを貯蓄に当てなければなりません。利益額から考えると、節税面でかなりいただけません。それに、今後借入をおこすとなると、赤字の会社には銀行はお金を貸しません。初期の段階では、役員報酬は、生活ができる最低の金額を報酬としてもらい、会社の方では、できるだけ多く経費として計上し節税します(会社で車を購入(リースや)、家を社宅にして住み、外食も福利厚生や交際費で旅行も研修ですし携帯料金も通信費です)。生活費はスーパーで買う食材費だけですみます。こうすると、1年で500万円位あっという間に消費します。法人税も安くなるし個人で税金も均等割しか払わないようにします。それに経費や減価償却などで見かけ上のキャッシュが足らなくなりますので、年度はじめに役員が短期で貸し付けます(たようにします、現金は動かない)。それで例えば借入が300万円貯まったときに、DES(デッド・エクイティ・スワップ)で増資します。そうすると、ほとんど税金も払わず、キャッシュもいらずに増資できます。飲み食いに使ったお金で増資するようなものです。

参考URL:http://www.conseil-mobilier.jp/content3/dds.htm

問題ないかといわれれば問題ないと思いますが税金対策上不利です。50万円報酬で受け取ると、50万円に個人の所得税、社会保険、厚生年金が引かれて、手取りで生活費、残りを貯蓄に当てなければなりません。利益額から考えると、節税面でかなりいただけません。それに、今後借入をおこすとなると、赤字の会社には銀行はお金を貸しません。初期の段階では、役員報酬は、生活ができる最低の金額を報酬としてもらい、会社の方では、できるだけ多く経費として計上し節税します(会社で車を購入(リースや)、家を社...続きを読む

Q役員報酬の厚生年金保険料

健康保険は役員報酬1円からでも加入できるとは思いますが、19年9月からの厚生年金も役員報酬1円から加入できますか?

初年度の役員報酬は、利益が不透明の為妥当な5万円ぐらいに設定をしようかと思います。

Aベストアンサー

はっきりとした根拠がありませんので、実際に手続きにする時に確認はしてください。

>非常勤役員は、社会保険への加入はしなくていいのですか?

任意だと考えています。あくまで従業員がいる場合(法人1人以上、個人5人以上)です。従って雇用関係でない委任関係である役員は含まれないと思います。また、非常勤の場合、別な会社で常勤してそちらで加入されていれば、重複しての加入は出来ません。出来ても社会保険加入会社へ非常勤の収入を合算させて手続きをする例外的な手続きも可能です。

>それとは逆に、非常勤役員は社会保険へ加入はできないのですか?

上記のとおりあくまで任意です。会社とその役員の判断になるかと思います。

社会保険の基本は、常勤し主たる収入のある会社で加入することです。しかし、親族などのグループ会社でそれぞれの会社でほとんどの業務を行う役員では判断が難しく、個人や会社の判断だけとなると思います。
また、会社で加入させなければいけない義務というのは、あくまで労働者に対するものだと思います。労働者は各種法律で守られますが、役員は守られるより責任が重くなると思います。

はっきりとした根拠がありませんので、実際に手続きにする時に確認はしてください。

>非常勤役員は、社会保険への加入はしなくていいのですか?

任意だと考えています。あくまで従業員がいる場合(法人1人以上、個人5人以上)です。従って雇用関係でない委任関係である役員は含まれないと思います。また、非常勤の場合、別な会社で常勤してそちらで加入されていれば、重複しての加入は出来ません。出来ても社会保険加入会社へ非常勤の収入を合算させて手続きをする例外的な手続きも可能です。

>それ...続きを読む

Q役員報酬を決めたその後

お世話になります。

ただいま、企業について参考書等で勉強しているものですが、
参考書には「企業すると3ヶ月以内に役員報酬を決める必要がある」
と書いているのですが、

1.役員報酬を「この金額にする!」と決めた後の行動は
  何かする必要はあるのでしょうか?。
  何か税務署に決定書のようなものを提出するのか、
  それとも何も届けず決めた金額で会社を運営していけばよいのでしょうか?


2.「3ヶ月以内に役員報酬を決める」はなぜ3ヶ月の期限なのでしょうか?

以上、初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、教えて頂きたく思います。

Aベストアンサー

1.一般的には税務署等に提出するような書類はありませんが、取締役会、株主総会の議事録を作成して、保管しておく必要があります。
税務調査等があった場合にはその議事録の提示が求められることがあります。

2.役員報酬については最近特にその上げ下げについて厳しくなってきています。小さな会社においては役員報酬を自由に上げ下げをできるようにしてしまうと利益操作が簡単に出来てしまうため、それを防ぐために決算後、もしくは設立後3ヶ月以内にその期の役員報酬を定めなければならないことになっています。
源泉所得税の納付の際にはその変更や設定が確定することになりますので、後からの利益操作のための変更はできなくなっています。

Q役員報酬と株主総会について

(1)前提、役員報酬は株主総会決議で決定
設立時の役員報酬についてなんですけど、定期同額給与は一応勉強したのでわかるのですが、便宜上、設立後すぐに臨時株主総会を開いて議事録を取り、例えばA役員に××円みたいなことが必要なのでしょうか?それとも設立1期目は役員報酬の金額をそのまま支払って源泉納付するだけで損金算入として認められるんでしょうか?それとも何か他の手続きが必要なのでしょうか?

(2)仮に2期目以降ずっと役員報酬に変更がないとします。(役員変更・重任等は考えないでください)それでも株主総会を開いて議事録を取る必要がありますか?

(3)そもそも毎決算ごと何も変更がなくても株主総会の議事録は必要なのでしょうか?

会計事務所初心者です。
新設法人の処理でいろいろと深みにはまってます。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) 役員報酬は、定款で限度額を決めておくのが一般的です。
  個別に決める場合は、ほとんどありません。
http://www.tkcnf.or.jp/08keieisha/qa0509_1.html

(2)(3) 株主総会の議事録は、必ず作成しなければなりません。
http://www.k3.dion.ne.jp/~afujico/gijiroku/kabunushi/mokiju.htm

ついでに、取締役会議事録も、必ず作成です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報