自宅の一部を使用して、個人事業を始めようとしています。
具体的な事業の内容としては、

1.貸しギャラリー
2.レンタルボックス
3.前2項において作品の委託販売の受託
4.喫茶メニューの提供
5.大判インクジェット出力サービス

売上構成は、1+2で半分、3+4+5で残り半分くらいを見込んでいます。

このような場合、自分の職業や業種をどう表現すると一般的に違和感なく受け入れられるものでしょうか。
職種と業種が曖昧で「自営業」で済む場合はいいのですが、たとえば申込書等で業種を選択しなければならない場合ですとか、直近では個人事業の開業届の職業欄になんと書くのか迷っています。

美術品を仕入れて販売するようなことは今のところ考えていませんので、美術商というわけではありませんし、喫茶メニューの提供といってもあくまでも付随サービスであり、本格的な喫茶店や飲食店という形態にはしませんので、飲食業というわけでもありません。
人に説明するときは、喫茶メニューや大判インクジェット出力サービスも提供できる貸しギャラリー、のような説明になるのかと思います。

・職業欄にシンプルに記載するとしたら
・業種を選択するとしたら

あたりの視点で皆様のご意見を拝聴できれば幸いです。

また、ついでと言っては大変失礼ですが、開業届にこう書かない方がよいといったアドバイスがもしありましたら、合わせてお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

開業届では、虚偽でなければさほど問題ありません。


詳細を書く欄でしっかりと書けばよいでしょう。

あと仕事を聞かれたりする場合には、収入やあなたの方針の中で、メインと思われる内容でよいと思います。

私は確定申告の際には、会社役員・コンサルタント・不動産貸付のようにかける範囲で書きます。実際には、会社役員を複数していますし、非常勤の社員の役職もあります。
選択するような場合には、わかりやすく会社役員や経営者のようなところを選択します。

あなたの場合には、サービス業・倉庫業・飲食業で説明がつくでしょう。
飲食業が付随であれば省略でよいでしょう。

本当に困れば、その他を選択したり、サービス業他のような記載でもよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

経験に基づくアドバイス大変参考になりました。ありがとうございます。
ケースに応じたご説明も助かります。

お礼日時:2017/04/06 19:13

幅が広すぎです。


行政書士入れないと無理でしょ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
開業届自体はA4のペラ一枚なので、自分で書きますが、書く欄が狭いのでちょっと迷いました。

お礼日時:2017/04/06 19:11

サービス業です。


委託販売業
貸しスペース業
レンタルボックス業
コンサルタント業
小物販売業
これらを含みます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

具体的にありがとうございます。
結局サービス業という曖昧なところが妥当なのかもしれませんね。

お礼日時:2017/04/06 19:09

下記の中ほどに、「法定業種と税率」があるので、適当に選んでください。


事業内容と業種名に関連に、そんなに厳しさは要求していません。
http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/kojin_ji.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

正確な情報をありがとうございます。
ざっと見てみましたが、説明書きがないと内容がわからないものもありますが、あまり厳密さは求められないのですね。

お礼日時:2017/04/06 19:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事業・業種別割合を調べたい

日本や、世界の事業・業種別の割合を調べたいのですが、
参考になるサイトをご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

業種別の何の割合でしょうか。就業人口の割合なら、こんな統計がありますが。
http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Popular/P_Detail2005.asp?fname=08-09.htm&title1=%87%5B%81D%98J%93%AD%97%CD&title2=%95%5C%82W%81%7C%82X%81%40%90%AB%81C%8EY%8B%C6%28%91%E5%95%AA%97%DE%29%95%CA%8FA%8B%C6%90l%8C%FB%8By%82%D1%8A%84%8D%87%81F2000%94N

Q個人事業 業種を増やす際の手続き

ご覧頂き有難うございます。

個人事業主として
事業内容を電気設備業として
確定申告をしている方が、
自作のハンドメイドの小物を売る業務も増やしたい場合、
全く別の業種になると思うのですが、
届出の変更などは必要でしょうか。

また、かかった材料代は材料費とし、
売上はまだ少額ですので雑所得とするか、
設備業と共に売上としてもよいのか、
どちらが正解でしょうか。

たくさん質問してしまい、申し訳ありませんが、
どうかご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>自作のハンドメイドの小物を売る業務も増やしたい場合…

八百屋が魚を販売しても、税務署への変更届けなど必用ありません。

八百屋がアパート賃貸を始めたときは、「所得の区分」が違うので届けが必用です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm

>売上はまだ少額ですので雑所得とするか…

雑所得の定義に当てはまりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1500.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Qやる業種・事業ってどうやって決めるのでしょうか

実際起業なさった方や、経営者の事を知っている方にお聞きしたいのですが、もし新たに事業を始めるとしたら、世に既存する多くの事業の中ならどのように業種・事業を選び、決めるのでしょうか?
選び方のコツというものがあるのでしょうか?

また、素人が絶対にやってはいけない業種・事業はありますか?

Aベストアンサー

自分のやりたいことか、それで稼げるのか?などを考えます。
せっかく起業するなら、好きなことの方が良いですし、稼げないと維持できませんよね?

やってはいけないことはないと思いますよ。
例えば、専門知識のいるもので自分に知識や能力がなくても人を雇うなり、外注にお願いするなり出来る訳ですから。
ただ、その分の費用も計算して稼げるかどうかですね。

Q個人事業者ですが、さらに他業種のお店を始める場合の届け出や確定申告について教えてください。

現在、個人事業を営んでおり、確定申告は青色申告です。いまの仕事と兼業で新たに他業種の個人事業を始める場合、当然、開業届は必要になると思いますが、その他どのような手続きが必要となりますか? 青色申告などの申請も新たに必要になるのでしょうか? また、2つの屋号(業種)の場合、確定申告はどのようにすれば宜しいのでしょうか? おわかりの方がおりましたら、どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1開業届け
 新しい業種が飲食なら保健所への届けが必要というように、「開業するのに監督官庁への届けがいるか否か」をお調べになれば良いかと思います。

2確定申告
 所得税の申告は「事業」にかかるのではなく、その事業者個人に集合されて計算されます。
 だとしたら、入った金額から出た金額を引けば所得がでるので、計算は一緒でかまわないように思われがちですが、事業の種類が違うと会計上の処理が異なるもの(下記例)があるので、それぞれの事業での決算を組んで、その損益を合算する必要があります。

3給与支払事務所の開設届け
 新たな事業所で、現在の事業と違う「財布」から給与を支払う場合は、表題の届けを税務署に提出する必要があります。
 給与の支払者は同じですが「支払事務所」が新たにできたと考えるといいです。
 源泉所得税の徴収高計算書の書き方をどうするかについては、実際の支払形態で変わりますので、所轄税務署源泉所得税部門で確認されるといいです。

 業種によって会計処理が異なる一例
  中古自動車販売業では中古車の買い入れは「仕入れ」で、売上げから全額差し引いて利益計算することになります。
  しかし飲食業者が中古車を買い入れたときは、原価償却資産の増加になるため、買い入れした年に全額「経費計上」できません。
 減価償却費が経費算入されていきます。

 (中小企業法人では減価償却試算の特例がありますが、質問者の求めるものと違いますので、それには触れないでおります)

1開業届け
 新しい業種が飲食なら保健所への届けが必要というように、「開業するのに監督官庁への届けがいるか否か」をお調べになれば良いかと思います。

2確定申告
 所得税の申告は「事業」にかかるのではなく、その事業者個人に集合されて計算されます。
 だとしたら、入った金額から出た金額を引けば所得がでるので、計算は一緒でかまわないように思われがちですが、事業の種類が違うと会計上の処理が異なるもの(下記例)があるので、それぞれの事業での決算を組んで、その損益を合算する必要があ...続きを読む

Q田舎で都会の方にレンタルファームを提供する事業

現在田舎に暮らしています。最近の農家の方が高齢で農業を辞める人が増えてきました。そこでそんな農地を利用してネットでレンタルファームを始められないかと思っています。近県の都会の家族が週末を利用して農作物を育て自然にふれあう。帰りは近所の温泉で疲れを癒す。そんな感じになればいいなと思っています。もちろん農具&肥料等はこちらで用意します。
あと事情でなかなかこれない方に対してはアフターフォロー(管理)もします。メルマガの発行も考えています。参加したいと思うでしょうか?いろいろなご意見聞かせてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 体験農場(米)に参加している者です。

 私が参加しているほ場では、田植えと稲刈りのみ参加で、後の管理は管理者にやっていただいています。
 田植え、稲刈りとも手作業です。

 一区画が100平米で、およそ30kg程度の収穫となり、費用は1万円です。

 田植え、稲刈りとも、作業が終わった後には(9:00スタートでお昼には終わります)みんなで食事です。これは別途に一人1,000円(子どもは無料)を払います。

 さて、事業化についてですが、可能性はあるのではないかと思いますが、どうやって集客するかが問題ですね。作業自体を顧客にやってもらうことを基本とするなら、集客はごく近隣からしか無理かと思います。管理を管理者で代行できるなら、単に農作業を体験できるだけでなく、減農薬とか化学肥料ゼロとかで訴求していく必要もあるかと思います。(私が参加しているところも減農薬です)

 メルマガの発行はとてもよいと思います。自分のほ場がどういう状態か、どのように管理されているのかがわかるのはとても大事なことです。リピート率の向上にも繋がると思います。

 あと、アドバイスとしては、農業分野での事業化は、色々な補助や助成があるかもしれません。お住まいの地区の農林水産課(農業系補助)や厚生労働省関係(雇用関係補助・助成)、商工労働関係の部局(事業化関係の補助)へ問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 体験農場(米)に参加している者です。

 私が参加しているほ場では、田植えと稲刈りのみ参加で、後の管理は管理者にやっていただいています。
 田植え、稲刈りとも手作業です。

 一区画が100平米で、およそ30kg程度の収穫となり、費用は1万円です。

 田植え、稲刈りとも、作業が終わった後には(9:00スタートでお昼には終わります)みんなで食事です。これは別途に一人1,000円(子どもは無料)を払います。

 さて、事業化についてですが、可能性はあるのではないかと思いますが、どう...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報