閲覧頂きありがとうございます。
会社で働いている時、転んで怪我をしました。
右膝半月板損傷という診断がつき、4月20日入院、4月21日、手術になりました。
転んだのが2月17日。
その時は、ただの打ち身だと思っていました。
ところが、上記のような内側の損傷がありました。
病院の初診は3月25日。
MRIが4月9日。
会社が忙しかったのと、一度症状が軽くなったのもあり、遅れてしまいました。
同じような状況だった方、労災に詳しい方、お話しを聞かせて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「右膝半月板損傷という診断」と、「転んだのが2月17日」との因果関係は、


主治医の判断でしょう。
主治医は、何とおっしゃっているのでしょう・・?
お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
主治医は、2月17日付けで診断書を書いてくれました。

お礼日時:2017/04/18 23:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会保険料と4月・5月・6月の査定について

毎年7月に4月・5月・6月の給料の総支給額÷3で、次の9月からの社会保険料が変わるらしいのですが、その場合、通勤時の定期代も含まれると、聞きました。しかし、定期代以外のいわゆる交通費(外回りでの移動費)もその対象になるのでしょうか?

それと、今の社会保険の等級と今度の7月の査定時での等級が1等級しか違わないとき、9月からの保険料は換わりますか?

保険料が下がるのは2等級以上で、あがるときは1等級でもあがったりするような、理不尽なことはないですかね?

Aベストアンサー

社会保険料の計算の基礎となる「標準報酬月額」の計算には、給与の額に通勤交通費は加算されますが、交通費(外回りでの移動費)は加算されません。

又、この計算には、毎年7月に4月・5月・6月の給料で計算する「定時決定」と、2等級以上変動した場合に改定される「随時改定」とがあります。

定時決定は、1等級でも変動(増減)があれば、等級が変わり、「随時改定」は2等級以上の変動(増減)が会ったときに改定されます。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.eonet.ne.jp/~matuura/hyoujyunhoushu.html

Q社会保険の標準報酬月額で普通は4,5,6月ですが9月に入社した場合9月のみで決まるんですか?それと

社会保険の標準報酬月額で
普通は4,5,6月ですが9月に入社した場合9月のみで決まるんですか?それとも9,10,11月の平均で決まるんですか?

Aベストアンサー

標準報酬月額は、総支給額で算定しますので基本的には残業代なども計算には入れて見込みをだすかと思いますが、どの程度計算に入れるかは会社によるでしょう。

それから、届出した後の3ヶ月平均と2等級以上変動したら月額変更できるという回答がつくことがありますが、月額変更は固定賃金の変動がないとできません。

差異が大きいと気付いたら、訂正届で対応となります。3ヶ月待つ必要はありません。

Q妊娠9ヶ月の妊婦です。10月22日出産予定です。出産育児一時金の申請をしたいのですが、8月15日

妊娠9ヶ月の妊婦です。10月22日出産予定です。
出産育児一時金の申請をしたいのですが、
8月15日に2年間勤めた会社を退職して、
資格喪失しています。
今後は旦那の扶養に入るつもりなのですが、
出産育児一時金の説明の紙に
退職後6ヶ月以内であれば以前の健康保険から給付を得られると書いてあったのですが、
どっちの健康保険(以前の就職先または旦那の扶養か)で申請した方がいいのでしょうか?
ちなみに以前加入していたのは東京織物健康保険組合です。
どなたか詳しい方お願い申し上げます。

Aベストアンサー

私は以前出産で退職した時、退職後国保にしましたが国保で出産育児一時金を請求しようとしたら、健康保険で請求してくださいと言われました。

当時、うちの自治体は現金でその場で支払ってくれていたのでそうしてほしかったんですけど…
今は違うかも知れません。
質問者さんの場合はどっちにしても健康保険ですのであえてそこまで書きませんでした。

Q4月、5月、6月に働きすぎたせいで

派遣で働いています。
今月の給料から厚生年金が1万円以上、健康保険が3000円以上高くなっていたため、事務センターに問い合わせたところ、
3月~5月の平均給料に合わせて見直しが行われたと言われました。

3月~5月といえば、ものすごく忙しく残業をたくさんしたので
通常の給料より手取りが10万円以上多かったのは確かです。
本当にこの3ヶ月間だけなのですが・・・。

これは、もし6月~8月に超残業してたら影響なかったということなのでしょうか。

それともその場合は別の時期に見直されて、
結果一緒ってことなのでしょうか。

勉強不足で知識が無いため、詳しい方教えていただけますでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No1です。

 No4が間違っていますよ。
 いつ残業したのかは関係ないんです。
 何度も言いますが4,5,6月の給料が
 標準報酬月額の元になるんです。
  
 残業時間は給与の締めによって何月分の
 給料に反映するか様々ですよ。

 25日締めの当月末払いなら
 3月26日~4月25日の残業時間が4月末に
 支払われますよ。
 
 なので残業をいつやったのかはまったく
 関係ありません。あくまでも4,5,6
 月の給料なんです。

 でも3月1日から3月31日までの残業が
 4月の給料に反映するならまんざらNo4
 の回答は間違いではありませんが、でも
 全てに共通してはいえませんよね。

 ladysisterさんは給与の締め日を質問に
 書いていないのですから、一般的な回答
 となればやはり俺やNo2さんみたいな
 回答になりますよ。

Q標準報酬月額と4月、5月、6月の残業手当

毎年4月、5月、6月の残業手当が他の月と比べて突出して多く、4~6月の給与等を基に決定される標準報酬月額も多くなり、社会保険料がその分多くなると思うのですが、年平均の月額給与等に近くなるように、どこかで調整されないのでしょうか。
厚生年金保険料(=厚生年金掛け金?でいいのでしょうか?)は年金受給額として反映されてくると思っていますが、健康保険料は掛け金が多いからと言ってメリットはないですよね?
かなり不公平感があるのですが何故年平均ではなく4-6月平均になっているのでしょうか。このシステムを是正してもらうにはどうするのが一番効果的でしょうか?(国会議員に頼むしかない?)

Aベストアンサー

標準報酬月額が2等級以上増減した場合(例えば20等級から18等級になった場合)に改定されます。標準報酬月額の一覧表はリンク先を参照してください。

厳密に言えば、残業代だけでの変動は改定事由に該当しないのですが、標準報酬月額がさがると企業負担も少なくなるので、概ねどこも随時改定してると思います。

また自動的に安くなるわけではなく、会社が届出書を出して初めて有効になりますので、会社が処理を忘れてしまえば下がらない可能性もありますんで、給与明細を注意してみているといいですよ。

参考URL:http://www.sia.go.jp/outline/iryo/kiso/ki09_01.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報