ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

私は経営コンサルタントをしているのですが、取引先が電力の契約種別変更に関して検討していまして、知識不足で申し訳ありませんが、差し支えない範囲で教えていただければ幸甚です。
現在、私の取引先企業Aが20拠点ほどビルがあり、業務用電力の契約(契約電力は拠点により異なり、30~130KW程度)を電力会社(北海道電力)としています。契約種別を変えることでコスト削減を狙っているのですが、具体的には一部の拠点につき低圧電力(?)の契約に切替えるのは可能でしょうか?可能であれば、コスト試算の方法があれば知りたいのですが。。。またはその他の契約形態への変更でコスト削減は可能でしょうか?無知で大変恐縮です。
また、参考となるURLなど教えて頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

北海道電力もやっているはずですが、電力量調査(昼間、夜間どれだけ使った)をいらいされたら、無料の


はずですよ。
 ビルレベルでは、「コロンブスの蓄電」などいう
道具もあります。
 

参考URL:http://www.sinano-denki.co.jp/products/columbus. …
    • good
    • 0

元電力会社社員です。


北電ではありません。申し訳ありません。

たぶん考え方は同じだと思うのですが、
業務用電力から低圧電力+従量電灯契約に変更することは可能です。
しかし業務用電力契約で電圧6000Vで供給しているため、
供給電圧を100V+200Vに電圧を落とすことになるので、
北電側が用意する設備に対して「工事費負担金」が請求されます。
(契約電力が減少する場合はかかる工事費はお客さま負担)
具体的には、
★変圧器2台・・・10万円程度(すでに設置されていて揚替の必要がない場合は無料)
★引込線・・・2本で2~3万円程度
★建物側の電気工事費、申請料など・・・見積要
となります。
詳細は北海道電力HPの
法人のお客さま→電気供給約款→87P(66供給設備を変更する場合の工事費負担金)をご参照ください。


それから、
現在業務用電力契約は「実量制」となっていて、
1月の使用状況をメーターで管理していて、
表示された最大使用電力で基本料金を算定します。
(申し訳ありませんが詳しい説明は北電へお願いします)
使わなければ最大使用電力は下がりますので、
基本料金も下がります。


工事費負担金が多額になる場合があるので、
安易に契約を下げるのもどうかと思われます。
電気工事店や北電と相談をお願いします。

参考URL:http://www.hepco.co.jp/stipulation/index.html
    • good
    • 0

まず、供給約款を熟読しなければ何を説明しても、語彙がわからないと思います。



契約種別を変更することでコスト削減をはかるなら、コンサルは不要です。(電力会社に問い合わせすれば過去の運用(電力消費量)から相談ができます。もちろん、無料!)

経営コンサルでこの様な契約変更を申し出したら、きっと怒られます。(だれでも出来ます)

要は、運用の改善(電力消費量の最適化、省エネ化)をせずに、契約変更を考えてはいけません。

最適化・省エネ化ができて初めて契約変更になり、顧客のトータルメリットになります。

なお、省エネ化に関しては、いろいろサイトがあります。Keyワードで、省エネ、ビル、エスコ などと調べるといろいろありますよ。

がんばってください。 
    • good
    • 0

>業務用電力の契約(契約電力は拠点により異なり、30~130KW程度)を…



ここでいう「業務用電力」は、契約種別上の正式用語と解釈してよろしいですね。
本来の業務用電力は、50kW以上に限られます。それが 30kWぐらいの需要家があるのは、元々は 50kW以上あったものを事業縮小などで、例外的に残ったものでしょう。

>一部の拠点につき低圧電力(?)の契約に切替えるのは可能…

30~49kWの需要家について、低圧電力に切り替えるのは、何の問題もありません。もとより電力会社も歓迎してくれることでしょう。

>コスト試算の方法があれば…

大まかに言って、高圧受電設備を撤去し、低圧で受電するための配線変更工事は、需要家の負担になります。かなり大きな金額になりますから、電気工事業者から見積もりを取って、十分な検討が必要です。
低圧になれば、保安管理は電力会社の責になり、高圧のときに義務づけられていた主任技術者を置く必要はなくなります。主任技術者は、○○保安協会などに委託していたかもしれません。
また、50kW未満の高圧需要家は、元々主任技術者を置く必要がないケースもあります。

>その他の契約形態への変更でコスト削減は…

最近の電力会社はどこでも、メニューが大変豊富になっています。
時間帯によって単価が違ったり、季節によって違ったり、また基本料金を安くする代わりに従量料金を高くするなど、さまざまなプランが用意されています。
高圧のメニューでも、「高圧時間帯別電力」「業務用時間帯別電力」「業務用ウイークエンド電力」「高圧電力II型」「高圧時間帯別電力II型」などいろいろあります。
低圧ですと、これの何倍ものメニューがあります。

これらは電力会社の HP でも一応解説されていますが、素人にはなかなかわかりにくいものです。一度電力会社の窓口を訪れ、話を聞かれることをお奨めします。
私のところの電力会社は、その需要家の過去 1年間の使用状況から、どのメニューが最適か、シミュレーションしてくれます。

メニュー変更で、コスト削減は十分可能と思います。

参考URL:http://www.hepco.co.jp/price/01_01.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QdB dBuV変換

すいません。
dBとdBuVの変換式を教えていただけないでしょうか?
例えば、6.0dBuVは何dBになるでしょうか??

Aベストアンサー

dB は、比率を表す場合が多いのですが、
例えば、ADSLの契約で「お宅は40dBをこえてますから、ちょっと、、、」
という言い方をします。
-40dBは、1/10000 です。
しかし、電界強度の1dBは、1mV/m です。
また、単に 1mV を 1dB ということもあります。
(と、記憶しています)
で、mVとμVの比は、1000=10^3=30dB です。
したがって、1mV を 1dB とすれば、1μVは、-30dB です。

Q東京電力のご契約種別 電化上手

契約アンペア10Aから60Aまでありますが、電化上手の6KVAなどと単位がKVAとなっていますが、60Aとはかなりちがうのでしょうか?

解説やアドバイスをよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

普通の契約 (従量電灯B) で 50Aとか 60Aというのは、全部 100Vで使った場合の電流値です。
200Vエアコンでもあって 100V と 200Vとを混在して使ったときは、
・100V-30A + 200V-10A = 5kVA・・100V-50A相当・・契約は50A
・100V-40A + 200V-5A = 5kVA・・100V-50A相当・・契約は50A
・100V-30A + 200V-15A = 6kVA・・100V-60A相当・・契約は60A
・100V-40A + 200V-10A = 6kVA・・100V-60A相当・・契約は60A
となります。
普通の契約では、お客様が必ずしも 200Vを併用しているとは限らないので、全部 100Vで使用した場合の数字で表しています。

一方、電化上手などの契約は、IHクッキングヒータや電気温水器もしくはエコキュートなどの 200V機器があることが前提なので、無理に 100V換算することなく、「kVA」表示になっています。

ともかく、契約上の表示は 60A = 6kVA と考えて、大きな間違いではありません。

普通の契約 (従量電灯B) で 50Aとか 60Aというのは、全部 100Vで使った場合の電流値です。
200Vエアコンでもあって 100V と 200Vとを混在して使ったときは、
・100V-30A + 200V-10A = 5kVA・・100V-50A相当・・契約は50A
・100V-40A + 200V-5A = 5kVA・・100V-50A相当・・契約は50A
・100V-30A + 200V-15A = 6kVA・・100V-60A相当・・契約は60A
・100V-40A + 200V-10A = 6kVA・・100V-60A相当・・契約は60A
となります。
普通の契約では、お客様が必ずしも 200Vを併用しているとは限らないので、全部 100V...続きを読む

Qガス業界について(vs電力業界)

私は今就職活動中の大学院1回生理系学生です。
インフラの中でもガス業界、電力業界に興味があります。
特にガス業界に興味があるのですが、電力との勝負が激化しているようで正直なところ少し不安です。

大手ガス会社でも電力会社におされてピンチなんですか?将来電力会社に吸収合併されるなんてことはありえますかね?

噂、持論、体験談などなどどんな書き込みでもいいのでみなさんの意見をお聞かせください。電力・ガスに関することならなんでもおっけいです!
他にも社内の雰囲気や働きやすさなど、何でもいいので情報がある方は書き込みをおねがいいたしますm(__)m

ちなみに私は私生活も充実させたいですが、仕事にメインで打ち込みたいと思っていますので、できるだけ上から押さえつけられるのではなく、下の意見も適度に受け入れてもらえる風通しのよい企業がいいと考えております。

関西の大阪ガス、関西電力を希望していますが、関東の情報でも結構です。
よろしくおねがいいたしますm(__)m

Aベストアンサー

某ガス会社に勤めている者です。
家庭用においては、電化攻勢の激化により競合が厳しくなっていますが、ガス販売全体を見れば、環境性が重視される昨今、産業用を中心に手堅い天然ガス需要があり、しばらくは伸びが期待できるかと思います。
また、家庭用においても、市場環境が厳しいのは事実ですが、対前年の電化率の伸びも一時期よりは下がってきている傾向にありますし、家庭用燃料電池の市場投入も相まって、やられっ放しというわけではありません。
数十年先のことまではわかりませんが、電気とガスの健全な競争はお客さまの利益につながることから、電力会社に吸収されることはないと思います。
ただし、ガス会社は電力会社に比較して、事業規模の小さい会社が多く(ガス料金の内々価格差も課題として挙げられている)、また今後LNGを安定的かつ安価に確保していくにあたっては、事業規模の大きさがメリットになるため、一部大手を除いては、ガス業界の再編に巻き込まれることになる可能性があります。
大阪ガスであれば、若手の時期から活躍が求められる、市場に敏感に反応していく会社との印象を持っています。エネルギー業界の中でも、いわゆるお役所的な会社ではないと思います。(その分忙しいとも言えそうですが。)ただ、大手ガス会社であれば、生産、供給、営業、一般管理と部門が違えば、会社が違うほど部門間の雰囲気に差があります。
これから就職活動に入られるかと思いますが、いろいろな業界をご覧になって、ガス会社のよさを感じてもらえればと思います。(少なくとも私はこの業界に入ったことを後悔していません。)
就職活動がんばってください。

某ガス会社に勤めている者です。
家庭用においては、電化攻勢の激化により競合が厳しくなっていますが、ガス販売全体を見れば、環境性が重視される昨今、産業用を中心に手堅い天然ガス需要があり、しばらくは伸びが期待できるかと思います。
また、家庭用においても、市場環境が厳しいのは事実ですが、対前年の電化率の伸びも一時期よりは下がってきている傾向にありますし、家庭用燃料電池の市場投入も相まって、やられっ放しというわけではありません。
数十年先のことまではわかりませんが、電気とガスの健...続きを読む

Q電話営業で低圧電力契約種別変更のすすめ

数ヶ月前に電話営業で「低圧電力契約を変更すると基本料金が下げられる」みたいな電話が会社に掛ってきました。(記憶があいまいですが、新しくお得な契約ができたと言っていた気がします)
すぐに切ろうと思いましたが、なかなかタイミンクが掴めなかったのと、何契約に変更させようとしているのかと思い尋ねると、「主開閉器契約です」と返ってきました。
時間の無駄だと思い、その返事を聞いた後すぐに切ってしまったのですが、最近あの電話は何だったのだろ~?と気になるようになりました。

必要も無いのに契約変更手数料とそれに伴う工事費で儲けようとしているのか、実は知らぬ間にお得な契約ができていたのか?
ご存知の方ご教授下さい。

ちなみに会社は東京電力管内で、○○電設と言う名称です!!

Aベストアンサー

 下記URLのNo5を参考にして下さい。
 ただ、事情が少し違います。当時は「カモ」を絞り込んで営業していましたが、最近は「手当たり次第」「×××滅法」です。
 ご注意下さい。
 「低圧電力」の契約決定方法には「負荷設備契約」と「主開閉器契約」がありますが、後者の場合でも「負荷設備」はきちんと届け出る(電気工事店により)ことが大前提となっています。(供給約款をご覧下さい。)
 なお、本ページのNo1さんの書かれている業者は現在は殆ど居ません。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2540661.html

QPVとは何でしょうか

よくソフトウェア会社のページでPVを見ていますが、PVとは、どういう意味でしょうか?
レベル低い質問すみません。ご存知の方、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

インターネット関連のソフトウェア会社ならPage View(ページビュー)だと思います。
Webのアクセス数の単位です。

Q全量買取時の関西電力の契約種別は何がいいですか?

自分で太陽光パネルを屋根に載せようとしていますが、電気工事業者ではありませんので、
ご存じの方どうか知恵を貸してください。
電池容量は10.2kwで全量買取をしようと思っています。経産省の認定はやっととれて、関電に申込に行ったら、買電の申し込みが必要といわれました。パワコンの消費は100Wくらいなので、定額制に該当?するらしいですが、新規で契約をしなければいけない、と言われています。その時の契約種別は何がおすすめでしょうか?買電も売電もまとめての契約という意味かもしれませんが・・・ちなみにパワコンは単相3線式202Vです。また現在のその他の契約種別は従量電灯B、と低圧電力(3相200V)です。

Aベストアンサー

順序が逆のような気がします。

私のところは関電ではありませんが、その種の申請は認定業者でないと原則受け付けてもらえません。
実際は業者に頼むにしても今回の質問の内容を十分に電力会社と相談してから着手した方がよいと思います。

Q扇風機でお安めで消費電力少なめでちゃんと風が来るオススメなのありませんか?

扇風機でお安めで消費電力少なめでちゃんと風が来るオススメなのありませんか?

Aベストアンサー

まだでてないけど これがオススメ
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/1049597.html

それかこの7枚羽
https://enuchi.jp/5434/yamazen-dc-electric-fan-2017

Q電力契約の変更について(従量電力A→B)

現在、従量電力Aで契約をしておりますが、非常に電気代が高いので従量電力Bの契約に変更しようと検討しています。この場合に教えていただきたい事があります。
<現在の家の状況>
・電気代は25000~45000円程度
・冷蔵庫が多い(単相100Vのもの)
・ブレーカーは50A
・電力会社は四国電力です

<質問です>
・従量電力A→Bへの変更はどんな手続きが必要ですか?
・ブレーカーなど変更する必要があるのですか?
・6KVAの契約にしたいのですが可能ですか?

以上です。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

四国電力の従量電灯 A、Bは、契約容量によって分けています。60A (6kVA) 以下が従量電灯 A、60A (6kVA) 超過が従量電灯 Bです。
基本料金、従量料金とも単価は確かに Bのほうが安いようですが、最低 70A (7kVA) でしか受け付けてもらえません。

・従量電力A→Bへの変更はどんな手続きが・・・

電気工事店に手続きを代行してもらうことになるかと思います。

・ブレーカーなど変更する必要が・・・

はい。お客様持ちのブレーカを取り替えることになります。
また、ブレーカのみならず、引き込み線との接続点からメーターを通って配電盤までの幹線も取替になる場合もあります。
一度、電気工事店に診てもらってください。

・6KVAの契約にしたいのですが・・・

前述のとおり、7kVA以上になります。

参考URL:http://www.yonden.co.jp/life/e_menu/index.htm

Q電力とガスの長所、短所

私は今度ガス会社を受けようと思っています。そこで、電力とガスそれぞれの強みと弱みが知りたいです。
今、私なりに考えているのは以下のような感じです。
電力:オール電化
私の住んでいる中部地方の電力会社は火力が多いようなので環境に対してどうなのかなぁっと思います。ただ発電にはガスも使っているらしくどっちもどっちなのかとは思います。問題が起きたときの復旧が早そう。

ガス:コージェネ、燃料電池
コージェネは電力でもやっているようなので燃料電池の普及次第でしょうか。。。あとは販売地域の拡大が大事な気がします。天然ガスは環境には非常に優しいエネルギーでこれから重要なのではないか。ガス管が損傷したら普復旧が遅そう。

電力とガスの強み、弱みについていろいろな人の意見が聞きたいです。
特にガスについてはよく知っておきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

よく勉強しておられるようですね。

その他には、電力は自由化によって競争が大変であること、電源立地が大変であることの問題点を抱かえていますが、ガスは地域独占で有利ですね。
ただし、これは面接では言えませんが。

Q電灯契約契約の内容は電力会社により違いがあるのか?

東北電力
http://www.tohoku-epco.co.jp/dprivate/menu/index.html

従量電灯A

主にアパートの共用部分の廊下・階段の照明などで電気を使用するお客さま向けのメニューです。
使用する最大電流が5アンペア(A)以下のお客さまが対象となります。
従量電灯B

主に一般のご家庭で電気を使用するお客さま向けのメニューです。

関西電力
http://www.kepco.co.jp/home/ryoukin/menu/dento_a.html
従量電灯A

ご家庭等で最も多くご契約いただいているメニューです。
ご使用量によって電力量料金単価が異なる3段階料金制度となっています。なお、基本料金はございませんが、15kWhまでは一律の最低料金がございます。

電灯または小型機器をご使用になるお客さまで、最大需要容量※が6kVA未満のお客さま

===以上引用

同じ従量電灯Aに対して、東北電力と関西電力では、説明の仕方、推奨の利用形態が違っています。

たまたま違うサービス内容に対して同じ名称を使っているようにも思えます。

最大電流5A(東北電力)
最大需要容量6KVA(100Vとすると、最大電流にすると 60A)

このような理解で良いものなのか?

東北電力
http://www.tohoku-epco.co.jp/dprivate/menu/index.html

従量電灯A

主にアパートの共用部分の廊下・階段の照明などで電気を使用するお客さま向けのメニューです。
使用する最大電流が5アンペア(A)以下のお客さまが対象となります。
従量電灯B

主に一般のご家庭で電気を使用するお客さま向けのメニューです。

関西電力
http://www.kepco.co.jp/home/ryoukin/menu/dento_a.html
従量電灯A

ご家庭等で最も多くご契約いただいているメニューです。
ご使用量によって電力量料金単価が異なる3段階料金制...続きを読む

Aベストアンサー

>たまたま違うサービス内容に対して同じ名称を使っているようにも…

会社が違うのですから、当然そうなりますよ。

特に、関西、中国、四国、沖縄電力では家庭用電灯契約に「リミッタ」(アンペアブレーカ) がありませんので、東北電力ほかとは料金体系そのものが違います。

>このような理解で良いものなのか…

その上の 2行は、それで良いです。


人気Q&Aランキング