クロストリジウムの嫌気培養を初めて行おうとしているのですが、使おうとしている培養液(チオグリコレート培地)にレサズリンという試薬が入っています。少し調べたところ、これは酸化還元試薬で、嫌気培養で菌が生育していたら、その菌の生産する酸化還元酵素によって還元されてピンク色に呈色するとのことでした。つまり、培養がうまく行っているかどうかの指示薬として添加されているようですが、「私の解釈」は正しいでしょうか?また、私がこれから行おうとしている培養については、何もこのような試薬を用いなくても培養液の濁度で菌の生育を見られると思うのですが、いかがでしょうか。まあ、菌の「検出」を行うために使うのであれば、役立ちそうですが、、、。というわけで、詳しい方がおられましたらお教え下さい。

A 回答 (2件)

レサズリンは、酸化還元の指示薬です。

酸化状態ではピンクで、還元状態では無色となります。無色となる酸化還元電位がどれくらいだったか忘れてしまいましたが、レサズリンが着色していなければ、その培地は十分に嫌気状態が保たれており、嫌気性微生物を培養するのに適した環境だと判断できます。逆に、還元剤が加えてあるのに培地が着色してしまう場合は、気密状態が保たれておらず、酸素が混入していることがわかります。
 嫌気性微生物の培養は、好気性微生物の培養にくらべ、気を遣わないといけない点がたくさんあって、慣れるまではたいへんですが、頑張ってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

kurimusumeさん、有難うございます。
培養の前に、その培養液が使用可能かどうかを判断する一種のマーカーとして使っているわけですね。よく分かりました。
嫌気培養頑張ってみます。

お礼日時:2001/07/02 09:15

あまり詳しくなくて申し訳ないのですが。

。。
これは液体培地の事でしょうか?それとも高層(寒天)培地の事
でしょうか?
高層培地の事なら、私が聞いた話では、レサズリンを入れておくと
培地の中に酸素が入ったかどうか、つまり培地が古くなり酸素を含
むようになったかどうかを見るために入れるのだということでした。
嫌気性菌の発育に酸素が多く含まれる培地は適さないという事なん
だと理解しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

gayakoさん、有難うございます。
使っているのは液体培地です。
高層でその用途でしたら、恐らく液体培地も同じ用途のように思います。

お礼日時:2001/07/02 09:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q嫌気性菌の培養

嫌気性菌の培養法のひとつにキャンドルジャー法(ロウソク培養)というものがあります。
この培養に使うジャー(ガラス)が欲しいのですが、どこで買えますか?
また、正式名称がわかれば教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

簡単に嫌気培養するために考案されたものですから、難しくてはいけません。
こちらのサイトに写真があります。
http://www.mc.maricopa.edu/~johnson/labtools/Dbiochem/oxy.html

これぐらい簡単ならば、誰でもできそうですね。
火が消えるまでは目を離してはいけません。

Q大腸菌培養液見分け方

JM109株、JM109/pUC19株、JM109/pUC19-Xの3種大腸菌培養液の実験的見分け方について、

なのですが、電気泳動を行う、以外に思い浮かびません・・・。

どなたかご存知でしたらよろしくお願いいたします・・。

Aベストアンサー

すべて大腸菌側が同じですから、プラスミドの有無や種類の違いを判別できるような手法ならなんでもいいでしょう。
フェノール/クロロホルムで菌体破壊して電気泳動すればプラスミドのサイズで区別できるでしょうし、pUC19でしたらM13 forward/M13 reverseプライマーでPCRすれば増幅サイズで区別することもできますよね。
(pUC19-XのXがマルチクローニングサイトへの塩基挿入であると仮定してます)

こじつけみたいなものでもよければ、Western blottingでもNothern blottingでもできます。目的の割に手間だけ異常にかかりますが・・・。

Q大腸菌培養液 ずっと使えますか?

研究で組み換えタンパクを作っているものです。
タンパク発現をさせる際に、5mlのスモールカルチャーから3mlとり、500ml培養液で発現させるというのをしているのですが、かなりのペースで繰り返しています。
そこで思ったのですが、このスモールカルチャーの液はずっと使ってもいいのでしょうか?つまり、また3mlほど液を足して培養し、3mlをラージカルチャーへ、というのを半永久的にできるのでしょうか?
プレートから拾ってくるよりも短時間で増えるので、可能なら楽になるのですが・・・。

Aベストアンサー

プラスミドに変異が起こる可能性があるので、できれば1~2週に一度のペースで凍結ストックから起こし直すことをお勧めします。
組み替えタンパク質とのことなので、抗生剤をどこかでうっかり忘れると、たちまちプラスミドも失われる・・・可能性もあります。

Q嫌気性菌と好気性菌に純粋分離したいのですが・・・

EMを嫌気性菌と好気性菌に純粋分離したいのですが・・・よく解りません。。。
そもそも純粋分離とはなんですか??
私は、高校生なので簡単に解りやすく教えて下さい!!

Aベストアンサー

貴方のおっしゃっている嫌気性菌と好気性菌の純粋分離については、純粋培養とはニュアンスが異なっているのではないでしょうか?性質上の分離と純粋培養とは全く違うことのような気がします。嫌気性菌の分離は無酸素状態での培養によって生じるコロニーを希釈して、更に嫌気培養することで精度の高い嫌気性菌を得ることができると思いますが、菌の中には通性嫌気性菌のように、好気・嫌気どちらの条件でも生育できるものがありますので、なかなか難問です。純粋培養とは、1個の細胞から増殖が確認されたものに対して使う言葉で、工業的に所期の製品を作るために必要な技術です。以下にの順を追って説明します。
(1)一滴の培養液の中に一個の細胞が存在する程度に希釈します
(2)顕微鏡下で(1)の条件にあっているかどうか確認します
(3)(2)を培養後、増殖しているかどうか確認します
(4)増殖していれば、濾紙小片で培養液を吸い取って、別の培養液に投入します。

以上で、遺伝的に同じ性質の菌を得ることができるのです。

Q酸化還元酵素と還元酵素

酸化還元酵素と還元酵素の違いは酸化できるかどうか、ですか?酸化還元酵素であり、還元酵素であることってあるんですか??定義がいまいちよくわからないです。どうぞ教えて下さい。

Aベストアンサー

化学的には酸化があれば必ず還元がありますから(両方が同時に起こらないことは有り得ない)「還元酵素」というものはないと言えるでしょう。

ただ、命名の段階である有名(重要)な基質を基準として命名された酵素は「XXレダクターゼ」と称していることが多いですね。化学反応としては基質は還元されていますが、もうひとつの基質が必ず酸化されているはずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報