官能検査というと、傷、打痕、変色、など。
素地変動の中から、人の感覚で目視選別していた検査について、
最近のものづくりメーカはどのような考えを持っているのか知りたいです。
自動化は進んでいますか?

昔から川上と川下、エンドユーザの意向がかみ合わず過剰品質ですよね。
機能性能に関係ない高価でピカピカな部品はいらないよ と。
機能的重欠陥ではない美観検査は問題でした。

今も変わらず日本の工業は過剰品質体制でしょうか?
品質保証関係の方、
美観検査の基準についてモノづくりの川上/川下の今を教えてください。
※今回はエンドユーザの声は求めません。

A 回答 (1件)

大手メーカーで品質保証の仕事もしてきて、いまでは品質マネジメントについて各社を見て回っていますが、製造業を中心に官能検査は健在ですよ。

一部の官能検査は自動化・コンピュータ化されてはいますが、傷・打痕・変色・バリ・異物・焼け(プラスチック押し出し成型品など)…など人間の感覚に頼らないと分からないものが多々ありますからね。
寸法や機能・性能など測定器を使った検査は無検査(または抜取検査)にしていても、人間による見た目の官能検査だけは相変わらず残っていることがよくあります。あるゴム製品を作る中小企業の例を紹介すると、おばちゃん2人で製品の検査をしていましたが、検査とは言ってもほとんどはバリ取りと官能検査でした。

食品分野(アルコール、たばこを含む)では官能検査はなおさらで、匂い(臭い、香り)・味(甘味/酸味/塩味/苦味/旨味)・風味・テクスチャー(表面の見た目)・のど越し・色合い・歯ごたえ…など、人間だからこそ感じるものがあるわけ。
人間の五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)というのは、ある意味でものすごく鋭敏なので、なかなか機械に任せられません。もし機械化すると設備投資が莫大な金額になりやすいし、何をどう官能検査すればよいか(判定基準も含めて)人間ほど臨機応変に変更対応できませんからね。

でも、冷蔵庫部品でも自動車部品でも、それを組込んでもユーザーが外から見える部分に対しては官能検査が求められても、組込むと内部に入って隠ぺいされ外から見えない部分は官能検査しなくてもよいことが多いんです。ユーザーは見た目を機能・性能と同じくらいに大事にしますからね。

> エンドユーザの意向がかみ合わず過剰品質ですよね。
いいえ、そうとは限りませんよ。
納品先からは結構、見た目に綺麗な製品を求められ、その納品先は見た目が悪いとクレームを付けてくるユーザーを抱えていますからね。私は趣味でカメラをやっているのでよく聞く話ですが、買った新品のカメラ(機能・性能には何ら問題なし)に僅かな擦り傷があっても、取り替えろとクレームを出す人が結構います。

ビジネスでその製品を淡々と使うような場合は、機能・性能に問題なければクレームは出ないのですが、その製品が趣味に関するものであったり愛着や拘りを持つものであったりすると、ユーザーの見る目は厳しいですからね。

建設業では、たとえば土木工事で擁壁を作る場合、顧客(施主、ほとんどが国・県・市などのお役所)からは出来上がりについて官能検査を求められることはありません。ですが、監督官や検査に来たお役人は「通りがよい(見た目に真っ直ぐ)」かどうかは見ますし、その工事の出来ばえを点数評価するときに見栄えには何らかの配慮はされますからね。土木工事業者でも出来ばえの見た目(見栄え)は気にしますよ。

これを過剰品質と言うのが適切かどうかは何とも言えません。すべてはユーザーの声によるからです。

> 美観検査の基準についてモノづくりの川上/川下の今を教えてください。
すべては川下のユーザーの声によります。川上から自主的に過剰品質を提供することはまずありません。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネットショップ の フロントエンド バックエンド

ネットショップ を 運営し始めましたが、 売り上げがありません。そんな中、フロントエンド バックエンドという言葉を知りました。どのような仕組みなのか知りたいのです。調べていますが、どのような本が良いかわかりません。お勧めの本または、サイトがあれば教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

No.1さんは正統派というか本来の説明ですね。
フロントエンド=情報の入り口
バックエンド=情報の行き着く先

この「入り口」「最終地点」の考えから派生的な意味合いで言葉が使われていますので、派生的な使われ方で。

フロントエンド=顧客情報の入り口となる為の試供品や無料サンプルあるいは特売品
バックエンド=本来買ってもらいたい商品

健康食品などの広告で「まずはお試し下さい、無料サンプル提供中」とか有ります、いきなり有料の商品を買ってくれる人は少ないのでサンプルを配る。
ここがフロントエンド=顧客の入り口、無料品で入りやすくする。

これにより顧客データを収集出来る、その後ダイレクトメール(Eメール・郵送)で商品案内や使うことのメリットなどの紹介をする。
そしてバックエンド(本来買ってもらいたい商品)の販売へとつなげていく。

無料商品である必要は無く、pdfファイルなどで有益な情報をダウンロード出来るようにしておいても良いです。
「クーラー無しでも快適生活」とか「真夏の美肌美人とは」など販売している商品に関して興味を引く内容なら良いです。
ただしダウンロードはメールアドレスを入力すれば可能なシステムにしておく。
注意すべきは、通りすがり人ではなく見込み客となりうる対象に絞れるように工夫すること。
これで見込み客のメールアドレスが収集できる。
その後Eメールで新商品発売案内とかの情報を流して販売につなげる。

無料と有料の組み合わせというパターンで考えることも出来ますね。
GREEのゲーム、最初は無料で、あるレベル以上先に進むのは有料になる、とか。
遊園地、子供は無料で大人は有料、とか。
携帯電話本体は無料または1円、ただしその後の通話料は有料、など。

客寄せ部分(フロントエンド)と収益を上げる部分(バックエンド)。
概略はこんな感じです。

フロントエンド・バックエンドというと何か新しい概念のように感じるかもしれませんが結構昔から同様のことは行われています。

その他。
SEO対策も広義のフロントエンドと言えると思います。
検索しても自分のショップが出て来なければ誰も訪問してくれない、サイトへのアクセスを増やすことも重要です。

No.1さんは正統派というか本来の説明ですね。
フロントエンド=情報の入り口
バックエンド=情報の行き着く先

この「入り口」「最終地点」の考えから派生的な意味合いで言葉が使われていますので、派生的な使われ方で。

フロントエンド=顧客情報の入り口となる為の試供品や無料サンプルあるいは特売品
バックエンド=本来買ってもらいたい商品

健康食品などの広告で「まずはお試し下さい、無料サンプル提供中」とか有ります、いきなり有料の商品を買ってくれる人は少ないのでサンプルを配る。
ここがフロント...続きを読む

Q韓国商品を買付けに。。パートナー選別!

私は日本で陶器を販売しています。

今回、韓国に陶器を買い付けにいきたいと思っているのですが、こんな場合、ビジネスとしてどんな人物と一緒に行くのがいいのでしょうか?

陶器のある場所も全く分かりません。

やはり通訳さんですかねぇ?
そういうビジネスに詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

私がピンキリといったのは、個人であれ会社所属であれ、使い物になる人もいればそうでない人もいるという意味です。
特に商談の場合は、その業種特有の専門用語も飛び交いますからその知識と通訳力も必要です。
陶器の買い付け程度であれば専門用語は要らないのでしょうけど、通訳にお願いする一般論として言いました。

Q日本製品 = 高品質?

日本の製品は、今も 『高品質』というイメージなのでしょうか?

第二次大戦後、日本の製品といえば、
「やすい」「わるい」「こわれる」 ?
であった、・・・・ といったような話を聞いたことがあります。

これをソニーの当時の社員などが、
「変えてやる」
とて、結局1900年代末頃には、MADE IN JAPANは、たいした評判であったと。


今は、どうなのでしょうか?
引き続き、そうした地位に、いるのでしょうか?

Aベストアンサー

確かに年代によってよいイメージをもっておられる方は多いです。

ただ、昔と比べるとかなり落ちてきています。

ちなみにソニーも中身は韓国製とかあったと思いますのでソニーって言う
名前だけで判断しますと駄目だと思います。

最近では外人さんも賢くて本当のMADE IN JAPANかどうかも判断基準らしいです。
(つまり日本製の仮面をかぶった外国製かどうかも気にするようですね)

シャープの液晶TVやパナソニックのパソコンなんかは日本製を前面に出して頑張ってますね
個人的にはソニーは企業名だけで実は海外OEM多いように感じます。

だからイメージは企業によって変わってきますが日本製はまだ評価はよいと思います。

Q品質管理について

数学科で、関数解析を専攻しているものです。
(統計も勉強してます)品質管理などの職種に
興味があります。
 現場で品質管理に従事している人や、従事して
た人(詳しい人でも)に質問ですが、関数解析
を専攻している人なども品質管理などに従事す
るこは可能でしょうか?

Aベストアンサー

入社以来品質管理職場に30年勤務しています。
現在は、自社内で、新入社員、中途採用社員、定期昇級教育などで品質管理手法の講師をしています。

私は学歴も無く実践でやってきたり、独学やセミナーで覚えてきましたが、数学が得意だと良いですね。
関数解析というのはどういものなのか、私は知りませんが、品津管理の基本は統計です。

品質管理分野の中にも色々あって、SQCというのがあります。
Statistical Quality Control = 統計的品質管理と訳されます。
http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/sqc.html
↓以下の言葉が分かるでしょうか?
平均、標準偏差、バラツキ、偏り、分散、共分散、3Σ、主成分分析、回帰分析、数量化、パレートの法則、実験計画法・・・
これらはすべて品質管理に必要な知識です。知っていると強いですよ。

さて、最後のご質問の件ですが、現実の社会とはちょっと理解が違うようです。
知識のある人や学校で専門に勉強した人が品質管理に従事するのではありません。それは、そんな知識の無い私が従事していて、仕事を通じて覚えてきたことからもわかりますね。
会社というところは、入社してから人事が配属を決めるのです。
ですから、個人が希望しない職種に就くことはまれではありません。
学校でやってきた自分の専門を伸ばしたいと思ったら、会社に入ってはダメでしょうね。
数学が好きで、数学をやってきた人が会社に入ると、数学が必要な職場に行くとは限らず、ソフトウェア開発だったり、総務部だったり、四速演算さえできれば充分な経理だったりします。
専門にやりたかったら学者になるしかないと思います。
↓ここを知っていますか?
http://www.juse.or.jp/
日本の、品質管理の総本山です。
新しい品質管理手法を開発したり、本屋で売っているほとんどの品質管理関係、品質管理手法関連の図書を発行しているところです。
品質管理をやっていくなら覚えておいてくださいね。

それから、小さな会社では品質管理部門がきちんとしていません。
製造をしながら、片手間で品質管理をやっているくらいですね。
私の会社は、製造している機種ごとに数十人規模の品質管理専門職場があって、それだけを専門にやっています。
さらに色々な製品があるので、品質管理職場の数も多いため、それらをまとめたり、情報の水平展開をしたり、つまり、全機種をまたがって機種横断的に仕事をすることも必要で、私はそのための、品質保証センターという職場にいます。大手企業ならではの組織体制ですね。

入社以来品質管理職場に30年勤務しています。
現在は、自社内で、新入社員、中途採用社員、定期昇級教育などで品質管理手法の講師をしています。

私は学歴も無く実践でやってきたり、独学やセミナーで覚えてきましたが、数学が得意だと良いですね。
関数解析というのはどういものなのか、私は知りませんが、品津管理の基本は統計です。

品質管理分野の中にも色々あって、SQCというのがあります。
Statistical Quality Control = 統計的品質管理と訳されます。
http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/s...続きを読む

QWebサイトを立ち上げる際のサンプルユーザ獲得(募集)方法について

私はベンチャー企業を運営しておりますが、現在あるWebサービスを考案しております。

このWebサービスを立ち上げるにあたり、1000名ほど(コストによりますがそれ以上も想定)のサンプルユーザを獲得し、
簡単なグルメに関するアンケート調査を実施したいと考えております。(そのままユーザとしてサービスを利用頂きたいとも考えています。)
サンプルユーザとして獲得したいユーザセグメントとしては、以下の通りです。

【地区】東京都内(23区内)
【性別】男女どちらも
【年代】中心:20代~40代中心(中心は、社会人と考えています。ただし、10代、50代であってもOK)
【その他】グルメな方であれば好ましい

社会人であれば、多くの職業(企業家、CA、料理人、ホスト、金融、商社、SEなど)の方を獲得できると非常に良いと考えています。

そこで以下の点についてご教授頂けませんでしょうか。
【質問事項】
効果的なサンプルユーザの獲得方法(一般的な方法や、そういった業務を専門にする業者)

費用としては、1人獲得あたりすべて込みで3000円~5000円で考えています。もちろん、それ以下でできればなお良しと考えています。
その当たりの費用の妥当性などもご教授頂ければ幸いです。

よろしくお願い申し上げます。

私はベンチャー企業を運営しておりますが、現在あるWebサービスを考案しております。

このWebサービスを立ち上げるにあたり、1000名ほど(コストによりますがそれ以上も想定)のサンプルユーザを獲得し、
簡単なグルメに関するアンケート調査を実施したいと考えております。(そのままユーザとしてサービスを利用頂きたいとも考えています。)
サンプルユーザとして獲得したいユーザセグメントとしては、以下の通りです。

【地区】東京都内(23区内)
【性別】男女どちらも
【年代】中心:20代~40代中...続きを読む

Aベストアンサー

まずサンプルユーザーは無料で登録するということが大前提ですが、
獲得単価3000円~5000円はかなり高い部類に入ります。

サンプルユーザーが登録した後にどのような行動を
起こして欲しいのかにもよりますが、簡単なアンケートを
答えて欲しいというレベルであれば獲得単価500円程度で
十分集められます。

アフィリエイトで100円から200円、検索エンジンからの獲得なら
1000円あれば十分です。

ただ、アフィリエイト経由の獲得は登録後の稼働率が悪いので、
必要なアンケート数を集める場合には、会員数は多めに
獲得しておいた方が良いかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報