女性30歳が月30万もらうためには、どんな会社、どんな業種で働けばいいでしょうか?
今東京都内のデザイン制作会社・零細企業に勤めているものです。
人で資金不足のため細々と働かせていただいているのですが、勤続5年で月15万しかもらってません。もちろんボーナスも残業代もなしです。

私が現在やっている仕事は
・制作(デザイン制作、クライアントとの打ち合わせ、進行管理など)
・営業事務(企画書制作、新規顧客獲得のためのテレアポ、進行管理)
・経理(源泉税や支払い金額の算出、月々の領収書管理、場合によっては月末・月初めの銀行手続きなど)
・その他雑用(私が一番下っ端のため、備品整理・補充、社内清掃をまかされてます)

10:00〜18:00が社内で決められた勤務時間ですが、平日毎日早くても20:00終わり、遅ければ終電すぎるかどうかです。
仕事を平日中に片付けられない場合は土日も出社しますが、代休などありません。

都内でどんな仕事をすれば月30万(女性・独身で、ある程度余裕のある生活)を得られるのでしょうか。
会社に勤めてから昇級など経験したことがなく、どんなスキルをもっていればお金が得られるのかなと思いまして、質問しました。

宜しくお願い致します。

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    実のところ、デザイン制作自体は楽しいと感じますが、給与の件もありこのままこの業種を続けるのは報われないと思ってしまっていたところがありました(私の気持ちの問題です)
    ここ最近は、仕事を通じて楽しい、やりがいがあると感じた、マーケティングや企画立案、広報など新しいことができればと考えるようにもなりました。
    今年30になったばかりなのですが、上記の職種に転職するのは難しいと思いますか?

      補足日時:2017/05/14 23:11

A 回答 (6件)

何が難しいかだと思います。


面接に受かるかそうでないかで考えれば結婚や妊娠の可能性がなく新卒採用より即戦力としている企業であればあるにはあると思います。
給与面で言えばその企業によるので大丈夫も何も、ここで詳しい人は少ないか、居ないかもしれません。
ただ、今の職場にこだわりがないのであれば派遣社員でも社員雇用を前提としている企業もあるので、聞きに行くだけ聞きに行ってもいいと思います。
そこでついでに条件を提示すれば何か見つかるかもしれません。

ここは業界関係者が集う場所でもハローワークでも派遣紹介所でもないので、そういった専門職に立ち入った質問に対して「今なら◯◯あたりならいけると思う」という回答ができる人はいないと思います。

企業からの募集も常に内容が動くので、たらればでは解決が難しいかもしれません。
ただ、実力がおありのようですので、結婚する気や子供を作る気がないのであれば、心強いと迎えてくれるところもきっとあると思います。
女性で30を過ぎると扱いにくいと煙たがる人も居るのは事実ですが、昨今そういった企業ばかりでもないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

ご回答いただきまして、ありがとうございます。
また、更にご助言をいただくかたちとなり、重ねがさねありがとうございました。

確かにこの場では不適切な質問をしてしまいました。申し訳ございません。
皆様からのご回答を参考にさせていただき、何かやらなければいけないという思いが先走りしてしまいました。

まず改めて、自分が求めているものを見つめ直し、何が足りないのかを探し出すところから始めたいと思います。そのために勉強をし、30万という給与をもらえるよう、理想の自分に近づくことができればと思います。

厳しくも適切なご指導をいただき、ありがとうございました。

お礼日時:2017/05/18 13:21

女性の職業別の年収を調べると、参考になる情報が出てきます。

女性、30歳、年収(30万円/月×12ヶ月=)360万円以上の条件では....薬剤師、看護師、准看護師、幼稚園教諭、大手百貨店の店員、プログラマー、栄養士、ケアマネージャー…ってな感じですね。やはり特別な資格やスキルを活かした仕事になります。

勤めて仕事に慣れれば誰でも出来るような仕事では、女性・30歳・月30万円は期待できないでしょうね。私の息子の嫁(まだ手のかかる子供が2人いる、30歳半ば)は看護師の資格を持ち、求めに応じて手が空いたときに病院の手伝い(看護の指導など)をしていますが、まるまる働けばおそらく年収で500万円はいくと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答いただき、ありがとうございます。
やはり資格のいる職業やスキルを活かした仕事が多くの給与をもらえるのですね。
調べていただきありがとうございました。

素晴らしいお嫁さんがいらっしゃるのですね。
私はお嫁さんの足下にも及ばないですが、現実を受け止め、今後の参考にしていきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2017/05/18 13:22

自分は質問者と同業で、30歳の時はそれ以上の月収を得ていました


クリエイティブ業界は会社によって給与に幅があるようですので、単に転職活動すればいい話では?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

ご回答いただき有り難うございます。
私の元同期が同業で派遣月30万稼いでいたのを聞かされたときは、息が止まりました。
やはり会社によって給与の幅は存在するのですね。クリエイティブ職は評価されてないものだとばかり思っていました。今後の人生を考えて転職も視野に入れて生き方を見直そうと思います。

お礼日時:2017/05/14 23:07

>でどんな仕事をすれば


この基準ではありません。
最低60万円以上の利益もたらすか、あなたの仕事により60万円以上の経費節減できるか、いずれかでないと。
スキル、持っているだけではだめ、昔の能力給時代はそうだったかもしれませんが、スキルを使って実際
に稼ぐか、給料に見合う経費節減につながらないと、評価されません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただき有り難うございます。
ご教示いただいたことを目指してやっていますが、なかなか社内政務だけでは現状倍の給料を取るのも60万の利益を見込めるのも難しいです。やはり当たり前ですが、何ができるかが重要なのではなく、その人員がいかに会社に貢献できていて経費節減できるかですよね。
経営等自分の職務とは関係ないところをきちんと勉強しなければいけないとわかりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2017/05/14 23:06

無い。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

つらい・・・

確かにそうかもしれませんね。。

お礼日時:2017/05/14 23:07

ひえ〜、それだけやらされてボーナスも無しに15万なら福利厚生保証付きの派遣社員で働いた方がいいんじゃ。



勤務時間を考えても労働基準監督署ものの違反ですし、代休がないのも社員では考えられませんね。

ただ、専門職なのでどうしてもそのお仕事が良いのでしたら紹介を受けるか働きながら面接するかしかないでしょうけど、都内と言っても結構広いですし企業間の横のつながりもあると思うので、こう言うところで聞くよりも摩擦が内容に詳しい人を味方につけた方がいいと思います。

どこに行けば知り合えるか、現時点で頼れる人がいるかなども経験者さんだからこそ回答できる事だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答いただき有り難うございます。
おっしゃる通りだと思います。
今の会社を通じてお世話になった方に出会えたので心苦しいところはありますが、今後の人生を考えて転職も視野に入れて生き方を見直そうと思います。

お礼日時:2017/05/14 23:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTVショッピング30万円の経費

こんにちは。
30万円の製作費用が掛かるTVショッピングで、「売上げが300万円行かないと合わない」という人がいました。
その根拠は何でしょうか?
商品代金は3000円、粗利40%で1200円 程度のものです。

私としては250個(売上げ75万)単純に250個以上売れれば良いと思いましたが、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

通常、プロモーション費用というのは
売上の10%というのが物販業界の相場なんです。

まず、あなたの計算だと粗利が制作費とトントンですが、
トントンじゃ黒字にならないです。
利益あげないと会社は回らないのはおわかりですよね。

人件費、そのたもろもろ、制作費以外にコストは発生しています。
そのコストをペイしてなおかつ「利益」を上げないとならないのです。

そうなってくると、物販のプロモーションとおいうのは
売上の10%ってのがだいたい相場になってくるんです。

Q食品・飲料・トイレタリー業界にお勤めの方が注目される海外展示会は何ですか?

私はパッケージ関連の会社に勤めてマーケティングの仕事をしています。

そこで、お客様にあたる業界関係の方々がどのような海外展示会に興味を持ち、実際にたずねておられるのかをリストアップし、私も業界関係者の行っている展示会に行って情報収集できればと考えています。

海外の展示会をリストアップするにあたり、食品・飲料・トイレタリー業界に勤めておられる方々が行く海外の展示会にはどのようなものがあるのか教えていただけないでしょうか?

パッケージ関連のイベント・展示会の調査は済んだのですが
他の分野の展示会の調査ができていません。

調査して、上司にかけあいたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

食品ならフーデックスしか存じませんがよろしければ参考に。食品メーカー勤務ですが国内外毎年一度以上は上司が行きます。

参考URL:http://www.jma.or.jp/FOODEX/ja/index.html

Q折り込みチラシ制作の参考図書

治療院開業のため、
新聞折り込みチラシのデザインをを自分で制作したいです。
参考になる図書を推薦して頂ければありがたいです。

Aベストアンサー

DTPですが、最近はWordでつくった原稿を受け付けてくれる印刷屋さんもあります。
「Word入稿」で検索してみてください。

図書ですが、わたしは『写真が入った案内状・POP広告を作ろう』(ナツメ社)を読みました。

Q書店に勤めている方に質問です。

私は今書店に勤めています。担当は実用書です。
今実用書のフェアについて悩んでいます。
今の時期では夏前と言うことであり、ダイエットなどの美容関係でフェアを作ろうとも思ったのですが、ただいま売れ筋の美容関係の商品は違う場所で展開しているのでフェア台用にどのような商品を置くのか悩んでいます。
私はまだ書店に勤めて半年ほどなので、いまいち実用書と言われてピンとくるものがありません。
オ○ンジページなどのムック関係は上司から微妙なNGが出たので、何か良い案や、他の書店でどのような展開をしてるのか宜しかったら参考にさせて頂きたいです。
因みに、大型スーパーの中に展開している規模的にも大きいファミリー向けの店舗です。
お力添えお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは

書店によく行くものです
これから梅雨が明けたら夏休みですよね
キャンプ用のお料理本とか
オススメお宿などの本
登山、トレッキングなどの特集はいかがでしょうか?

ご参考までに

Qボリューム・ディスカウントをどう管理するか

今回我々が開発した商品を販売店に卸して販売してもらおうと思っているのですが、ボリュームディスカウントをどう考えればよいか教えてください。

その商品は値崩れし易いため、流通在庫を極力減らすようにしたいと思っています。またできればブランド化も考えています。そして売れてもほしい。。。と全くムシのいいことを考えています。

そこで、卸す場合のボリューム・ディスカウントをどう考えるかなのですが、一定期間の仕入れ量に応じたボリューム・ディスカウント率を高くすると、販売店による価格差が大きくなりすぎ、それも戦略として拙いような気がします(この商品はこれまで細々と直販をやってきており、直販はこれからもやっていきますし)。また、量販店に安売りされると、構築しようとしているブランドイメージにも不利になるようにも思います。その反面、ディスカウント率を高くすると、たくさん売ってもらうインセンティブになりますよね。末端価格を規定してしまいたい気分になりますが、再販価格を指定すると独禁法違反になりますよね。

なにぶん卸すのが初めてなのでよくわからないのですが、上記の考えはおおむね合っていますか? また最初に挙げた戦略を実現するために、このような問題を解決するボリューム・ディスカウントについてのソリューションはありますか? そして、考えが抜け落ちていることが他にありましたら教えてください。

今回我々が開発した商品を販売店に卸して販売してもらおうと思っているのですが、ボリュームディスカウントをどう考えればよいか教えてください。

その商品は値崩れし易いため、流通在庫を極力減らすようにしたいと思っています。またできればブランド化も考えています。そして売れてもほしい。。。と全くムシのいいことを考えています。

そこで、卸す場合のボリューム・ディスカウントをどう考えるかなのですが、一定期間の仕入れ量に応じたボリューム・ディスカウント率を高くすると、販売店による価格差...続きを読む

Aベストアンサー

 ボリュームディスカウントをすると通常、卸の行動としては量を出すために安売りをします。
また、価格については、経済学の原則、デマンドカーブにみられるように価格と数量は反比例するのが普通です。

 そのため消費財では特に値崩れをどうやって阻止するかが問題になりますね。いくつかのやり方として、

1)仕入れ価格を高く設定して値下げ幅を少なくし、リベートスキームで戻す。一定期間中にどれだけ仕入れたら何%分をKick Backする。これも、ボリュームディスアカウントの亜流ではありますが、Cashをあと払いすることによってある程度は値下販売の抑止力になることがあります。

2)あるいは、目標達成したら別のものをインセンティブスキームとして用意する。旅行とか。

3)商品がわからないのでなんともいえませんが、おまけを付けたりして商品自体の値崩れを防ぐ。


4)とりあえず、これは安売りして改良品、第二世代の商品を高く出すとか。

ブランドについては追求するブランドが高級ブランドなのか低級なのか、どういう意味を顧客との間で持ちたいのかによって、そのつくり方は決まってきますね。高級ブランドを目指すならばボリュームディスカウントとは相いれないものがあります。二兎は追えないので、マーケットの上から攻めるのか、下からボトムアップしていくのかだけはよく考えたほうがいいでしょう。
 それも、競合にもよりますね。また、その商品がどれだけ他社と差別化できているのかもポイントとなりますね。他ときちんと差別化できていて、消費者のニーズにはまった商品であるならば、卸にボリュームディスカウントしなくても売れると思いますが。
 それでもPushが必要な商品なら、広告などでサポートするという手もありますが。

 ボリュームディスカウントをすると通常、卸の行動としては量を出すために安売りをします。
また、価格については、経済学の原則、デマンドカーブにみられるように価格と数量は反比例するのが普通です。

 そのため消費財では特に値崩れをどうやって阻止するかが問題になりますね。いくつかのやり方として、

1)仕入れ価格を高く設定して値下げ幅を少なくし、リベートスキームで戻す。一定期間中にどれだけ仕入れたら何%分をKick Backする。これも、ボリュームディスアカウントの亜流ではありますが、C...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報