正12面体などの頂点の数や辺の数を求めるとき、1つの頂点に集まる面の数や
1つの辺に集まる面の数が必要なんですけど、これってどうやってわかるんですか?
計算方法とかありますか?

教えて下さい。
よろしくおねがいします。

A 回答 (2件)

正多面体は3次元空間の中では5つしかありません。

これを証明するために、1つの頂点に集まる面の数に注目します。

まず、最も小さい正多角形である正三角形から考えます。立体を形成するためには、最低でも3面必要であることは容易に解ると思います。

そこで、正三角形3枚を組み合わせたキャップを何個か組み立てていくと、4つで正四面体が形成されることが解ります。

同様に4枚の正三角形でピラミッド型のキャップを作り、組み合わせていくと正八面体が形成されます。

正三角形5枚なら正二十面体が形成されます。

正三角形6枚になると正六角形になり、平面化してしまうのでこれ以上の立体は形成できません。

次に正四角形、所謂正方形を考えます。3枚の正方形を組み合わせると正六面体、所謂立方体が形成されます。

正方形4枚になると大きな正方形が形成され、平面化してしまうのでこれでおしまいです。

次は正五角形。3枚でキャップを作ると、正十二面体が形成されます。

正五角形を4枚組み合わせると平面を通り越してエイのような波板になってしまいますのでこれで終わりです。

最後に正六角形。3枚で蜂の巣型の平面になってしまうので、立体は形成できません。よってこれで全ての正多面体が終了したことになります。

オイラーの法則により、

頂点の数-辺の数+面の数=2

となるので、辺の数は簡単に求められます。

1つの辺に集まる面の数? 常に2枚だと思います。

1つの頂点に集まる辺の数は、環状植木算から1つの頂点に集まる面の数と同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めて見た考え方でした!!

すごいです、、、
本当にありがとうございます!!

お礼日時:2017/05/15 12:13

わざわざ計算するより暗記ですね。


正多面体は数少ないですから全部形を覚えた方が楽だよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時間に終われているのでそれも1つの方法ですね。
ありがとうございます!!

お礼日時:2017/05/15 12:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q多面体の辺と頂点と面の数の関係

現在中学3年です。ある教材を見ていたら多面体の辺と頂点と面の数には次のような関係があるって書いてありました。
辺の数=頂点の数+面の数-2
いろいろ考えたのですが、なぜこのようになるのだかわかりません。くだらない質問かもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オイラーの多面体定理というヤツですね。
証明はそんなに簡単ではないですが、
がんばれば理解できるでしょう。
こんなサイトがありました。リンクをどうぞ。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/sugaku/tamentaisyomei.htm

Q四面体の5つの辺が分かっているとき、6つ目の辺に関する不等式

三角形において、
「2つの辺の長さa,bが分かっているとき、3つ目の辺の長さxは、
|a-b|<x<a+b」
という三角不等式が成り立ちます。

つぎに、四面体の5つの辺が分かっているとします。
まず、一つの三角形があり、辺の長さをそれぞれa,b,cとします。
辺の長さaを共有するもう一つの三角形があり、辺の長さをそれぞれa,p,qとします。
いまの状態をパネルでイメージすると、2つの三角形のパネルが一辺を共有してブラブラしている状態です。

6つ目の辺をxとすると、xの最大値と最小値は具体的にどのように書き表せるのでしょうか?

最大値と最小値の状態をイメージして、面積に関するヘロンの公式が使えそうだとは思うのですが、xの具体的な評価が書きあらわしにくくて悩んでいます。

Aベストアンサー

2つの三角形のパネルのa上にない2つの頂点が同一平面内のaを挟んで反対側にあるとき最も距離が離れますのでその時の頂点間の距離をd2とし、同様に2つの頂点をaを挟んで同じ同一平面内にあるときの兆点間の距離をd1とすれば、
d1<x<d2…(1)
という不等式が成り立ちます。
そのdを求めてやれば(1)が答になります。
a,b,c,p,qだけでdをあらわすと非常に複雑な式になります。
2つの共通辺上にない頂点からaに下した垂線の長さh1,h2と垂線の足の距離kを使えば
d2=√{(h1+h2)^2 +k^2}…(2)
d1=√{(h1-h2)^2 +k^2}…(3)
となりますね。
h1,h2,kを余弦第1定理、第2定理を使ってa,b,c,p,qで表せますが、(2),(3)に代入するとd1,d2の式は相当複雑な式になりますので、間にh1,h2,kを介在させた公式として評価すればすっきりまとまるかも知れませんね。

Q一辺の長さが1cmの立方体を8つ積み上げ、3つの頂点ABCを通る平面で

一辺の長さが1cmの立方体を8つ積み上げ、3つの頂点ABCを通る平面で切断したとき、斜面部の切断面の面積はいくらか。

上記問題(添付画像左側)なんですが、解説で切断面は三角形で√2×√6/2×1/2=√3/2cm2になると書いてあるのですが、切断したときどうして三角形になるのかよくわかりません。
切断面が五角形でもいいのではないのかとも考えているのですが、どう考えればよいか教えてください。
添付画像右側は正六面体のそれぞれの切断面です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

立方体8つを積み上げた大きな立方体の3つの頂点ABCを通る平面は正三角形です。

切断面は、斜線部の立方体の3つの頂点を通っています。

大きな立方体の3つの頂点を通る平面が正三角形なら、小さな立方体の3つの頂点を通る平面も正三角形ですよね?

Q三角錐と三角柱と直方体の頂点、辺、面

三角錐と三角柱と直方体の頂点、辺、面の個数を調べたときに、どんな法則がありますか?

Aベストアンサー

蛇足かもしれませんが、オイラーの法則について、塾で教えていたときの中2の幾何の教材の読み物ページにこんなものを載せていました。(ちなみに私はトポロジーのお話自体はまったく知らない素人です^^;)あくまで直感勝負で。(笑)

(1)まず、立体の面を1つ取り除き、その立体を「ぶにゅ~っと」つぶして平面にする。
(2)そこから辺を1つずつ取り除く。そうすると、
(2-1)面が1つなくなるか、
(2-2)頂点が1つなくなるか、のどちらか1つの現象が起こる。
(3)つまり(頂点)-(辺)+(面)の値はこの作業により不変であることがわかる。
(4)(2)の作業を繰り返すと、すべての辺を取り除く直前で、●---●(頂点-辺-頂点)という図になる。ここで最後の作業として(2-2)が起こり、頂点が1つだけ残る。
(5)(4)の頂点1つと(1)ではじめに取り除いた面1つも考えて、(頂点)-(辺)+(面)=2が成り立つ。

確かなんとなく、大きな箱の上に小さな箱を乗せてくっつけ、鏡餅のような立体を作った場合は、面どうしをくっつけた数、というのもパラメータに入ってきていたような気がします。CADのシステムを組まれる方とかはこういう話にお強いのでしょうか?

蛇足かもしれませんが、オイラーの法則について、塾で教えていたときの中2の幾何の教材の読み物ページにこんなものを載せていました。(ちなみに私はトポロジーのお話自体はまったく知らない素人です^^;)あくまで直感勝負で。(笑)

(1)まず、立体の面を1つ取り除き、その立体を「ぶにゅ~っと」つぶして平面にする。
(2)そこから辺を1つずつ取り除く。そうすると、
(2-1)面が1つなくなるか、
(2-2)頂点が1つなくなるか、のどちらか1つの現象が起こる。
(3)つまり(頂点)-(辺)+(面)の値はこ...続きを読む

Q球と正十二面体と正二十面体と

半径1の球に内接する、正十二面体と正二十面体の体積はいくらでしょうか。

どのように考えたらいいのでしょう。
確か、正十二面体のほうが球の体積に近いと思うのですが。

Aベストアンサー

>正十二面体と正二十面体の体積はいくらでしょうか。
計算は複雑で難しい計算を「なが~く」やらないといけないので結果だけ書くと
V12=(2/9)(5√3+√15)≒2.785...
V20=(1/3)(√10+√2)√(5-√5)≒2.536...

>正十二面体のほうが球の体積に近いと思うのですが。
その通り。
球の体積Vは V=(4/3)π=4.189...
なので
V12はVの66.49%
V20はVの60.55%
ですね。

以下の参考URLの中に書かれている数値と一致しますので多分計算も合っているでしょう。

参考URL:http://www.geocities.jp/ikuro_kotaro/koramu/koujigen4.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報