添付は、空気Aを含んだ断面積Sの円筒が水に浮かんでいる図です。空気Aの圧力を求める問題なのですが、答えが合いません。
円筒内の水面でのつり合いの式の考え方で、間違っているところを教えて下さい。

①円筒内の水面を下から押す力(浮力)は、円筒内の空気が密度ρの水を押しのけた体積分の重力なので、ρSl_2g。
②円筒内の水面を上から押す力は、空気Aの圧力による力だから、Aの圧力をP_Aとすると、P_AS。
③大気圧P_0は、円筒の上からかかっているので、水面に対しても上からかかる力になって、P_0S。

①から③より、つりあいの式は、P_AS + P_0S = ρSl_2g。
両辺をS(≠0)で割って、P_A = ρl_2g - P_0。

とやったのですが、答えは、P_A = P_0 + ρl_2g でした。大気圧の扱いが間違っているんでしょうか?教えて下さい。

「大気圧の扱いがよくわかりません。」の質問画像

A 回答 (6件)

#2です。



お礼への回答
>左辺のρSL2*gは、高さL2の部分に密度ρの水が満たされていて、それによる重力のように見えるのですが、問題では空気Aしか入っていないですよね。ここの部分とAの圧力が、どのように結びつくのかまだよくわかりません。

なるほど。
そこで詰まっていましたか。やっぱりな、とは思いました。

#2に書いてあります
>円筒外の部分にL=0~L2の断面積Sの円筒における力のつり合いを考えると
円筒外、つまり、問題にある円筒とは違う場所に仮想的な円筒を考えています。上は水面、下は深さL2、断面積は適当(仮にs(小文字)とでもしましょう)

この円筒の上下方向に働く力の釣り合いを考えます。
問題にある円筒の外側、としたのですからこの仮想的な円筒の内部は水で満たされています。
ですのでこの円筒内の水に働く重力は体積がs*L2ですから
ρ*s*L2*g
となります。働く方向は当然下方向。
また、上面は大気から大気圧で押されていますので下方向にPo*sの力を受けています。
下面はそこでの水圧を上向きに受けます。水圧の大きさをP(L2)とするとP(L2)*sですね
この3つの力の釣り合いを考えているのです。

じゃあ、上に出てくる円筒外での深さL2での圧力P(L2)が問題にある円筒内の水圧に何か関係あるの?と疑問を持つかもしれません。
そこで知っておかないといけないことが"パスカルの原理"です。

静止状態にある連結された流体において同じ高さにある部分の圧力は等しくなる、という性質です。

円筒の内であろうが外であろうが根っこでつながっている限り、同じ高さの部分の圧力は等しくなるのです。
ですから上で使ったP(L2)と円筒内の水面(水面からの高さ-L2)での圧力は同じ高さなので等しくなるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご解説ありがとうございました。「円筒外」の部分をきちんと考えていませんでした。これがどこかの池だとして、同じ池の中では、同じ深さの点で同じ圧力がかかるのですね。でも正直、上部が空気なので、なんとなく同じ圧力とは考えにくくてしっくりきませんが、とにかくそういうことなんですね。パスカルさんってすごいですね。これで正答が出せました。

お礼日時:2017/05/20 16:05

まず、①が考え方として間違っています(^^;)


浮力は、物体の上面に働く圧力と下面に働く圧力の差が原因で生じます(-_-)
ですから、浮力は液体・気体中の物体”全体”を考えて、はじめて使用できるんです(^^)
もう少し具体的に説明すると、水の中に体積V,底面積Sの直方体を沈めたとします(・・;)
この時、直方体が受ける浮力は ρVg となり、直方体が受ける浮力は、直方体の水深に関係なく一定ですね(´ω`*)
しかし、直方体の底面が受ける水圧による力は水深が深いほど大きくなっていきます(◎◎!)
ですから、この問題で容器内の水面の力のつり合いを考える場合に浮力を用いて考える事は出来ません(。。;)
実際、水面を下から押し上げる力は ρSl_2g ではなく、ρSl_2g+P_0・S になります(o^▽^o)・・・(水圧)=ρhg+PS ρ:水の密度 h:水深 g:重力加速度 P:大気圧 S:面積 は大丈夫ですか?
つまり、
1)物体に働く力全体を考えるときに浮力を使うのはOK
2)物体の面が受けている力を考えるときは、圧力を使わなければならず、浮力を使う事はNG
3)浮力と物体の上面・下面が受ける圧力を同時に使うのはNG
です(^^)

それから③の考え方も間違っています(^^A)
P_ASを考えるときは、P_ASの中に大気圧による力と円筒に働く重力がすでに考慮されていることになるからです。
具体的に式を書いて見ましょう(^^)
円筒の上面に注目して、円筒の上面の力のつり合いを考えます(・∀・)
mg + P_0・S = P_A・S  m:円筒の質量
が成立しますね(^^)
つまり、P_Aを考えるときは、すでにmg,P_0・Sを考慮した事になるので、
これにP_0・Sを更に加えるとヘンな事になるのは分かると思います(^^;)

ですから、円筒容器内の水面のつり合いは
(円筒容器内の空気が水面を下向きに押す力)=(水圧が水面を上向きに押す力)
∴P_A = P_0 + ρl_2g
となります(*゚ー゚)
ちなみに、ρl_2g は浮力ではありません・・・P_0 + ρl_2g で、水深l_2での水圧ですから注意して下さい(^^)

ついでですから、円筒の上面に注目して、力のつり合いから問題を解いてみます(^O^)
mg + P_0・S = P_A・S
これは、前に出てきた式ですね(^^)
さて、円筒全体を考えると浮力が使えますので、円筒容器の重力と浮力のつり合いより
mg=ρSl_2g ・・・円筒全体を考えているので、上面・下面の圧力を入れては駄目です(-_-)
こののmgを、上の式に代入します・・・すると、
ρSl_2g+ P_0・S = P_A・S
∴P_A = P_0 + ρl_2g
と正しい結果が出てきましたね(^^3)

参考になれば幸いです(^^v)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。とてもわかりやすかったです!きちんと考えれば、他のやり方でも答えが出るんですね。先に答えて下さった方ので理解できたので、すみませんがベストアンサーにはできませんが、あなたのような先生だったらよかったのに。。。

お礼日時:2017/05/20 16:24

あなたの式だとl2=0でPaが真空を通り越して負圧になってしまう。


めちゃくちゃですよね。

で①と③が誤り。

①水圧は水の表面で既に1気圧あります。深さl2では?
③大気圧をPaに足してはいけません。釣り合うのは水表面での
圧力です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。おっしゃる通りで、自分で出した答えがおかしいということはわかったんですが、どこがおかしいかがわかりませんでした。円筒の中が空気だったので、なんとなく上から必ず大気圧がかかっていると考えてしまって、質問文の間違いをしてしまいました。今は、やっと理解できました。

お礼日時:2017/05/20 16:13

#2です。



間違いを修正。
>①については水面に浮力がかかっているわけではありません。水面に下からかかる力は水の圧力x水圧。これだけです。

水の圧力x面積

の間違いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。ここはなんとかわかりました。

お礼日時:2017/05/20 15:41

これはちょっとひどい。

物理の基礎的なところからしっかりと理解した方がよい。

>①円筒内の水面を下から押す力(浮力)は、円筒内の空気が密度ρの水を押しのけた体積分の重力なので、ρSl_2g。
②円筒内の水面を上から押す力は、空気Aの圧力による力だから、Aの圧力をP_Aとすると、P_AS。
③大気圧P_0は、円筒の上からかかっているので、水面に対しても上からかかる力になって、P_0S。

特に①と③。
①については水面に浮力がかかっているわけではありません。水面に下からかかる力は水の圧力x水圧。これだけです。

③については円筒の上面にかかる力は円筒内に作用しません。ですからこんな力はかからないのです。
物理学において、力のつり合いを考える場合は間接的に働きかける力については影響をしません。あくまで直接的にかかる力だけが問題となります。
(③を考えに入れるのは筒にかかる力のつり合いを議論するときです)
ですから考えるべき力は修正した①と②だけになります。

①については周りの水面からの深さLにおける水圧をP(L)とするとP(L2)となります。(小文字の"l"は読みにくいため大文字にします)
円筒外の部分にL=0~L2の断面積Sの円筒における力のつり合いを考えると
P(0)S+ρSL2*g=P(L2)S
P(L2)=P(0)+ρL2*g
となります。

繰り返しますが、力のつり合い(や運動方程式を立てる際の力の大きさ)を考える際には間接的に作用している力を含めてはいけません。必ず直接働いている力(高校レベルの力学の場合、直接接しているものと重力、非慣性系における慣性力)以外の力は無視してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答ありがとうございます。ご回答の内容を読んでいろいろ考えて、お礼が遅くなってしまいました。教えて下さった、

P(0)S+ρSL2*g=P(L2)S

ですが、左辺のρSL2*gは、高さL2の部分に密度ρの水が満たされていて、それによる重力のように見えるのですが、問題では空気Aしか入っていないですよね。ここの部分とAの圧力が、どのように結びつくのかまだよくわかりません。また、円筒そのものを対象にしているので、その中にある空気Aはあらゆる方向に向いていて、つり合いの式が立てにくいのですが、円筒内のどこかの面に着目して式を立てた方がいいのでしょうか。
理解力がひどくてすみません。

お礼日時:2017/05/18 20:04

「①から③より、つりあいの式は、P_AS + P_0S = ρSl_2g。



P_AS = P_0S + ρSl_2g でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。なぜそうなるのかがわからないのです。。。

お礼日時:2017/05/18 18:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校物理 場という概念がなぜ必要なのかを教えて下さい!

今電磁気学を勉強しているのですが、唐突に場という概念がでてきて困惑しています。なので、どのような経緯で場という概念ができたのかを教えて下さい。

自分なりに整理してみた考え方は、以下の通りです。
ニュートン力学では、粒子間相互作用が相対位置ベクトルの関数として瞬間的に定まるとしてきたが、現実世界では、情報伝達速度は有限であることから、瞬間的に相互作用が定まると考えることが難しい?場合がある。この情報伝達のタイムラグを補正する概念として、粒子だけに性質を持たせるだけではなく、空間に何らかの性質を持たせた場が考え出された???そうすることで、電磁気学の諸現象を綺麗に説明できるようになった。。。?

場を考え出すことで、なぜタイムラグを補正できるのかがいまいち掴めていないし、そもそも上記の考え方が合っているのかも分かりません。。。

ご回答宜しくお願いします!<(_ _)>

Aベストアンサー

近接作用の考え方では
電荷や質量はそのすぐ近くの「場」を作り、
場はそのまたすぐ近くに場を作りながら「伝わってゆく」
と考えます。当然場が出来てゆくのにタイムラグが生じます。

ゴム膜の中央を押すと周辺が歪むが、歪みが伝わるのに
時間がかかるのと一緒です。

きわめて荒っぽい説明ですがこれでわかりますかね。

ニュートンやクーロンはこうした考え方は認めず
物体と物体が直接力を及ぼしあうと考えました。
真空に力が伝わることを認めたくなかったからです。

現在は、場を介して力が真空を有限の速度で伝わることが
認められていますし実証もされています。

Q金属体(電車のレールなど)の電気抵抗

電車のレールのような立方体の電気抵抗はどのように求めればよいのでしょうか?
電気抵抗率の計算式 R= ρ*L/A に代入すればよいのかと思ったのですが、A=断面積、L=長さなので、
立方体のある表面部分の抵抗になっているように感じ、この式でよいのか疑問に思っております。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E6%8A%B5%E6%8A%97%E7%8E%87%E3%81%AE%E6%AF%94%E8%BC%83

ご教授のほど、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1 のお礼について

L は黄色の ↔ の長さです。

Q水圧について

水圧は10m(10.33m?)ごとにおよそ1気圧上がるといわれていますが,これは海水の話ですか?
水なら密度が約1000[kg/m^3]なので
1000×9.8×10=98000
となるから1気圧とは違うと思ったのですが,どうなのでしょう?
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

昔の重力単位の時代は、1kgf/cm^2を、1気圧相当としていました。
重力単位の1気圧は、101,325Pa/9.80665N≒10332kgf/㎡→1.0323kgf/cm^2となります。
10mの水柱の圧力は、1,000kg/m^3×10m×9.80665N≒98,067Paですから、厳密には、98,067/101,325≒0.97気圧上昇する事になります。(重力単位の場合も、1/1.0332≒0.97気圧ですから、同じですね)

Qコップ回しても中のお茶は回らない理由は?

お茶と氷の入ったコップを持ちますでしょう、
このコップをクルクル回した時に、
中のお茶と氷は回転してくれないのは何故ですか

味噌汁も、お碗を回しても中の味噌汁は共に回りませんでした

何故、器は回るのに中の水分や具は回らないのですか!

Aベストアンサー

コップの内側表面のごくうすいお茶の層はコップと一緒に回ります。

もっとコップの内側にあるお茶は、このごく薄い層から力を
受けて回ります。

でも「水」は「粘り」が少ないので、あんまり力が伝わらないのです。
だからなかなか回り始めません。

時間をかけて根気よく回していれば、やがて回り始めますよ。
やがて水面の中央がくぼみ、はっきり回転していることが
わかるようになります。

Q半円周上を移動した時の力がする仕事 工学部機械科の一年生です。、 地表付近で重力がする仕事を考える。

半円周上を移動した時の力がする仕事


工学部機械科の一年生です。、
地表付近で重力がする仕事を考える。水平方向にx軸、鉛直方向にz軸をとる。z方向の基本ベクトルをe(z)とすると、質量mの質点に働く重力は
F=-mge(z)
で与えられる。この質点が点A(0,+a)から点B(0,-a)まで、3通りの経路C1、C2、を通って移動する時、重力がする仕事W1、W2、を求めよう。
ここで、C1は点Aから点Bまでz軸上を移動する経路、Cは点Aから点Bまで半径aの円周上を移動する経路である。

この問題でどの経路を通っても仕事は等しいというのはわかるのですが、W2を計算で求めたいです。
おそらくW2のような計算は高校物理ではなかったので、こういった問題を解けるようにしたいのでW2の求め方を教えていただけると幸いです。

よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

仕事の定義をしっかりと確認しましょう。

点s(x,y)→において働く力F(S)→が経路l (始点s0→,終点s1→)でする仕事Wは
W=∫_l(s0→→s1→) F(S)→・ds→
となります。
・はベクトルのスカラー積(内積),ds→はs→における経路lの接線方向の積分変数(線素)です。
全てはこの式から計算することになります。

この計算を行う場合、l上の点s→とds→を計算できるように表すことが必要となります。通常は適当な座標でs→を表しその座標要素で表現します。

今回の場合、座標として角度を使う方が良いでしょう。
O(0,0)から見た俯角θを座標として使いましょう。x軸よりも上なら正、下なら負の値を持つx軸となす角度をとります。
位置θの時の半径aの半円上の点sの座標はs(a*cosθ,a*sinθ)となります。
sをθで微分すると
ds→/dθ=(-a*sinθ,a*cosθ)  これからds→=dθ(-a*sinθ,a*cosθ) と表せます。
これを定義の式に入れると

W=∫[θ:-π/2,π/2] F(S)・dθ(-a*sinθ,a*cosθ)=∫[θ:-π/2,π/2] -mge(z)・dθ(-a*sinθ,a*cosθ)
=∫[θ:-π/2,π/2] -amg*cosθ・dθ

となります。

このような積分(線積分)は使えるようになってください。

このようにして計算した仕事が経路によらないことを確認するにはさらにベクトル解析の知識が必要となります。
(ストークスの定理を使うと簡単に示せます)

仕事の定義をしっかりと確認しましょう。

点s(x,y)→において働く力F(S)→が経路l (始点s0→,終点s1→)でする仕事Wは
W=∫_l(s0→→s1→) F(S)→・ds→
となります。
・はベクトルのスカラー積(内積),ds→はs→における経路lの接線方向の積分変数(線素)です。
全てはこの式から計算することになります。

この計算を行う場合、l上の点s→とds→を計算できるように表すことが必要となります。通常は適当な座標でs→を表しその座標要素で表現します。

今回の場合、座標として角度を使う方が良いでしょう。
O(0,0)から見た俯角θを...続きを読む

Q左の図は並列で考えろと言われたんですけど、捉え方によっては直列に考えられませんかね?

左の図は並列で考えろと言われたんですけど、捉え方によっては直列に考えられませんかね?

Aベストアンサー

どうみても並列でしょう

Q原子核崩壊でα線やβ、γ線が出るのはわかるのですが、出続けるメカニズムがわかりません。

原子核崩壊でα線やβ線、γ線が出るのはわかるのですが、出続けるメカニズムがわかりません。放射性物質の半減期は何万年もあるものもあります。原子核が崩壊すればそのエネルギーが放射線となって放出されるのはわかるのですが、それは最初の一回だけ起こって、それが起こればもう起こらないのではないですか? つまり放射線も一回だけ出てもう出ない。それがずっと続いているというのは、ずっと原子核崩壊が続いているということなのでしょうか? 放射線が出続けるメカニズムがわかりません。ご教示よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ある放射能を持つ核種が、単位時間に崩壊する確率は、置かれている環境に左右されません。その核種、固有値であることが経験的に知られています。
確率なので、1つの粒を見ていれば、

・ いつ崩壊するかは神のみぞ知るということで、だれにもわかりません。
・ もちろん、崩壊してしまえば、その粒からは放射線はでません。

ということになります。

その同じ核種を一定量集め、たくさんの粒を統計的に観察し、半分の粒が放射線を出して崩壊するまでの時間を半減期と呼ぶわけです。
たくさんの粒があるから、放射線が出続ける。別に不思議なことはないですね。

半減期ごとに半分になり、やがてすべて崩壊すると、放射線は出なくなります。

Qニュートンのような近代の物理学者は 物理法則が根本的に対称的であることを純粋に信じていた、 というイ

ニュートンのような近代の物理学者は
物理法則が根本的に対称的であることを純粋に信じていた、
というイメージがあるのですが、

だとしたら、現に身の回りの物質の位置が全然対称的でないことをどのように理解していたのでしょうか?

Aベストアンサー

対象の意味がわかっていませんね。物理の思想を、日常の感覚で置き換えて質問しても無意味です。

Q1GB(ギガバイト)って、何g(グラム)の重さですか?

こんにちは。
1GBは、何グラムでしょうか?
GBがデータの単位で、グラムが重さの単位であることはもちろん理解している上での質問でございます。

パソコンで作った1GBのデータは、Wifiに乗せて他の家のサーバーやパソコンやスマホに運べるということは、確かに物体として存在するわけで、どのくらいのデータ量(GB)が集まったら、やっと1gになるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

有名な「マクスウェルの悪魔」に関連して、「シラードのエンジン」という話があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%82%AA%E9%AD%94#.E3.82.B7.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.83.89.E3.81.AE.E3.82.A8.E3.83.B3.E3.82.B8.E3.83.B3

簡単に結果を述べれば、もし、熱力学の第二法則が正しい(第二種の永久機関が作れない)とするなら、
温度Tの環境で、1bitのデータを記憶するには、最低でも、k*T*log(2) のエネルギーが必要です。
例えば、T=300(K) (27℃)だとすると、1GB 記憶するには、
https://www.google.co.jp/search?q=%28Boltzmann+constant%29%2a%28300+kelvin%29%2aln%281e9%29
8.58346389 × 10^-20 ジュールのエネルギーが必要です。
さらに、有名な E=MC^2 を使えば、これは、
9.55039158 × 10^-37 キログラムに相当します。
https://www.google.co.jp/search?q=%28Boltzmann+constant%29%2a%28300+kelvin%29%2aln%281e9%29%2f%28c%5e2%29

有名な「マクスウェルの悪魔」に関連して、「シラードのエンジン」という話があります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%82%AA%E9%AD%94#.E3.82.B7.E3.83.A9.E3.83.BC.E3.83.89.E3.81.AE.E3.82.A8.E3.83.B3.E3.82.B8.E3.83.B3

簡単に結果を述べれば、もし、熱力学の第二法則が正しい(第二種の永久機関が作れない)とするなら、
温度Tの環境で、1bitのデータを記憶するには、最低でも、k*T*log(2) のエネルギーが必要です。
例えば、T=300...続きを読む

Qアインシュタインの相対性理論について、説明するならばどのように説明しますか? 簡単に教えてください!

アインシュタインの相対性理論について、説明するならばどのように説明しますか?

簡単に教えてください!

Aベストアンサー

俺には、

https://blogs.yahoo.co.jp/astraysheep2

の説明が、一番わかりやすい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報