スポーツ関係の本や、体育の教科書を見ると、
「汗をかいたらかいただけの水分補給をしなきゃならない」
と書いてあります。
また、中学のときの部活の顧問の先生は
「水は一気に大量にのんではいけない。スズメみたいに、『少しずつを何回も。トータルでたくさん』になるようにしなさい」
と言われました。
しかし、高校に入ってから、水分補給は2時間くらいの連続した練習の後に一気にとるようになりました。
部長はどうやら、「水分補給は真剣に練習をしない証拠。」
という認識があるようなのです。
他の先輩や、同級生は(ちなみに今1年です)スズメ流水分補給を分かってくれているのですが。
しかし、実をいうと、僕自身もなぜスズメ流水分補給は、一気飲み水分補給よりいいのかという、具体的な理由を知りません。(なんとなく分かるのですが)
顧問の先生は練習の様子を見に来てくれません。
では質問内容に入ります。
・部長、そして僕が納得するような、スズメ流水分補給が良いという理由を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

だいたいのことは書かれていますから、ごくごく簡単に誰でも説明できるように書きます。



一気に接種すると、そのときは確かに胃がふくれるのでいっぱい飲んで満足した気になるのですが、人は胃がふくれれば、それで満足感を感じてしまうのです。
だから、そのときたとえ体がほしがる絶対量がまだまだ不足していても、胃のなかは水分で満たされますから十分であるこれ以上飲む必要はないと間違った判断をしてしまいます。その結果、小刻みに水分を採る場合に比べ、遙かに日射病や熱中症、熱射病にかかりやすくなります。ちなみに小刻みに(小刻みで決まった間隔と自分自身で少しでものどが渇いたときも良い)少しずつ水分を3時間ぐらいの間に採った場合と、3時間後に一気に飲んだ場合を比べてみると分かりますよ。(人によっては違いが分かりにくいこともあるかもしれませんが、暑い時期は必ず違いが出ます)

でもそれだけでは終わらない。たとえば、少しの水を乾いた土にまくと、すぐに吸い込みますよね。それを定期的に繰り返せば、ほとんどロスがなく水分を急速に吸ってくれます。しかし、一気に水をまくとその水はたまってしまいなかなか吸収されませんし蒸発する水分もその分増える。
これと同じことが体にも言えます。
少しずつ飲めば、腸の最初の部分で全て吸収できその分早く使えますが、一気に飲んで流し込むと吸収が追いつかないで、時間がかかる。しかも水が不足している場合は、そのわずかであろう時間が致命的になる。とまあこんな所でしょう。

ちなみに激しい運動時の水分は水以外でお茶、できればスポーツドリンクが良い。
また、緊急時、水しかどうしてもない場合のために、塩を少し持っておき、コップ一杯の水に塩をひとつまみ分でも入れるとただの水より体の浸透圧にちかくなり良い(これは、日射病や熱射病、脱水患者が発生した場合で近くに水しかない場合の最善の対処法です)
ちなみに、水だけを与えると、血中イオン(ミネラル分)や血中塩分濃度が不足して深刻な事態をさらに悪化させることもありますので注意。
    • good
    • 0

原理の面からは皆さんが詳細に書いてくれていますから


そちらは割愛して.....。

ちょっと想像したんですが、その手の部長さん(現代でも
水分採ってはいけないなんて古い考えの方)には、原理
だけを並べても「何云ってるんだ!!」の一言で片づけ
られそうですから、私からは実例で。

メジャースポーツの中で最も運動負荷が高いと思われる
のは自転車競技(競輪じゃありません。外国でやっている
1日100~200km×20日間とかのレースです。
ツール・ド・フランスとかですね)なんですが、その選手
は、勝つために実にこまめに水分と食料の補給をします。

つまり、運動していると水分とエネルギーが失われて
いきますから、必然的に運動能力の低下が起きますから
ベストの状態にして、少しでも勝つ可能性を高めるため
には水分と食料の補充が必要なんですね。

これはサッカーも同じ、野球も同じ。
真剣にやれば筋肉もそうですが脳味噌もエネルギーを
使いますから、冷却のための水分補給とエネルギー補給
は必須になりますよ。

「ベストの状態にする=勝つ」を、本当に理解している
指導者なら、そういう事はいわないでしょうね。
    • good
    • 0

ちょっと大事なことを書き忘れましたので補足します。



熱中症は、命は助かっても脳障害や重篤な障害を残す事も多く発症してしまうと死亡率20%にもなる大変な病気です。実際には学校のクラブなどのスポーツでは、知識の欠如から手当が遅れるケースが多く、死亡率などはもっと高いと思われます。

あと、屋外のみで起こるわけではなく、湿度が高いと室内等でも起こるので注意が必要です。汗をかいても蒸発しない環境では体を冷やせませんからね。そういう場合はトレーニングの中止が必要で、そういう意味でもいい指導者とはいえないです。

あと、2時間ごとの水のみというのは、熱中症予防の観点から、非常に危険と言わざるを得ません。明らかに長すぎます。

あと、HPは沢山出て来ますが、初心者むけのこれは!というページがなかなか見つかりませんでしたが、↓は大変よくまとまっております。熟読されますよう。

最後に、結構多くのHPで、「熱中症を発症したら、応急処置・・・必要に応じて病院へ」などと記述してあるのが大変多かったのに驚きました。

多間違いで、「熱中症を発症したら直ちに、応急処置、同時に救急車」です。

参考URL:http://www.heat.gr.jp/condition/supply.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

部長に言ったら・・・・
「熱中症・・・・ハハハ」
さらに引退した3年生も
「水分補給!?いらんいらん」
で終了。こまめに水分補給案はあっさり却下されました。
「こんなふざけた部活はやめてやる!!」
とはとても言えませんでした。
でも、僕らの代になったらきっと、
いや、絶対みなさんのアドバイスを参考に、
効率の良い練習をしていきます。
みなさん、本当のありがとうございました。

お礼日時:2001/07/06 19:36

エアロビクスのインストラクターはレッスン中、こまめに水分補給


するように言い、途中で水分補給タイムを頻繁にいれます。

喉が渇いたと自覚した時は、体に水分補給するには遅いそうで、早め早めに
摂らなければいけないと聞きましたが・・・
    • good
    • 0

こんばんは。

私は以前剣道をやっていた時に、やはり「あまり水を飲むな」と指導されました。しかし、今のスポーツ医学ではこれは極めて危険な事で、熱中症を起こす直接の原因になることが判っています。ですから、スポーツ中の水分補給(塩分も含めて)は安全にスポーツをやる為の絶対条件です。

この原理は、水分、塩分がなくなると汗をかけなくなり、体を冷却することが出来なくなって、筋肉から出る熱で体温が上昇し続けるようになります。すると体の中で色々な反応をコントロールしている酵素という物が40度(体の中では局部的にこの位の温度にはすぐなります)程度になると働かなくなり、運動能力だけでなく、身体中のあらゆる能力が低下します。この状態までなら、水分、塩分補給で元に戻りますが、これ怠ったりすれば、更に体温が上昇し、汗をかく機能そのものが麻痺します。すると何もしなくても体温は上がり続け、筋肉の細胞が熱で破壊される筋肉融解という現象が起きます。万が一、ここまでいったら身体中を水をかけるなどして冷やしながら救急車を待つという状態になり、かなりの確率で死亡します。

さて、一応は水を飲むことを認めている先輩の様ですから、この程度の事は理解されてるものと思いますが、いちどきに沢山飲まない理由ですね。前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。

まず、いちどきに沢山飲んだ水は直ちに全部吸収されるわけではありません。
量が多ければ、吸収するにも時間がかかります。その間は、胃袋にたまったままになりますから、お腹がたっぽんたっぽんするわけです。もちろんこの状態で運動すると、胃が痛くなったり、気持ち悪くなったり、満足に動けません。
ですから、この方法で水分補給をするなら、完全なある程度の時間、20~30分程度の休息がないと元の状態に戻れませんね。
トレーニングでは、このクールダウン、ウォームアップは、非常に効率の悪い事になります。

これに対し、一口分、胃袋にたまったって別にどうということはないですから、すぐに運動が出来ます。

ですから、「水分補給は真剣に練習をしない証拠。」はウソで、「がぶ飲みする人はトレーニング時間が有効に使えない」が正しいです。

まだ何か説明が入り用でしたらまたお申しつけください。
    • good
    • 0

部長というのが何者かは知りませんが、水分補給を否定するなんて、ゼッタイに間違いです。


この時期、運動で汗をかけば水分を補給してやらないと脱水症状が出かねません。
まだ、暑さに体が十分慣れていない時期ですから、気をつけないと熱中症を発症することだってあります。
熱中症の予後ははっきりいってよくありません。死亡にいたるケースがあります。答えになっていませんが、運動で水分補給を否定するようなばか者は即刻退任にしてください。校医や保険の先生に相談して、その阿呆を排除しないと大変なことになりますよ。
その部長という者に熱中症を知っているか!と聞いてみてください。
体育会系の部長だとか監督などは案外、科学的な考え方ができないやつが多いと思います。今朝の新聞にも野球部の事件が出ていました。クラブ活動は軍隊でも何でもありません。
何の権利があって、いじめや、しごきができるんですか。
そういった人間は心に歪を持っています。
いまどき、水分補給は真剣に練習しない証拠、なんていうばか者が率いるクラブなんてやめてしまうべきです。苛め以外何物でもありません。戦時中でも軍隊でもないわけですから。その部長というやつに何の権利がありますか。のどが渇くなんてことは生きていれば当たり前のことで、それをさせないというのだったら基本的な人権の侵害です。
即刻、校長か、教育委員会へ直訴すべきです。熱中症を発症してからでは遅すぎます。水分は少しずつ摂取するに越したことはありません。それは、浸透圧の問題でもあります。水分は消化管の中でポアールートといった仮想システムで吸収されます。それは、まさに一面、浸透圧の世界です。
ややこしいことは置いて、水分補給は大切なことです。その人の体調や取り巻く環境からも変わってきます。
ちょっと大げさに書きましたが、インターネットで熱中症を調べてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

渇の入ったアドバイスありがとうございます。
でも直訴は難しそうです。
なぜならうちの学校の野球部(僕は違います)は
・夜は11時までやる。
・休みは正月前後の5日間と入試の日のみ。
指定休業日は無視。
・夏休みには必ず疲労骨折者が数人。
という部活ですから、うちの部活が訴えられる状態ではないんです。

お礼日時:2001/07/06 19:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【排泄と尿意】人間は体内に食物を取り込むと24時間掛けて排出されるそうですが、これは水分に対しても適

【排泄と尿意】人間は体内に食物を取り込むと24時間掛けて排出されるそうですが、これは水分に対しても適用されるのでしょうか?

余分に食べるとすぐに排出されますが、これは24時間立つ前の物が押し出される形で出ているのでしょうか?

人間は1日の水分補給量が1リットルから最大でも2リットルですが、食物からの水分で大体1.2リットルが純粋な水分摂取目安だと思われます。

ここに1回1リットル飲んだとして1時間くらいで尿意が来たとします。

この排出される尿は1時間前の水分でしょうか?

それとも24時間より前に飲んだ水分が押し出される形で排出されるのでしょうか?

Aベストアンサー

>24時間より前に飲んだ水分が押し出される形で排出される
こちらが正しい。固形の食物は酵素と最適pHで消化された後、小腸と大腸で栄養素の形で吸収されます。
ほとんどの生物は「水が歩いている」状態です、人間の脳など血液より水分濃度が高い。
通常は小腸が水を吸収しますが、大腸が水分を搾り取ります。でもその水分は固形植物に含まれていた水分。
特にアルコールを含む水分は飲んだ途端胃から吸収され血管を通って直ちに腎臓へ送られます、時には十分。

Q水&ジュースもしくは、果物だけの水分補給。 どちらが健康上良いのでしょうか?

こんにちは、このカテゴリーでは初めて質問させていただきます。

現在私は、学生寮に住んでいます。

寮では、ジュース等の飲み物は、自動販売機から買わなければならないのですが、リンゴ、梨などの果物は、セルフサービスで、自由にとって食べる事ができます。

水分を補給する時に、果物を食べて補給していた方がジュース代を節約できるのですが、もし仮にそのような水分補給方法をしたとして、

ジュースや水での水分補給に比べて、どちらの方が、健康上良いのでしょうか?

以上です、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

果物で水分補給の方がいいのだと思います。
ま、水分を十分果物から摂れればの話ですが。

ちなみに、果物は料理を必要としないので
すごくバランスのいい食べ物です。
もちろん、そればかりというのは良くない気はしますが。

QCO2の排出割合は?

CO2の排出割合は?
メディアで騒がれるのは地上にいる我々の排出されるCO2の削減である。
即ち車とか工場そしてエネルギーの無駄遣いなどである。
しかし例えば旅客機によるCO2や水蒸気の排出はどうなのであろうか?
高空を飛ぶ飛行機から排出される飛行機雲の占める面積を見るとかなり
広範囲に温室効果ガスを排出している。
羽田や成田でさえ数分おきに離発着している。航空機による影響はどれ
位の割合なのだろうか?
又海に溶けたCO2も魚や動物性プランクトンによる排出もあるはずだ。
CO2の他に温室効果ガスはどれ位出ているのであろうか?
これらを正確に割合を出す事は困難だろうと思うし、CO2以外の温室効果
ガスの及ぼす影響の割合を出すのも困難だろうと思う。
しかし地球温暖化と言うとすぐに地上で我々に自制を求める論調になる。
その事に大いに不満を持つのであるが皆さんはどう思われますか?

Aベストアンサー

返信を読みました。
有りますよ、その 「SF的でもいいから冷やす方法」 というのが。

米国で去年、オバマはんに某科学者が提言してました。
「上空に雲を大発生させて、太陽光線受光量を減らす」という方法。

今世紀に入ってから今年冒頭まで地球は寒冷化してましたが、この原因は太陽光線入射量が減少したためです。それを人工的に再現して地表温度を下げるという方法ですね。

あと、IPCC原理によれば温暖化は大気中CO2の増加によると言うことですから、過剰分のCO2を大地or海洋に吸収させればよい。
具体的な方法は、例えばサハラ砂漠の緑化ですね。イスラエルの実行してきたような。

イスラエルは自国管轄下の砂漠を見事に緑化し(ている部分もあり)、これを全サハラ砂漠で行えば、ほぼ地球温暖化問題は解決。
植物により吸収されたCO2は用水路を介して海洋に流す。
自然のやってきたことを人工的に工業的にやってしまう、と。
ただし、流す先を地中海に限定すると地中海が高炭素海になってしまうので、大西洋まで用水路を延ばさなければなりません。

Q筋トレやストレッチの後、しばらくするとかなり疲労を感じ眠くなるのですが〜 水分は、しっかりとっていま

筋トレやストレッチの後、しばらくするとかなり疲労を感じ眠くなるのですが〜
水分は、しっかりとっています。
いつも、同じメニューです!

Aベストアンサー

乳酸がたまっていますので、ほぐすようなストレッチをしましょう~!
「運動後 ストレッチ」「運動後 マッサージ」などで検索すると良いですよ。
ほどよい疲労感は、その運動量が適正ってことです

Q灯油1リットルを燃焼すると、水分が1リットル排出?

灯油1リットルを燃焼すると、水分が1リットル排出されるという話を聞きました。にわかには信用できません。科学に詳しい方ほんとかどうか是非教えてください。

Aベストアンサー

灯油は混合物ですが、
仮にC12H24とします。
完全燃焼すると
C12H24+12O2→12C02+12H2Oとなります。

このときの水の量は12×18(分子量)=216→約216mL
炭化水素C12H24は分子量168なので、その炭化水素の比重が0.8ぐらいなら
168/0.8=210mLでほぼ同じ体積となります。

1Lの話はここに出ていますね。
http://www.dainichi-net.co.jp/user/fh-2000/user-2000-fh-qa.htm#kasitsu

Q水分

水分って一日にどのくらい取るのが標準的なんですか?
また足らないとどうなるんですか?
ミネラルウォーターのようないわゆる水というものでなくお茶やジュースなどでとるのではやはり何か違うものですか?ミネラルウォータのほうのが直接飲むにはいいのでしょうか?
 質問が色々多くてすみません。

Aベストアンサー

>一日にどのくらい取るのが標準的なんですか?
⇒1.5リットル程度です。
勿論、聞かれているように<標準><平均>ですよ。 
実際の診察での相談なら、書かれているだけでも、分かりますが、文章だけの質問サイトですから、体の大きさ、年齢、運動状態、生活状態等などから千差万別で色々違ってきますから、これだけでは全く不足の場合もあります。

例:汗かきの人が戸外での動き回るスポーツをしている:1時間に2リットル摂取しても後では不足していることもある。

また、こういう場合は、水分だけでは駄目で他の色々な物質が汗と共に出てしまっているし、代謝に使われてしまうので、それらの補給も必要となります。


>というものでなくお茶やジュースなどでとるのではやはり
⇒利尿作用があるので、のんびり出来ない現代社会では利点もあるが、水分摂取だけを考えるなら、不足する場合がある。

>ミネラルウォータのほうのが直接飲むにはいいのでしょうか?
⇒そういう場合も有ります。 なかなかミネラル分の一部を摂取しにくい人の場合などは。
日本在住なら、日本の水は殆どがそのまま上水道で飲めますから、それでよいでしょう。マンションなどで不安な場合、鉛管をまだ使っている地方では其れの除去フィルターが必要な場合も有ります。

>一日にどのくらい取るのが標準的なんですか?
⇒1.5リットル程度です。
勿論、聞かれているように<標準><平均>ですよ。 
実際の診察での相談なら、書かれているだけでも、分かりますが、文章だけの質問サイトですから、体の大きさ、年齢、運動状態、生活状態等などから千差万別で色々違ってきますから、これだけでは全く不足の場合もあります。

例:汗かきの人が戸外での動き回るスポーツをしている:1時間に2リットル摂取しても後では不足していることもある。

また、こういう場合は、水分だ...続きを読む

Q空気中のCO2の割合に人間の排出分を含めないのはなぜ?

二酸化炭素(CO2)の空気中の割合は0.04%ですが、この数値の中には人間からのCO2排出分が含まれないという話を聞いたことがあります。もし、本当にそうだとしたら、人間の分をあえて数に入れないのはなぜでしょうか。これ、かねてからの疑問でした。

人間からのCO2排出が地球温暖化の最大の要因でないにしても、人口60億以上が出しているCO2の量を考えれば、決して無視できない数値ではないかと思います。

ご回答でなくても、回答に結びつくヒントで結構ですので、ご教示いただければ幸いです。
なお、ひょっとすると私の勘違い、認識不足も考えられます。明らかにそうでしたら、ご指摘ください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たぶん、人間の分を入れないというのは、CO2の「排出量」のことだと思います。

貴方のおっしゃいます、0.04%というのは、大気中のCO2の割合そのものでしょう。先ほどの「排出量」を抑制しないと、どんどん増えて、地球が温暖化します。

それで、人間の吐き出すCO2は、なぜ排出量に含めて考えないのか、量の問題もあるかもしれませんが、下のような話になると思います。

二酸化炭素、正確には地球温暖化ガスのなかでも問題なのは、人間の活動に伴う、化石燃料の消費に伴って排出されるものです。
人間が息をするときに排出される二酸化炭素は、基本的に食物に由来しますが、食物はほとんどは動植物であり、動物も最終的には植物を食べています。そして、植物は空気中の炭素を固定して、自分の体を作るので、大局的に見れば、人間のはいた二酸化炭素は、循環しているだけで、増えることはありません。(食べるためにはそれだけ植物が育たないといけないので。)

ですが、化石燃料を消費して(燃やして)しまうと、これは地の底に眠っていた炭素が、すさまじい勢いで二酸化炭素として大気中に放出されることになります。そして、大気中の二酸化炭素が増え、地球が温暖化するわけです。

そして、これは、いろいろと排出量の抑制の手段はあります。だから、削減目標を定めて、削減しようという話になるわけです。

そんなところで、御参考になりますでしょうか。

たぶん、人間の分を入れないというのは、CO2の「排出量」のことだと思います。

貴方のおっしゃいます、0.04%というのは、大気中のCO2の割合そのものでしょう。先ほどの「排出量」を抑制しないと、どんどん増えて、地球が温暖化します。

それで、人間の吐き出すCO2は、なぜ排出量に含めて考えないのか、量の問題もあるかもしれませんが、下のような話になると思います。

二酸化炭素、正確には地球温暖化ガスのなかでも問題なのは、人間の活動に伴う、化石燃料の消費に伴って排出されるものです。
人間が...続きを読む

Qもっと水分を摂れるようになりたい

20代女です。

以前、保健所の健康相談で、もっと水分を摂った方が良いと言われました。

日頃、食事のときでも水分(お味噌汁やお茶も)を摂らない方で、
もっと水分を摂れる体になりたいです。

どうしてみんな、そんなにたくさん飲めるんだろう?って
不思議に思ってしまいます。

大体が小食な方で、ご飯を食べると汁物までいけないです。

でもこれからの時期、脱水とかにもなったら嫌なので。。

似たような質問がないか探しましたが、見当たらなかったので
投稿しました。アドバイス、お願いします。

Aベストアンサー

食事の時以外に水分をとるようにする。
おやつを食べるなら、水分の多い果物や寒天ゼリー等を食べる。

おかずの品数が多いなら、具材を少なくした味噌汁や、
おかずを減らして、具材を多めにした味噌汁にする。

おかずに汁の多いものを作る。

嫌いでなければ豆腐、きゅうり、トマト等の水気の多い食べ物を食べる。

乾物を使用する。
ヒジキやシイタケ、切干大根、乾燥わかめなど、戻るときに水分を吸います。

Q粥 雑炊 水分 割合

粥と雑炊は米から、ご飯からで作り方が違うのは分かるのですが、正確な水の割合はどのぐらいなのでしょうか??七分粥をベースに雑炊との水分の違い(一般的なもの)を教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 お米から作るのがお粥。炊いたご飯から作るのが雑炊とおじやというように理解しています。
 個人的には、おじやは炊いたご飯をそのまま汁に入れるので、お粥に近い仕上がり。雑炊は冷ご飯を一度水で洗って汁に入れるので、さらさらとした仕上がりというふうに区別していますが、あまり明確な定義づけは無いようです。
 水分量も、おじやは7分から全粥に近い感じ。雑炊は5分粥に近い感じと(個人的には)区別しています。

Q体内の水分吸収率のいい順番。

体内吸収率のいい飲み物にスポーツ飲料があります。水分はたくさん取らなくては
いけないのですが、私はおなかが緩くなるのでスポーツドリンクは飲めません。
以下の飲み物をよく飲みます。この中で体内吸収率がいい順番を教えてください。

水道水:浄水器なしの蛇口から出た常温の水
浄水(常温):水道水を浄水ポットに入れた常温のもの
浄水(冷温):浄水ポットの水をペットボトルに入れて冷蔵庫で冷やした水
浄水(ぬるま湯):浄水を人肌にあっためたもの
お茶(温かい):浄水常温を温めてお茶を出した温かいもの
お茶(温い):お茶(温かい)を自然に常温で冷ましたもの
コーヒー:浄水(常温)を温めて入れたインスタントコーヒー
カフェオレ:ホットミルク+蜂蜜こさじ1+インスタントコーヒーこさじ2
紅茶:浄水(常温)をあっためてティパックで出した紅茶ストレート
ミルクティ:上の紅茶にミルクを足したもの
ココア:ホットミルク+ココア粉末を混ぜたもの
コーンポタージュ:マクドナルドのスープ
炭酸飲料:マクドナルドのコーラやジンジャーエール

Aベストアンサー

詳細に考えられましたね。

水の吸収は、消化管から血管内への移動と、血管内から消化管への移動の差です。

胃腸管が流入成分を栄養と認識すると、消化液が出ますから、血管から消化管へ水分が移動します。

ご質問の種類の中で栄養素を含んだものは、消化液が出ますから、正味の水の吸収は低くなるわけです。

水の主な吸収部位は小腸で、吸収速度は1時間200~700ccです。

吸収は小腸細胞の、細胞膜の小孔を通る水路によって吸収されます。

温度的には体温が吸収しやすいと思います。


人気Q&Aランキング