セックスに翻弄される女性、男性の生きていく姿を描いた映画3選

B種接地工事は、150/I(Ω)以下(漏電遮断器を付けない場合)
Iは、変圧器の高圧側電路の1線地絡電流のアンペア数とあります。

そこで質問ですが、1線地絡電流のアンペア数 I はどうやって求めるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

内線規定(JEAC8001-2000)に載ってます。

I1=1+(V/3×L1-100)/150+(V/3×L2-1)/2です。
I1は、1線地絡電流(Aを単位とする。)
Vは、電路の公称電圧を1,1で除した電圧
L1は、同一母線に接続される高圧電路(電線にケーブルを使用するものを除く。)の電線延長(kmを単位とする)
L2は、同一母線に接続される高圧電路(電線にケーブルを使用するものに限る。)の電線延長(kmを単位とする)
1線地絡電流の計算結果が2未満の場合は2とする。
少数点以下は切り上げる。

通常電力会社計算になります。(高圧電路が把握できない)
特高需要家で、普通の規模であれば1線地絡電流が2を超える場合はないと思います。よってB種計算は75Ωとなります。(目標値を50Ω程度にするといいと思います。)ただしB種抵抗値はできるだけ高い方が、安全です。(低圧側漏電時)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
説明不足の質問に対し、すごく解りやすくご説明頂き十分理解出来ました。
電力会社に聞かないと解らない部分も有るのですね。目標値も今後の基準値の参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/08/29 00:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスコットトランス2次側対地電圧について

1次側は3相3線200V、2次側は単相3線100V-200Vが2回線(U系統・V系統)のスコットトランス150KVAを使用しています。2回線共にB種接地は接続していません。対地電圧がU系統で R相3V、N相で103V、T相で208Vあり、V系統の対地電圧はR相100V、N相0V、T相100VでV系統の対地電圧は異常ありませんが、U系統の対地電圧は異常です。U系統で漏電しているのでしょうか?

Aベストアンサー

「B種接地」は電気設備技術基準(解釈第19-1表)で定められた、一次が高圧または特別高圧の変圧器の二次側を接地するものです。今回の変圧器は一次が200Vなので、これには該当しません。
貴方が毎回B種接地と書かれるので、既に2回指摘していますが、なぜかそれを完全に無視されていますので、ご質問にはお答え致しません。

Q地絡遮断装置について(漏電遮断器と過電流素子付漏電遮断器)

地絡遮断装置について(漏電遮断器と過電流素子付漏電遮断器)

漏電遮断器<E>はテストボタンの色は緑で過電流素子付漏電
遮断器<BE>のテストボタンの色は赤で良かったでしょうか?

また、過電流素子付漏電遮断器を表す表記で<BE>と<E>の2
つがあるのですが、どちらを使えばよいでしょうか?

最後になるのですが、「過電流素子付漏電遮断器」という言い方
と「過電流保護付漏電遮断器」とは同じ意味でとらえて良いでし
ょうか?
(オーム社さんのP29ページ25番には漏電遮断器(過電流保護付)
と書いてあります。しかしながら、別のテキストには過電流素子
付漏電遮断器」とも書いてありました。どちらが正しいのでしょ
うか?

以上3つの質問ですが、電気に詳しい方、回答よろしくお願いし
ます。

Aベストアンサー

>漏電遮断器<E>はテストボタンの色は緑で過電流素子付漏電
遮断器<BE>のテストボタンの色は赤で良かったでしょうか?

従来はその色でしたが、1999年からは国際規格に沿って灰色に推奨されているみたいです。  

>また、過電流素子付漏電遮断器を表す表記で<BE>と<E>の2
つがあるのですが、どちらを使えばよいでしょうか?

別にどちらでもかまわないが、過電流素子付はアンペアフレームも書くみたいです。

>最後になるのですが、「過電流素子付漏電遮断器」という言い方
と「過電流保護付漏電遮断器」とは同じ意味でとらえて良いでし
ょうか?

同じですよ。

Q消費電力による電流計算について

初歩的な質問ですいません。
装置の電流を計算しようと考えています。

装置情報は下記となります。

■最大消費電力:720W
■電源:100—240VAC 50—60Hz、-48VDC

(1)上記場合の消費電力はACを利用した場合、DCを利用した場合の
どちらになるのでしょうか。

(2)電流の計算は下記のどちらかになるのでしょうか。

  720÷100V=7.2A
  or
  720÷48V=15A

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最大消費電力は、文字通りの電力を最大に使用するときの値です。
その時に力率が100%なら、AC100Vでは7.2Aになります。
そして、その時に使用しているのが直流のー48Vのみであって変換効率が100%であれば、48Vで15A流れることになります。
以上は、最大電力から計算した話であって、実際には測定しなければ正確には判りません。

Qポンプの突入電流で漏電遮断器が漏電遮断しますか。

排水設備で浸水検出起動のポンプの電源の漏電遮断器がよく漏電表示を伴い遮断します。
漏電遮断器二次側での絶縁抵抗値は良好なので、ポンプ内部の漏電だと思うのですが、先輩が「ポンプの突入電流の可能性もあるよ」と言いました。

この意見について、疑問を抱いたので質問します。
①突入電流が原因で、漏電動作表示を伴う遮断は、漏電遮断器の原理上ありうるか?
②ZCTの検出する突入電流の三相ベクトル和は0ではないのか?

Aベストアンサー

> 各相の電流が不均等でも、漏れ電流がない限り、3本の電流ベクト
> ル和が0となるため、ZCT入力は相殺され漏電遮断器は動作し
> ないのではないでしょうか?
理論的には、漏れ電流がない限り、3相分の電流のベクトル和は0
になります。

漏電遮断器の内部にはZCTがあり、これに3相分の配線が巻かれて
います(場合により貫通)。
この配線がバランス良く巻かれていれば、ZCTの2次側の出力配線
の電流のベクトル和が0になりますが、実際に巻いて製造しますと、
3相分の配置には微妙にズレが生じ、電流が流れますと、これがアン
バランス分としてZCTの2次側の出力配線に微小な電流が出力され
ることになります。

モータの始動時のような大きな電流が流れますと、アンバランス分
も大きくなりますので、漏電遮断器の規定の感度電流以上となると
動作することも考えられます。
漏電遮断器の定格電流を選定する場合、メーカのカタログや技術資料
などに記載してある選定表を参照して選定すると良いでしょう。

なお、JIS規格では、ある電流以下では不必要に動作しないこと確認
するための試験をすること定められています。
詳しくは次のJIS規格を参照してください。

JIS規格 JIS C8201-2-2:2011
8.5項 過電流状態のおける不動作過電流限界値の検証

次のURLをクリックしますとJIS規格を見ることができます。
読むことのみで、印刷はできません。

http://www.jisc.go.jp/app/JPS/JPSO0020.html
(1)上段の枠内に[C8201-2-2]と入力
(2)[一覧表示]をクリック
(3)[C8201-2-2]をクリック
(4)[JIS規格詳細画面]の下にある[規格の閲覧]右側の部分をクリック
(5)[C8201-2-2]の内容が表示され読むことができます。

> 各相の電流が不均等でも、漏れ電流がない限り、3本の電流ベクト
> ル和が0となるため、ZCT入力は相殺され漏電遮断器は動作し
> ないのではないでしょうか?
理論的には、漏れ電流がない限り、3相分の電流のベクトル和は0
になります。

漏電遮断器の内部にはZCTがあり、これに3相分の配線が巻かれて
います(場合により貫通)。
この配線がバランス良く巻かれていれば、ZCTの2次側の出力配線
の電流のベクトル和が0になりますが、実際に巻いて製造しますと、
3相分の配置には微妙にズレが生...続きを読む

Q微分回路における電圧利得と位相差

現在電子回路の勉強をしているのですが、微分回路のところで迷っています。

RとCだけの単純な微分回路の計算をしているのですが、計算結果に自信を持つことができません。
計算内容はR=50kΩ,C=0.01μFの微分回路で、1Hz~1MHzの範囲における周波数特性のグラフを利得G[dB]と位相差θ[°]において書けというものなのですが、微妙な感じです。

なお、計算に使ったのは以下の式です。

利得:20log(1/(1+(fl/f)^2))
位相;-arctan(fl/f)
「fl→1/2πCR,f→周波数」

上記をExcelで計算してグラフ化すると、

という感じで計算したのですが、利得のほうは-50[dB]あたりから始まり、1kHzあたりでほぼ0になる感じです。
また、角度も同様の曲線になります。

自分で考えとして周波数が高くなれば、Cのインピーダンスが小さくなり、二つの値は小さくなっていき結果として正しいと考えているのですが、自信を持つことができません。

できましたらアドバイスのような形で結構ですので、解答をお願いいたします。

現在電子回路の勉強をしているのですが、微分回路のところで迷っています。

RとCだけの単純な微分回路の計算をしているのですが、計算結果に自信を持つことができません。
計算内容はR=50kΩ,C=0.01μFの微分回路で、1Hz~1MHzの範囲における周波数特性のグラフを利得G[dB]と位相差θ[°]において書けというものなのですが、微妙な感じです。

なお、計算に使ったのは以下の式です。

利得:20log(1/(1+(fl/f)^2))
位相;-arctan(fl/f)
「fl→1/2πCR,f→周波数」

上記をExcelで計算してグラフ化すると、
...続きを読む

Aベストアンサー

>利得:20log(1/(1+(fl/f)^2))
20log(1/√(1+(fl/f)^2))=10log(1/(1+(fl/f)^2))
=-10log(1+(fl/f)^2)[dB]
の間違いではないでしょうか?

この訂正だけしていただければ同じやり方で正しい結果が得られると思います。
f=f1では
利得は
ほぼ-3.01[dB]、位相は-π/4[rad](-45°)となります。

Q三相変圧器のB種接地の断線

Y-△結線3300/220V変圧器のS相にB種接地工事をしていて、対地間に200Vの電圧が出ている場合でB種接地線が断線したり、浮いてしまったりすると、どのような影響がでるのでしょうか。

Aベストアンサー

 >接地線が浮いた場合は対地間電圧が仮想点の200/√3の115Vとかにはならないのでしょう
か。

理論的にはそうなると思います。
ただ実験した事はないので、実際がどうなるかは分かりません。

Q交流の干渉について(ビート電流)

二つの近い周波数の交流電流が交差すると、その差分の周波数のビート電流(うねり電流?)が発生する特性があると思います。
このビート電流が発生する条件として、どの位近い周波数だと発生するのかをネットで調べてみた限りでは出て来ませんでしたもので、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂けますようでしょうか。
良く、干渉波治療器では、1000Hzや4000Hzで、それぞれ100Hzくらいの周波数の差をつけて、100Hzのビート電流を発生させているものが多いのですが、もっと周波数の差を広げていけば、徐々にビート電流が少なくなっていき、干渉しなくなると思うのですが、その分岐点の算出法、公式の様なものが存在するのか知りたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

あれ、ビートの発生に非線形なんか必要でしたっけ?

単純に、三角関数の公式

sin(2*w1*t)+sin(2*w2*t)=2sin[(w1+w2)t]cos[(w1-w2)t]   (1)

つまり周波数2*w1のサイン波と2*w2のサイン波を単純に線形に足すだけで、
和(w1+w2)や差(w1-w2)の周波数が発生できる。

この式からビート成分(w1-w2)の強度因子は、sin(w1+w2)*tということ。
この部分は周波数w1+w2と非常に早く-1と1の間で振動する。

そこでビートの観測に重要なのは、w1-w2成分は通すが、w1+w2成分を通さない
ローパスフィルタが必要。

でも自然とローパスフィルタは入るのでは。
1,000Hzと1,100Hzでビートを作ると、w1+w2=2,100Hzで、これは人間には聞こえにくい。
自動的にビートの方だけが聞こえるとか。

(1)式を見る限り、周波数差を広げていっても、干渉しなくなることはないようですが、
他の因子が関係するのでしょうか?

Q変圧器のB種接地工事

 今度1500kVAの変圧器を設置します。
そこで変圧器用のB種接地線をどのように選定していいかわかりません。
内線規程でも規格外なんです。
どなたかよろしくお願いいたします。
ちなみに上位のVCBは定格600A、遮断電流20kAです。
お願いいたします。

Aベストアンサー

下記URLに計算式が載っていました。
参考にはなると思います。

参考URL:http://bbs4.fc2.com/php/e.php/67608/?act=reply&tid=2179579

Qひずみ計測のブリッジへの供給電流、及び後段の増幅回路

ひずみゲージを使ってブリッジ回路をくみました。
↓こんな感じにです。
http://www.tml.jp/product/strain_gauge/bridge_list.html

このブリッジ回路にどのくらいの電圧、電流を流すのがよいのでしょうか?使うひずみゲージは、一般的な金属につかうもので、120から350Ωくらいの物を考えています。できるだけ低消費電力にしたいので、電流を少なくしたいのですが、安定動作のこともあるのでどのくらいが妥当なのでしょうか?

また、ADCする前に、オペアンプで増幅する際に、どのような増幅回路を採用するべきでしょうか?
ここにある、「差動増幅回路」がいいのでしょうか?
http://www.mech.tohoku-gakuin.ac.jp/rde/contents/course/mechatronics/analog.html
それとも、入力インピーダンスを低くするために、「インスツルメンテーションアンプ」がいいのでしょうか?
ブリッジに使う抵抗が120から350Ωであることから、対して大きな抵抗でないので、前者の「差動増幅回路」で数100KΩ~数MΩの抵抗を使えば十分なのでしょうか?

よろしくご教授ください。

ひずみゲージを使ってブリッジ回路をくみました。
↓こんな感じにです。
http://www.tml.jp/product/strain_gauge/bridge_list.html

このブリッジ回路にどのくらいの電圧、電流を流すのがよいのでしょうか?使うひずみゲージは、一般的な金属につかうもので、120から350Ωくらいの物を考えています。できるだけ低消費電力にしたいので、電流を少なくしたいのですが、安定動作のこともあるのでどのくらいが妥当なのでしょうか?

また、ADCする前に、オペアンプで増幅する際に、どのような増幅回路を...続きを読む

Aベストアンサー

メーカー製のロードセルアンプでは
ブリッジ電圧は、2~10Vが多いです。
その範囲で決めればいいと思います。
ADCするようなので、ADC用のリファレンスが
4Vだとしたらそれを使えばいいです。
(レシオメトリック)

>「差動増幅回路」で数100KΩ~数MΩの抵抗を使えば・・・
それは無理でしょ。
だって、増幅率をかせげないでしょ。
リニアリティを求めるのであれば、
インスツルメンテーションアンプにして下さい。
専用のOPアンプもあります。

Qトランス2次側接地と漏電遮断器の関係

まず回路の説明を致します。

3φ3W AC200V回路のUV相にダウントランス1(複巻)(200V/100V)、VW相にダウントランス2(複巻)(200V/120V)の2つのトランスを接続し、各々漏電遮断器を挟んだあと単相負荷(接地済)をぶら下げています。またトランス2次側は片相(0V相)をそれぞれ接地しています。(ホーロー抵抗付)
こういった回路で、トランス2次側を接地するのは漏電遮断器を働かす為当然だろうと思っていたのですが、ある人から接地なんかしたらアースがまわって漏電遮断器が無意味に落ちるからそんなことは非常識だと言われました。それぞれのトランスの1次側の相が違うこと、2次側の電圧が違うことを原因として説明されたんですが納得できず、じゃあトランスの2次側の片相を接地しなくても漏電遮断器は働くの?という疑問だけが残ってしまいました。
言葉だけでの説明ですので状況が分かりづらいかもしれませんが、単相トランス2次側の接地の有無とその理由について、どうかご助言いただけませんでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちわぁ
まず私の考えた結論から言わせて頂きますと、以下の通り
(1)Trに字接地の必要はある
(2)Tr二次接地に制限抵抗は必要ない
(3)ELBの不必要動作については、恐らく・・・
 1.キュービクルでD種接地極がひとつしかなく全ての回路が共有している場合、当該回路以外の電路状態によってリークした電流による接地相の電圧上昇の為。
 2.D種接地線に迷走電流?等が流入するなどの為

次にそれぞれの理由ですが、
(1)・・・ELBの動作を確実にする為
(2)・・・
(2-1)他の方々が仰る通り制限抵抗がある場合の地絡電流は、
   回路電圧/(制限抵抗+接地抵抗+地絡抵抗)
であることから500Ωの制限抵抗を入れた場合かなりの感度低下が予想される。
(2-2)D種接地抵抗規格値に準拠しようとした場合、規格値は100Ω又は、0.5s遮断で500Ω以下です。私の解釈では接地抵抗地というのは接地相と対地間の抵抗と考えていますので、それから言うと厳しいかもです。
(2-3)混触防止にならない(技術基準上は問題ありませんが、一応・・・)
(3)・・・理由は、前述したとおり
     ちなみに、一般的な対策としてはELB専用の接地極をつくり接続する。

次に地絡線保護についてですが、基本的には地絡線も含めてELBで保護していると考えればOKかと。
低圧側の短絡電流を計算したことがありませんし、該当設備の電源側%Zがわかりませんので完全地絡時の電流はなんともいえませんが、何れにせよELBが即時遮断するので接地線が溶断するような熱量は発生しないかと・・・(^^;

あっちなみに、制限抵抗を設けるとして、その位置は本件の降圧変圧器のみですよね?
例えばそのキュービクルにD種接地が1つしかない時に下図で言いますと、
■当該変圧器の接地相はX点に接続
■当該変圧器の負荷側接地線はY点に接続
■その他変圧器回路の負荷側接地線もB点に接続

 -X--制限抵抗-Y--D種接地極----対地

こうですよね?
そうではなかった場合、例えばその他変圧器回路の負荷側接地線がX点なんかに接続したりなんかすると技術基準上及び感電防止の観点からまずいかもです・・・

以上ですー不明な点があれば再質下さいm(_ _)m

こんにちわぁ
まず私の考えた結論から言わせて頂きますと、以下の通り
(1)Trに字接地の必要はある
(2)Tr二次接地に制限抵抗は必要ない
(3)ELBの不必要動作については、恐らく・・・
 1.キュービクルでD種接地極がひとつしかなく全ての回路が共有している場合、当該回路以外の電路状態によってリークした電流による接地相の電圧上昇の為。
 2.D種接地線に迷走電流?等が流入するなどの為

次にそれぞれの理由ですが、
(1)・・・ELBの動作を確実にする為
(2)・・・
(2-1)他...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報