コピー機や電話機を本体を購入するのとリースを組んで使用した場合、リースを組んで使用することのメリットを教えてください。

A 回答 (4件)

事業用としてコピー機とかをリース契約しますと、


経費処理は、消耗品費となり、固定費用として処理します。
所有の場合は、減価償却していきます。

使える状態で借りるという感じので、壊れた時の修理費用などが
バカ高くならないという利点があります。

企業の場合、お抱えのリース会社があり、値引き後にリース契約するので
それ程バカ高くはならないのですが、小さな会社ですとわざわざリースに
しますと割高になるので買い取り、保守契約入れる方が良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0

コピー機が買えない場合 リースとなります。

 

結局長く使えば 買ったのが安い

しかし、資金が無い場合 買わないほうが良い。

メリット 壊れても リース屋の物ですから 新しいの交換です。
    • good
    • 1

リースは所有権はその会社のものです。


ですからメンテやトラブル対策はその会社でやってもらえます。
緊急な場合は電話をかけてメンテのやり方を教えてくれます。
インクや消耗品はその会社経由で購入することになります。
リースのメリットは1年の保証期限が切れて壊れた場合でも
電話1本で代替品がすぐきます。ご迷惑をおかけしまして申し訳ありません。といってくれます。

何年かすると少ない金額でその機械を入手できます。
事務所が5人くらいで出入りが激しい場合はレンタルがいいかな?


デメリットは要求されていませんが
機械本体より相当高い金額を払うことになります。
トラブル対策は自分で取扱説明書を読むなり電話するなりして自分でする。
消耗品は自分で購入し管理する。
    • good
    • 0

コピー機や電話機が10万円以上するのなら、購入すると固定資産になって税金(固定資産税)が毎年かかります。

リースならかかりません。またリースならコピー機や電話機に故障などの不具合が生じても取り替えてくれたり新製品に入れ替えてくれますが、購入するとすべて自前でやることになります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング