脱感作療法ってどんな療法なんですか?どなたか教えていただけませんか。

A 回答 (2件)

減感作と殆ど同義語で、アレルギー原因物質を少量ずつ次第に増量しながら定期的に注射し、過敏性を除去する療法のことです。

    • good
    • 0

アレルギーの「減感作」の間違いじゃないですよね?



だとすると専門じゃないので、いいかげんな知識は披露できないので、HP拾ってみました。↓

参考URL:http://www.ncc.go.jp/ehime-nh/kango/jushin.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q非医師による心理療法(精神療法)について

 以前、このテーマについて質疑応答がありましたが、少し角度を変えて質問させてください。
 医師でない者が「○○メンタルオフィス」などと看板を出して、訪れた人の症状を聞き、パニック障害であるとか解離性障害であるとか判断して、心理療法(精神療法)を施していることを知った者が医師法違反であると告発した場合、どうなるのでしょうか?すでにそういう事例はあるのでしょうか?
 特に、催眠療法なんて、侵襲性のある技法じゃないでしょうか。
 また、当該非医師は、診断名を相手に告げず、悩み事相談を有料で受けるという体裁をとれば、医師法違反には問われないのでしょうか?
 人生相談に資格は要りませんよね。
 けど、歯科医に救急医療の研修やらせて起訴された医師もいる世の中でもあります。

Aベストアンサー

催眠療法については、日本で最も一般的な催眠関連の学会である「日本催眠学会」の当時理事長だった、加藤隆吉氏が、1994年に医師法違反に問われ、理事長を退いた(追い出された)ケースが有名です。

ご指摘のとおり、「病名の診断」行った時点で医師法違反となります。

ただ、精神疾患については、「病名」を判断することはそれほど重視されていない、という現状があります。DSMなどのマニュアルはあっても、日本の臨床でどれほど使われているかは疑問があります。

これは、精神疾患の発生メカニズムについて、それぞれの疾患について有力な仮説はいくつかでているものの、確定的とはなっていないこと、したがって精神疾患に対する対処が、基本的に「対処療法」を中心になされていること、などが原因かと思われます。したがって、「強迫性障害」と診断をしなくとも、クライアントの悩みであるこだわり行動を抑制する処置をとることは可能です。あるいはクライアントの幻聴への対処は、「統合失調症」と診断してもしなくても、心理療法においてはかわらない、とも言えます。

ヨーロッパでは、催眠は医学者コミュニティでの承認を通じて、社会的に認知されていきましたが、
日本では、医学の国家制度が整えられるなかで、医学に取り込まれ承認されるか、それとも国家制度から自由であることを選択し非医学の烙印を押されるかの岐路で、心理学者と医学者の綱引き、そして東大で「異常心理学」(心理学的精神病理学の意味)を担当していた福来氏が、『千里眼』事件のために退官し、その後の臨床心理学の発達および制度化に大きな遅れをとったという事件などが、明治末期から大正にかけてありました。

この辺りの話は,リンクした本に詳しいです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787231480/readingmonkey-22/

催眠療法については、日本で最も一般的な催眠関連の学会である「日本催眠学会」の当時理事長だった、加藤隆吉氏が、1994年に医師法違反に問われ、理事長を退いた(追い出された)ケースが有名です。

ご指摘のとおり、「病名の診断」行った時点で医師法違反となります。

ただ、精神疾患については、「病名」を判断することはそれほど重視されていない、という現状があります。DSMなどのマニュアルはあっても、日本の臨床でどれほど使われているかは疑問があります。

これは、精神疾患の発生メカニズム...続きを読む

Q病院の事務次長って、凄く責任ある仕事なんですか?病院全体をまとめなきゃいけないんですか?詳しい方いた

病院の事務次長って、凄く責任ある仕事なんですか?病院全体をまとめなきゃいけないんですか?詳しい方いたら教えて下さい。

Aベストアンサー

No.1です。

>私に対し医者が居なくなるから、口説いて説得して引き抜いて欲しいとか言ってました。
どういう規模の病院なのか知らないけど、その病院に就職している医者だったら、いわゆる医者の転職だね。
女性に口説かれて引き抜かれるようなバカな医者はそんなに多くない。
大学医局と契約して医師を派遣してもらっているのなら、医局撤退って話だから、いくら医者個人を口説いても仕方ない。
大学医局と交渉しなさいって話。

>あと、病院の医者、看護師、その他の従業員を背負ってるから大変だと。顔が焦っていて余裕0でした。本当でしょうか?
まあ病院経営の実務的な面で言えば背負っているっちゃいるけど、その責任は事務次長じゃなくて事務長だよ。
何より医者がいなくちゃ病院なんてできないから、お互いに背負い背負われという関係だよ。
一方的に自分が背負ってるなんておこがましいことよく言えるね。
彼が言っていることを正確に言ったら、「俺がヘマしたら上司に怒られちゃうよ~」ってことだね。

Q風邪薬はどんなものを飲めばいいんですか?

風邪を引いてしまったんですが、どんな風邪薬を飲めばいいのか分かりません。
私は、アレルギーの薬を飲んでいて、漢方薬ならいいといわれましたが、それ以外の市販薬はどんなものが入っていないのなら飲んでいいのか分かりません。
もしご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは#5です。(一応薬剤師です)

鼻炎でアレグラ服用されているんですね。
市販の薬は、解熱鎮痛剤、抗ヒスタミン薬、咳止めが入っています。病院で処方されるときはそれぞれの薬を症状に合わせて出してくれると思います。また細菌感染に抗生物質が出されることもあります。
今の風邪の症状にもよりますが、ひきはじめでだるいくらいなら葛根湯でもいいのではないかと思います。併用してもよいですし。
非ピリン系の話ですが、昔解熱鎮痛剤でアレルギーありますか?たぶんピリン系の事だとおもうのですが…。
解熱鎮痛剤をピリン系と非ピリン系に分けますと非ピリンのほうが圧倒的に多いです。見分け方としてはピリン系は「○○ピリン」(アンチピリンなど)って名前ですから箱の裏の成分見れば解ります。ただアスピリンだけは例外でピリン系じゃないです。もし本当に非ピリンだめなら熱が出ても頭が痛くても使える薬がなくなってしまします。いずれにせよ解熱鎮痛剤でアレルギー起こしたことがあってその薬が解らないのでしたら一般的な風邪薬は避けた方が無難でしょう。あと喘息などがあればアスピリンは気をつけたほうがいいのかもしれません。

こんばんは#5です。(一応薬剤師です)

鼻炎でアレグラ服用されているんですね。
市販の薬は、解熱鎮痛剤、抗ヒスタミン薬、咳止めが入っています。病院で処方されるときはそれぞれの薬を症状に合わせて出してくれると思います。また細菌感染に抗生物質が出されることもあります。
今の風邪の症状にもよりますが、ひきはじめでだるいくらいなら葛根湯でもいいのではないかと思います。併用してもよいですし。
非ピリン系の話ですが、昔解熱鎮痛剤でアレルギーありますか?たぶんピリン系の事だとおもうので...続きを読む

Q医療人類学ってどんな学問ですか

国際学部の大学生である小生の息子が、医療人類学のゼミを取っているとのことで、未開発国の民族を調べに行かなくてはならないと云っています。医療人類学について調べましたが、哲学的で難解な言葉が多く医療との結びつきがよくイメージできません。また、調べていくうちに近代医学的考え方を悪いと決めつけているようなフシもあり、理解に苦しみます。
医療人類学とは、何のために、何を探求する学問なのでしょうか。

Aベストアンサー

あなたが医学関係の専門家なわけですね。だから混乱すると。

先にも書きましたが、医療人類学といっても医学研究ではありません。単に医療行為に関することを調査対象とするだけであって、その価値判断をするものではありません。少なくとも本来的な民族学の範囲から出た医療人類学であるなら、その医療行為自体を直接何かに利用しようとするようなことは目的としていません。#2の方の回答で混乱が深まったような気がしますが、伝統医学の再評価とか薬草の収集といったことは民族学の範疇からズレています。周辺領域からアプローチした人が副次的にそうしたことをすることはあっても民族学の本来的な研究ではありません。

またついでに言っておけば民族学(文化人類学)は民俗学とは全く別物です。これも一般の方から誤解を受けやすいところですが、民族学の方は柳田国男の民俗学の方とは全く違ったものです。民俗学が遡及的傾向をもつのに対して民族学はあくまで現在について研究するものです。

余談はさておき、民族学の目的を簡単に言ってしまえば、それは異文化理解です。たまたま対象が医療行為だったというだけで、話を分かりやすくするために慣習一般ということでここは考えてもらえると良いでしょう。我々はそれぞれ自文化を持っています。外のものを理解しようとするときにも必ずそのフィルターを通して見ることが多いでしょう。単なる観察に終われば研究としての専門性もないわけです。レヴィ・ストロースの言を借りれば、民族学者の仕事は、「偏見をもって見ながら、自分に偏見があること、自分の偏見を自覚したこと、自分の偏見が判断に影響を与えていること、だから、その判断を修正しなくてはならないことを、一刻一刻と学んでゆくこと」です。

民族学のひとつの側面でありそれが全てではありませんが、物事を観察する目を養うということがあると思います。これは私見ですが。

ここまで来れば少し分かっていただけたかと思いますが、例えば医療行為を調べるにしても、それは我々の理解している医療・医学の尺度から切り離されて観察されます。フィールドワークであれば、郷に入って郷に従う姿勢が必要ですが、そこでも表には出ないながらも自文化の尺度が自分の中にあることは理解していなくてはなりません。ただし観察はそこから離れ、その尺度で役に立つ役に立たないということを評価せずに、対象へのリスペクトを持ってのぞむわけです。


私自身は医療人類学を特にやったわけでもありませんので、文化人類学一般のこととして説明しました。文化人類学といっても領域も広く、あなたの息子さんの大学で具体的にどのようなことをやっているのかは見当もつきませんが、学部生でフィールドまで行こうというのは、かなり熱心な学生だと思います。そちらの大学がどういったシステムになっているのかは分かりませんが、文化人類学専攻で2年3年やってもよく分からないままというのが多いので、積極的に学習する機会を求めて行動するのは良いことだと思います。

あなたが医学関係の専門家なわけですね。だから混乱すると。

先にも書きましたが、医療人類学といっても医学研究ではありません。単に医療行為に関することを調査対象とするだけであって、その価値判断をするものではありません。少なくとも本来的な民族学の範囲から出た医療人類学であるなら、その医療行為自体を直接何かに利用しようとするようなことは目的としていません。#2の方の回答で混乱が深まったような気がしますが、伝統医学の再評価とか薬草の収集といったことは民族学の範疇からズレています。...続きを読む

Q救命救急センター勤務の外科医の普段の生活、性格ってどんなイメージですか

救命救急センター勤務の外科医の普段の生活、性格ってどんなイメージですか?
良い点、悪い点どんなことでも、思いつくことを教えてください。

Aベストアンサー

人数が多いし個人差が大きいのに、全体的なイメージで良い点悪い点を聞かれても、回答の仕様がないです。
救命救急センターで働いたことがありますが、人それぞれ性格が違うから、全体のイメージなんてものはつけられませんし、まったく意味がありません。
救命センターの外科医だから性格がどうのこうの・・・なんて関係ないですね、実際のところ。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報