私は医療関係者ですが、診療報酬の知識はほとんどありません。
病院から消毒綿をもらえる病院ともらえない病院の違いはなにかという質問をうけました。

「在宅自己注射指導加算」
の関係だと思うのですがはっきりわかりません。

①「在宅自己注射指導加算」を算定してある。また、インスリン注射、注射針の院内処方がでている。
→消毒綿(場合によっては絆創膏なども)、インスリン注射、注射針ももらえる

②在宅自己注射指導加算が算定してない。インスリン注射、注射針の院内処方がでている。
→消毒綿はもらえない。:インスリン注射、注射針だけもらえる。

こういう理解でよろしいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

もう一つの考え方としてアル綿が不要としている可能性もあります。


実際、米国ではアル綿を用いずシャツの上から投与している人も多いと言われていますし、実際、アルコール綿、蒸留水綿、なにもしないで皮下注射した検討では、どの群も感染はなかったという報告があります。
病院によってはそういう考え方のもとに出していないのかもしれません。
    • good
    • 3

インスリン注射されている方は必ず「在宅自己注射指導加算」が算定されていると思うのですが…


私は「在宅自己注射指導管理料」810点、「血糖自己測定器加算」860点合わせて、1670点で、その中には、血糖値センサー、穿刺針、消毒綿、廃棄ボトルです。
血糖値センサー、穿刺針は1か月の上限が決められていますが、消毒綿、廃棄ボトルは希望の量を出してくださいますが、常識の範囲っていうものがありますよね。
また、1回ずつの分封になった消毒綿の所もあれば、パッケージの中にアルコールを入れるタイプの所もあるようです。
「在宅自己注射指導管理料」は注射の指導も無いのになぜ?って感じですが、あきらめています。

ちなみにインスリンは調剤薬局での処方になりませんか?(例え院内処方でもインスリン代は請求されているはずです)インスリン用の針は病院処方の所と調剤薬局が処方するところとあるようです。(私は後者です)
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q在宅自己注射の針の算定

医療事務に詳しい方にお知恵を借りたいのですが・・・
在宅自己注射管理料、注入器加算、注射針加算を算定している患者さんが、同一月に「注射に失敗して針だけ欲しいんです・・・」と希望があった場合、どのように対応しますか?
針は加算で頂いているので、単独の場合は材料代という形になるんでしょうか?
また、院外処方の場合と院内処方の場合とで違ってきますか?

Aベストアンサー

針だけは出せません。

在宅自己注射管理料は月に1回しか認められていないので、中にはズルい患者さんがいて、月初めと月末に二回かかって薬やインスリン、針、センサー類を欠かさずもらい、一年を通すとほぼ半額で済ませる(同月なら570円とかにしか請求できない)ということをしています。

おかげで公的病院は赤字で潰れそうですし、廃業してしまった病院も結構ありますね。

Q在宅自己注射指導管理料の算定について

在宅自己注射指導管理料についていまいち、わからないのですが教えてください。
1、ノボペン(本体)は院外処方で出せないのでしょうか?
2、ノボペンに使う針は院外処方で出せないのでしょうか?
(インスリンと一緒なら出せる?)
3、ノボペンフレックスペンは院外処方で出せないのでしょうか?
4、マイジェクター(針と注射器が一緒のやつ)は院外処方で出せないのでしょうか?

質問ばかりで申し訳ないのですが教えてください。
患者自己負担や保険点数も教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

インスリン注入器の種類別在宅自己注射の算定例は下記のようになります。

(1)万年筆型インスリン注入器(ノボペン、ヒューマペンなど)
 医療機関:注入器(ノボペン、ヒューマペンなど)
       →在宅自己注射指導管理料、注入器加算を算定
 薬局:薬剤(ペンフィル、ヒューマカートなど)
    注射針(ペンニードル、マイクロファインプラスなど)
 *万年筆型の注入器は医療機関でのみ取り扱えるもので院外には出せません。

(2)注入器一体型キット製剤(ヒューマカートキット、フレックスペンなど)
 医療機関:→在宅自己注射指導管理料を算定
 薬局:薬剤(ヒューマカートキット、フレックスペンなど)
    注射針(ペンニードル、マイクロファインプラスなど)

(3)注射針付一体型ディスポーザブル注射器(マイジェクター、マイショットなど)
 医療機関:→在宅自己注射指導管理料を算定
 薬局:薬剤(ノボリン、ヒューマリンなどバイアル製剤)
    ディスポーザブル注射器

つまり、
1は(1)により院外では出せません
2は(1)によりインスリンと一緒ならだせます。逆に薬剤と一緒でないと原則出せません 
3は(2)により院外処方可能です
4は(3)により院外処方可能です

もしご不明でしたら ノボ ノルディスク ファーマ株式会社さんへ問い合わせれば詳細を教えていただけますよ。

インスリン注入器の種類別在宅自己注射の算定例は下記のようになります。

(1)万年筆型インスリン注入器(ノボペン、ヒューマペンなど)
 医療機関:注入器(ノボペン、ヒューマペンなど)
       →在宅自己注射指導管理料、注入器加算を算定
 薬局:薬剤(ペンフィル、ヒューマカートなど)
    注射針(ペンニードル、マイクロファインプラスなど)
 *万年筆型の注入器は医療機関でのみ取り扱えるもので院外には出せません。

(2)注入器一体型キット製剤(ヒューマカートキット、フレッ...続きを読む

Qインスリンの注射について、同じ注射を別患者に使用できますか?

インスリンの注射について、同じ注射を別患者に使用できますか?

インスリンの注射をする場合に、毎回針を変えると思います。

この場合、針を変えれば、同じ注射を別患者に使用しても良いのでしょうか?
何となくダメなんだろうな。
と思っているのですが、医療関係者ではないので、
分からずにおります。
やはり血液などが、混じってしまうような理由でダメなのでしょうか?

もしご存知でしたら、教えて頂けませんか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

大きな公的病院の看護師さんの中にもあなたと同じように、針さえ交換すれば注射器の使い回しができると考えたことがあったと報道されたことがあります。
インシュリンのペン型注射器は正常に使用したときは、注射液(血液)が逆流しないように思えます。しかし、何か偶発的な原因(例えば皮膚をつまんだ圧で血液がカートリッジまで逆流するなど)で、カートリッジ内のインシュリンが血液汚染されてしまうことを想定して、注射器本体の使い回しも禁止されています。
注射器本体は、使いきりの物、有効期限内であれば繰り返し使用できるものなど、多くの種類がありますが、すべて同じような理由で、使用される患者様専用の物であるとされております。

Q院内製剤加算について

シロップ剤を2種類以上混合した場合に、院内製剤加算を算定できるかどうかを知りたいのですが、詳しい方いらっしゃいませんか?
医科診療報酬点数表を調べてみたところ、
「・・・医薬品に溶媒,基剤等の賦形剤を加え,・・・」という記述があり、悩んでおります。
どうぞ宜しくお願いいたします。

医科診療報酬点数表「調剤技術基本料」
http://shirobon.net/18/ika_2_5/i_k_2_5_6_f500.htm

Aベストアンサー

原文そのものですが、

(2)  上記(1)にかかわらず,剤形が変わらない場合であっても,次に該当する場合には,院内製剤加算が算定できる。ただし,調剤した医薬品と同一規格を有する医薬品が薬価基準に収載されている場合を除く。
ア 同一剤形の2種類以上の既製剤(賦形剤,矯味矯臭剤等を除く。)を混合した場合(散剤及び顆粒剤を除く。)

に該当するので算定できます。

Q救急医療管理加算の算定要件

胃腸の調子を崩して地元市立病院に行きました。
診察の結果、感染性胃腸炎と診断されてそのまま3日間入院しました。
余談ですが、入院費は3日間で96,960円(自己負担は29,090円)と予想より少し高かったです。

そこで、医療明細書に記載された「救急医療管理加算」の算定要件についてお伺いします。
少し調べたところ、救急医療管理加算の算定要件は「夜間や休日などの救急態勢を確保している日に救急医療を受け、緊急に入院を必要とする重症患者として入院した患者」に対して加算される、とありました。

お伺いしたいのは2点。
(1)私が診察を受けたのは、夜間でも休日でもない診療時間内(平日のお昼前)であるにもかかわらず、これが救急医療管理加算の算定要件を満たす日、時間にあたるのか。
(2)診察の際、医師が「通院でも入院でもどちらでもいいよ」とおっしゃっていた程度の胃腸炎が重症患者として扱われるのか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 一般的にお答えします。
 地域における救急医療体制の計画的な整備のため、入院可能な診療応需の体制確保する保険医療機関
 であり、都道府県が作成する医療計画に記載されている医療機関です。(特に休日や夜間)
 (1)については、緊急入院であったことから、(予約入院ではない)救急用のベットであったと
   考えられます。平日であっても、適応されます。
   
 (2)「重症」の定義についても
    重篤な脱水で全身状態不良の状態という項目があります。

 (1)については、医事科が、病院のマニュアル(内規)で、(2)については、あくまで
  診察した医師の見解です。

 しかしながら「レセプト病名」というのがあるくらいですから、あいまいなところもあります。
 地元市立病院ということですから、算定の根拠はあったと思います。
 地域の中核病院で早期治療でき完治したのですから、幸運と思ってください。

 #入院前に、料金について説明すべきところはあったと思います。
  機会があれば、医事科に尋ねても良いかと思います。
 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報