プロが教えるわが家の防犯対策術!

xyz空間で測定された点群(6点)から最小二乗法により円(球ではなく)を検出したく。
円の中心点と直径が分かれば結構です。この点群が既知のax+by+cZ+1の平面上にあることは
分かっているものとします。
よろしくお願いいたします。

質問者からの補足コメント

  • horahukisann2017様 回答ありがとうございます。

    6つの点は測定により得た点なので、同一の円周上に完全には乗らないと思われますが、最小二乗法により一番近い円を算出したいと思っています(どうやって最小二乗法を使うのかもわからないのですが)。ただし、6点は同一平面上にあることは分かっているとします。
    horahukisann2017様の暫定的なm、rというのはどのように確定的?なm、rに持っていくのでしょうか。
    よろしくお願いいたします。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/09/01 08:48
  • 実際に測定したわけではないので6つの点は(x1,y1,z1)〜(x6,y6,z6)として、一般的な解法が
    知りたいのですが。

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/09/01 09:28
  • 平面ax+by+cz+1=0のa,b,cは既知であるものとします。当然mもこの平面上にあるものとします。
    添付画像のような点群の分布から最小二乗法で円を算出したいのですが。

    「空間上の測定された点群から最小二乗法によ」の補足画像3
    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/09/01 11:15
  • そうです。とにかく同一平面上にあることは分かっているものとします。

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/09/01 17:18
  • 申し訳ありません。xy平面での話であれば私にもわかるのですが、既知のax+by+cz+1=0の平面上の点をxy平面へ変換する方法を教えて頂けないでしょうか。

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/09/02 19:19

A 回答 (7件)

平面の話のようなので、「x-yの直交座標で点の座標データ(X[i], Y[i]) (i=1,2,…,N)が与えられている。

これらに最もフィットするような円周の中心座標(P,Q)と半径rが欲しい。ただし、点はどれも概ね円周上にあって、ばらついている(円周の1〜2箇所の付近に集まってはいない)」という前提で考えてみましょう。

[1] もし点がどれも円周上にあるのなら
(1) (X[i]-P)^2 + (Y[i]-Q)^2 = r^2
を満たしているはずですが、実測値には誤差がある、という話です。
 まずは、中心の座標(P,Q)の大雑把な近似値を出します。たとえば、与えられた点全部の重心だとか、x,y座標それぞれの最大値と最小値の中点とか。ま、かなり大雑把でいいんです。
 それを(P0, Q0)としまして、
(2) x[i] = X[i]-P0, y[i] = Y[i]-Q0, p = P-P0, q = Q-Q0
と変換しておきます。そして
(3) z = r^2 - p^2 - q^2
とおいて、(1)を
(1') (x[i]^2 + y[i]^2) - 2 px[i] - 2qy[i] - z = ε[i]
(ε[i]は誤差を表す)と書き換える。
 すると、左辺第一項はデータから決まり、これは定数。左辺の残りの項は未知数p, q, zを持つ一次式ですから、尺度
(4) E = ∑(ε[i])^2
を最小化するp, q, zを計算するのは線形最小二乗法の問題です。従って鶴亀算で簡単に解けて、これでp, q, rの(かなり良い)近似値が得られます。
 なお、得られた近似値を改めて(P0,Q0)にして[1]を繰り返せば、((P0,Q0)が正解に近いお蔭で)もっと良い近似が得られます。

[2] さてここからの話は、「最もフィットする」をどう定義するかに依存します。「どう定義するか」とは、すなわち、
(1) (X[i]-P)^2 + (Y[i]-Q)^2 = r^2
のどこに誤差を表す項を組み込むかです。たとえば、「円周と点との最短距離の2乗和を最小にしたい」というのであれば、誤差δ[i]は
(5) (X[i]-P)^2 + (Y[i]-Q)^2 = (r+δ[i])^2
と表されることになり、尺度
(6) D = ∑(δ[i])^2
を最小化するというのは非線形最小二乗問題です。非線形最小二乗問題は数値的に解くしかなく、一般にその計算方法は

  まず (P,Q,r)の近似値(出発値)を(なんとか)出して、
  Dが小さくなるように(なんとか)P, Q, rを改良することを繰り返す。
  Dがほとんど改良されなくなったら、収束したとみなして終わる。

ということです。
 さて、もし最初に与える出発値の近似精度が良ければ、(Dにかぎらず、「最もフィットする」というココロに沿うような尺度ならどんな尺度であっても、)かなり速く収束する。そして、良い出発値を決めるのには[1]の近似計算法が利用できます。
 また「(なんとか)P, Q, rを改良する」の部分のやり方は様々工夫されているのですが、理論的に素直な「ニュートン法」もしくは「ガウス・ニュートン法」を用いると速いでしょう。というのは、これらの方法は出発値の近似精度が悪い場合には発散してしまうおそれがあって、一般には発散を抑える工夫が必要なのですが、出発値の近似精度が良いときには発散の心配は要りません。だからシンプルなプログラムで計算できるというわけです。

 なお(線形・非線形の)最小二乗法の実践的な教科書としては、毎度
「最小二乗法による実験データ解析」 (UP応用数学選書 7)
をお薦めしています。
    • good
    • 0

この定平面を回転によりxy平面と重なるようにします。

6点が同一平面上にのっていることから、こうすることにより「2次元」の問題となります。以下、変換後の話です。
与えられた6点からの距離の平方和(の平均)が最小となるように未知の定点P(x, y)を決定します。
(1/6)*Σ[i=1~6]{(x-x[i])^2+(y-y[i])^2}=f(x, y) とすると、
(x, y)=((1/6)*Σx[i], (1/6)*Σy[i]) のときf(x, y)が最小であることがすぐにわかります。
このとき、「円」の半径Rは、
R^2=(1/6)*{(-1/6)*{Σx[i]}^2+Σ{x[i]}^2 - (1/6)*{Σy[i]}^2+Σ{y[i]}^2}.
です。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

L = Σ{√((xi - a)^2 + (yi - b)^2) - r}^2 として、a, b, r を求めることを考える。



∂L/∂a = 0
∂L/∂b = 0
∂L/∂r = 0

となる条件を考えてみてください。
    • good
    • 0

これらの 1 から 6 の点は、平面 ax + by + cz + 1 = 0 に投影した点なのでしょうか。

この回答への補足あり
    • good
    • 0

仮に測定された六つの点は、平面 ax + by + cz + 1 = 0 上の点であり、その平面上に円を描くならば、m もこの平面上にあると考えてよいでしょうか。



平面を決定するには、三点があれば決定できそうなので、六つの点のうち、三点を選べば、a, b, c の候補は計算できそうです。

六つのうちの三点を選ぶ方法は 20 通りあるので、(a, b, c) の候補は 20 組できます。この 20 組のデータの平均の組 (am, bm, cm) は暫定的な平面の式とできるでしょうか。

もしあなたが六つの点を測定して、自分の技量に信頼を与えてみたとき、どの六つの点も同じくらいに確からしいデータとして扱いませんか?

m も r も、二次数値かもしれませんが、一次データ全部をある意味信頼して計算されているものと思います。

できれば、模擬データがあって演習出来たほうが、いろいろ考えることがあって面白いと思うのですが。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

測定された六つの点を教えてください。

この回答への補足あり
    • good
    • 0

六つの点は、ある点(たとえば m)を中心とした円周上の点なのでしょうか。



それなら、六つの点の座標を単純に足し合わせた平均が、まず、暫定的な円の中心値 (mx, my) になりそうな気がします。

つぎに、六点個々の、この暫定的な中心点(m)からの距離の値を求めて、その平均値が(r)になるのではないでしょうか。

直径は 2r として求めます。

この暫定的な m, r を用いて、偏差を最小にするように考えるのでしょうか。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学の問題 かなり難しいですよ

(2^n+1)/n^2が自然数となるnを求めよ。

Aベストアンサー

これは数学オリンピックの過去問ですね。
n=3がOKということはすぐに判りますが、n=3しかないことを示すのはかなり大変。
証明(n=3しかない)は、書店で数学オリンピックの本を探して下さい。そこに載っています。

Q数学のイコールの揃え方 中学三年生です。数学の先生に、 ○=△=□ と ○ =△ =□ という書き方

数学のイコールの揃え方
中学三年生です。数学の先生に、
○=△=□ 

 ○
=△
=□
という書き方は正解で、
○=△
 =□
という書き方をしてはいけないと教わりました。
これは本当でしょうか?今まで聞いたことのないことなのでよくわかりません。
また、その理由も教えてください。
分かりにくくすみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公的な研究機関の研究者です。
純粋数学の研究ではないのですが、数学をかなり使います。

数学的には、あなたが完全に正しいです。
数学的には、先生が完全に間違っています。
(一切の余地なくです)

「=」の記号は方程式を意味し、方程式は「両辺が等しいこと」以外の意味は一切持ちません。
「段落の使い方」や「幅」や「改行」によって、異なる意味を持たせるなどというルールは
ありません。
(「=」の記号を、世間の定義とは別に新たに定義すれば別です。)

ですが、そういう先生は、自分の間違いを認めません。
表面的でいいですから、間違いを受け入れましょう。
別の先生に言ったところで、その先生のプライドを傷つけて、目をつけられるだけです。

数学は、「正しいこと」が理解できていれば十分です。
テストの点数なんてどうでもいいじゃないですか。
数学なんですから、正しければそれでいいんです。
テストの紙に「×」って書いてあっても、正しいものは正しいです。
入試とかじゃないのならば、それでいいじゃないですか。

「大嫌いなあの先生に一泡吹かせる」
が目的ならば、追求すればいいですが、
「何が正しいのかを知りたい」
のであれば、あなたが100%正しいので、安心して、次の問題に取り組んでください。

ただ、「慣例」というものがあって、
「数学的には完全に正しいけど、記述方法として好ましくない」
というものはあります。

たとえば、文章題で、回答のはじめに
「"+"記号とは引き算を意味すると定義する」
として、「+」記号を引き算の記号「ー」のように使うことは数学的には
完全に正しいですが、好ましくありません。
ある程度、
「みんなで同じ定義や記述方法をそろえておく」
というのは、コミュニケーションの上では結構重要です。
みんなバラバラの定義を使ったら大変ですよね。

○=△
 =□
確かにこのような書き方は、
「3つの式が等しい」
ことを意味するよりも、
「○を変形したら□になりました」
とか
「○にある変数を代入したら□になりました」
みたいな印象を与えます。
そういう意味で、
「正しいけれど、慣例に従ったほうが良い」
として間違いにしたのならば、少し理解できます。
が、やはり数学的には正しいので、数学の問題である以上
「間違い」には出来ないと思います。

公的な研究機関の研究者です。
純粋数学の研究ではないのですが、数学をかなり使います。

数学的には、あなたが完全に正しいです。
数学的には、先生が完全に間違っています。
(一切の余地なくです)

「=」の記号は方程式を意味し、方程式は「両辺が等しいこと」以外の意味は一切持ちません。
「段落の使い方」や「幅」や「改行」によって、異なる意味を持たせるなどというルールは
ありません。
(「=」の記号を、世間の定義とは別に新たに定義すれば別です。)

ですが、そういう先生は、自分の間違いを認...続きを読む

Qソロバンの話。昔のソロバンは上の段に1玉と下の段に5玉あって下の5玉目は使わなかったらしい。 なぜ使

ソロバンの話。昔のソロバンは上の段に1玉と下の段に5玉あって下の5玉目は使わなかったらしい。

なぜ使わないのに5玉にしていたんですか?

Aベストアンサー

とりあえず日本のそろばんの総本山だと
http://www.shuzan.jp/gakushu/history/
という感じ. ざっと要約するとこんなところ:

昔の中国は現在のように完全な 10進体系にはなっておらず, 一部 16進の体形が混ざっていたので, 「0 から 15 まで数えることができて 16 になると繰り上がる」形の計算があったらしいです. その結果, #1 のリンクにあるように「上が 2玉, 下が 5玉」というそろばんが作られていました.

日本でもこのまま使われていたのですが, 江戸時代には上が 1玉に削減され, その後昭和 10年前後に下も 4玉になったものが使われるようになっています.

Q数学の「無定義用語」

数学には「無定義用語」というものがありますよね?
「言葉を厳密に定義することはできないので、いくつかの「無定義用語」を用意して、その関係を公理によって設定する」みたいな感じだったと思います。
そこで疑問に思ったのですが、「無定義用語」の関係を表す言葉(記号?)に「意味」があるのはまずくないですか?
いくら「無定義用語」を使っていても、それらの関係性を表す言葉(記号?)に「意味」があったら(定義されていたら)「無定義用語を使っている意味がないのでは」とならないでしょうか?

そのことを数学に詳しい人に聞いてみたところ
「実はその関係性を表しているもの、これも無定義なんだよ。ただこれを説明しようとすると
公理的集合論の話になる。」
と言っていました。

そこで公理的集合論のことをちょっと調べてみたのですが、それらしき話は見つかりませんでした。
関係性を表している「もの」も無定義とは、どういうことなのでしょうか?
そもそもとして、関係性を表している「もの」も無定義で、理論を展開できるのでしょうか?
=や∀や⊃などの記号は意味があるから使えているような気がするのですが...。

数学の素人の質問なのでトンチンカンな事を聞いているのかもしれませんが、どうしても気になります。回答お願いします。

(数学に関して素人なので、分かりやすく解説してくれると助かります。)

数学には「無定義用語」というものがありますよね?
「言葉を厳密に定義することはできないので、いくつかの「無定義用語」を用意して、その関係を公理によって設定する」みたいな感じだったと思います。
そこで疑問に思ったのですが、「無定義用語」の関係を表す言葉(記号?)に「意味」があるのはまずくないですか?
いくら「無定義用語」を使っていても、それらの関係性を表す言葉(記号?)に「意味」があったら(定義されていたら)「無定義用語を使っている意味がないのでは」とならないでしょうか?
...続きを読む

Aベストアンサー

数学をドライに捉える「公理主義」、あるいは、(現実とすっぱり縁を切ってしまったという意味で)もっとドライな「形式主義」に関するご質問かと思います。
 無定義用語のみならず、「無定義用語の関係を表す言葉」にも意味はありません。ただ、それら(要するに記号)の操作の仕方が公理系によって規定されているだけです。また定義によって導入された用語も、その定義というのが無定義用語と「無定義用語の関係を表す言葉」だけで与えられているに過ぎないんですから、おいこら一体どういう意味やねん、と徹底的に問い詰めて行けば、結局は「意味のないものに関する意味のない関係を満たす意味のないものです」ということになっちゃいます。ですが、あの「意味のないもの」とその「意味のないもの」とは必ずしも同じではなくて、操作の仕方の違いという区別がはっきりある。なので、それらの区別を明示するために、それぞれ別の用語を割り当てる訳です。

> そもそもとして、関係性を表している「もの」も無定義で、理論を展開できるのでしょうか?

 記号の扱い方が規定されている、その規定の中で、どんな論理式が真であると言えるのか、だけを問います。真だと言える論理式の集まりこそが、数学で言うところの「(その公理系における)理論」です。

 で、無定義用語や「無定義用語の関係を表す言葉」を何か特定の意味(イメージでもいいんです)だと思ってみたときに、それらの操作の仕方が公理系によって規定されている通りになる場合、そういう意味付けを「モデル」と言います。特に、その特定の意味付けが現実の何かとの対応である場合、この理論はその現実へ応用できる。数学の理論がいろんな所に応用が利くのは、理論に特定の意味を与えていないからです。まっさらだからこそ、いろんな意味付けができるというわけ。
 もちろん、意味付けしてみたものの、現実の側がちょっとでも公理系による規定の通りでないと、辻褄の合わない所が発生してしまって、これは理論の限界(limitation)ということです。たとえば、お金の計算は四則演算でできるかというと、10円を3人で分けるという話になると、なんだか辻褄が合わなくなる。

数学をドライに捉える「公理主義」、あるいは、(現実とすっぱり縁を切ってしまったという意味で)もっとドライな「形式主義」に関するご質問かと思います。
 無定義用語のみならず、「無定義用語の関係を表す言葉」にも意味はありません。ただ、それら(要するに記号)の操作の仕方が公理系によって規定されているだけです。また定義によって導入された用語も、その定義というのが無定義用語と「無定義用語の関係を表す言葉」だけで与えられているに過ぎないんですから、おいこら一体どういう意味やねん、と徹底...続きを読む

Q数学の三角比は1:√3:2と3:4:5が同じ何ですか?

数学の三角比は1:√3:2と3:4:5が同じ何ですか?

Aベストアンサー

違います

1:√3:2 をそれぞれ3倍します
3:3√3:6 となりますので
3:4:5   とは異なることが分かります

Q僕が受けてきた数学の授業でどの先生も「間」という字が(写真)のようになっているのですが、何故ですか?

僕が受けてきた数学の授業でどの先生も「間」という字が(写真)のようになっているのですが、何故ですか?

Aベストアンサー

草書体をもととした門構えの一般的略字です。
聞、開、などでも同じように略して書けます。
でもあくまでも略字なので、試験などでは書かない方がいいですよ。

Q指数法則でこの式(画像)が成り立つ理由を教えてください……

画像の式が成り立つ理由を教えていただけないでしょうか><。
よろしくお願いしますorz

Aベストアンサー

一般的には「テイラー展開」、お示しの式であれば「0 の周りのテイラー展開」つまり「マクローリン展開」というものです。

公式としては下記に載っています。「2. e^x」を見てください。
x = z + w として適用すれば、質問文の式になります。
http://w3e.kanazawa-it.ac.jp/math/category/suuretu/suuretu/henkan-tex.cgi?target=/math/category/suuretu/suuretu/maclaurin.html

証明は「テイラーの定理」の方に書かれていますので、興味があればなぞってみてください。
http://w3e.kanazawa-it.ac.jp/math/category/suuretu/suuretu/henkan-tex.cgi?target=/math/category/suuretu/suuretu/taylor-teiri.html

QR\{0} って、0を除く実数って意味で合ってますか?

R\{0} って、0を除く実数って意味で合ってますか?

Aベストアンサー

A\B は、「集合Aの要素のうち、Bの要素ではない要素」全部の集合(差集合)を表します。
  A\B = { x | x∈A and not(x∈B) }
てことです。
 なので、ご質問のRが「実数の集合」であれば、R\{0} は「0でない実数の集合」です。

Q微分の問題

以下の問題ですが、解法が分からず、解説もなく、周りに質問できる人もいないので、解説を教えていただけませんか?

問、次の関数を微分せよ

cos(-x^2)

Aベストアンサー

合成関数の微分ですね。
yをxで微分した結果をdy/dxと書きます
一般に
y=f(t),t=g(x)があるとき
dy/dx=(dy/dt)・(dt/dx)となります。
証明できますが、上級者向けかもしれませんので割愛します。
今回の問題では
y=cost,t=-x^2となります。
よって
y'
=dy/dx
=(dy/dt)・(dt/dx)
=-sint・(-2x)
=2xsin(-x^2)
(t=-x^2を代入した。)
となります。
最初は慣れないと思いますが頑張ってくださいね。

Q数学1の三角比について質問です。sinの値が90度を超えると、直角三角形は作れないと思うのですが

数学1の三角比について質問です。

sinの値が90度を超えると、直角三角形は作れないと思うのですが、

例えば、sin135度=sin45度となるようです。

sin135度ということは、三角形の一つの角の大きさが、135度ということですが、

135度という角度を含む三角形は、そもそも直角三角形にはならないので、なぜsin45度と同じになるのか、理解できません。

Aベストアンサー

解り易い様に直角3角形を使うのだけれど、実際には直角三角形では無く、角度に対して決めたもの。

下の図の左で、赤(y)/青(斜辺)をsinθ、緑(x)/青(斜辺)をcosθと決めた。
それを解り易く直角3角形で置き換えると、右の図。

青(斜辺)は絶対値で正。x,yは正負の符号が付く。
130度の場合はy/青(斜辺)でyは正。
45の場合もy/青(斜辺)でyは正。

どちらも、y/青(斜辺)は同じ値になるでしょう?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング